ボーンマスがセインツDFスティーブンスをレンタル! かつて吉田麻也とコンビ形成

2022.09.01 23:18 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボーンマスは1日、サウサンプトンからイングランド人DFジャック・スティーブンス(28)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「3」に決定している。

プリマス・アーガイルでキャリアをスタートしたスティーブンスは、2011年にサウサンプトンに加入。スウィンドンやミドルズブラなどへの武者修行を経て、2016–17シーズン以降はセンターバックの準主力に定着。日本代表DF吉田麻也(現シャルケ)ともコンビを組んでいた。

クラブ通算151試合に出場しているスティーブンスだが、直近2シーズンはチーム内での序列が下がっており、昨季はケガの影響などもあり、リーグ戦の出場は11試合にとどまった。今季は味方の負傷によって開幕戦の後半からプレーしたが、以降は試合終了間際の時間稼ぎのための交代のみに終わっていた。
一方、ボーンマスは開幕から大量失点が続いており、センターバックのテコ入れが急務となっていた。

関連ニュース
thumb

「いつだって危険な存在」ブライトン指揮官、2試合連続終盤決勝弾の三笘薫を称える

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督は、日本代表MF三笘薫について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 4日、ブライトンはプレミアリーグ第22節でホームにボーンマスを迎えた。 三笘はこの試合も先発出場。1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、試合終了間際にボックス内で衝撃のテクニックを見せて決勝ゴールを決めており、世界中で大きな話題となっていた。 1月21日のプレミアリーグ第21節のレスター・シティ戦でも圧巻ゴールを決めており、3試合連続でのゴールが期待された三笘。この試合も何度かゴールに迫ったが、試合は互いに譲らない展開で進む。 ゴールが生まれない展開で試合は進んだ中、ゴールレスドローかと思われた87分にまたしても三笘が魅せる。攻勢をかけたブライトンは、ボックス左からジェレミー・サルミエントがクロス。すると、これに走り込んだ三笘がニアサイドでヘッド。相手GKのタイミングを外したヘディングが枠を捉えると、GKネトが反応するも弾ききれずにゴールイン。劇的な先制ゴールとなった。 公式戦3試合連続ゴール、2試合連続の終盤の決勝ゴールを決めた三笘。ブライトンはこのゴールを守り切り、1-0で勝利。リーグ戦4試合無敗となっている。 デ・ゼルビ監督はこの試合も活躍した三笘について言及。危険な存在だと評価した・ 「我々は三笘のことはよく分かっている。彼は他の試合ほど良いプレーは見せてはいなかった。ただ、彼はいつだって対戦相手にとって危険な存在だ」 「なぜなら彼はゴールの決め方、一対一の状況になること、そして我々にとって重要な存在であることを知っている」 また、試合全体については、「結果と見せたプレーには本当に満足している」とコメント。「プレークオリティのおかげで、クラブで過ごした中で最高のパフォーマンスの1つだった」とチームを称えた。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫が87分に劇的な決勝弾!珍しいヘディングで3試合連続ゴール! </span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IGeG6Vb08lI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.05 08:05 Sun
twitterfacebook
thumb

「相当難易度高い」「絶賛覚醒中」三笘薫がまた大仕事! 2試合連続の終盤決勝ゴールにファン称賛の嵐「紛れもなくスーパースター」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫がまたしても大仕事をやってのけた。 4日、ブライトンはプレミアリーグ第22節でホームにボーンマスを迎えた。 三笘はこの試合も先発出場。1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、試合終了間際にボックス内で衝撃のテクニックを見せて決勝ゴールを決めており、世界中で大きな話題となっていた。 1月21日のプレミアリーグ第21節のレスター・シティ戦でも圧巻ゴールを決めており、3試合連続でのゴールが期待された中、試合は互いに譲らない展開で進む。 ゴールが生まれない展開で試合は進んだ中、ゴールレスドローかと思われた87分にまたしても三笘が魅せた。 攻勢をかけたブライトンは、ボックス左からジェレミー・サルミエントがクロス。すると、これに走り込んだ三笘がニアサイドでヘッド。相手GKのタイミングを外したヘディングが枠を捉えると、GKネトが反応するも弾ききれずにゴールイン。劇的な先制ゴールとなった。 ファンはまたしても試合を決める活躍を見せた三笘に、「三笘を中心に世界が回ってる」、「クオリティが上がりすぎ」、「相当難易度高い」、「どんな形でも点が取れる」、「世界の三笘へ」、「絶賛覚醒中」、「紛れもなくスーパースター」と称賛の声が集まった。 ブライトンはこのゴールを守り切り、1-0で勝利。リーグ戦4試合無敗となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫が87分に劇的な決勝弾、3試合連続ゴール! </span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IGeG6Vb08lI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.05 07:05 Sun
twitterfacebook
thumb

三笘の公式戦3戦連発弾でボーンマスを下したブライトンが公式戦連勝!《プレミアリーグ》

三笘薫の所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンは4日、プレミアリーグ第22節でボーンマスと対戦し1-0で勝利した。三笘はフル出場で87分にゴールを記録した。 先週末に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦を三笘の決勝弾で制したブライトンが、公式戦4連敗中のボーンマスをホームに迎えた一戦。ブライトンの三笘は左MFでリーグ戦6試合連続の先発出場となった。 ブライトンは13分に相手GKのパスミスを敵陣でカットしたウンダブが決定機を迎える。しかし、2度のシュートはメファムのシュートブロックやGKネトのセープに阻まれ、3度目のシュートは左ポストに弾かれた。 一進一退の展開が続く中、ブライトンは35分に右クロスの流れたボールをボックス左で拾った三笘の仕掛けからチャンスを作ったが、クロスはゴール前に詰めた味方に合わず。 ブライトンは40分にも、左サイドからマーチのクロスをウェルベックがヘディングシュートを放ったが、これは相手GK正面を突いた。 ゴールレスで迎えた後半も膠着状態が続く中、69分にピンチ。中盤からドリブルを仕掛けたがセメンヨが中央を切り裂き、ボックス内まで侵入。しかし、シュートはエストゥピニャンがスライディングブロックで阻んだ。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すが、拮抗した展開が続く。それでもブライトンは87分、サルミエントの左クロスをボックス中央左で合わせた三笘が頭で合わせると、GKネトが右手で触るも弾ききれず、ゴールに吸い込まれた。 結局、三笘の公式戦3戦連発弾が決勝点となり、ブライトンが苦しみながらもホームで勝ち点3を獲得した。 2023.02.05 02:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ボーンマスがサッスオーロMFハメド・トラオレをレンタル! 今季後に5年契約へ

ボーンマスは1月31日、サッスオーロから元コートジボワール代表MFハメド・トラオレ(22)のレンタル加入を発表した。買取義務オプションが付帯しての加入となり、今季終了後に5年契約を結ぶという。 代表通算4キャップのハメド・トラオレはエンポリ下部組織出身のアタッカーで、2019年夏にサッスオーロ入り。通算111試合出場で18得点11アシストの数字を誇り、今季もここまでセリエA11試合で3アシストを記録中だった。 マンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表FWアマド・ディアロは弟。そんな弟は今季、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のサンダーランドに修行中だが、兄もイングランドに活躍の場を移す運びとなった。 なお、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、買取義務オプションで支払う額はアドオン込みで3000万ユーロ(約42億3000万円)になる模様だ。 2023.02.01 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、ウクライナの次代担う逸材CBザバルニー獲得!

ボーンマスは31日、ディナモ・キーウからウクライナ代表DFイリア・ザバルニー(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「27」に決定。契約期間は2028年6月30日までの5年半となる。 母国屈指の名門ディナモ・キーウの下部組織から18歳でトップチームデビューを飾ったザバルニーは、189cmの攻守両面で高いポテンシャルを有する逸材センターバック。 クラブではここまで公式戦84試合に出場し、国内リーグだけでなくヨーロッパの舞台も経験。さらに、20歳の若さながらもウクライナのフル代表ではすでに24キャップを刻んでいる。 なお、ボーンマスは今冬の移籍市場でFWダンゴ・ワタラ、GKダレン・ランドルフ、FWアントワーヌ・セメンヨ、DFマティアス・ビーニャをすでに確保。このデッドライン・デーではサッスオーロMFハメド・トラオレの獲得にも動いている。 2023.02.01 06:29 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly