かつてミランで躍動のポーランド代表FWピョンテクがサレルニターナへ買取OP付レンタル移籍

2022.09.01 21:48 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サレルニターナは1日、ヘルタ・ベルリンのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(27)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

移籍期間は1年間。買い取りオプションが付帯している。

ピョンテクは、母国のクラコヴィアから2018年7月にジェノアへと完全移籍し海外でのプレーをスタート。2019年1月にはミランへと完全移籍する。
ミランでは加入後の半年でセリエA18試合に出場し9ゴール1アシストの活躍。しかし、2年目は18試合で4ゴールと苦しむと、2020年1月にヘルタ・ベルリンへと完全移籍。最初の半年は、ブンデスリーガで15試合4ゴール1アシストを記録した。

2020-21シーズンはブンデスリーガで32試合7ゴール2アシスト、2021-22シーズンは9試合で1ゴール1アシストに終わると、2022年1月にフィオレンティーナへとレンタル移籍。セリエA14試合で3ゴールに終わっていた。

今シーズンは開幕から出番がなくチーム内で構想外状態に。その中で、サレルニターナが獲得に成功した。

なお、背番号は「99」となる。

関連ニュース
thumb

3得点快勝も、アッレグリ監督はさらなる改善要求「もっとうまくやらなければ」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、久々の勝利も課題に言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 セリエAで3試合勝利のないユベントスは、7日に行われた第21節でサレルニターナと対戦した。 25分に得たPKをFWドゥシャン・ヴラホビッチが決めて先制すると、ハーフタイム間際にMFフィリップ・コスティッチにもゴールが生まれて2点差に。後半開始早々にヴラホビッチが再び得点を決めて勝利を決定づけると、その後はやや緩む場面がありながらも最後まで失点を許さず、3-0で勝利した。 4試合ぶりの勝利を収めたアッレグリ監督だが、試合後には3点差をつけてからの戦い方に言及。どんな状況であっても、集中力を維持する必要性を説いた。 「この試合で選手たちは良い反応を示し、60分まで良いプレーができていた。だが、3-0 でリードした後は少し緩くなり、あまりにも多くのシュートを許してしまったと思う。そうした点は改善する必要があり、もっとうまくやらなければならない」 「自分がうまくやれば、チーム全体も良いプレーができる。そして自分の集中力が切れれば、チーム全体にも影響が出る。そうなれば、相手チームにリードされる危険性もあるのだから、絶対にしてはならない。常に集中し、試合に臨むことが大切だ。そのための努力を続けなければならない」 「今日は勝たなければならない試合だった。我々の今の目標として、順位表の上半分に入ることに集中している」 2023.02.08 10:45 Wed
twitterfacebook
thumb

復活ヴラホビッチのドッピエッタでユベントスが4戦ぶり勝利《セリエA》

ユベントスは7日、セリエA第21節でサレルニターナとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 前節モンツァにシーズンダブルを食らう屈辱を受け、リーグ戦3試合勝利のない13位ユベントス(勝ち点23)は、ヴラホビッチとディ・マリアの2トップとする[3-5-2]で臨んだ。 14位サレルニターナ(勝ち点21)に対し、時間の経過とともにポゼッションを許していたユベントスだったが25分にPKを獲得する。 ディ・マリアのアウトサイドスルーパスでボックス左のスペースを突いたミレッティがニコルッシに倒された。このPKをヴラホビッチが決めてユベントスが先制した。 昨年10月以来となるヴラホビッチ弾で先制した後もサレルニターナにボールを持たせたユベントスは45分、ヴラホビッチのシュートのルーズボールをコスティッチが詰めて加点。ハーフタイム間際にもロカテッリがゴールに迫ったユベントスが2点をリードして前半を終えた。 そして迎えた後半、開始2分に3点目。ファジョーリのパスカットからショートカウンター。スルーパスを送り、最後はヴラホビッチがシュートを流し込んだ。 余裕の展開としたユベントスはその後、ディ・マリアがバー直撃のシュートを放つなど主導権を渡さない。 後半半ば前にはディ・マリアやコスティッチをお役御免としたユベントスが終盤にかけても試合をコントロール。3-0のまま快勝し、リーグ戦4試合ぶりの勝利とした。 2023.02.08 06:42 Wed
twitterfacebook
thumb

サレルニターナ、ナイジェリア代表DFトルースト=エコングを買取OP付きのレンタルで獲得

サレルニターナは24日、ワトフォードのナイジェリア代表DFウィリアム・トルースト=エコング(29)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。契約期間は今季終了までで、背番号は「15」を着用する。 トルースト=エコングはオランダとナイジェリアの二重国籍で、フルアムやトッテナムの下部組織で育ち、2013年7月にフローニンヘンへ移籍すると、その後はベルギーやノルウェー、トルコのクラブでプレー。 2018年の夏に加入したウディネーゼでは、1年目から主力として活躍すると在籍2シーズンで公式戦66試合に出場。この活躍が認められ、2020年の夏にワトフォードに完全移籍すると、これまで2年半で公式戦68試合に出場し2ゴールを記録している。 ナイジェリア代表としても64キャップを記録し、ロシア・ワールドカップや2度のアフリカ・ネーションズカップ(2019,2021)に出場している。 2023.01.24 23:12 Tue
twitterfacebook
thumb

首位快走のナポリ指揮官、スクデット獲得は「二度とないチャンス」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が、リーグタイトルに向けた想いを語った。イタリア『スカイ』が伝えている。 21日に行われたセリエA第19節でサレルニターナとのアウェイ戦に臨んだナポリ。序盤からボールを支配して相手を押し込むと、48分には左サイドに抜け出したポルトガル代表DFマリオ・ルイのグラウンダーのクロスから、イタリア代表DFジョバンニ・ディ・ロレンツォが先制ゴールを決めた。試合を折り返して48分にはナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンが追加点を奪取。このリードを終盤までキープし、2-0で完勝を収めた。 スパレッティ監督は試合後、格下を相手にしっかりと3ポイントを勝ち取ったチームを評価。先制点を奪ったディ・ロレンツォについては、主将としてピッチで示す振る舞いを称賛した。 「こういった試合は、様々な面でコンディションを崩すことがある。熱意があっても余裕を持ちすぎてしまったり、あるいは責任が重くなりすぎたりすることもある。何より常に良いプレーをすること、正しいリズムで結果を出すことが大切だ」 「前半は相手のボックス内に詰め寄りすぎて、スペースを見つけることができず、カウンターのリスクを負うだけになってしまった。その後、決定的なプレーが2つあって、プレーの流れが変わった。後半は自分たちがやるべきことをしっかりやり、試合をバランスよくコントロールすることができた」 「ディ・ロレンツォはチームにとって手本となる存在だ 彼にはキャプテンマークを巻く資格があり、私がそれを提案したところ、チームのみんなが賛成してくれた」 「練習への入り方、チームメイトへの言葉のかけ方、試合でのスピード感などが印象的な選手だ。それがこの試合では違いを生み出した。チームにシグナルを最初に出す選手が彼なのだ」 また、2位ミランとの差を暫定で「12」まで広げ、首位を独走する中、スクデットについても言及。「我々にとっては2度とないチャンスだ。それに応じて行動しなければならないことを知っているし、常に自分たちのサッカーをしながら、謙虚に、そしてプロフェッショナルとして物事を進めていく姿勢が必要だ」と33年ぶりとなるリーグタイトル獲得に現実味を感じながらも、気を引き締めた。 2023.01.22 13:07 Sun
twitterfacebook
thumb

コッパ敗退ナポリ、ドタバタのサレルニターナに快勝で首位固め《セリエA》

ナポリは21日、セリエA第19節でサレルニターナとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。 前節ユベントスを粉砕して2位ミランに9ポイント差を付けた首位ナポリ(勝ち点47)は、4日前に行われたコッパ・イタリアではクレモネーゼの前にまさかのPK戦負け。そのクレモネーゼ戦のスタメンからGKメレトとエルマス以外の9選手を変更した。 前節アタランタ戦を8失点惨敗し、ニコラ監督の解任、復任騒動があった15位サレルニターナ(勝ち点18)に対して、オシムヘン、ロサーノ、エルマスの3トップで臨んだナポリが立ち上がりから押し込んでいく。 そんな中22分、ピョンテクに持ち運ばれてボックス内からシュートを許したが、GKメレトがセーブした。 前半半ば以降もナポリがボールを持った中、34分にはボックス左に侵入したオシムヘンが左足ボレーを叩き込んだが、VARが入ってオフサイドを取られてしまう。 それでもハーフタイム間際の追加タイム3分に先制する。アンギサがマリオ・ルイとのワンツーでボックス左に侵入。クロスを送ると、ファーサイドのディ・ロレンツォがシュートを決めきった。 ナポリが1点をリードして迎えた後半、開始3分に追加点。エルマスのミドルシュートが右ポストに直撃すると、ルーズボールをオシムヘンが押し込んだ。 さら59分、オシムヘンがヘディングシュートで3点目に迫ったが、ここはGKオチョアのファインセーブに阻まれる。 そして終盤の83分、ピョンテクの強烈なシュートをGKメレトが防いだナポリが2-0で快勝。コッパ敗退からバウンスバックし、首位固めとした。 2023.01.22 04:01 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly