ベンフィカで戦力外のターラブトがフリーに…契約解消で双方合意

2022.09.02 11:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベンフィカは1日、モロッコ代表MFアデル・ターラブト(33)の退団を発表した。

かつてトッテナムやミランなどでもプレーしたターラブトは2015年夏にベンフィカ入り。2017年1月から翌シーズンまでジェノアにローン移籍後、ベンフィカに復帰した。

昨季は大半が途中からの出場だったが、公式戦42試合でプレー。だが、今季から指揮を執るロジャー・シュミット監督の下では戦力に含まれず、ベンチ外が続いていた。
そして、今季までの契約を双方合意で解消しての退団が決定。モロッコ代表として今年11月のカタール・ワールドカップが迫る状況だが、新天地はどこになるのだろうか。

関連ニュース
thumb

チェルシー、エンソ・フェルナンデス獲得に向けリスボンでのメディカルチェックを準備

チェルシーが、ベンフィカのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス(22)の獲得へ最後の勝負に出たようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 今冬の移籍市場で超大型補強を敢行しているチェルシー。だが、中盤の目玉補強と目されたフェルナンデス獲得は、ベンフィカの徹底抗戦によって交渉が長期化。 しかし、移籍市場閉幕間際に最後の勝負に出たブルーズは、1億2000万ユーロ(約170億円)に設定された契約解除金の満額支払いを決断。ただし、6回の分割払いを条件としているようで、一括での支払いを要求するベンフィカとの交渉は平行線を辿っている。 それでも、イタリア代表MFジョルジーニョ(31)をアーセナルに売却する決断を下したクラブは、幾つかの保険を用意しながらもフェルナンデス獲得に全力を注いでおり、粘り強くクラブ間交渉を継続。 さらに、『スカイ』によると、チェルシーは年俸1000万ユーロ(約14億1000万円)の7年半契約で個人間合意に至るフェルナンデスのメディカルチェックをリスボンで実施する準備を進めており、デッドライン・デーぎりぎりでの交渉成立を目指しているようだ。 2023.02.01 01:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ベンフィカはエンソ・フェルナンデスを死守できるのか…テクニカル・ディレクターがプランBへ移行か

アルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスの流出を阻止したいベンフィカ。移籍市場閉幕直前にして動きがあったようだ。ポルトガル『レコルド』が報じている。 チェルシーからフェルナンデスに対する猛烈なアプローチを受けているベンフィカ。契約解除金の1億2000万ユーロの満額支払いを求める姿勢を崩さず、一度はチェルシーを跳ね除けたに思われた。 しかし、移籍市場のタイムリミットに向けてチェルシーが一気に勝負を仕掛けてきた。今度は解除金を満額用意。ただし、6回の分割払いを条件としているようで、一括での支払いを要求するベンフィカはなおも首を縦に振らずにいる。 だが、当の本人はというとチェルシー行きを希望している模様。ここに来て流出の可能性が高まる中で、『ESPN』はボカ・ジュニアーズに所属するアルゼンチン人MFアラン・バレラや、サッスオーロのイタリア代表MFダビデ・フラッテージ、フェイエノールトのトルコ代表MFオルクン・コクチュの名前を挙げ、アルゼンチン代表MFの後釜となりうる候補の情報を伝えている。 そして、『レコルド』の最新の情報によれば、ベンフィカのテクニカル・ディレクターであるルイ・ペドロ・ブラス氏が、フェルナンデスがチェルシーに移籍する場合に備え、プランB実行のためにポルトガルを離れたようだ。 もちろん、真意は定かではないが、同メディアは「新戦力確保に向けた動き」と捉えており、チェルシーにとって有利な状況になったと主張している。 2023.01.31 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンフィカがエンソ・フェルナンデス流出に備えて南米からリストアップ

アルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスの流出危機にあるベンフィカが、最悪の事態に備えて南米からリストアップしているようだ。 チェルシーからフェルナンデスに対する猛烈なアプローチを受けているベンフィカ。契約解除金の1億2000万ユーロの満額支払いを求める姿勢を崩さず、一度はチェルシーを跳ね除けたに思われた。 しかし、移籍市場のタイムリミットに向けてチェルシーが一気に勝負を仕掛けてきた。今度は解除金を満額用意。ただし、6回の分割払いを条件としているようで、一括での支払いを要求するベンフィカはなおも首を縦に振らずにいる。 だが、当の本人はというとチェルシー行きを希望している模様。ここに来て流出の可能性が高まる中で、万が一に備えてボカ・ジュニアーズに所属するアルゼンチン人MFアラン・バレラ(21)に注目していると『ESPN』が報じている。 同選手は2020年12月にボカの下部組織からトップチームデビュー。徐々に出場機会を増やし、2022年シーズンには公式戦42試合に出場。スーペルリーガ優勝とコパ・デ・ラ・リーガ・プロフェッショナル優勝に貢献した。 守備能力はもちろんのこと、正確なキックと判断力で一気に局面を打開できる高い攻撃性能も持つ。 ボカとは2026年末まで契約を結んでいるが、『ESPN』によれば移籍金は1000万ユーロ程度とのこと。同メディアは他にサッスオーロのダビデ・フラッテージとフェイエノールトのオルクン・コクチュもイーグルスのレーダーに入っていると主張するが、推定移籍金がそれぞれ2200万ユーロと2700万ユーロと安価ではないとも指摘している。 なお、ボカはアカデミーへの投資でバルセロナと提携協定を結んでおり、バルセロナはその見返りとしてボカのユース選手を優先的に獲得できる権利を持っているようだ。 2023.01.31 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

既に283億円を冬に投じたチェルシー、170億円のアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスに最終トライ! ベンフィカと交渉へ

チェルシーが移籍期限ギリギリで最後の勝負に出るようだ。ポルトガル『レコルド』が伝えた。 今冬は既に7選手を獲得しているチェルシー。総額2億ユーロ(約283億4000万円)を超える資金を投じてチームの強化に動いている。 そのチェルシーが今冬補強したいとターゲットにしていたのはベンフィカのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス(22)。カタール・ワールドカップ(W杯)ではアルゼンチン代表の36年ぶりの優勝に貢献し、自身も最優秀若手選手に選出されていた。 W杯で一気に評価をあげたエンソ・フェルナンデスには、リバプールも興味を持っていたが、ベンフィカが拒否。チェルシーは選手との合意を済ませているものの、何度オファーを出してもベンフィカに断られていた。 ベンフィカはエンソ・フェルナンデスに1億2000万ユーロ(約170億円)の契約解除条項を設定。しかし、チェルシーは分割支払いをオファーしたが、3回にわたる支払いに関して拒否。一括払いのみを求めるとされている。 諦めたかと思われたが、チェルシーは移籍期限ギリギリで再トライ。リスボンへと飛び、最終交渉を行うとされている。 エンソ・フェルナンデス本人は退団を希望しているが、ベンフィカが納得するには1億2000万ユーロをしっかりと支払うことのみ。ただ、多額の資金を投じているチェルシーとしては一括払いはできないはずだ。 そこで提案するとされているのが、リヨンのDFマロ・グストと同じ手法。エンソ・フェルナンデスを獲得しながらも、今シーズンはレンタル移籍という形でベンフィカに所属させるというものだ。 2023.01.30 23:15 Mon
twitterfacebook
thumb

シュツットガルトがベンフィカFWジウ・ディアスを完全移籍で獲得

シュツットガルトは30日、ベンフィカのポルトガル人FWジウ・ディアス(26)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2025年6月30日までの2年半で、背番号は「31」をつける。 ジウ・ディアスは、モナコでプロキャリアをスタート。ヴァルジム、リオ・アヴェ、フィオレンティーナ、ノッティンガム・フォレスト、オリンピアコス、グラナダ、ファマリカンと多くのクラブをレンタル移籍で渡り歩いた。 2021年7月にベンフィカに完全移籍。ベンフィカでは公式戦20試合に出場し1ゴール2アシストを記録。しかし、今季はリーグ戦やチャンピオンズリーグでの出番はなく、公式戦2試合の出場に終わっていた。 左ウイングが主戦場のジウ・ディアスは、負傷中のFWチアゴ・トマスの代役としての活躍が期待される。 2023.01.30 22:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly