「傑出している」角度や露出で印象変わる!日本代表新ユニに米メディア着目、舞い上がる折り鶴模様がくっきり「最高のキット」

2022.09.24 15:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アメリカメディアが日本代表のユニフォームに脚光を当てている。日本代表は23日、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナで行われたキリンチャレンジカップ2022でアメリカ代表と対戦。前半にMF鎌田大地(フランクフルト)、後半終了間際にMF三笘薫(ブライトン&ホーブアルビオン)がゴールを決め、2-0で快勝した。

敗れたアメリカの大手『ESPN』は、先制点を挙げて喜ぶ鎌田の姿をピックアップ。「日本のワールドカップキットはクリーンだ」と伝えた。
折り鶴からヒントを得た「ORIGAMI」をコンセプトとしている日本のユニフォーム。これまでは斜線部分の模様がやや控えめに見えていたが、この写真では、折り鶴が空に舞い上がるイメージをはっきりと見て取ることができる。

海外のサッカーファンからも多数の好意的なコメントが寄せられており、インターネット上には「今年のベストキットの1つ」、「最高です」、「大好きです!買いたい!!」、「新鮮」、「傑出している」、「日本とナイジェリアは常に最高のキットを持っている」、「キットが優れているから日本が勝った」といった声が届いている。

角度や露出の影響によって大きく印象の変わる日本の新ユニフォーム。まさしく「日本を、歓喜で染めろ。」というメッセージの通り、歓喜の瞬間にはここまで映えるようだ。

1 2

関連ニュース
thumb

「やっぱり3バックかなー」悩む本田圭佑がクロアチア戦の“第2のスタメン案”を発表! 「これ良いね」「納得できる」と再び反響

本田圭佑が日本代表のスターティングメンバーで悩んでいる。 カタール・ワールドカップ(W杯)を放送している「ABEMA」のFIFAワールドカップゼネラルマネージャに就任している本田。ここまでグループステージ3試合の解説を務めるとそのコメントや的確な解説で好評を博し、ラウンド16のクロアチア代表戦でも解説をすることが決まった。 その本田は4日に「vsクロアチア願望スタメン」と自身のツイッターで投稿。[4-2-3-1]で、三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)や堂安律(フライブルク)らを途中から起用するプランを明かしていた。 だが、そんな本田にも迷いが。改めて5日に自身のツイッターを更新すると、「やっぱり3バック(5バックにもなる)かなー 悩む」とドイツ代表の後半やスペイン代表戦で機能した3バックのパターンでのスタメン案も投稿している。 GKは権田修一(清水エスパルス)、3バックは出場停止の板倉滉(ボルシアMG)を除いた谷口彰悟(川崎フロンターレ)、吉田麻也(シャルケ)、冨安健洋(アーセナル)の3人だ。 ボランチは遠藤航(シュツットガルト)と守田英正(スポルティングCP)がコンビを組み、右ウイングバックに酒井宏樹(浦和レッズ)、左ウイングバックに長友佑都(FC東京)を並べている。 攻撃陣は1トップに前田大然(セルティック)を置き、シャドーには鎌田大地(フランクフルト)、伊東純也(スタッド・ランス)という配置だ。 ここまでのグループステージでは3バックと5バックを使い分けてきた森保一監督。クロアチア戦ではどちらをスタートに採用するのか。 <span class="paragraph-title">【フォーメーション】本田圭佑の考えるクロアチア戦願望スタメン(3-4-2-1ver)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">やっぱり3バック(5バックにもなる)かなー悩む。<br><br> 前田<br> 鎌田 伊東<br><br>長友 守田 遠藤 酒井<br><br> 谷口 吉田 冨安<br><br> 権田</p>&mdash; Keisuke Honda (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1599668999977340928?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【フォーメーション】本田圭佑の考えるクロアチア戦願望プラン(4-2-3-1ver)</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">vsクロアチア願望スタメン(タケが練習出てないらしいので)<br><br> 前田<br>南野 鎌田 伊東<br> 守田 遠藤<br>長友 冨安 吉田 酒井<br> 権田<br><br>途中出場<br>三笘、堂安、田中、浅野、谷口</p>&mdash; Keisuke Honda (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1599414496501854209?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.05 17:42 Mon
twitterfacebook
thumb

「誰もが行えることではない」元日本代表監督のハリルホジッチ氏が日本を称賛、クロアチア戦は「本命は存在しない」と予測不能とコメント

元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏が、今大会の日本代表について言及した。 カタール・ワールドカップ(W杯)で世界に驚きを与えた日本。ドイツ代表、スペイン代表と過去の優勝国であり、今大会でも優勝候補に挙げられた強豪国をどちらも下し、グループ首位でラウンド16に進んだ。 その日本だが、悲願のベスト8に向けて対戦するのがクロアチア。2018年のロシアW杯では準優勝の成績を残していた。 グループステージでは1勝2分けという結果に終わり2位で通過したが、実力があることは間違いない。日本にとっても、難しい相手になるだろう。 ハリルホジッチ氏はモロッコ代表をW杯に導いていたが、大会前に解任の憂き目に。本来であれば、クロアチアとも対戦する予定だった。そんな中、クロアチア『sportske novosti』のインタビューに応じたハリルホジッチ氏が、今大会の日本について言及した。 「日本はとても組織的で良いチームだ。試合で彼らのパターンを見ると素晴らしいことがわかる。これは幾何学的なものであり、規律ある方法で動きのラインを守り、人とスペースをカバーすることにとても厳格さを見せる」 「多くのチームにはそのような守備の規律はない。そして彼らは反撃の瞬間を待ち、反撃に出れば縦に走り、全速力で相手にダメージを与える」 「ドイツ、スペインはそれを肌で感じ、日本人は一瞬で深いところに入り、3、4人の選手で素早い『カウンター』を終わらせた。誰もが行えることではない」 かつて自身が指揮したチームを知る選手も複数名いる状況。4年間での日本の進化を感じているようだ。 また、今大会については多くのサプライズがあり、日本を含め驚かせた国があると語り、敗退したドイツ代表やベルギー代表には問題があり、近年は大きな差はなくなりつつあると見解を示した。 「予想通り、驚きがたくさんあった。W杯をプレーするのに奇妙な時期であること、さらに一部の強豪国は『簡単にできる』と考え、半分程度の力でいくつかの試合を行った。もちろん、それで打撃を受けた」 「弱いチームは存在しない。チームが肉体的にも精神的にも完全に準備されていない場合、奇妙で驚くべき結果が起こることが、改めて確認された」 「ドイツとベルギーの敗退は、確かに最大のサプライズだが、どちらもこれ以上に値するものではなかった」 「彼らのプレーのやり方、彼らの姿勢によって、これほどまでに早く家に帰ることとなった」 「一方でいくつかのチームは本当に良い試合を見せた。日本、モロッコ、そしてフランスを破ったチュニジアだ。クオリティの差はますます小さくなっている」 「今日のサッカーは、例えば10年前よりもはるかに不確実性が高まっている。細かい部分で決まり、結果を出すには運が重要な役割を果たすことになる」 日本とクロアチアによるラウンド16。クロアチアが本命かという質問にハリルホジッチ氏は、「今は何も予測できない」と語り、「私はノックアウトステージには、本命は存在しないと考えている」と見解を示した。 「客観的に見て、弱いチームは、有利に見られるチームが突破するのがとても難しい守備のブロックを戦術的に配置する。そのようなチームは引き分けでも問題がなく、その後延長戦に進む」 「改めて言うが、ノックアウトステージには本命はない。だから、クロアチアが日本戦に勝利する本命というわけでもない」 2022.12.05 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「量が半端ない」「どんだけ手配したんや」日本代表、クロアチア戦前夜の夕食は大量の“鰻の蒲焼き”!「精力つきそう」

日本代表が5日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のクロアチア代表戦に向け、万全の準備を期している。 “死の組“とも言われた厳しいグループステージを首位で通過した日本。日本が目指す新しい景色、史上初のベスト8を懸けたラウンド16では前回ロシア大会準優勝のクロアチアと対戦する。 グループステージ最終節のスペイン代表戦から中2日という厳しいスケジュールで行われるクロアチア戦を前に、日本代表の専属シェフを務める西芳照氏が勝負飯を披露。「明日はクロアチア戦。夕食メインはうなぎです。勝つぞ!」と意気込んでいる。 食卓には、鰻だけでなく「鶏胸肉のチリソース」、「海老ビーフン」、「温野菜」、「グルテンフリーの茶碗蒸し」、などおいしそうなメニューが広がっており、ファンからも「うなぎ食べたくなってきた」、「日本からどんだけのうなぎを手配したんや」、「うなぎを食べて、運気鰻昇りですね」、「腹減ってきた」、「量が半端ない」、「うまそう」といった反応が集まっている。 スペイン戦前日にも鰻を食べ、見事走り切った日本。クロアチア戦でもピッチを縦横無尽に駆け回る姿に期待したい。 <span class="paragraph-title">【動画】日本代表の勝負飯!大量に仕込まれた鰻の蒲焼きと色とりどりのメニュー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">明日はクロアチア戦。夕食メインはうなぎです。<br>勝つぞ!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サッカー日本代表</a> <a href="https://t.co/jXPu7H9EXg">pic.twitter.com/jXPu7H9EXg</a></p>&mdash; 西芳照 (@dream24_nishi) <a href="https://twitter.com/dream24_nishi/status/1599496734979170304?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.05 16:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「多くの問題を引き起こす」ドイツでプレーするクロアチア代表CBグヴァルディオル、ビッグクラブ注目の逸材が日本を警戒「彼らは最後まで諦めない」

クロアチア代表のDFヨシュコ・グヴァルディオルが、日本代表戦に向けてコメントした。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16でクロアチアは日本と対戦する。 4年前のロシアW杯では決勝まで駒を進めたが、フランス代表の前に敗戦。クロアチア史上最高位となる準優勝の成績を残したが、あと一歩タイトルに届かなかった。 今大会はグループステージで1勝2分けの成績。ただ、引き分けの2試合はゴールレスドローとなっており、非常に手堅い試合を見せてきた。 グヴァルディオルはRBライプツィヒに所属しているため、ブンデスリーガでプレーする選手を知っている。今大会では堂安律(フライブルク)がドイツ代表とスペイン代表との試合でゴールを決め、浅野拓磨(ボーフム)もドイツ戦で決勝ゴールを記録。スペイン戦の決勝ゴールは2部ではあるがドイツでプレーする田中碧(デュッセルドルフ)が決めた。 前日会見に出席したグヴァルディオルは、ブンデスリーガでプレーする日本人について語った。 「彼らは多くの問題を引き起こす。代表になった今、彼らは90分間をずっと戦い続けるチームだ。彼らは最後まで諦めない」 日本の諦めない気持ちを目の当たりにしてのコメント。一方で、グヴァルディオルも今大会でより注目を集め、レアル・マドリーやチェルシーなどが強い興味を示している。 その点については「僕をここに連れてきてくれた監督に感謝する。モドリッチ、コバチッチ、ペリシッチを前にすると、全てが簡単になり、もんだいについてかんがえるひつようがなくなり、恐れなくなる。ルカの最後のW杯にならないこと、何か大きなことを成し遂げる年にしたい。そして、僕が試合をするのが最後にならないように願っている」とコメント。ここで負けずに、もっと戦いを続けていきたいとした。 そして、ファンに向けても言及。「ファンは背中に風を送ってくれる。これには大きな意味がある」と語り、「彼らは僕たちにとっての12番目の選手であり。もっと増えることを願っている」と、より多くの後押しを願った。 2022.12.05 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「魂はカタールに置いていきます」日本代表MF遠藤航にウガンダ帰国の弟からも熱いエール「その魂、受け取った」

日本代表MF遠藤航に力強いエールが送られている。 日本の中盤で絶対的な主軸に君臨する遠藤。カタール・ワールドカップ(W杯)でもグループステージ初戦のドイツ代表戦で輝きを放つと、コスタリカ代表戦にも出場。その後右ヒザ痛で欠場が懸念されたが、最終節のスペイン代表戦に途中出場し、チームのリードを守り切った。 その遠藤はスペイン戦後にスタンドの家族たちと喜びを分かち合っていたが、弟の暁さんからも熱いエールが送られていた。 暁さんは自身のツイッターを更新し、「身体はウガンダに帰るけど、魂はカタールに置いていきます。歴史を塗り替えてくれ!死ぬほど応援してる!!!頼んだぞ!!」と激励。その言葉を受け取った遠藤もツイッターを更新し、「弟よ、ウガンダから来てくれてありがとう‼その魂、受け取った」と返している。 暁さんは青年海外協力隊の一員として2年間ボリビアで活動。現在はウガンダに生活の拠点を置いている。 なお、暁さんはドイツ戦の際に偶然矢部浩之さんからインタビューを受け、話題になっていた。 <span class="paragraph-title">【写真】横顔が似ている?遠藤航と弟の暁さん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">身体はウガンダに帰るけど、魂はカタールに置いていきます。<br>歴史を塗り替えてくれ!死ぬほど応援してる!!!<br><br>頼んだぞ!!<a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <a href="https://t.co/SjA90dtDIl">pic.twitter.com/SjA90dtDIl</a></p>&mdash; 遠藤 暁/Satoru Endo (@str_se) <a href="https://twitter.com/str_se/status/1598627488338698242?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">俺が斜め上を見ながら謎の笑みを浮かべてめちゃくちゃ変な顔で写ってるってことを除けば、最高にいい写真!!笑<br><br>なんでこんな顔になったのかは全く覚えていません <a href="https://t.co/m4PPOyhUtN">https://t.co/m4PPOyhUtN</a></p>&mdash; 遠藤 暁/Satoru Endo (@str_se) <a href="https://twitter.com/str_se/status/1598891963407007750?ref_src=twsrc%5Etfw">December 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.05 15:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly