ローマがベロッティ加入を発表! ディバラとパレルモ時代以来のコンビ形成へ

2022.08.29 00:13 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマは28日、イタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)の加入を発表した。契約期間は2023年6月30日までの1年となるが、特定のスポーツ条件をクリアした場合、 契約を2シーズン延長するオプションが付随する。

加入濃厚との報道から時間を要したものの、正式にジャッロロッシの一員となったベロッティは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語った。

「最近のローマの進歩と野心は誰の目にも明らかで、この2つの要素が僕に大きな影響を与えたんだ」
「キャリアのこの時点で、僕は日々改善し続けたいと思っている。そして、このクラブを代表してそうする機会を得たことを嬉しく思うよ」

「今は、スタジアムでファンの前でクラブアンセムを聴くのが待ち遠しいよ」

セリエA通算106ゴールを誇り、カルチョを代表するストライカーの一人であるベロッティは、昨シーズン限りでトリノを退団。ここ最近ではガラタサライやウォルバーハンプトンが獲得へ好条件のオファーを掲示していたが、ローマ行きを希望する28歳はその申し出を固辞していた。

一方、ローマではベロッティと個人間での合意を取り付け、ジョゼ・モウリーニョ監督もすでに選手サイドと今後に向けた具体的な話し合いを行っていた。

ただ、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱えるローマでは、ベロッティ獲得のために人員整理が必要な状況だった。それでも、クレモネーゼが獲得を目指すガーナ代表FWフェリックス・アフェナ=ギャン(19)の交渉を進め、移籍金600万ユーロ+アドオン300万ユーロの総額900万ユーロ(約12億3000万円)の条件で合意。これにより、イタリア代表FWの獲得交渉が完了した。

同選手はカピターノを務める同胞MFロレンツォ・ペッレグリーニとアッズーリで、今夏ユベントスから加入のアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラとパレルモで友人関係を築いており、チームへの即フィットが可能。また、2トップと1トップの両方でプレー可能なこともあり、主砲タミー・エイブラハムのバックアップだけでなく、[3-4-1-2]の採用時はトップ下にディバラを置き、エイブラハムと2トップで並ぶなど、ジョゼ・モウリーニョのチームに新たな攻撃オプションを与える存在となるはずだ。

なお、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、年俸は300万ユーロ(約4億1000万円)程度になるという。

関連ニュース
thumb

ローマが冬にデパイ獲得を狙う? 来夏のフリー加入を目論む

ローマが、バルセロナのオランダ代表MFメンフィス・デパイ(28)の獲得を計画しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 今回のカタール・ワールドカップにも参加し、3日に行われたラウンド16のアメリカ戦では大会初ゴールを挙げたデパイ。ただ、今季限りで契約が切れるバルセロナでは、ロベルト・レヴァンドフスキの加入や太もものケガで出場機会が減少しており、中断前は公式戦3試合のみの出場となっていた。 財政難のバルセロナとしては年俸を浮かせる狙いから契約延長はしないと見られており、今冬での売却も視野に入れている模様。やや腫れ物扱いされている感じが否めないデパイだが、これまでに古巣のマンチェスター・ユナイテッドやユベントスなど需要は小さくない。 その中でローマは、冬にローンで獲得し、バルセロナとの契約が切れる来夏に長期契約へ移行することを画策しているようだ。ジョゼ・モウリーニョの要求を受け、すでにゼネラル・マネージャーのティアゴ・ピント氏が動き出しているという。 2022.12.05 20:40 Mon
twitterfacebook
thumb

元モロッコ代表DFベナティア、R16スペイン戦控える後輩らにエール 「勝利を確信」

元モロッコ代表DFメディ・ベナティア氏がスペイン代表戦に臨む母国の後輩選手らにエールを送った。 現役時代にバイエルンやユベントス、ローマなどで活躍し、世界でもトップクラスのDFとして知られたベナティア氏。モロッコ代表としては2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した経験を持つ。 現在、母国の後輩たちはカタールW杯でグループFを首位通過し、6日にはベスト8を懸け、決勝トーナメント1回戦で優勝候補の一角であるスペイン代表との対戦に。ベナティア氏はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でモロッコの勝利を信じていると語っている。 「今回のW杯はすでに多くのサプライズが起こっているね。ここでまたひとつ、新たなサプライズがあるかも、と考えてみないか?」 「我々モロッコ人にとって、スペインは地理的にも近く、スペインとの試合はダービーマッチに通ずる部分がある。もちろん、モロッコの勝利を確信しているが、勝つには少し傲慢さも必要じゃないかな。このような試合では立ち上がりもとても重要だ」 「モロッコ代表は美しく、組織的だ。勝利は可能だよ」 2022.12.05 18:25 Mon
twitterfacebook
thumb

サッカー通の日向坂46・影山優佳さんがW杯ではなくEUROJAPANCUPも現地観戦「ザニオーロに痺れました」

日向坂46の影山優佳さんが『EUROJAPAN CUP 2022』を生観戦したことを報告した。 3年ぶりの開催となる『EUROJAPAN CUP』。今大会ではイタリア屈指の名門で、昨シーズンのUEFAヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の初代王者であるローマを迎え、名古屋グランパスと横浜F・マリノスというJリーグ勢と対戦。28日には国立競技場で横浜FMとの一戦が行われた。 影山さんは「ユーロジャパンカップ2022 横浜F.マリノス vs ASローマ を観に行きました」と報告。「ワールドカップ生放送の前に国立競技場!笑とっても楽しい時間でした!」とサッカー三昧な一日を喜んでいる。 打ち合いの末に3-3のドローに終わった試合だが、影山さんは「ザニオーロの抜け出し、シュート力、本当に痺れました 試合中モウリーニョをずっと目で追っかけてしまう時間帯も」と躍動したMFニコロ・ザニオーロに驚くとともに、選手だけでなくジョゼ・モウリーニョ監督まで見ていたと明かしている。 さらに、影山さんは赤(えんじ)のスウェット姿で試合を見守っていたが、「服は堀田真由さんに以前いただいたスウェットがローマカラーだったのでそちらにしました」としっかりクラブチームに合わせてのチョイスだったようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)を放送するABEMAやテレビ朝日で欠かせぬ存在となっている影山さん。ハードなスケジュールは心配だが、この先もW杯をさらに盛り上げてほしい。 <span class="paragraph-title">【写真】影山優佳さんがローマカラーのスウェットで生観戦!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClizlcVJMFI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClizlcVJMFI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClizlcVJMFI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">影山優佳 / Yuka Kageyama(@kageyamayuka_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.30 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「現実になって良かった」準備していた形で松原健がビューティフルゴール、横浜FMファンに感謝「誇れるゲームができた」

横浜F・マリノスのDF松原健が圧巻ゴールを振り返った。 横浜FMは28日、国立競技場で行われた『EUROJAPAN CUP 2022』でローマと対戦し、3-3で引き分けた。 明治安田生命J1リーグを制した横浜FMにとって今季のラストゲームとなったこの一戦。松原は63分から出場し、右サイドバックでプレーした。 いつも通りのプレーを見せていた松原。ローマに1点を返された直後の72分には、右サイドで崩し、水沼宏太のアシストから豪快にネットを揺らした。 ゴールについて松原は「ああいうシーンの時にうちはよくサイドバックが中に入っていくんですけど、その動きをしっかりした中で、(水沼)宏太くんだったらしっかり落としてくれると信じていたので、そうなった時に逆サイドにしっかり決められるようなイメージを常に持っていたので、それが現実になって良かったです」とコメント。シーズン中から準備していたことをしっかりと出せたと語った。 ローマとの一戦については「凄く歴史のあるローマと対戦できて凄く嬉しいですし、僕らもJリーグチャンピオンとして迎えたこの一戦で、しっかりとローマに戦えることを示せてよかったです」とコメント。しっかりとセリエAクラブと戦えたと語り、その言葉通りインテンシティの高さで相手を上回るプレーを見せていた。 対峙した中での印象に残った選手については「92番(ステファン・エル・シャーラウィ)の選手が凄く、ドリブルもそうですし、全てにおいてクオリティが高かったと思います」とコメント。イタリア代表FWのクオリティの差を肌で感じたようだ。 3年ぶりにJ1を制した横浜FM。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)もあり、長いシーズンだったが、このローマ戦で終了となった。 「リーグを含めて難しい時期ももちろんありましたけど、最終的には優勝もできて、こうやってローマともしっかり戦えて、充実したシーズンになったと思います」 そして、国立競技場に集まった多くの横浜FMファン、サポーターへもコメント。シーズンを通しての感謝を口にした。 「今シーズン、苦しい時も嬉しい時も僕らと一緒に戦ってくれて本当にありがとうございます。みなさんのおかげでこの勝負ができたと思いますし、誇れるゲームができたと思います。ありがとうございます」 <span class="paragraph-title">【動画】松原健が右足を振り抜き鮮やかなゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> LIVE配信中 <a href="https://t.co/47HmO0TrFN">pic.twitter.com/47HmO0TrFN</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1597201001152249857?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.29 08:20 Tue
twitterfacebook
thumb

「こういうインテンシティに慣れていかなければ…」、藤田譲瑠チマが強豪ローマ戦で自身の課題口に

横浜F・マリノスのMF藤田譲瑠チマがASローマ戦を振り返った。 横浜FMは28日、国立競技場で行われた『EUROJAPAN CUP 2022』でローマと対戦し、3-3で引き分けた。 明治安田生命J1リーグを制した横浜FMにとって今季のラストゲームとなったこの一戦。U-21日本代表の欧州遠征から戻ってきたばかりの藤田は、MF渡辺皓太との交代で後半頭から出場。ワールドクラスの相手に対して、攻守両面でアグレッシブなパフォーマンスを見せた。 当初は試合終盤の短い時間でのプレーが予定されていた中、約50分ほどプレーすることになったU-21日本代表MFは強豪相手の一戦を振り返った。 「代表帰りということもあったので、自分は20分ぐらいしか出ない予定でしたが、(チーム内で)アクシデントもあって後半初めからのプレーになりました」 「相手は全体を通して個人個人の能力が高く、インテンシティが高いところもあったので、少しキツい部分もありました。ただ、個人としてこういうインテンシティに慣れていかなければいけないと感じました」 「そこ(ニコロ・ザニオーロ)でなかなかボールを奪い切れず、相手の攻め残っている選手にうまくボールが入ってしまった際にカウンターを多く受けてしまうシーンが多かったので、そこは自分たちとして厳しい感じでした」 また、常々最高峰の舞台への挑戦に意欲を示す若武者は、自身のパフォーマンスに言及。一定の手応えを口にしながらも多くの課題を得たという。 「攻撃の部分で言えば、自分が良い立ち位置を取って周りを認知できているときは、ああいう相手に対しても問題なくプレーできました。ただ、球際の部分ではもっとやっていかないといけないと感じています」 「(試合終盤にあわやPK献上という場面もあったが?)あの時間帯はボールの取られ方がよくない時間が続きアップダウンが激しくなっていました。その中でああいう軽いプレーはやってはいけないと強く感じました。あそこの対応に関してはもっとできたと考えています」 カタール・ワールドカップ開催に伴い、例年に比べて一足早くシーズンを終えることになったが、U-21日本代表の欧州遠征でのスペイン、ポルトガルとの連戦、今回のローマ戦とシーズン最後に強豪との対戦を経験できたことは個人としてプラスになったようだ。 「いろいろとタイプの違うレベルの高い相手とできているので、早く行きたいという気持ちが強くなりました」 2022.11.29 06:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly