ローマが圧倒も10代コンビで奪ったゴール守り切ったアタランタが暫定首位に浮上《セリエA》

2022.09.19 03:08 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第7節、ローマvsアタランタが18日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのアタランタが0-1で勝利した。

ローマは前節、エンポリ相手に2-1のスコアで競り勝って公式戦の連敗をストップ。さらに、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)ではヘルシンキに3-0の快勝を収め、グループステージ初勝利を手にした。公式戦2連勝で中2日の連戦に臨んだモウリーニョ監督は、その試合から先発3人を変更。負傷のカルスドルプ、ベンチスタートのビーニャ、ベロッティに代えてチェリク、スモーリング、エイブラハムを起用した。なお、当初マティッチに代わってディバラがスタメンだったが、ウォームアップ中の負傷によってマティッチが急遽メンバーに入った。

一方、アタランタは昨季の低迷に加え今夏の補強が振るわず、開幕前には今季を不安視する声も挙がっていた。しかし、蓋を開けてみれば、昨季王者と互角のドローゲームを演じるなど、ここまで4勝2分けの無敗で首位ナポリと同勝ち点の2位に立つ。格下クレモネーゼとのドローで勝ち点を取りこぼしたなか、2戦ぶりの白星を狙う今回のアウェイゲームでは先発5人を変更。ムリエルやマリノフスキー、ルックマンと前線を中心にメンバーを入れ替え、パシャリッチ、ホイルンド、エデルソンらが起用された。
注目の上位対決は思わぬアクシデントから幕を開けることに。ローマの前線へのロングボールに対して、アタランタの守備陣がコミュニケーションミスを犯してGKムッソがデミラルと激しく交錯。顔面をしたたかに打ったムッソは脳震とうに加え、骨折も危惧される状態で8分に控えGKスポルティエッロがスクランブル投入された。

立ち上がり以降は[3-4-2-1]のミラーゲームに加え、アタランタのマンマーク守備の影響で接触プレーが目立つ肉弾戦が続く。ローマはビルドアップの局面で窮屈な戦いを強いられるものの、背後への長いボールやザニオーロら前線の個の打開力で局面を打開。だが、アタッキングサードではなかなか思うようにプレーできず、クリスタンテやイバニェスのミドルシュートでチャンスを窺うにとどまる。

一方、経験の少ないアタッカー陣がローマの屈強な守備陣に手を焼いてショートカウンター以外に攻め手がないアタランタだったが、将来を嘱望されるデンマークとイタリアの10代コンビがワンチャンスを生かしてゴールをこじ開ける。

35分、ボックス右に抜け出したホイルンドがDF2枚を引き付けて角度を付けたマイナスのパスを中央へ供給。これをペナルティアーク付近でフリーのスカルビニが流れるような左足のトラップから右足のグラウンダーシュートをゴール右下隅に流し込んだ。

一瞬の隙を突かれて先制を許したローマはすぐさま反撃を開始。前半終盤に3度のビッグチャンスを作り出す。まずは41分、ペッレグリーニのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したエイブラハムが胸トラップからボックス内まで運んでGKと一対一となるが、右足のシュートを枠の左に外す。

直後の42分にはエイブラハムのスルーパスに抜け出した3バック左のイバニェスがボックス内に抜け出すが、右足アウトでプッシュする形のシュートはGKスポルティエッロのビッグセーブに遭う。さらに、45分にはマティッチの意表を突くボックス左への抜け出しから完璧な折り返しが供給されるも、ニアで反応したエイブラハムのワンタッチシュートは再びスポルティエッロの好守に阻まれた。

迎えた後半、1点リードのアタランタはその先制点をもたらしたホイルンドとスカルビニを下げてオコリとムリエルを投入。この交代でオコリが3バックの左、デ・ローンが本来のセントラルMFにポジションを変えた。

早い時間帯に追いつきたいローマは、後半もリスクを冒して前に出ていく中でアクシデントが発生。スローインに反応したザニオーロがオコリとユニフォームを掴み合った状態でボックス内に侵入し、ピッチへ倒れ込む。このプレーでローマ陣営はPKをアピールするが、ダニエレ・キッフィ主審は逆にザニオーロのファウルを取る。この判定に激高したモウリーニョ監督が執拗な抗議の末に退席処分となった。

さらに、この直後にも似たようなシチュエーションで再びザニオーロのファウルが取られたことで、ホームサポーターを含めローマ陣営とキッフィ主審の対立の構図がより明確に。ローマは細かいジャッジにフラストレーションを募らせていく。

それでも、大敗したウディネーゼ戦とは異なり、ピッチ上のパフォーマンスではブレないジャッロロッシは、マティッチを下げて切り札のベロッティをピッチに送り込み、攻勢を強めていく。その流れの中で右CKからイバニェス、セントラルMFにポジションを下げたペッレグリーニの3列目からの果敢な攻撃参加で決定機を創出していく。

ゴールの匂いはさせるものの、アタランタの堅守に手を焼くローマは、エイブラハム、マンチーニを下げてショムロドフ、ザレフスキをピッチに送り込んで最後の勝負に出る。相手陣内でハーフコートゲームを展開する中、途中投入の選手が攻撃を活性化させる。

だが、肝心のフィニッシュの局面でショムロドフは2本の決定機をモノにできず、さらにザレフスキのスルーパスに抜け出したウズベキスタン代表のベロッティへの絶妙なラストパスはDFハテブールの見事なブロックに阻まれた。

シュート4本のアタランタに対して、21本のシュートを放ったローマが内容では圧倒したが、10代コンビの活躍で唯一の枠内シュートをゴールに結びつけたアタランタがウノゼロで勝利。暫定ながら首位浮上に成功し、前節終了時点で勝ち点で並んでいたミランvsナポリの直接対決を高みから見物することになった。

関連ニュース
thumb

ミランが今冬のザニオーロ獲得を断念…選手自身がボーンマス行きかローマ残留かを選択へ

ミランは、今冬の移籍市場でのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)の獲得を断念したようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 今冬のローマ退団を希望するザニオーロは、すでに個人間の合意が報じられたミラン行きを目指していた。 しかし、3500万~4000万ユーロ(約49億6000万~56億7000万円)の完全移籍を売却条件とするローマは、買い取りオプション付きのレンタルでの獲得を目指すミランのオファーを固辞。 その間に急遽、獲得レースに参戦したボーンマスが、移籍金3000万ユーロ(約42億5000万円)+アドオン500万ユーロ(約7億1000万円)、将来的なリセール時の移籍金10%の支払いという好条件のオファーをローマに掲示。クラブ間で大筋合意に至った。 これを受け、ミランの首脳陣はローマとの交渉の中でボーンマスと同等の条件を掲示することは不可能であることを伝え、今冬のタイミングでの交渉打ち切りを決断したようだ。 ミランの撤退によってザニオーロは、一度拒否したとされるボーンマス行きを決断するか、心機一転ローマで戦い続けるかの選択を迫られることになる。 2023.01.27 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ザニオーロの新天地はミランorボーンマスの2択? 交渉難航で残留の可能性も

ローマ退団を希望するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)の新天地は、現時点でミランとボーンマスの2択となっているようだ。 先日にジョゼ・モウリーニョ監督が退団希望を認めたことで、今冬の退団が濃厚とみられるザニオーロ。 一時はトッテナムが有力な新天地候補に挙がっていたが、交渉が難航したノースロンドンのクラブは、ビジャレアルのオランダ代表FWアルノー・ダンジュマをレンタルで補強。今冬に関しては完全に獲得レースから撤退した。 そういった中、現時点で最も有力な新天地は、セリエAのライバルであるミランだ。 ローマ時代にインテルからザニオーロを獲得したスポーツディレクターのリッキー・マッサーラ氏は、以前から23歳の獲得を希望しており、イタリア残留を望む選手自身もミラノ行きを最優先事項としており、すでに個人間での合意も伝えられる。 ただ、ミランが掲示したとされる買い取りオプション付きのレンタルのオファーはローマ側に拒否されており、現在もクラブ間交渉は平行線をたどっている模様だ。 一方、トッテナムに代わるプレミアリーグ勢として新たに候補として浮上しているのが、ボーンマスだ。現在、リーグ戦18位と降格圏に沈むチェリーズは巻き返しに向けた目玉補強としてザニオーロの獲得を目指しているという。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ボーンマスはローマに対して移籍金3000万ユーロ(約42億5000万円)+アドオン、将来的なリセール時の移籍金10%の支払いという好条件のオファーを掲示。クラブ間で大筋合意に至っているという。 ただ、先日にボーンマスからのオファーを固辞したとされるザニオーロ自身にイングランド行きの考えはなく、個人間での交渉は進んでいないという。 先日にモウリーニョ監督が語ったように、ローマとしては必ずしも今冬の売却を急いでいるわけではないため、残り1週間を切った今冬の移籍市場でザニオーロのローマ退団が実現するには、ミランがローマの要求を受け入れるか、同選手がボーンマス行きを受け入れるかのいずれかになる。 2023.01.27 01:09 Fri
twitterfacebook
thumb

クワラツヘリアが練習復帰、ローマとのデルビー・デル・ソーレ出場へ

ナポリのジョージア代表MFクヴィチャ・クワラツヘリアが25日のトレーニングに参加したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 クワラツヘリアはインフルエンザの影響により17日のコッパ・イタリア・ラウンド16クレモネーゼ戦、21日のセリエA第19節サレルニターナ戦を欠場していた。 ナポリは次節、29日にセリエA第20節ローマとのデルビー・デル・ソーレを控えるが、ベストメンバーで臨めることになりそうだ。 2023.01.25 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

プレミア降格圏18位ボーンマス、ローマからウルグアイ代表DFビーニャ獲得へ?

ボーンマスがローマからウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャ(25)のレンタルを画策しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)にも出場したビーニャは母国の名門ナシオナルでプロデビューし、パウメイラスを経て、2021年8月にローマへ。左サイドバックとウィングバックを本職とし、昨季は公式戦37試合に出場と欧州1年目で多くの出場機会を得た。 だが、今季は一転して減少し、セリエAで3試合、ヨーロッパリーグ(EL)で3試合、計297分間の出場にとどまっている。プレミアリーグで降格圏の18位に沈むボーンマスがレンタル獲得に乗り出しているようだ。 1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部)逆戻りを避けたいボーンマスはビーニャ以外にも触手を伸ばす。イギリス『90min』によると、ビジャレアルからセネガル代表FWニコラス・ジャクソン(21)の獲得が濃厚になっているという。 なお、ビーニャに対してはマジョルカやフェネルバフチェも獲得に乗り出していると伝えられている。 2023.01.25 13:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ザニオーロはトッテナムよりセリエA残留を希望? すでにミランがオファーを提示か

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)は、ミラン行きを希望しているようだ。 2018年夏にローマへ加入したザニオーロ。両足の前十字じん帯を断裂するなど度重なる大ケガに見舞われながらも、懸命のリハビリによってチームの主軸に定着すると、今季も公式戦17試合に出場している。 一方で、ザニオーロとローマの契約満了が1年半後に迫り、これまで何度も延長に向けた交渉が重ねられてきたが進展はなし。今月に入ってザニオーロが移籍希望を伝えたことから、少しでも資金を得たいローマは1月中の売却を決断した模様だ。 ザニオーロに対しては、同胞であるアントニオ・コンテ監督率いるトッテナムがかねてより高い関心を示してきたが、イタリア『スカイ』によると本人はミラン行きを希望。攻撃陣の強化を目指すミランもまたザニオーロ獲得を望み、総額2500万ユーロ(約35億円)の買い取りオプションが付随した半年間のレンタル移籍を打診しているとのことだ。 ローマは移籍金3500万~4000万ユーロ(約49億~56億円)の完全移籍を望んでおり、合意はまだとのこと。ただし、このまま夏を迎えると契約残り1年となるザニオーロの価格低下は避けられないため、ジャロロッシが折れる可能性も注目されている。 2023.01.24 17:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly