W杯を捨てても移籍か? エスパニョールのチーム内得点王デ・トーマスが市場閉まるも移籍強行へ

2022.09.10 18:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
キャリアの一部を捨ててでも移籍したい選手もいるようだ。

エスパニョールに所属するスペイン代表FWラウール・デ・トーマス(27)だが、ラージョ・バジェカーノへ移籍することになるという。スペイン『アス』が伝えた。

レアル・マドリーの下部組織育ちのデ・トーマスは、カスティージャからコルドバやレアル・バジャドリー、そしてラージョへとレンタル移籍。2018年7月にファーストチームへ昇格すると、2018年8月から再びラージョへレンタル。2019年7月にベンフィカへ完全移籍した。
2020年1月にはエスパニョールへと完全移籍し、半年でスペインへと戻ると、2021-22シーズンのラ・リーガでは34試合で17ゴール3アシストを記録。チーム内得点王として活躍した。

スペイン代表にも招集され、4試合に出場。カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバーにも滑り込む可能性があった中、1月までのプレー機会を捨てる覚悟があるようだ。

デ・トーマスは今夏ラージョへの移籍を画策。しかし、移籍市場が締め切られる中、数分間合わずに移籍が成立しなかったという。

エスパニョールとは2026年夏までの契約がある中、退団を決意。しかし、市場が閉まってしまっては移籍は不可能。期限が遅いトルコや中東からも興味は保たれていたが、ラージョに戻りたいため、断ったという。

なお9日の時点でも条件面はラージと交渉しており、移籍の実現に向けて動いている模様。1200万ユーロ(約17億3700万円)の移籍金が発生し、1月の市場が開くまでプレーはできないことになるが、移籍で決着が着くか注目だ。

関連ニュース
thumb

フラン・ガルシアの来夏マドリー復帰が確実に! ラージョ会長「マドリーと合意している」

ラージョ・バジェカーノに所属するスペイン人DFフラン・ガルシア(23)のレアル・マドリー復帰が確実となった。スペイン『ESPN』が報じている。 フラン・ガルシアはマドリーのカンテラ出身の左サイドバック。2020年夏にラージョへレンタル移籍すると、翌年夏に200万ユーロ(約2億8000万円)で完全移籍に移行した。 ラージョではアンドニ・イラオラ監督から全幅の信頼を得ており、今季もここまでのラ・リーガ全19試合にフル出場。169cmとサイズには恵まれていないものの、爆発的なスピードを生かした攻撃参加、インテンシティの高さに定評があるラージョで主力を担っているように球際のタフさも特長だ。 今冬の移籍市場ではレバークーゼンが獲得に動いていたが、未だに50%の保有権を有するマドリーがその動きをブロック。ラージョに対して、来夏500万ユーロ(約7億円)を支払うことで合意に至った。 ラージョのラウール・マルティン・プレサ会長は、23歳DFの来夏マドリー復帰を認めた。 「我々はマドリーと合意しており、ガルシアはシーズン終了後にあちらに向かうことになる」 「マドリーは、1週間前の(フェルラン・)メンディの状況(ケガ)を考えると、この移籍市場で彼の獲得に動くこともできたはずだ。だが、彼らはラージョへの敬意、我々の邪魔をしないため、真の紳士として振る舞ってくれたし、我々は彼らに感謝している」 「また、彼らはガルシアがレバークーゼンに移籍することを阻止してきた。フランは成長しているし、マドリーに多くのものを与えることができるはずだ」 2023.02.01 23:19 Wed
twitterfacebook
thumb

久保建英の欠場、ソシエダ指揮官が説明 「リスクを冒したくなかった」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英はケガを理由に出番が巡ってこなかったようだ。 21日のラ・リーガ第18節でラージョと対戦したソシエダ。敵地での一戦を2-0の勝利で飾り、クラブレコードの公式戦9連勝を成し遂げた。 ただ、この日の久保はベンチ入りも不出場。スペイン『ElDesmarque』によれば、イマノル・アルグアシル監督がその理由を説明した。 「タケはベンチにいたが、昨日、一昨日と大腿四頭筋の問題で休ませた。次週に良くなってくれたら良い。ケガ人が多く、大事な試合も続くし、リスクを冒したくなかった」 今後のソシエダは25日のコパ・デル・レイ準々決勝でバルセロナと対戦し、続く29日にラ・リーガ第19節のレアル・マドリー戦を予定する。 チームの好調ぶりも相まって、今後に控える強敵との2連戦に向けて無理させなかったということのようだ。 2023.01.22 11:05 Sun
twitterfacebook
thumb

久保欠場のソシエダがセルロートの5戦連発弾などで公式戦9連勝!《ラ・リーガ》

久保建英の所属するレアル・ソシエダは21日、ラ・リーガ第18節でラージョ・バジェカーノとアウェイで対戦し2-0で勝利した。久保はベンチ入りも出場機会はなかった。 4日前に行われたコパ・デル・レイ4回戦でマジョルカに辛勝したソシエダは、その試合から先発を7人変更。オヤルサバルやスビメンディ、メリーノらに代えてバレネチェアやダビド・シルバ、イジャラメンディを先発で起用。久保はベンチスタートとなった。 セルロートとバレネチェアの2トップで試合に臨んだソシエダは、最初のチャンスで先制する。15分、敵陣で相手のスローインをカットしたシルバがゴール前へスルーパスを供給。これに反応したセルロートがGKとの一対一を制しゴールネットを揺らした。 先制したソシエダは、36分にデザインされたセットプレーから追加点を奪う。ブライス・メンデスの左CKをニアに走りこんだエルストンドが右足アウトサイドでフリックすると、ファーサイドに走りこんだバレネチェアがワンタッチでゴールに押し込んだ。 迎えた後半、ソシエダは開始早々にセットプレーからピンチ。48分、イシの左CKをルジューヌにドンピシャのヘッドで合わせられたが、これはGKレミロのファインセーブで難を逃れた。 やや劣勢の時間が続くソシエダは、65分にセルロートとシルバ、ブライス・メンデスを下げてオヤルサバルとオラサガスティ、アンデル・マルティンを投入する3枚替えを敢行。 その後も互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、最後までスコアは動かず。セルロートのリーグ戦5戦連発弾などで逃げ切ったソシエダが、公式戦9連勝を飾った。 2023.01.22 00:03 Sun
twitterfacebook
thumb

売却噂のマドリーDFメンディ、幹部とコーチ陣で評価が分かれる…

今夏の売却が囁かれるレアル・マドリーのフランス代表DFフェルラン・メンディ(27)だが、幹部らとコーチ陣の間で評価が分かれているようだ。 2019年夏にマドリーの一員となったメンディ。加入後は左サイドバックの1番手を務めており、前任者のマルセロ(現オリンピアコス)ほどではないにせよ、仕事はしっかり果たしているといった印象だ。 だが、昨夏以降は契約延長交渉のもつれから売却が噂に。マドリーは今夏に下部組織育ちの元U-21スペイン代表DFフラン・ガルシア(23)をラージョ・バジェカーノから買い戻し、メンディの後釜に据える方針で一致したとも伝えられている。 幹部らがメンディの希望する金銭条件を鵜呑みにできない理由はケガの多さ。スペイン『Relevo』によると、メンディはマドリー加入後の3年半で9度離脱しており、うち7度が筋肉系のトラブルだという。 一方、カルロ・アンチェロッティ監督を筆頭とするコーチ陣はメンディの守備能力を高く評価。同選手が今夏の移籍市場において「換金可能」とみなされている事実には納得しきれていないようだ。 メンディの去就は依然として不透明なものの、2025年6月までは契約を残しており、来季以降も残留を望んでいるとのことだ。 2023.01.11 17:46 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、下部組織出身DFフラン・ガルシアの買い戻しが確実に! 移籍金はわずか7億円

ラージョ・バジェカーノに所属する元U-21スペイン代表DFフラン・ガルシア(23)のレアル・マドリー復帰が確実となっているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 フラン・ガルシアはマドリーの下部組織出身の左サイドバック。2020年夏にラージョへレンタル移籍し、翌季からは完全移籍に移行しているものの、マドリーは現在も選手の保有権50%をキープしている。 ラージョでは主軸として活躍を続け、今季もここまでのラ・リーガ全15試合にフル出場。マドリーはフランス代表DFフェルラン・メンディ(27)の来夏退団が伝えられており、その後釜としてフラン・ガルシアの買い戻し方針を固めたようだ。 スペイン『Okdiario』によると、ラージョはリリース条項を1000万ユーロに設定しているものの、50%の保有権を持つマドリーは半額の500万ユーロ(7億円)で獲得可能。来夏の買い戻しにはカルロ・アンチェロッティ監督からもゴーサインが出ているという。 2023.01.05 20:11 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly