トルコ代表MFユスフ・ヤズジュが3年ぶりにトラブゾンスポルへ復帰

2022.09.06 07:03 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トラブゾンスポルは5日、リールのトルコ代表MFユスフ・ヤズジュ(25)を1年間のレンタル移籍で獲得した。

トラブゾンスポルでプロデビューしたヤズジュは、2019年夏にリールへ移籍。加入初年度にヒザの前十字靭帯を断裂してシーズン後半を棒に振ったものの、2020-21シーズンは主力としてリーグ・アン32試合の出場し7ゴールを記録。

しかし2021-22シーズンは、昨夏に就任したジョスリン・グーヴェネック監督の下で序列が低下。出場機会が激減すると今冬に買い取りオプション付きレンタルでCSKAモスクワに加入。
CSKAモスクワでは加入初戦のスパルタク・モスクワで初ゴールを記録すると、その後リーグ戦6試合連続ゴールをマーク。公式戦12試合で8ゴール2アシストの活躍を見せると、クラブは買い取りオプションの行使を望んだが所属元のリールとの交渉がまとまらず、破談に終わっていた。

関連ニュース
thumb

ナント、ニースからアルジェリア代表FWドゥロールを買取義務付きのレンタル移籍で獲得

ナントは30日、ニースに所属するアルジェリア代表FWアンディ・ドゥロール(31)を買取義務付きのレンタル移籍で獲得した。また、買い取り後は2025年6月30日までの契約を結ぶとのことだ。なお、背番号は「99」を着用する。 ナントへの加入が決まったドゥロールは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「とても嬉しいよ。新しいチームメイトと一緒に練習できることを、10日間待っていたんだ。まるで新学期を迎えた子供のように、今朝はとても早起きして準備に取り掛かりました。一緒にプレーしたことのある選手や、何度か対戦したことのある選手が多くいたんだ。彼らは僕を歓迎してくれた。ナントの選手としてこのスタジアムでプレーすることを、今からとても楽しみにしているよ」 これまでカーンやトゥールーズなどフランスのクラブやイングランドのウィガンを渡り歩いてきたドゥロール。豊富な運動量とスピード、身体能力、決定力を武器とする万能型ストライカーは、2020-21シーズンに所属したモンペリエでリーグ・アン30試合で15ゴール10アシストの数字を残し、リーグ屈指のアタッカーとの評価を確立。 この活躍が認められ、2021年の夏にニースへ完全移籍すると、昨季はエースとして公式戦40試合で20ゴール5アシストを記録。今季もリーグ・アン14試合で6ゴール1アシストをマークしていたが、第11節以降の出場はわずか3試合で36分のプレーにとどまっていた。 2023.01.31 02:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、ヴォルフスブルクで構想外のFWフィリップをレンタル移籍で獲得

ブレーメンは30日、ヴォルフスブルクからドイツ人FWマクシミリアン・フィリップ(28)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。背番号は「17」を着用する。 ブレーメンへの移籍が決まったフィリップは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ヴェルダーは素晴らしいクラブだ。ここでプレーできるタスクとチャンスを楽しみにしている。チームを助けたいし、多くの出場時間を得たい。熾烈なポジション争いがあることはわかっているが、僕はそれに挑み、クラブがこの素晴らしいサッカーを今後も続けていけるよう、少しでも力になりたいと思っているよ」 かつてフライブルクやドルトムント、ディナモ・モスクワでプレーしたフィリップは、2020年の夏にヴォルフスブルクへレンタルで加入すると、ブンデスリーガ24試合に出場し6ゴール2アシストを記録。 この活躍が認められ、翌年の夏に完全移籍すると昨季は準主力として公式戦25試合に出場。しかし、今季は昨夏に就任したニコ・コバチ監督の構想外となっており、ここまでブンデスリーガ3試合でわずか115分の出場にとどまってた。 2023.01.31 01:40 Tue
twitterfacebook
thumb

積極補強のウルブス、フラメンゴの逸材MFジョアン・ゴメスの獲得を発表!

ウォルバーハンプトンは30日、フラメンゴに所属するブラジル人MFジョアン・ゴメス(21)をイギリスの労働許可証と国際免許証の取得を条件に完全移籍で獲得したことを発表した。 29日にイングランドへ到着したジョアン・ゴメスは、すでにメディカルチェックを終え、1年間の延長オプションが付随した5年半の契約書にサイン。なお、移籍金は明かされていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』は1500万ポンド(約24億円)の移籍金で合意に至ったと報じている。 フラメンゴの下部組織育ちのジョアン・ゴメスは、2021年7月にファーストチームに昇格。20歳の時にデビューを果たすと、これまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)で59試合に出場し2アシスト。コパ・リベルタドーレスで21試合に出場し1アシストを記録している。 ボランチを主戦場としており、ブラジルでは高い評価を得ており、かつてはリバプールと相思相愛とも見られていたが、移籍は実現しなかった。 後半戦での巻き返しを狙うウルブスは、今冬の移籍市場で派手に動いており、アトレティコ・マドリーからブラジル代表FWマテウス・クーニャ(23)、ニースのガボン代表MFマリオ・レミナ(29)、パリ・サンジェルマン(PSG)からスペイン代表MFパブロ・サラビア(30)、ウェストハムからイングランド人DFクレイグ・ドーソン(32)、ブリストル・シティからGKダニエル・ベントリー(29)を獲得。ジョアン・ゴメスは6人目の補強となった。 2023.01.31 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

スペツィア、ローマからウズベキスタンのエースFWショムロドフをレンタルで獲得

スペツィアは30日、ローマからウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ(27)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。背番号は「14」を着用する。 ウズベキスタン代表の主将ショムロドフは、190cmの大型のアタッカー。母国のブニョドコルでキャリアをスタートし、ロシアのロストフを経て2020年の夏ジェノアに完全移籍で加入。 加入当初はセリエAへの適応に苦戦を強いられたが、ようやくイタリアの水になれたシーズン最終盤の6試合では5ゴールを挙げる爆発力をみせ、デビューシーズンで31試合8ゴールと上々の数字を残すと、この活躍が認められ、2021年夏に名門ローマ移籍を果たした。 ローマではジョゼ・モウリーニョ監督の下で貴重なオプションとなるも、途中出場がメインということもあり、ゴール数は伸び悩み。昨季は公式戦40試合で5得点と6アシスト、今季は8試合151分間の出場で1得点のみとなっていた。 恵まれた体格を持つものの、そのプレースタイルはターゲットマンタイプではなく、いわゆるモビリティタイプのアタッカー。爆発的なスプリント能力を武器に相手の背後やサイドに流れて局面を打開し、とりわけカウンターアタックの局面で力を発揮する。 2023.01.31 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ブライトンが19歳のスウェーデン代表MFアヤリを完全移籍で獲得、17歳でデビューした逸材

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは30日、スウェーデンのAIKソルナからスウェーデン代表MFヤシン・アヤリ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2027年6月までの4年半。移籍金は非公開とされているが、イギリス『スカイ・スポーツ』は500万ポンド(約8億円)だとしている。 アヤリはAIKのアカデミー出身で、17歳でファーストチームデビュー。ここまで公式戦通算47試合に出場し5ゴール2アシストを記録している。 2022シーズンはアルスヴェンスカン(スウェーデン1部)で24試合に出場。ボランチやサイドハーフでプレーしながら、4ゴール2アシストを記録していた。 世代別のスウェーデン代表を経験しており、既にA代表にでも2試合に出場している。 ポジションは引く手数多のエクアドル代表MFモイセス・カイセドと同じだが、穴埋めではなく、将来への投資だとされている。 2023.01.30 23:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly