マンチェスター・ユナイテッドが過去10年間の移籍市場で最も無駄遣い…過払い金約340億円

2022.09.21 20:42 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
大金が毎回動き、その額も年々上昇しているヨーロッパの移籍市場。2012年以降の移籍市場で、評価額以上に資金を投入しているクラブが判明した。

スポーツ研究国際センターである「CIES Football Observatory」のが、過去10年間の移籍市場の各クラブの支出と、移籍前の選手の価値を比較するデータを元に、ヨーロッパの5大リーグ(プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、ブンデスリーガ、リーグ・アン)のランキングを作成した。

対象となるのは、移籍金が発生する取引のみ。過去10年間で選手の評価額よりも多くの金額を支払う、いわゆる「過払い」が最も多かったのはマンチェスター・ユナイテッドだった。
ユナイテッドは、33回の取引があり、その中で過払金は2億3800万ユーロ(約340億円)とのことだ。

2位のユベントスは36回の取引があり、2億3400万ユーロ(約334億2000万円)。この両クラブの差はほとんどない状況だ。

3位はパリ・サンジェルマン(PSG)で31回の取引で1億6200万ユーロ(約231億4000万円)、4位アストン・ビラの44回で1億4900万ユーロ(約212億8000万円)、5位レアル・マドリーの19回で1億4800万ユーロ(約211億5000万円)と続いた。

これのクラブは、悪く言えば「無駄遣い」をしているということ。もちろん、獲得後に選手が価値を上げることもあるため、一概には「無駄遣い」とは言えないが、適正な価格以上で多くの選手を獲得しているという事実は変わらない。移籍金が高騰化していく要員を作っているとも言える。

一方で、逆に節約をしているクラブもある。

最も「過払い」がないクラブは32回の取引があるアトレティコ・マドリーで、8200万ユーロ(約117億2000万円)。続いて、バルセロナの40回で4700万ユーロ(約67億2000万円)、セビージャの54回で4400万ユーロ(約62億9000万円)、フィオレンティーナの37回で3900万ユーロ(約55億7000万円)、ヘルタ・ベルリンの31回で3100万ユーロ(約44億3000万円)と続いている。

◆過去10年の移籍金過払いランキングトップ20
1位:マンチェスター・ユナイテッド/2億3800万ユーロ(約340億円)
2位:ユベントス/2億3400万ユーロ(約334億2000万円
3位:パリ・サンジェルマン/1億6200万ユーロ(約231億4000万円)
4位:アストン・ビラ/1億4900万ユーロ(約212億8000万円)
5位:レアル・マドリー/1億4800万ユーロ(約211億5000万円)
6位:チェルシー/1億3500万ユーロ(約193億円)
7位:アーセナル/1億2900万ユーロ(約184億4000万円)
8位:スタッド・レンヌ/1億1400万ユーロ(約162億9000万円)
9位:エバートン/9700万ユーロ(約138億7000万円)
10位:ドルトムント/7700万ユーロ(約110億円)
11位:ニューカッスル/7600万ユーロ(約108億6000万円)
12位:レスター・シティ/7400万ユーロ(約105億8000万円)
13位:リヨン/7100万ユーロ(約101億5000万円)
14位:サウサンプトン/7000万ユーロ(約100億円)
15位:ローマ/6700万ユーロ(約95億8000万円)
16位:ナポリ/6200万ユーロ(約88億6000万円)
17位:レバークーゼン/6100万ユーロ(約87億2000万円)
18位:モナコ/5700万ユーロ(約81億5000万円)
19位:リバプール/5600万ユーロ(約80億円)
20位:ウェストハム/5500万ユーロ(約78億6000万円)


関連ニュース
thumb

C・ロナウドいまやフリーも…バイエルンCEO「我々の哲学にそぐわない」 改めて否定

フリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)だが、バイエルンのユニフォームに袖を通す姿はやはりお目にかかれなさそうだ。 C・ロナウドは今夏の移籍騒動からマンチェスター・ユナイテッドで不穏さを醸すなか、カタール・ワールドカップ(W杯)開幕前にイギリスメディアでクラブのありとあらゆる方面に噛みついたインタビューが決定打となり、22日に契約解消。言わずもがな、スター選手だが、所属先なしでW杯参戦している。 今夏にも選手代理人のジョルジュ・メンデス氏が売り込みをかけたクラブの1つとして囁かれながら、「我々のフィロソフィーに沿わない」と話したバイエルン最高経営責任者(CEO)のオリバー・カーン氏はドイツ『スカイ』で「我々はこの件について、もう解を出した」と改めて獲得の可能性を否定した。 「我々にははっきりとしたアイデアがあり、どのようにしてチームを作っていくべきかという部分にも明確なフィロソフィーがある。彼を評価しているが、議論の余地なしさ。我々の誰もがクリスティアーノ・ロナウドのことを好いているが、哲学にそぐわない」 そんなC・ロナウドの去就を巡っては現時点でサウジアラビアの強豪アル・ナスルが高待遇のオファーを出したとの噂。今後の動向が注目される。 2022.11.30 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

F・デ・ヨングが今夏の移籍話をシャットアウト 「僕はW杯中」

バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(25)が自身に長らくつきまとうマンチェスター・ユナイテッド行きの話を拒んだ。イギリス『メトロ』が報じた。 バルセロナの苦しい財政事情の煽りを受けて、クラブの売却対象に上がったF・デ・ヨング。アヤックス時代の恩師であり、今季からユナイテッドを率いるエリク・テン・ハグ監督の根強い誘いが取り沙汰されるなどしたが、最終的に本人の望み通り、バルセロナ残留で決した。 そうして迎えた今季のバルセロナでチャビ・エルナンデス監督の下で重用され、改めて存在感を示すが、メディアの前にひとたび姿を現せば、オランダ代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)の戦いに臨む今を含め、今夏去就の振り返りを求める質問がいまだ続いている。 決勝トーナメント進出、さらに首位通過がかかったカタール代表とのグループA最終戦を29日に控えるなかでもそうした質問が飛んだようだが、F・デ・ヨングは「僕はW杯のトーナメントを戦っているんだ。クラブフットボールの話をするつもりはない」と口を閉ざしたという。 なお、つい先日も母国メディアで今夏の移籍騒動を振り返っており、チャビ・エルナンデス監督に非がなく、あくまで上層部が企てたことだと述べ、クラブでの充実ぶりを強調している。 2022.11.29 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

再び初戦でシティvsチェルシー! FAカップ3回戦の対戦カード決定

FAカップ3回戦の組み合わせ抽選会が28日に行われた。 イングランドサッカー協会(FA)に登録されている全てのクラブが出場可能なFAカップ。この3回戦からはプレミアリーグ勢、チャンピオンシップ(イングランド2部)勢が参戦する。 今回の組み合わせでは先日のEFLカップ3回戦に続きマンチェスター・シティとチェルシーという優勝候補同士の対決が実現。 さらに、前大会王者のリバプールはウォルバーハンプトン、マンチェスター・ユナイテッドはエバートンとのプレミア勢と対戦することに。また、クリスタル・パレスvsサウサンプトン、ブレントフォードvsウェストハムが1部同士で激突する。 DF冨安健洋のアーセナルとMF三笘薫のブライトンは、前者がフットボールリーグ1(イングランド3部)のオックスフォード、後者がチャンピオンシップのミドルズブラと対戦。その他ではトッテナムがフットボールリーグ1のポーツマス、DF中山雄太が長期離脱中のハダースフィールドは同じチャンピオンシップ勢のプレストンと対戦する。 なお、3回戦は2023年1月6日~9日にかけて開催される。FAカップ3回戦組み合わせは以下の通り。 ◆FAカップ3回戦 マンチェスター・シティ vs チェルシー マンチェスター・ユナイテッド vs エバートン リバプール vs ウォルバーハンプトン クリスタル・パレス vs サウサンプトン ブレントフォード vs ウェストハム オックスフォード(3) vs アーセナル トッテナム vs ポーツマス(3) ミドルズブラ(2) vs ブライトン シェフィールド・ウェンズデー(3) vs ニューカッスル ハル・シティ(2) vs フルアム カーディフ(2) vs リーズ ボーンマス vs バーンリー(2) ブラックプール(2) vs ノッティンガム・フォレスト ダゲナム&レッドブリッジ(5)orジリンガム(4) vs レスター・シティ アストン・ビラ vs スティブネイジ(4) プレストン(2) vs ハダースフィールド(2) レディング(2) vs ワトフォード(2) チェスターフィールド(5) vs WBA(2) チャールトン(3)orストックポート(4) vs ウォルサール(4) ボレアム・ウッド(5) vs アクリントン・スタンリー(3) ダービー・カウンティ(3) vs バーンズリー(3) コヴェントリー(2) vs レクサム(5) ノリッジ(2) vs ブラックバーン(2) イプスウィッチ(3) vs ロザラム(2) ルートン・タウン(2) vs ウィガン(2) フリートウッド・タウン(3) vs QPR(2) グリムズビー(4) vs バートン・アルビオン(3) フォレストグリーン・ローヴァーズ(3) vs バーミンガム(2) ブリストル・シティ(2) vs スウォンジー(2) ハートルプール(4) vs ストーク(2) ミルウォール(2) vs シェフィールド・ユナイテッド(2) シュールズベリー(3) vs サンダーランド(2) ※()内の数字は所属カテゴリー 2022.11.29 06:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォードが「アイドルだった」C・ロナウド退団に言及「信じられない体験」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが、クリスティアーノ・ロナウドの退団について口を開いた。イギリス『サン』が伝えている。 今夏の移籍騒動から不穏さを醸した今季のC・ロナウド。エリク・テン・ハグ新監督の下で明らかに序列を落とすなか、試合で出場拒否に走れば、イギリスのテレビ『TalkTV』でもクラブの内部批判を展開した。 ユナイテッドはその後、「しかるべき措置の開始」を明らかにすると、22日にC・ロナウド側との双方合意による即座の退団決定をアナウンスした。 現在はカタール・ワールドカップ開催中ということもあり、その話題への関心は一旦薄まってはいるが、チームメイトはやはりコメントを求められているようだ。これまでに同胞のブルーノ・フェルナンデスやレアル・マドリーでも共闘したカゼミロが言及していが、ラッシュフォードも「彼はアイドルだった」と別れを惜しんだ。 「18カ月の間、彼とプレーできたことは信じられないような体験だった。いつも目標にしていたアイドルなんだ。だからこそ、彼の隣でプレーできるなんで夢みたいだったんだ」 「僕はそれをずっと思い出にしまっておく。永遠に心の中に残り続けていくことだろう」 「彼の幸運を祈っているよ。これまでマンチェスター・ユナイテッドのために成し遂げてきたことに感謝し、残りのキャリアがうまくいくことを願っている」 2022.11.28 16:25 Mon
twitterfacebook
thumb

EURO決勝でPK失敗のラッシュフォード、キッカーに名乗り「機会を逃したくない」

イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが、過去の呪縛からの解放を願っているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 カタールW杯に参戦中のラッシュフォードは、初戦のイラン代表戦で途中出場直後のファーストプレーからゴールを挙げ、6-2の大勝に貢献。続く第2戦のアメリカ代表戦でも途中出場したが、今度はゴールを挙げられず。チームも0-0のドローに終わった。 そんなラッシュフォード、昨年のEURO決勝戦ではPK戦での自身の失敗も響き、イングランドは準優勝という結果に。アメリカ代表戦後のインタビューでこの件を掘り返されると、今大会でチームがPKを獲得すれば、是非とも自身が蹴りたいと語っている。 「ペナルティキックの機会があるなら、絶対に逃したくない。フォワードとしてゴールを決めるチャンスだが、それだけでなく、僕個人にとってそれが重要な瞬間になるのは明白だ。この大会を楽しむと同時に、その瞬間を待ちわびているよ」 また、右足首に不安を抱えるFWハリー・ケインにも言及。第3戦のウェールズ代表戦ではラッシュフォードがスタメン起用されるとも伝えられるが、絶対的エースの状態は万全と口にしている。 「ハリーの状態は問題ないよ。彼も今大会を楽しんでいるし、とってもハッピーそうだ。彼はここまではノーゴールだけど、今のプレーを続ければすぐにネットを揺らすはずさ」 イングランド代表は31日のウェールズ代表戦で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まる。 2022.11.28 15:53 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly