元・名物会長モラッティ氏、愛するインテルの現状を憂う「ペリシッチ退団は分岐路」

2022.09.20 21:38 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
御年77歳を迎えたインテルの元会長マッシモ・モラッティ氏が、不振の続く現在のインテルについて言及している。

1995年~2013年にかけ、2度にわたってインテルの会長職を務めたモラッティ氏。就任当初はスクデットに届かない時代が続くも、2000年代以降に黄金期を迎え、2009-10シーズンにはクラブ45年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)優勝に加え、イタリア史上初の主要タイトル3冠も達成した。

勇退から10年弱、モラッティ氏がイタリア『TuttoMercatoWeb』のインタビューに応じ、開幕からギアの上がらない今季のインテルについて語った。
「このようなスタートを期待していたかって? いいや。良い慣らし運転ができていたはずだが、ロメル・ルカクのケガは痛恨だったようだ。あれから状況は少し変わったし、不利にもなった。もし選手とコーチの関係に変化があるなら、問題はさらに大きくなる」

インテルのシモーネ・インザーギ監督は、1-3で敗れた先日のウディネーゼ戦で一見不可解とも言える前半の選手交代が議論の対象に。だが、モラッティ氏は自身の経験も踏まえ、続投させるべきと断言した。

「私は何度も何度も監督を変えた男だ。私に聞かないでくれ(笑)。 だが、今季はまだ数試合だ。インザーギと続けるべきだろう。現段階で3敗は決して少なくないが、彼が優れたコーチであることはすでに証明されている」

また、今夏のクロアチア代表MFイヴァン・ペリシッチ退団が不振に影響しているのではと問われ、これに同意。過小評価されていた選手との認識を示している。

「確かにその通りだ。我々全員がなかったことにしつつあるが、ペリシッチはとても強力なプレーヤーだった。彼はインテルをいつも手助けしてくれていた。少し過小評価されていたとも思うね。彼の退団は大きな分岐路だった」

関連ニュース
thumb

ミラン戦欠場のホアキン・コレアが半膜様筋損傷で次戦も欠場に

インテルは6日、アルゼンチン代表FWホアキン・コレアの負傷を報告した。 太もものケガで5日行われたミランとの“ミラノ・ダービー”を欠場したコレアは、6日にロッツァーノのヒューマニタス病院で検査を実施。その結果、右大腿部の半膜様筋の損傷が確認された。 なお、詳細な離脱期間は明かされていないが、クラブは来週にも再検査を受診することを明かしており、13日に行われるセリエA第22節のサンプドリア戦は欠場することが決定している。 2021年夏にインテルに加入したコレアだが、ロメル・ルカクやラウタロ・マルティネスの影に隠れ、なかなか結果が出せず。また、度重なる負傷でベストパフォーマンスも見せることができず、これまで公式戦61試合の出場で9ゴールにとどまっていた。 2023.02.07 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル移籍濃厚のインテル、アンデルレヒトの19歳ベルギー代表に注目か

インテルが、アンデルレヒトのベルギー代表DFゼノ・バデスト(19)に興味を持っているようだ。ベルギー『Het Nieuws Blad』が報じている。 スロバキア代表DFミラン・シュクリニアルの後釜を探すインテル。同選手はパリ・サンジェルマンと仮契約を結んでいるとされ、今冬移籍の可能性も取り沙汰された。インテルがPSGのオファーを拒否したため、ひとまず今季は残留となったが、夏の移籍は確実視されている状況だ。 その代わりとして注目しているのが、カタール・ワールドカップにも参加した19歳。アンデルレヒトの下部組織出身のバデストは、公式戦8試合の出場だった昨季から、今季はリーグ戦全試合に出場と大きく飛躍。新加入で主将の大先輩ヤン・フェルトンゲンとセンターバックでコンビを組んでいる。 各世代のベルギー代表を経験し、昨年9月にはフル代表デビュー。着実にステップアップを続ける逸材はアンデルレヒトと2025年までの契約を結んでいるが、『Het Nieuws Blad』によれば評価額は800万ユーロ前後。来夏移籍の可能性は高い。 なお、インテルは他にもアタランタのトルコ代表DFメリフ・デミラルとの関連も伝えられている。 2023.02.06 14:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「批判する権利がある」リーグ3連敗、7戦未勝利のミラン、指揮官がダービー前半の戦いに「我々のミスだった」と反省

ミランのステファノ・ピオリ監督が、インテルとの“ミラノ・ダービー”を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 5日、セリエA第21節でミランはインテルと対戦した。前節のサッスオーロ戦では2-5の惨敗。カタール・ワールドカップ(W杯)の中断明けはリーグ戦6試合を戦い1勝2分け2敗、公式戦では6戦未勝利の状態でインテル戦に臨んだ。 守備崩壊からこの試合では3バックを採用したミラン。守備に重心を置いてプレーしたため、インテルに終始押し込まれる展開となる。 CKから先制を許したが、なかなか攻撃に出ることができず、そのまま1-0で終了。リーグ戦3連敗となった。 ピオリ監督は守備的に戦った選択を振り返り、もっと攻撃に出れればよかったとコメント。ただ、守備自体は悪くなかったと振り返った。 「よりコンパクトな守備をしたかったので、相手が来るのを待っていた。我々は失点したが、守備は悪くはなかった」 「ボールがあればチャンスは来るのだから、もっとドリブルが必要だった。数的優位に立つことも多かったが、前半はキックを多用し、重心を上げていくことができなかった」 「ボールの動きが鈍いということもあったが、準備していたような攻撃を出せなかったものの、チームとしてはうまく機能していたように思う」 「プレーのやり方を変えるのは難しくはなかった。選手たちは正しい信念を持って、1週間取り組んだ」 「昨シーズンは守備がしっかりできていなかったことは明らかで、相手と対峙するのに適切なポジションを取れたと思う。もちろん守備だけの試合はしたくなかったが、これは我々のミスだった」 「前半はボールを運ぶことができず、後半はより攻撃的で積極的なサッカーができることを示した」 中断明けからは全く結果を残せていないミラン。完全に失速し、迷走状態が続いている。ピオリ監督は、チームの状況を理解しているとコメント。これまでの戦い方ではより酷い結果になっていたとした、 「監督として私は状況を理解しており、我々が自分達のサッカーをしていたら、より困難な状況になっていたと確信している。以前のような距離感がない」 「より密度が高くなったが、アグレッシブに攻めることを忘れてはいけない。我々は再び競争力を高めるため、全ての仕事を捨てることはない」 また、ファンについても言及。批判を受けることは当然だとした。 「彼らには批判する権利があり、パフォーマンスは標準には達していない。私が得たものは全て情熱とアイデアで手に入れたものであり、再びチャレンジする」 2023.02.06 11:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「いつだって大きな喜び」ダービー勝利のインテル指揮官、ミラン撃破のチームを称える「前半ほぼ完璧」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、ミランとの“ミラノ・ダービー”を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 5日、インテルはセリエA第21節でミランと対戦した。 首位のナポリを追いかけるインテル。勝ち点差が離されているだけに、勝利してついていきたいところだ。 前節大量失点を喫しているミランは重心を低く保つ中、インテルは押し込み続けていく。しかし、主導権こそ握るも、ゴールは遠く。それでも34分にハカン・チャルハノールのCKからラウタロ・マルティネスがヘディングでゴール。インテルはこのゴールを守り、ダービーを制した。 インザーギ監督はダービー勝利を喜び、チームのパフォーマンスを称えた。 「素晴らしい試合ができた。監督として、チームがこのようにプレーするのを見るのは喜びだ。良い試合だった。私はチームを称えた」 「選手たちには決断力があり、気配りもあった。20日間で2度のダービーで勝利した。簡単ではなかったし、満足している。自信を持って楽しめた」 「今は全ての選手の回復に努める。そして自分たちに目を向ける必要がある。このチームが火曜日(1月31日)にアタランタに対してとても挑戦的な(コッパ・イタリアの)準々決勝を戦ったことを忘れないで欲しい」 試合内容についても完璧とコメント。改めて喜びを噛み締めている。 「前半はほぼ完璧だったし、後半は常に試合をコントロールした。今はこの勝利を楽しんでいる」 「アタランタとの素晴らしい試合から、このような形でダービーに勝てたことは、いつだって大きな喜びだ」 <span class="paragraph-title">【動画】インテルがラウタロのゴールで不調ミラン撃破!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="WtwcElcKIac";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.06 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 1-0 ミラン《セリエA》

セリエA第21節、インテルvsミランのミラノ・ダービーが5日に行われ、1-0でインテルが勝利した。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230205_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 24 オナナ 5.5 枠内シュート0、守備機会なし DF 37 シュクリニアル 6.0 前半は隙を見ての攻撃参加が効いていた。後半はレオンを監視 15 アチェルビ 6.0 要所を締めたプレーでクリーンシートに貢献 95 バストーニ 6.0 高い位置を取って攻撃をサポート MF 36 ダルミアン 6.0 球際で負けない意地が見られた 23 バレッラ 6.5 攻守によく絡む真骨頂がよく出ていた (→アスラニ -) 20 チャルハノール 7.0 決勝アシスト。配球、ポジショニングとそつなし (→ガリアルディーニ -) 22 ムヒタリアン 6.5 チャルハノールと共にゲームを支配 (→ブロゾビッチ -) 32 ディマルコ 6.0 果敢な攻撃参加、精度の高いキックでアクセントに (→ゴセンス -) FW 9 ジェコ 6.0 一定の起点となって攻撃を潤滑にさせた (→ルカク 6.0) 本来の力強いプレーが戻りつつある様子 10 ラウタロ・マルティネス 7.0 キレのある動きを続けて脅威に。決勝ゴール 監督 S・インザーギ 6.5 ミランとは対照的にこれまでの戦い方を継続。スコア以上の内容差で勝利 ▽ミラン採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230205_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 タタルサヌ 5.5 ややバタバタしていたが、防げるシュートは止めていた DF 20 カルル 5.5 自身のタスクはこなしていた印象 24 ケアー 5.0 失点に関与。ラウタロに付ききれず 46 ガッビア 5.0 バレッラに自身の担当エリアを侵攻されていた (→チャウ 5.5) ルカクとのマッチアップ。何とか耐える MF 2 カラブリア 5.0 対面のディマルコに押された (→サーレマーケルス 5.0) 守備に追われていた 30 メシアス 5.0 不慣れなインサイドで持ち味出ず (→ブラヒム・ディアス 5.0) 取り立てて流れを変えられず 33 クルニッチ 5.5 アンカーで起用。できることはしていた 8 トナーリ 5.0 チーム状況もあるが、バレッラとの代表マッチアップで劣勢に 19 テオ・エルナンデス 5.0 守備に追われ、持ち味出ず。らしさがなかった FW 9 ジルー 5.0 前線でもがき苦しむ。76分の好機でシュートに持って行けず 27 オリジ 5.0 チャルハノールの監視を任されていたようだが、攻守に機能せず (→レオン 5.5) らしい仕掛けは1回程度 監督 ピオリ 5.0 3バックへの変更でより消極的なプレーに。自信をさらに失う結果に ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ラウタロ・マルティネス(インテル) 不調のミランを尻目に絶好調。判断、シュートへの積極性と申し分なし インテル 1-0 ミラン 【インテル】 ラウタロ・マルティネス(前34) 2023.02.06 06:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly