AEDを片手にダッシュ! カディス守護神がバルサ戦を振り返る 「命より大切なものなんてない」

2022.09.24 16:17 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カディスのアルゼンチン人GKヘレミアス・レデスマがバルセロナ戦での救命活動を振り返った。10日に行われたラ・リーガ第5節のカディスvsバルセロナ。バルセロナが0-2でリードする展開の中、81分にアクシデントが発生した。

スタンドでカディスサポーターの男性が心臓発作を起こし、治療のために試合が一時中断。メディカルチームが男性の元へ駆けつけ、治療を行っていた中、アクションを起こしたのはレデスマだった。
カディスの守護神はベンチへと向かい、バルセロナのメディカルスタッフから自動体外式除細動器(AED)を受け取ると、そのままスタンドに向かって全力でダッシュ。治療中のスタッフにピッチからAEDをパスした。

男性はその場で一命を取り留め、近くの病院の集中治療室(ICU)に搬送。レデスマの勇敢な行動と、敵味方の壁を越えた連携プレーに称賛の声が相次いだ。

スペイン『アス』のインタビューを受けたレデスマは当時の状況について説明。咄嗟の判断による行動だったと語った。

「当時はスタンドに人がたくさんいて、何が起こっているのかわからなかった。だけど、少しするとその人に対して心肺蘇生をしていると理解できたんだ」

「僕は頭が咄嗟に働き、チームの理学療法士に訴えると、バルセロナのドクターがベンチにAEDを取りに行ってくれたんだ」

「救急車が来たから僕の届けたAEDは使われなかったけど、あの瞬間は緊張と不安でいっぱいだった。なぜなら、それは人の命に関わることで、人命より大切なものなんてないからだ」

関連ニュース
thumb

浦和が獲得に迫ったと報道のギアクマキス、急転スペイン行きか? カディスがクラブ&本人と交渉

浦和レッズへの移籍が決定的と報じられているセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)だが、スペインへ移籍する可能性があるようだ。スペイン『ElDesmarque』が伝えた。 2021年夏にVVVフェンロからセルティックへと加入したギアクマキス。2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録し、FW古橋亨梧と共にチームを牽引した。 今シーズンは控えに回る機会も多い中、公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録。その中で、今冬の移籍が浮上。多くのクラブが関心を寄せる中、浦和への移籍が合意に近づいていると現地でも報じられていた。 しかし、ここにきてスペイン行きが報道。カディスが獲得に興味を持っており、交渉を行っている段階だという。 多くの日本人選手とプレーし、アンジェ・ポステコグルー監督の下でプレーしたことでJリーグへの理解は少なからずあると思われる一方で、ラ・リーガでプレーできるチャンスがあればそちらに気が変わる可能性もあるとされている。 まだ合意などには至っていないが、『ElDesmarque』によれば、カディスはギアクマキスを気に入っており、クラブと本人との連絡を取り合っているとのこと。今後数日で、急転スペイン行きが決定する可能性もありそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ギアクマキスが魅せたテクニカルな一撃</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://t.co/fl2mkUZXxY">pic.twitter.com/fl2mkUZXxY</a></p>&mdash; Sky Sports Scotland (@ScotlandSky) <a href="https://twitter.com/ScotlandSky/status/1486436168866664450?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.20 11:43 Fri
twitterfacebook
thumb

ルイス・アルベルト、カディスと交渉も「ラツィオから現段階で売却不可だと…」

ラツィオの元スペイン代表MFルイス・アルベルト(30)がカディスとの交渉を認めた。 2016年8月にリバプールから加わり、今季で7年目のルイス・アルベルト。通算出場数も238試合を数える背番号「10」だが、今季は途中出場が目立っており、この1月の母国帰還話も浮上している。 そんな司令塔は移籍先の1つとして取り沙汰されるカディスと実際に話し合ったようだ。『DAZN』で今冬移籍の難しさを主張しつつ、母国帰還の願望とともに、カディスとの接触と明らかにした。 「(ラツィオの)監督やスポーツディレクターとは素晴らしい関係さ。監督とはブレイク後に自分の立場をはっきりさせたんだ」 「親友というわけではないけど、普通の仲だ。いずれわかるけど、僕の望みはスペインでキャリアを終えること。カディスと話をしたのは僕にとって心のチームだからさ」 「でも、ラツィオとは2年半の契約があって、現段階で売却不可だと言われた。ここにいる限りはラツィオのためにベストを尽くす」 2023.01.17 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

カディスFWルーカス・ペレスが3部のデポルティボに復帰

スペイン3部のデポルティボは2日、カディスのスペイン人FWルーカス・ペレスを獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月までの1年半となっている。 2015-16シーズン、デポルティボでラ・リーガ17ゴールを挙げる大活躍を見せたルーカス・ペレス。その活躍を受けて移籍したアーセナルでは結果を残せなかったが、2017-18シーズンにレンタルで復帰したデポルティボでもラ・リーガ8ゴールとまずまずの活躍を見せた。そのシーズン以来となる古巣デポルティボでのプレーとなる。 近年はアラベスやカディスのラ・リーガ残留に貢献してきたルーカス・ペレス。3部に落ちている古巣を救う救世主となるか。 2023.01.03 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ルーカス・ペレスがスペイン3部に属する古巣デポルに帰還

デポルティボ・ラ・コルーニャは、カディスからスペイン人FWルーカス・ペレス(34)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの1年半となる。 ラージョ・バジェカーノでプロキャリアをスタートさせたルーカス・ペレスは、ディナモ・キエフやPAOKテッサロニキ、アーセナル、ウェストハムといった国外のクラブでプレー。 直近ではアラベス、エルチェ、カディスと国内のクラブでプレーし、今シーズンのカディスでは公式戦15試合4ゴールの数字を残していた。 推進力とパワフルな左足を特長とするベテランアタッカーは、未だプリメーラやセグンダでプレー可能な実力を有している。だが、生まれ故郷であり、通算96試合(33ゴール22アシスト)とキャリアを通じて最もプレーした古巣へ4年半ぶりの帰還を選択した。 なお、かつてはプリメーラの常連だったデポルティボだが、現在はスペイン3部のプリメーラ・ディビシオンRFEFに属している。 2023.01.02 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

母国帰還を待ち焦がれるルイス・アルベルトに朗報? セビージャに続きカディスが名乗り

ラツィオの元スペイン代表MFルイス・アルベルト(30)に、カディスが関心を寄せているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 ここ数年のラツィオで攻撃の核として活躍してきたL・アルベルト。だが、同時に母国スペインへの帰還も熱望しており、その影響か、今季はスタメン出場が減り、以前ほどアンタッチャブルな存在ではなくなっている。 移籍先として有力視されるセビージャは来年1月の獲得に本腰。ラツィオの要求額2000万ユーロ(約28億4000万円)を財政難のセビージャが支払えるか否かが争点とされているが、他に取り沙汰されるクラブがないことから、残留かセビージャ行きのいずれかと考えられた。 しかし、ここに来てカディス行きが急浮上。セビージャ同様に2000万ユーロの支払い能力には疑問符が付くものの、カディス会長はL・アルベルトを受け持つマネジメント会社との良好な関係性があり、なんとかこの線から獲得まで漕ぎ着けたい考えだという。 揃ってラ・リーガ2部降格圏に低迷するセビージャとカディス。チーム状況が良いとは言えない両クラブだが、L・アルベルトはイタリアでのキャリアに終止符を打ってでも、母国への帰還を選ぶと考えられている。 2022.12.29 21:31 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly