大分、DF上夷克典の負傷を発表…右半膜様筋肉離れ

2022.08.29 14:57 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
大分トリニータは29日、DF上夷克典の負傷を発表した。

上夷は23日に行われた明治安田生命J2リーグ第28節の水戸ホーリーホック戦で負傷。病院での検査の結果、右半膜様筋肉離れと診断されたとのことだ。離脱期間は明らかになっていない。

上夷は2021年に京都サンガF.C.から大分に加入。今季は明治安田生命J2リーグで20試合に出場して、1アシストを記録していた。


関連ニュース
thumb

大分が下平隆宏監督の続投を発表「悔しい思いをしっかりと胸に刻む」

大分トリニータは28日、下平隆宏監督(50)との契約更新を発表した。 下平監督は柏レイソルや横浜FCで監督を務めた経験があり、今シーズンから大分の監督に就任した。 1年でのJ1復帰を目指して戦ったシーズンとなった中、チームは5位でフィニッシュ。J1参入プレーオフに進出したが、1回戦でロアッソ熊本に敗れて昇格を逃していた。 下平監督はクラブを通じてコメント。来季への意気込みを示した。 「2023年シーズンも大分トリニータの監督として指揮を執らせていただくことになりました下平です。今シーズンを大分で過ごし、大分の地、大分県民の人間性、ファン、サポーターの熱量、全てが好きになり、大分トリニータで引き続き監督として仕事ができることに大きな喜びと感謝の気持ちでいっぱいです」 「2022シーズンは目標に掲げていた1年でのJ1復帰は叶いませんでした。今シーズン味わった悔しい思いをしっかりと胸に刻み、来シーズンに繋げたいと思います」 「クラブの目標はJ1に復帰すること。この目標に間違いありません。ただJ1に復帰することだけがゴールではなく、その先を見据えてクラブは成長をしていく必要があります」 「『育てる』育成型クラブの代表的な存在になるというチームビジョンが大分トリニータにはありますが、これは一朝一夕で成し遂げられるものではありません。大分トリニータのスタイルを確立させ、コツコツと積み上げた結果がJ1への道に繋がると思っています」 「チームは1試合1試合最高の準備をして闘わなければいけませんし、選手、スタッフはその為に日々の努力を続けていかなくてはなりません。2023シーズンも簡単なシーズンにはならないと思いますが、全身全霊のすべてを注ぎ込み闘っていきたいと思いますのでよろしくお願いします」 「最後に、ファン、サポーターの皆様、大分県民の皆様、スポンサー企業の皆様、行政の皆様、大分トリニータに関わる全ての方々と力を合わせて闘っていくことが重要だと思っていますので、是非、共に協力し合い歩んでいきましょう」 2022.11.28 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

大分MF梅崎司が契約更新 「来シーズン必ず一緒に大きな喜びを」

大分トリニータは26日、MF梅崎司(35)の契約更新を発表した。 大分のアカデミー出身で、かつてフランスでもプレーした梅崎。2021年7月に湘南ベルマーレから大分に復帰し、今季は明治安田生命J2リーグ24試合出場3得点、ルヴァンカップ2試合出場の数字を収めた。 来季もJ1昇格を期すシーズンのチームにとどまった梅崎はクラブ公式サイトを通じて決意を新たにしている。 「大分トリニータに関わる皆さん、来シーズンも皆さんと一緒に戦います。今シーズンやり残したことがあります。来シーズン必ず一緒に大きな喜びをつかみ取りましょう」 「そのためにどんな時も全力でチームのためにプレーし、行動し続けます。もちろん全てが簡単にいかないとは思いますし、うまくいかない時期もあると思います」 「皆さんの声援、応援が僕らを力強く後押ししてくれます。どんな時も熱いサポートをよろしくお願いします。仲間と力を合わせて、必ず応えて見せます」 2022.11.26 12:05 Sat
twitterfacebook
thumb

「トリニータで引退したいと思っていました」大分、J1からJ3、J3からJ1を経験した松本怜と契約満了…九州LのジェイリースFCへ移籍もクラブ初のCROに就任

大分トリニータは25日、MF松本怜(34)との契約満了を発表した。 松本は早稲田大学から2010年に横浜F・マリノスへと入団。幼い頃から憧れていたクラブでプロキャリアをスタートするも、なかなか出番をもらえずに燻ることに。2013年に大分へ期限付き移籍すると、右ウイングバックでプレー。2014年も期限付き移籍で在籍すると、2015年に完全移籍で加入した。 チームのJ2降格、J3降格も経験した一方で、J2昇格、J1昇格も経験。大分で、J1からJ3、J3からJ1を経験している貴重な存在としてプレーを続けた。 しかし、ここ数年は出番が減少し、今シーズンはJ2で11試合、YBCルヴァンカップで3試合、天皇杯で1試合の出場に終わり、契約満了となった。 松本は引退も検討したという中、同じ大分にある九州リーグのジェイリースFCへと移籍して現役を続けることとなる。 松本は両クラブを通じてコメントしている。 ◆大分トリニータ 「ファンサポーターの皆さん、まずはJ1復帰することができなくて本当に申し訳ありませんでした。そして、その任務を果たせないままチームを去ることになってしまい残念であり、悔しく、正直現実を受けいれることができない自分がいます」 「僕はトリニータが大好きで、トリニータで引退したいと思っていました。チームから満了を告げられしばらく考えましたが、今の自分に今年引退する選択はできず、まだサッカーを楽しみたい気持ちです。家族にまだまだカッコイイ姿を見せたいです」 「トリニータの選手ではなくなってしまいますが、変わらずトリニータのことは大好きです。大分県が大好きです。今後もトリニータを、大分県をまだまだ盛り上げたい気持ちは揺るぎません!!ですので、どの道に行っても変わらずレイチェルを応援してください!!最高に刺激的で最幸な10年間をありがとうございました!」 ◆ジェイリースFC 「大分トリニータより加入しました松本怜と申します。愛する大分で現役を続けられる機会をくれたジェイリースFCには本当に感謝しかありません」 「目指すは一つJFL昇格。新しい仲間達と共に新しい挑戦できることが楽しみです!ジェイリースFCを盛り上げ、大分県も盛り上げていきたいので応援の程よろしくお願いします!」 なお、大分ではクラブ・リレーションズ・オフィサーとしてビジネス面でクラブをサポートする役職に就任することとなった。松本は意気込みを口にしている。 「この度大分トリニータのC.R.O.(クラブ・リレーションズ・オフィサー)に就任いたしました松本怜です。まずはC.R.O.というクラブ初のポジションを用意してくれたことに感謝していると共に責任の重さを感じております」 「選手とは違ったまた新しい世界に飛び込みますが、大分トリニータの為、大分県の為に全力を尽くすことに変わりありません」 「未熟な部分もあるとは思いますが、トリニータファミリーの発展・拡大に尽力してまいりたいと思います。Newレイチェルもよろしくお願いいたします」 2022.11.25 18:05 Fri
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す大分、守護神・高木駿と契約更新「J2優勝を目指してやります」

大分トリニータは25日、GK高木駿(33)との契約更新を発表した。 高木は東京ヴェルディの下部組織出身で、明治大学を経て川崎フロンターレに入団。ジェフユナイテッド千葉でもプレーし、2017年から大分でプレーしている。 大分では正守護神を務め、チームのJ1昇格にも貢献。今シーズンはJ2でのプレーとなったが、31試合に出場していた。 高木はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンも大分トリニータで「俺たちの高木駿です」来シーズンは自動昇格、J2優勝を目指してやります」 「J2優勝するためには、もっともっと強いチームにならなくてはならないので、自分に厳しく、味方にも厳しく、そしてもっと大分トリニータを盛り上げられるように、大分をもっともっと盛り上げられるように行動していきたいと思います」 「試合で勝ってみんなでたくさん盛り上げられるように毎日に練習して頑張ります。来年はみんなでたくさん勝利して盛り上がって、たくさん歌いましょう」 「そしてぜひシーズンパスを買って、毎試合昭和電工ドーム大分に観に来てください。それが僕たちの力となります。僕たちも大分の力になるように頑張ります。来シーズンもよろしくお願いします」 2022.11.25 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

大分MF高畑奎汰が契約更新 「僕たちと一緒に戦いましょう!」

大分トリニータは23日、MF高畑奎汰(22)の契約更新を発表した。 高畑は大分のアカデミー出身で、2019年にトップチーム昇格。2019年9月からガイナーレ鳥取で半シーズンの期限付き移籍を経て、2020年から大分に復帰し、今季は明治安田生命J2リーグ13試合出場で1得点だった。契約更新を受け、次のようにコメントしている。 「来シーズンも大分トリニータでプレーさせていただけることになりました。今シーズンはチームとしてもJ1に昇格できず、個人的にも怪我が多く悔しいシーズンになりました」 「来シーズンはJ1に昇格するためにもアカデミー出身の選手たちがもっと試合に出ることで、大分の皆さんも盛り上がると思いますので、みんなで頑張っていきます」 「そして、J1昇格のためにも、たくさんの応援の力が必要ですので、ぜひスタジアムに足を運んでください。僕たちと一緒に戦いましょう!」 2022.11.23 12:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly