カディスがナシオナルのウルグアイ代表FWオカンポの完全移籍加入を発表…4年契約

2022.08.29 09:47 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カディスは28日、ナシオナルのウルグアイ代表FWブリアン・オカンポ(23)が完全移籍で加入することを発表した。

契約期間は2026年6月30日までの4年間となる。

カンポはナシオナルの下部組織出身で、2018年7月にファーストチームに昇格。これまで公式戦118試合で10ゴール29アシストを記録していた。
今シーズンも公式戦21試合に出場し2ゴール4アシストを記録している。

また、ウルグアイ代表としても1試合に出場。右ウイングを主戦場に、両ウイングやセカンドトップでプレーが可能となっている。

なお、今回がキャリアで初の移籍となる。

関連ニュース
thumb

クロースが弾丸ミドル含む1G1A! クルトワまたも完封逃すもマドリーが3試合ぶりの白星《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第14節、レアル・マドリーvsカディスが10日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-1で勝利した。 マドリーは前節、ラージョとのマドリード自治州ダービーに2-3で競り負けて今季リーグ戦初黒星。バルセロナに2ポイント差で抜かれ、首位陥落となった。 カタール・ワールドカップ中断前最後の一戦となったホームゲームでは、降格圏の19位に沈むカディス相手にバウンスバックの勝利を目指した。アンチェロッティ監督は中2日での一戦に向け、先発2人を変更。カルバハルとアセンシオに代えてサスペンション明けのクロース、ルーカス・バスケスを起用した。 前から圧力をかけつつ、守備時は自陣に堅固なブロックを敷くカディスが良い入りを見せる。これに対して、マドリーはロドリゴやモドリッチがミドルレンジのシュートで牽制していく。 70%を超えるボール支配率で押し込むホームチームだが、ヴィニシウスの仕掛けや、右サイドのバルベルデを起点としたコンビネーションプレーはうまく相手に対応され、アタッキングサードで攻めあぐねる状況が続く。 その後もアレホを中心にハードコンタクトを厭わないアウェイチームの肉弾戦に手を焼くホームチームは、ヴィニシウスらがフラストレーションを溜めていく。そして、そのヴィニシウスに加え、ミリトンとアラバの両センターバックにイエローカードが出る嫌な状況に。 それでも、リーグ3戦ぶりの勝利に向けて気概を見せるアンチェロッティのチームは前半の内にゴールをこじ開ける。40分、左CKの二次攻撃でボックス手前左のクロースが正確なボールをゴール前に入れると、オフサイドぎりぎりで飛び出したミリトンがゴール右隅へヘディングで流し込み、2試合連続ゴールとした。 ミリトンの今季3点目によって1点リードで試合を折り返したマドリーは、後半も危なげなく試合を進めていく。54分にはボックス内のバルベルデに決定機も、ここはDFの決死のブロックに阻まれて早い時間帯の追加点には至らない。 以降はピンチこそないものの、決定機まであと一歩という状況が続いたが、後半半ばに圧巻のゴラッソでカディスを突き放す。70分、再びCKの二次攻撃からロドリゴのパスが相手に当たってボックス手前に浮き球の形でこぼれると、これをクロースが右足ダイレクトで合わせる。抑えの利いた鋭いボレーシュートがゴール左隅を射抜いた。 クロースの鮮烈な今季初ゴールで余裕の出てきたマドリーは、積極的に攻撃的なカードを切って前がかる相手に対してカウンターからチャンスを作り出す。79分には数的優位のカウンターからボックス左に抜け出したヴィニシウスが完璧な折り返しを送るが、名手モドリッチがゴール至近距離からのシュートを枠の右に外してしまう。 すると、この決定機逸で流れが変わったか、82分にはボンゴンダのミドルシュートをGKクルトワが前にこぼすと、ネグレドのシュートは何とかはじき出すが、さらにこぼれに詰めたルーカス・ペレスに押し込まれる。 この失点によって守護神クルトワがまたしても今季リーグ初のクリーンシートを逃した中、アンチェロッティ監督はロドリゴ、モドリッチ、バスケスを下げてセバージョス、カマヴィンガ、ナチョを続けてピッチへ送り込む。 試合終了間際にはネグレドの浮き球パスに抜け出したエスピーノにゴール前フリーでヘディングシュートを許すピンチを招いたが、これは相手のシュートミスに救われ、事なきを得る。 そして、格下相手に苦戦を強いられながらもクロースの1ゴール1アシストの活躍で勝ち切ったマドリーがリーグ3試合ぶりの白星。首位バルセロナとの2ポイント差を維持して中断期間に入ることになった。 2022.11.11 07:32 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグ公式よりも先にやっていた!スペインクラブもタッキー真似て“上下逆さま”で投稿!?「お前もか」「サッカー界で流行」

“タッキー”こと滝沢秀明氏の投稿がサッカー界にも影響を与えている。 滝沢氏は10月30日付でジャニーズ事務所の副社長を退任。7日に個人のツイッターアカウントを開設。翌8日、ツイッターで「時間、時代がただただ流れていってしまわぬ様に 平等に与えられた未来という場所で 僕ら人間が夢を見るだけでなく掴む為に たったそれだけの事。 一個人ではありますが、皆様引き続き宜しくお願いします。 滝沢秀明」と綴った文書の画像を投稿していたが、上下逆なことで大きな話題を呼んでいた。 さらに、9日にはJリーグの公式ツイッターも同じように上下逆さまで投稿。告知の内容には批判の声もあったが、こちらもツイッターのトレンドに入るなど反響を呼んでいる。 だが、実はJリーグよりも先に流行りの乗っかっていたクラブがあった。 ラ・リーガに所属するカディスの日本語版公式ツイッターも9日、画像を上下逆にして投稿。内容は「【急募】明後日11日(木)AM5:30キックオフのレアル・マドリード戦について、昨季チャンピオン相手に勝ち点を持ち帰る方法。 なお。我らがカディスは負傷者続出かつ出場停止のため本職センターバックが1人の可能性があるやで。」というものだった。 この投稿には、「トレンドに乗れる系公式サッカークラブアカウントなんですね」、「ほんとにカディス公式好きやわ〜」、「さすが早い対応」、「サッカー界で流行ってんだなコレw」とファンからも好評の声が相次いでいる。 カディスは、2020-21シーズンからラ・リーガに復帰。昨シーズンは最終節で劇的な残留を果たすと、今シーズンは開幕5連敗もあってリーグ19位に位置。それでも以降の8試合ではわずか1敗と調子を取り戻している。 <span class="paragraph-title">【画像】これはやってる!カディスの実際の投稿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/RealMadridC%C3%A1diz?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RealMadridCádiz</a> <a href="https://t.co/8gIEz47lXR">pic.twitter.com/8gIEz47lXR</a></p>&mdash; カディスCF|日本公式 (@Cadiz_CFJP) <a href="https://twitter.com/Cadiz_CFJP/status/1590208650500796416?ref_src=twsrc%5Etfw">November 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【画像】上下逆さま…Jリーグ公式の実際の投稿</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="zxx" dir="ltr"><a href="https://t.co/6SanbnQi6W">pic.twitter.com/6SanbnQi6W</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1590213433286615043?ref_src=twsrc%5Etfw">November 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.09 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

電光石火&劇的被弾のアトレティコがカディスに34年ぶりの敗戦…《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは29日、ラ・リーガ第12節でカディスとアウェイで対戦し2-3で敗戦した。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)第5節のレバークーゼン戦をドローで終え、グループステージ敗退の決まった3位アトレティコは、その試合からスタメンを3人変更。グリーズマンやヒメネス、エルモソに代えてサウール、デ・パウル、サビッチをスタメンで起用した。 リーグ戦5試合勝ちのない19位カディスに対し、アトレティコは開始28秒で失点する。エムバイエのロングパスで左サイドを駆け上がったエスピノがボックス左深くからダイレクトで折り返すと、ボックス中央のボンゴンダが左足でゴール左隅に流し込んだ。 電光石火弾を許したアトレティコは、8分にモラタがエムバイエと接触すると右足首を負傷するアクシデント。プレー続行不可能となり10分にクーニャとの交代した。 その後は膠着状態が続く中、アトレティコは34分にボックス右手前でボールを受けたコレアが横パスを送ると、クーニャが落としからペナルティアーク内のサウールがダイレクトシュート。しかし、力のないこのシュートはGKレデスマがキャッチした。 攻勢を続けながらも、1点が遠いアトレティコは前半終了間際にオカンポのパスでボックス左に抜け出したソブリーノに決定機を許したが、GKオブラクの好セーブに救われた。 迎えた後半、アトレティコは57分にカラスコの左クロスから決定機を創出。ボックス内でクーニャが競り合ったこぼれ球を拾ったコレアがワントラップから右足で狙ったが、これはGKレデスマのファインセーブに阻まれた。 アトレティコは、60分にコレアとカラスコを下げてグリーズマンとフェリックスを投入。しかし、アトレティコは81分に痛恨の失点を喫する。 ボックス左横でパスを受けたエスピノのダイレクトクロスをボックス内に走りこんだA・フェルナンデスが胸トラップ収めると、ゴールエリア左手前からシュート。これがクロスバーの内側を叩いてゴールに吸い込まれた。 2点を追うアトレティコは直後の85分、右CKをニアでサウールがフリックするとファーサイドのフェリックスがオーバーヘッドシュート。これがゴール前のルイス・エルナンデスに当たりゴールネットに突き刺さった。 1点を返しで勢いづくアトレティコは89分、グリーズマンのパスをバイタルエリア中央で受けたフェリックスが右足一閃。強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。さらに後半アディショナルタイム6分にはヴィツェルの右クロスから再びフェリックスがゴールに迫ったが、ヘディングシュートはゴール右に外れた。 このまま試合終了かと思われたが、試合終了直前にドラマが生まれる。後半アディショナルタイム9分、アトレティコは敵陣でボールを失った流れからロングカウンターを受けると、アレホの右クロスをソブリーノに押し込まれた。 直後に試合終了のホイッスル。劇的弾に沈んだアトレティコが、1989年以来となる白星をカディスに献上した。 2022.10.30 01:30 Sun
twitterfacebook
thumb

AEDを片手にダッシュ! カディス守護神がバルサ戦を振り返る 「命より大切なものなんてない」

カディスのアルゼンチン人GKヘレミアス・レデスマがバルセロナ戦での救命活動を振り返った。 10日に行われたラ・リーガ第5節のカディスvsバルセロナ。バルセロナが0-2でリードする展開の中、81分にアクシデントが発生した。 スタンドでカディスサポーターの男性が心臓発作を起こし、治療のために試合が一時中断。メディカルチームが男性の元へ駆けつけ、治療を行っていた中、アクションを起こしたのはレデスマだった。 カディスの守護神はベンチへと向かい、バルセロナのメディカルスタッフから自動体外式除細動器(AED)を受け取ると、そのままスタンドに向かって全力でダッシュ。治療中のスタッフにピッチからAEDをパスした。 男性はその場で一命を取り留め、近くの病院の集中治療室(ICU)に搬送。レデスマの勇敢な行動と、敵味方の壁を越えた連携プレーに称賛の声が相次いだ。 スペイン『アス』のインタビューを受けたレデスマは当時の状況について説明。咄嗟の判断による行動だったと語った。 「当時はスタンドに人がたくさんいて、何が起こっているのかわからなかった。だけど、少しするとその人に対して心肺蘇生をしていると理解できたんだ」 「僕は頭が咄嗟に働き、チームの理学療法士に訴えると、バルセロナのドクターがベンチにAEDを取りに行ってくれたんだ」 「救急車が来たから僕の届けたAEDは使われなかったけど、あの瞬間は緊張と不安でいっぱいだった。なぜなら、それは人の命に関わることで、人命より大切なものなんてないからだ」 2022.09.24 16:17 Sat
twitterfacebook
thumb

試合中ファンが意識不明となったカディスがバルサやメディカルチームに感謝「男性を助けることができました」

カディスは11日、バルセロナ戦で倒れたファンの無事を報告。各方面への感謝の声明を発表した。 10日、ラ・リーガ第5節のカディスvsバルセロナが行われ、0-4でバルセロナが勝利した。 試合はバルセロナが後半に4ゴールを決めて快勝。しかし、0-2で迎えた81分にアクシデントが発生。スタンドでカディスサポーターの男性が心臓発作を起こし、治療のために試合が一時中断した。 これにより試合は30分以上にわたり中断。主審の判断で一時ロッカールームに引き上げた両チームの選手たちは、短いウォームアップを含めた約50分間の中断を経てプレーを再開した。 メディカルチームが自動体外式除細動器(AED)を持ってスタンドで治療していた中、カディスのGKヘレミアス・レデスマはベンチに向かってダッシュ。AEDを手に取ると、そのままスタンドに向かって全力で走り、ピッチからAEDを投げ入れていた。 このAEDを用意していたのはバルセロナのスタッフ。有事の際に使えるようにと準備し、それをレデスマがダッシュして運んだのだ。 カディスはバルセロナやスタンドのファン、そしてメディカルチームの行動に感謝。また、別の人物も意識を失っていたことを明かしていた。 「81分、バルセロナとの試合では南スタンドで健康の問題が発生し、試合が中断されました。赤十字との間で確立されたプロトコルが迅速に運用され、心肺停止状態の男性を助けることができました」 「除細動器とモニターを備えたメディカルチームの1つがスタンドに移動し、蘇生作業を開始しました」 「同時に、バルセロナは、必要な場合に備えて2台目の除細動器を提供し、選手がその場所へ運びました」 「蘇生は数分後に行われ、ファンはプエルタ・デル・マル病院のICUに搬送され、現在も入院しています」 「さらに、観覧席のカメラオペレーターの1人が意識を失いましたが、これもスタジアムのメディカルスタッフにより迅速に治療されました。大きな影響はありませんでした」 「この状況での南スタンドのファンの模範的な行動と、この事件がハッピーエンドになるように迅速に対応してくれた警備スタッフ、および赤十字社に感謝したいと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】AEDをベンチに取りに行きダッシュで届けスタンドに投げ入れるレデスマ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">El arquero del Cadiz, Conan Ledesma corrió por un desfribilador, ya que un aficionado en el partido sufrió un ataque. <br><br>De momento el partido se encuentra pausado. <a href="https://t.co/tAOsGEC9I0">pic.twitter.com/tAOsGEC9I0</a></p>&mdash; ESPN Deportes (@ESPNDeportes) <a href="https://twitter.com/ESPNDeportes/status/1568666946903605248?ref_src=twsrc%5Etfw">September 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.12 22:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly