開催国カタールがW杯用ユニフォームを発表 ホームは国旗、アウェイは真珠と美しい海岸線をイメージ

2022.09.23 19:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタールサッカー協会(QFA)は21日、カタール・ワールドカップ(W杯)で着用するユニフォームのデザインを発表した。過去に出場のないまま、ホスト国として初のW杯を迎えることとなったカタール代表。ただ、2019年のAFCアジアカップでは、大会最多優勝回数を誇る日本代表を破って初優勝を成し遂げるなど、力を付けてきている。

サプライヤーのナイキによれば、ホームキットはデザートマルーンを基調とし、袖に白に鋸歯状のトリムを組み合わせてカタールの国旗をイメージしたとのこと。協会のエンブレムとナイキのロゴ(スウッシュ)を前面の中央に配置することで、ホスト国としてのステータスを強調している。
アウェイキットは繊細で力強いパールのオーバーレイグラフィック採用。産地として名高いペルシア湾における真珠採取の歴史を表現し、カタールの美しい海岸線を想起させた。また、動いた際には太陽の下で渦巻く砂嵐のようにも見える設計となっている。

カタールはW杯本大会でグループAに振り分けられ、エクアドル代表、セネガル代表、オランダ代表と同居する。また、23日にカナダ代表と、27日にチリ代表と国際親善試合を行う予定だ。

1 2

関連ニュース
thumb

カタール代表監督フェリックス・サンチェスが契約満了により退任、自国開催W杯で結果出せず

カタールサッカー協会(QFA)は30日、同国代表を率いるフェリックス・サンチェス監督(47)との契約を延長せず、12月31日をもって契約満了となることを発表した。 フェリックス・サンチェス監督は2013年にU-19カタール代表の指揮官に就任。カタールの若年層世代の育成に貢献すると、2017年7月にA代表の指揮官に抜擢。そして2019年のアジアカップではカタールを初の優勝に導いていた。 しかし、自国開催で期待された先のワールドカップではグループステージ全敗と結果を出せず、5年半の政権で幕を閉じることになった。 2022.12.31 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯3戦全敗のカタール代表、ホスト国史上最低の不名誉記録

今回のワールドカップ(W杯)に開催国として参戦したカタール代表だが、大会史上最低の成績で去った。 オランダ代表、エクアドル代表、セネガル代表がひしめくグループAの勝ち抜けを目指したカタールだが、初戦から連敗。29日に行われたオランダとの最終戦も0-2で敗れ、全敗の最下位で終戦した。 初戦から連敗した時点で今大会の敗退決定第1号という屈辱を味わったが、『Opta』によると、最終戦での敗戦でW杯のホスト国として史上初の3戦全敗というさらなる不名誉記録を打ち立てたという。 長い年月をかけ、国家プロジェクトとして育成と強化に力を注ぎ、自国開催の今大会に挑んだが、世界の壁が高かったカタール。2019年のAFCアジアカップでは初優勝を達成したが、再考が求められる。 2022.11.30 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ガクポの3戦連発弾などでカタールを下したオランダが首位通過を決める!《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)グループA最終節のオランダ代表vsカタール代表が29日に行われ、2-0でオランダが勝利した。 1勝1分けでグループAの首位に立つオランダは、4日前に行われたエクアドル代表戦からスタメンを2人変更。ベルフワインとコープマイネルスに代えてデパイとデ・ローンをスタメンで起用。これまでの[3-4-3]から布陣を[3-4-1-2]に変更し試合に臨んだ。 一方、2連敗ですでにグループステージ敗退の決まっているカタールは、4日前のセネガル代表戦のスタメンからブディアフをハテムに変更した以外は同じスタメンを採用。これまで通り5バックからのカウンタースタイルで試合に臨んだ。 立ち上がりから互いにゴールに迫りながらも決め手を欠く展開となる中、オランダは26分に左サイドを細かなパス交換で崩すと、ボールを受けたガクポがクラーセンとのパス交換でボックス内まで侵入う。冷静にシュートをゴール右隅に流し込んだ。 先制を許したカタールは、両サイドを起点としたカウンターから攻撃を組み立てるが、オランダの守備陣を攻略できず。なかなかゴールの可能性を感じさせるシュートを打たせてもらえない。 ハーフタイムにかけてはオランダが押し込み、41分にはデ・ローンの鋭い縦パスからボックス内でボールを受けたガクポがゴールに迫ったが、これはオフサイドの判定となり、前半は1-0で終了した。 迎えた後半、オランダは早い時間に追加点を奪う。50分、クラーセンの右クロスが相手DFのクリアミスを誘うと、ファーサイドのデパイがワントラップからシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をF・デ・ヨングが押し込んだ。 追加点を奪ったオランダは、66分にデパイとクラーセンを下げてヤンセンとベルフハイスを投入。すると直後の67分、ガクポのスルーパスに抜け出したヤンセンの横パスを並走したベルフハイスがゴールに流し込んだが、VARでガクポがトラップした場面でのハンドが認められ、ゴールは取り消された。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指す中、拮抗した展開が続く。そんな中、オランダは試合終了間際の92分にボックス右角付近でボールを受けたベルフハイスがコントロールショットでゴール左上を狙ったが、これはクロスバーに嫌われた。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。この結果、2勝目を飾ったオランダがグループAを首位で通過。開催国のカタールは3連敗で大会を終えた。 なお、オランダは12月3日に行われるラウンド16でグループB2位チームと対戦する。 オランダ 2-0カタール 【オランダ】 ガクポ(前26) F・デ・ヨング(後4) 2022.11.30 01:57 Wed
twitterfacebook
thumb

カタール代表が開催国史上最速のグループリーグ敗退…

グループリーグ連敗のカタール代表が、ワールドカップ(W杯)の開催国で史上初となる2節消化時点でのグループリーグ敗退という不名誉記録を残した。 カタールは20日に行われたグループA第1節のエクアドル代表戦に0-2の完敗を喫し、開催国で初めて開幕戦に敗れる失態を演じた。 さらに、25日に行われたセネガル代表戦ではFWモハンメド・ムンタリが同国史上初のW杯でのゴールを記録したが、1-3で敗れて痛恨の連敗となった。 この敗戦時点では最終節の勝利によって逆転での決勝トーナメント進出の可能性が残されていたが、初戦を共に勝利していたオランダ代表とエクアドルの一戦がドローに終わり、両者が勝ち点を「4」としたことで、最終節を残してのグループリーグ敗退が決定した。 なお、W杯の92年の歴史において開催国でグループリーグ敗退となったのは、2010年大会の南アフリカが唯一のケース。それでも、同国はメキシコとの初戦をドローで終えていたため、最終節までは可能性を残していた上、最終節ではフランスを相手に勝利を収めていた。 今回の最速敗退によって各種人権問題に加え、スポーツ面でも失態を演じたカタールは、29日に行われるオランダ戦で意地のW杯初勝利を目指す。 2022.11.26 05:30 Sat
twitterfacebook
thumb

セネガルが攻撃陣躍動で初勝利! 開催国カタールはW杯初ゴールを挙げるも連敗…《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)グループA第2節のカタール代表vsセネガル代表が25日に行われ、1-3でセネガルが勝利した。 5日前に行われた開幕戦でエクアドル代表に完敗したカタールは、その試合から先発を3人変更。GKアル・シーブ、アル・ラウィ、アブドゥラジズ・ハテムに代えてGKメシャール・バルシャム、ブアーラーム・フーヒ、アシム・マディボを先発で起用。守備的な[3-5-2]で試合に臨んだ。 一方、4日前に行われたグループリーグ初戦でオランダ代表に敗れたセネガルは、その試合の先発からクヤテとシセをヤコブスとディエディウに変更した以外は、同じ先発メンバーを起用した。 立ち上がりからボールを保持するセネガルが押し気味に試合を進めていくが、アフィフとアルモエズ・アリを前線に残して[5-3]の堅固な守備ブロックを敷くカタールを崩しきることができずに時間が経過。 そんな中、セネガルは24分にディアタとのパス交換でボックス中央右手前に持ち上がったグイエがミドルシュートでゴールに迫るが、これは枠の左。さらに30分には、GKメンディがパントキックで相手DFの裏へボールを供給すると、これに反応したI・サールがチャンスを迎えたが、シュートは飛び出したGKのブロックに阻まれた。 その後も優位に試合を進めるセネガルは41分、ディアタがバイタルエリア左から供給したクロスをボックス内のフーヒがクリアミス。このこぼれ球に一早く反応したディアがダイレクトシュートをゴール左隅へ流し込んだ。 0-1で迎えた後半、セネガルは開始早々にセットプレーから追加点を奪う。49分、ヤコブスの右CKをニアに走りこんだディエディウがダイビングヘッドでゴール中央に流し込んだ。 2点差を追うカタールは63分、アフィフのパスをボックス内で受けたアルモエズ・アリがワントラップから左足でゴール左隅を狙ったが、これは好反応を見せたGKメンディが右手一本で弾き出す。 さらにカタールは、67分にもアル・ハイドスの左クロスをゴール前に走りこんだイスマイール・モハンマドが右足で合わせたが、これもGKメンディのファインセーブに阻まれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指す中、再びチャンスを迎えたのは開催国だった。78分、サイドチェンジで右サイドを抜け出したイスマイール・モハンマドのクロスをゴール前に走りこんだムンタリがゴール左へヘディングシュートを叩き込んだ。 1点を返されたセネガルはすぐに反撃に転じると84分に再び突き放す。スルーパスでボックス右に抜け出したエンディアイエの折り返しをディエンがゴール右に流し込んだ。 結局、試合はそのまま1-3でタイムアップ。今大会初勝利を飾ったセネガルは29日に最終節でエクアドルと、2連敗となった開催国のカタールはオランダと対戦する。 カタール 1-3セネガル 【カタール】 ムンタリ(後33) 【セネガル】 ディア(前41) ディエディウ(後3) ディエン(後39) 2022.11.26 00:10 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly