川崎Fがまたも足踏みで逆転Vに暗雲…ドウグラス同点弾浴びて柏と分ける【明治安田J1第30節】

2022.09.17 21:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第30節の1試合が17日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、柏レイソルvs川崎フロンターレは1-1のドローに終わった。

6位につける柏と2位の川崎Fによる上位戦。直近の5試合で2分け3敗と勝利がなく、その間の守りも16失点と大崩れの柏だが、ACL出場権圏の3位につけるサンフレッチェ広島に食らいついていきたく、首位の横浜F・マリノスを5ポイント差で追いかける川崎Fも逆転Vに向けて2試合ぶりの白星でプレッシャーをかけていきたいところだ。

前節の先発から出場停止の大南に染谷もベンチの柏は北爪、小屋松が起用され、[4-4-2]の布陣でスタート。一方、中2日の川崎Fも山根がサスペンションで、脇坂、知念、マルシーニョをベンチに置いて登里、チャナティップ、小林、宮城を先発で送り出した。
入りからボールを繋いで崩しにかかる川崎Fに対して、柏も自陣にしっかりとしたブロックを築き、良い守りからのカウンターで対抗していく。その柏は23分にバイタルエリア中央のマテウス・サヴィオが華麗なターンからの右足フィニッシュで襲いかかるなど、王者相手にせめぎ合う。

だが、押し込む形を作り出す川崎Fも27分にジョアン・シミッチによるクサビのパスから、宮城を経由して、バイタルエリア中央でボールを受けた橘田に決定的なシーン。3選手が絡む見事な崩しからの右足シュートだったが、相手GKにゴール右隅を突いたボールを弾かれてしまう。

それでも、38分に左サイドレーンの家長が宮城とのパス交換も駆使してバイタルエリア中央にボールを持ち込み、ボックス左の小林に展開して右足でワントラップ。相手DFの寄せに来るなか、今季3得点目となる一発を右足でニアサイドにねじ込み、川崎Fが先制に成功してみせる。

先にリードを許した柏だが、後半も勢いのある入りを披露して、52分にバイタルエリア中央からドウグラスが惜しい左足フィニッシュでゴールを強襲したりと巻き返す。その流れを嫌った川崎F陣営は62分に宮城とマルシーニョの交代で盛り返そうとするが、守備陣が崩れてしまう。

63分に三丸の浮き球パスにボックス内で反応した細谷がジェジエウの背後を突く動き出して谷口ともつれ込みながらも粘り、こぼれ球にドウグラスが反応。完全フリーで絶好機のドウグラスは3戦連発となる今季4ゴール目を左足で決め切ってみせ、柏が試合を振り出しに戻す。

突き放したい川崎Fは71分、脇坂、知念、遠野をピッチに送り込み、攻撃のギアを再び上げにかかるが、柏の守備陣もGK佐々木を中心に奮闘。その柏も76分に武藤と戸嶋を送り込みながら勝ち越しを目指したが、川崎FもGKチョン・ソンリョンが立ちはだかり、ゴールを許さない。

それぞれ目指すものがあり、是が非でも勝利がほしかった両者だが、1-1のドローでタイムアップ。6試合未勝利の柏が上位追走とならなかった一方で、川崎Fも翌日に横浜FMが今節を控えるなかで痛恨の2試合連続ドローという結果に終わっている。

柏レイソル 1-1 川崎フロンターレ
【柏】
ドウグラス(後18)
【川崎F】
小林悠(前38)

関連ニュース
thumb

ルヴァン杯王者の広島、野上結貴が名古屋に完全移籍 「また新しい場所で期待と覚悟を持ってチャレンジ」

名古屋グランパスは2日、サンフレッチェ広島からDF野上結貴(31)の完全移籍加入を発表した。 野上は桐蔭横浜大学から横浜FCで入団後、4年半が経った2016年夏にサンフレッチェ広島に完全移籍。移籍2年目から毎シーズンの明治安田生命J1リーグで20試合以上の出場数を記録と主力センターバックに定着した。 今季はミヒャエル・スキッベ新監督の下、センターバックだけでなく、ウイングバックやボランチもこなしてみせ、チームのルヴァンカップ優勝などの躍進に貢献。J1リーグでは25試合に出場して1ゴールだった。 名古屋の公式ウェブサイトを通じて「サンフレッチェ広島から移籍してきました。野上結貴です」と挨拶とともに意気込みを語っている。 「早くチームに馴れ、名古屋グランパスに貢献したいですし、ファミリーの皆さんに"加入してくれて良かった"と思ってもらえるよう、日々のトレーニングから頑張ります。よろしくお願いします」 一方、広島の公式サイトでは「このたび、名古屋グランパスに移籍することを決断しました。皆さんの前で報告できず、申し訳ないです」と語り、思い出にふけながら、感謝の言葉を綴った。 「広島にきて6年半のことを振り返ると色々なことを思い出します。優勝カップを手にしたく、この広島を選び、期待と覚悟を持って来ました。見知らぬ土地、知り合いもいない最初の年に一気に白髪だらけになったこと」 「森﨑兄弟からのメッセージの入った手紙付きのパスに驚かされたこと。 残留争い、優勝争い。そして今年、ルヴァンカップを獲った10月22日(土)のことは一生忘れることはないです」 「書きたいこと、伝えたいことがあり過ぎて…。時間が経つにつれ、人見知りの僕が広島のチームの雰囲気の良さ、広島の人の優しさ、温かさに触れ、馴染むことができ、家族みんなが大好きな場所となりました」 「このチームはここ数年の苦しい時期を乗り越え、これから新スタジアムに向けて最高の監督、スタッフ、メディカル、尊敬するベテラン、期待の若手、そして素晴らしいファミリー達と共に飛躍していくと思います。そんなサンフレッチェを応援しています。不安は僕がいない柴﨑軍団くらいですね(笑)」 「僕はまた新しい場所で期待と覚悟を持ってチャレンジする決断をしました。変わらず応援していただけると嬉しいです。長くなりましたが、本当にありがとうございました。ガミ」 2022.12.02 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

清水がコーチ陣を発表、日韓W杯にも出場した市川大祐氏、元日本代表GKの古川昌明氏が入閣

清水エスパルスは2日、ジュニアユース三島U-13の市川大祐監督(42)がコーチに、いわきFCのGKコーチだった古川昌明氏(54)がGKコーチに就任することを発表した。 市川氏は、清水の下部組織出身で、清水やヴァンフォーレ甲府、水戸ホーリーホック、藤枝MYFC、FC今治、ヴァンラーレ八戸でプレー。引退後は清水のサッカースクールコーチの他、U-13、U-14、U-15の監督を歴任。今シーズンはジュニアユース三島U-13で監督を務めた。 現役時代は日本代表にも選ばれ、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)にも出場し、右サイドバックでプレーしていた。 古川氏は、鹿島アントラーズやアビスパ福岡でプレー。日本代表としてもプレーした。引退後は、ブラジルのコリンチャンスでGKアシスタントコーチを務めた他、川崎フロンターレ、鹿島でもGKコーチを担当。今シーズンはいわきFCでGKコーチを務めたいた。 両コーチはクラブを通じてコメントしている。 ◆市川大祐 コーチ 「2023シーズンよりトップチームのコーチに就任する市川大祐です。Jr.ユースの一期生として清水エスパルスに入団し、ユース、トップチームと18年間過ごした特別なクラブです。2023シーズンが清水エスパルスにとってかけがえのないシーズンとなるよう全力で努めてまいります。よろしくお願いいたします」 ◆古川昌明 GKコーチ 「清水エスパルスを愛し応援してくださる全ての皆様、この度GKコーチに就任する事になりました古川昌明です。伝統ある清水エスパルスで仕事をさせていただける事を大変光栄に思います。また、その責任の重さも十分理解しています。与えられた責務を必ず全うし、目標達成に向けて全力で頑張ります。よろしくお願いいたします」 2022.12.02 15:05 Fri
twitterfacebook
thumb

福岡、湯澤聖人が来季契約を結ぶ! 今季は公式戦40試合でプレー

アビスパ福岡は2日、DF湯澤聖人(29)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 湯澤は流通経済大学に在学中の2015年に特別指定選手として柏レイソル入りし、翌年に正式昇格。2017年から京都サンガF.C.、ヴァンフォーレ甲府を渡り歩いた後、2020年から福岡に加わった。 その福岡移籍初年度から主力として重用され、今季の明治安田生命J1リーグでも26試合に出場。ルヴァンカップと天皇杯でも計14試合でプレーした。 2022.12.02 14:55 Fri
twitterfacebook
thumb

小林新体制の千葉、横浜FMから水戸へレンタル中のMF椿直起を完全移籍で獲得「J1昇格に最大限尽くす」

ジェフユナイテッド千葉は2日、MF椿直起(22)が横浜F・マリノスから完全移籍で加入することを発表した。 横浜FMの育成組織出身の椿は年代別の日本代表にも選出されてきたアタッカーで、高校1年時の2016年から3年連続で2種登録選手としてトップチームへ登録された。 2019年から正式に横浜FMのプロ選手となり、同年夏、翌年とギラヴァンツ北九州へと育成型期限付き移籍。2020年12月からはオーストラリアのメルボルン・シティFCへと期限付き移籍で加わり、2021年夏には再び北九州へ。今季は水戸ホーリーホックでの武者修行で、明治安田J2にて37試合3得点を記録していた。 移籍に際し、椿は各クラブへ以下のような言葉を残している。 ◆ジェフユナイテッド千葉 「クラブの一員として戦えることをとても嬉しく思います。J1昇格という目標のために自分の力を最大限に尽くしたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆横浜F・マリノス 「自分をユースに誘っていただいてから今まで、本当にお世話になりました」 「あの素晴らしい日産スタジアムのピッチ、ファン・サポーターの前でプレーすることができず悔しいですが、たくさんの経験をさせてもらったこのクラブにとても感謝しています」 「チームは変わってしまいますが、少しでも気にかけてもらえるとうれしいです。ありがとうございました!」 ◆水戸ホーリーホック 「1年間という短い間でしたがありがとうございました」 「どんな状況であっても毎試合毎試合選手たちと同じくらい、それ以上に一緒に戦ってるファン・サポーターの皆さまにほんと感謝しています」 「チームは変わってしまいますが水戸ホーリーホックというクラブが大好きであるのは変わりません。活躍して成長した姿を見せられるように頑張ります。 ありがとうございました!」 2022.12.02 14:23 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌が広島MF浅野雄也を完全移籍で獲得、W杯でプレーする日本代表FW浅野拓磨の実弟

北海道コンサドーレ札幌は2日、サンフレッチェ広島のMF浅野雄也(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 浅野は三重県出身で、カタール・ワールドカップ(W杯)に出場しているFW浅野拓磨(ボーフム)の実弟。大阪体育大学から2019年に水戸ホーリーホックへと入団。2020年に広島へ完全移籍した。 広島には3シーズン在籍。今シーズンは明治安田生命J1リーグで12試合に出場、YBCルヴァンカップで3試合に出場した。 広島での通算では81試合に出場し11得点、リーグカップで8試合で1得点、天皇杯で1試合に出場した。 浅野は両クラブを通じてコメントしている。 ◆北海道コンサドーレ札幌 「この度、サンフレッチェ広島から加入することになりました。自分のサッカーを思う存分ピッチで表現し、1日でも早くチームに貢献できるよう頑張っていきたいと思います。北海道コンサドーレ札幌のファン・サポーターの皆様、応援よろしくお願いします」 ◆サンフレッチェ広島 「このたび、北海道コンサドーレ札幌へ完全移籍することになりました。今シーズンなかなかチームに貢献することができませんでしたが、リーグ戦3位、天皇杯準優勝、ルヴァンカップ優勝という素晴らしい結果を残せたこと、そして3年間にわたり紫のユニフォームを着て最高のメンバーと共に戦うことができたことを心の底から誇りに思います」 「振り返ると、僕が広島に加入した年に新型コロナウイルスが流行したため、なかなかサンフレッチェ・ファミリーの皆さんにお会いする機会がありませんでしたが、最後にファン感謝祭で皆さんとお会いし、温かい言葉をかけていただく中で改めて広島に来て本当に良かったなと思いました。たくさんの思い出ができ、大好きになったこの広島だからこそ、最後の最後の最後の最後の最後まで悩みましたが、自分のサッカー人生のことを考え、このような決断をしました」 「最後になりましたが、ファン・サポーターの皆様、スポンサー企業の皆様、サンフレッチェ広島に関わってくださった全ての皆様、3年間という短い間でしたが、本当にありがとうございました」 2022.12.02 14:19 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly