元・名物会長モラッティ氏、愛するインテルの現状を憂う「ペリシッチ退団は分岐路」

2022.09.20 21:38 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
御年77歳を迎えたインテルの元会長マッシモ・モラッティ氏が、不振の続く現在のインテルについて言及している。

1995年~2013年にかけ、2度にわたってインテルの会長職を務めたモラッティ氏。就任当初はスクデットに届かない時代が続くも、2000年代以降に黄金期を迎え、2009-10シーズンにはクラブ45年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)優勝に加え、イタリア史上初の主要タイトル3冠も達成した。

勇退から10年弱、モラッティ氏がイタリア『TuttoMercatoWeb』のインタビューに応じ、開幕からギアの上がらない今季のインテルについて語った。
「このようなスタートを期待していたかって? いいや。良い慣らし運転ができていたはずだが、ロメル・ルカクのケガは痛恨だったようだ。あれから状況は少し変わったし、不利にもなった。もし選手とコーチの関係に変化があるなら、問題はさらに大きくなる」

インテルのシモーネ・インザーギ監督は、1-3で敗れた先日のウディネーゼ戦で一見不可解とも言える前半の選手交代が議論の対象に。だが、モラッティ氏は自身の経験も踏まえ、続投させるべきと断言した。

「私は何度も何度も監督を変えた男だ。私に聞かないでくれ(笑)。 だが、今季はまだ数試合だ。インザーギと続けるべきだろう。現段階で3敗は決して少なくないが、彼が優れたコーチであることはすでに証明されている」

また、今夏のクロアチア代表MFイヴァン・ペリシッチ退団が不振に影響しているのではと問われ、これに同意。過小評価されていた選手との認識を示している。

「確かにその通りだ。我々全員がなかったことにしつつあるが、ペリシッチはとても強力なプレーヤーだった。彼はインテルをいつも手助けしてくれていた。少し過小評価されていたとも思うね。彼の退団は大きな分岐路だった」

関連ニュース
thumb

インテル、33歳ダルミアンと契約更新へ! チャルハノールの更新も迫る

インテルとイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(33)の契約更新が迫っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 2020年夏にパルマから加入したダルミアン。加入1年目はアクラフ・ハキミが右サイドに君臨したことで出番が限られ、2年目は新加入のダンゼル・ダンフリースとポジション争いで満足な出場時間は得られなかった。 だが、3年目の今季は概ね主力としてプレー。ここまでのリーグ戦では14試合に出場しており、そのうち10試合が先発だ。 インテルとしては、ダンフリースと共存ながら及第点の結果を出す33歳のパフォーマンスは申し分なく、左サイドもこなせる器用さも持ち合わせていることから契約延長の意向は固まっており、この度2024年夏まで延長する見通しとなった。更なる延長オプションも盛り込まれているようだ。 また、現行契約が2024年夏までとなっているトルコ代表MFハカン・チャルハノール(28)に関しても契約更新が近づいており、イタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニ(23)とも近く交渉に入る模様だ。 2023.01.27 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ブロゾビッチがミラノ・ダービーで戦列復帰へ! 昨年9月以降スタメン出場なし

インテルのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチは、2月頭の重要な一戦で戦列復帰するようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ふくらはぎのケガにより、年明けのセリエA再開以降、一度もピッチに立てていないブロゾビッチ。今季は昨年10月もケガで全休するなど、不動の存在でありながら、公式戦出場が12試合にとどまっている。 最後のスタメン出場は昨年9月となっているが、週明けから練習に復帰する見込み。28日に行われるセリエA第20節のクレモネーゼ戦、31日に行われるコッパ・イタリア準々決勝のアタランタ戦は間に合わないものの、2月5日のセリエA第21節、ミラノ・ダービーが復帰戦になるという。 スーペル・コッパこそミラン相手に3-0と完勝しているものの、昨年9月にリーグ戦で対戦した際は2-3で逆転負けを喫しているインテル。ブロゾビッチも来たるミラン戦での復帰に向けて全力を注ぐだろう。 2023.01.27 14:51 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルGKラドゥがオセールにレンタル! 今季前半戦はクレモネーゼでプレー

オセールは25日、インテルからルーマニア代表GKヨヌーツ・ラドゥ(25)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「1」に決定している。 ラドゥは昨夏、セリエA昇格のクレモネーゼに1年間のレンタル移籍で加入。ここまで公式戦10試合に出場していたが、昨年10月初旬に負傷して以降は、U-21イタリア代表GKマルコ・カルネセッキとの序列が入れ替わっていた。 ラドゥは、ディナモ・ブカレストの下部組織出身で、ペルゴレッテーゼを経て、2013年8月にインテルの下部組織に加入。2016年7月にトップチームへと昇格していた。 しかし、元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチの牙城を崩せず、ここまでアヴェッリーノ、ジェノア、パルマへと武者修行を繰り返していた。昨シーズンはインテルで公式戦2試合に出場も、セリエA終盤戦のボローニャ戦での痛恨のミスが大きくクローズアップされていた。 2023.01.26 22:51 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルがミレンコビッチへの関心を再燃、PSG行き確実シュクリニアルの後継者候補

インテルが、フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(25)への関心を再燃させているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 ミレンコビッチは身長195cmのセンターバック。加えて右サイドバックもこなせる逸材は、2017年夏に母国のパルチザンからフィオレンティーナへ加入し、クラブ通算192試合に出場しており、セルビア代表でも通算41キャップを誇る。 ジョゼ・モウリーニョ監督がマンチェスター・ユナイテッド時代に獲得を切望していたとされ、昨夏もアーセナルやチェルシー、トッテナム、インテル、ナポリなど国内外からの関心が報じられた。 昨年8月にフィオレンティーナとの契約を2027年6月まで延長したため、一度は収束に向かったが、ここに来てインテル行きが再燃。今季終了後ないしは1月中のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が確実となったスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)の後継者候補の1人ということだ。 ミレンコビッチの市場価値は推定2000万ユーロ(約28億2000万円)。フィオレンティーナはミレンコビッチとFWルカ・ヨビッチのセルビア人2人の今夏以降の去就を明確にするべく、両選手を受け持つ代理人との話し合いを始めたとされている。 2023.01.26 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルのガリアルディーニがプレミアへ? フォレストが関心、今冬獲得の可能性も

ノッティンガム・フォレストがインテルの元イタリア代表MFロベルト・ガリアルディーニ(28)に関心を寄せているようだ。 今夏にインテルとの契約が満了を迎えるガリアルディーニは今季のプレータイムが14試合530分間のみ。近年は出場機会が減少の一途を辿り、先日には「分刻みのプレーはもう嫌だ。自分の資質を大切にしたい」と夏の退団を示唆していた。 一方で、1月中の獲得を目指すクラブも存在。昨年末にはトリノからの関心が伝えられ、イタリア『スカイ』によると、フォレストもその1つだという。現段階ではインテルとの交渉に乗り出しておらず、夏のフリー獲得も含めて検討しているとのことだ。 フォレストは昨夏に1億5000万ポンド(約240億9000万円)を投じて21人もの新戦力を補強。今冬もすでに元ブラジル代表MFグスタボ・スカルパなど3選手を獲得し、全34人の大所帯となっているが、ガリアルディーニもこれに続く可能性があるようだ。 2023.01.25 18:12 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly