フィオレンティーナ、ヴェローナのチェコ代表MFバラクを獲得

2022.08.27 07:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナは26日、ヴェローナのチェコ代表MFアントニン・バラク(27)を獲得したことを発表した。契約形態は買い取りオプション付きのレンタルで、一定の条件を満たすと買い取り義務が発生する内容になっているとのことだ。

2017年にスラビア・プラハからウディネーゼに加入したバラクは、レッチェへのレンタルを経て、2020年夏にヴェローナへレンタル。翌シーズンに完全移籍に移行していた。

2シャドーの一角でプレーし、ゴール前でアクセントを付けることができるバラクは、ヴェローナで公式戦68試合に出場して18ゴール8アシストを記録した。


関連ニュース
thumb

アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス、来冬にMLS行きも? 久保裕也と同僚になる可能性

セビージャのアルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)に、メジャーリーグ・サッカー(MLS)行きの可能性があるようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 アルゼンチン代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のパプ・ゴメス。22日に行われたグループステージ初戦のサウジアラビア代表戦では先発出場も、チームは1-2で衝撃的な逆転負けを喫し、厳しい船出となってしまった。 今季は所属するセビージャでも苦戦気味。10月には同胞のホルヘ・サンパオリ監督が就任するも、公式戦17試合でゴールなしと一向にパフォーマンスが上向かず、W杯前から退団の噂が飛び交うように。選手本人も来年1月の移籍市場に意識を傾けつつあるようだ。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、アタランタ時代に目覚しい活躍を披露したパプ・ゴメスに対し、現在セリエAで最下位に沈むエラス・ヴェローナが関心。さらに、元日本代表FW久保裕也が所属するMLSのFCシンナシティ行きの可能性もあるとのことだ。 パプ・ゴメスはセビージャとの契約を2024年6月まで残すものの、来年2月には35歳に。年齢を考慮すれば、アメリカ行きという選択肢も悪くないのかもしれない。 2022.11.24 14:54 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯前に巻き返すアッレグリ監督「ここ5試合は結果もチームの成長ぶりも満足」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは10日のセリエA第14節でヴェローナとの敵地戦に。FWモイゼ・ケアンのゴールで先制すると、守りも無失点で切り抜け、勝利した。 これで5連勝とし、順位もまた1つ上げて4位にまで浮上。カタール・ワールドカップの中断期間を前に巻き返すアッレグリ監督も満足感を示した。 「技術的なレベルでは確かに良い試合じゃなかったが、うまく解釈して勝ち点3を持ち帰れたね。非常に激しい試合だったし、短期間に多くの試合をこなした後に勝つのは簡単じゃなかったが、難しい局面をうまく切り抜けた選手たちを褒めなければならない」 「後半は特にクロスの場面で何度かリスクを冒したものの、前半よりも良った。ここ5試合は結果だけじゃなく、チームの成長ぶりにも満足しなければならない。ここ数週間は落ち着いて、質の高い仕事ぶりだったと思う」 イタリア人指揮官はまた、決勝ゴールのケアンについても成長ぶり、そして活躍ぶりに賛辞の言葉を送りつつ、まだ未完の若手だとして慎重を期した。 「モイゼ・ケアンの姿勢は非常に前向きなもので、フィジカル的にも成長して、毎週のように良くなっている。我々にとって非常に重要な存在さ。ただ、モイゼが2000年代の選手である以上はまだ若手であるのを忘れるべきじゃない」 「彼の歩みはチームの歩みと同じように正しいもの。残りシーズンも楽観的でなければならない」 2022.11.11 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ケアンの決勝弾で最下位ヴェローナに辛勝のユベントスが5連勝!《セリエA》

ユベントスは10日、セリエA第14節でヴェローナとアウェイで対戦し1-0で勝利した。 前節インテルとの“イタリア・ダービー”を制しリーグ戦4連勝中の5位ユベントスは、その試合から先発を3人変更。守護神シュチェスニーやアレックス・サンドロ、ミレッティに代えてGKペリンやボヌッチ、ケアンを先発で起用した。 8連敗中の最下位ヴェローナに対し、ミリクとケアンを2トップに据えた[3-5-2]で試合に臨んだユベントスだが、立ち上がりからなかなかシュートにつなげることはできない展開が続く。 そんな中、ユベントスは22分にボヌッチからのロングフィードを相手ボックス手前で収めたミリクがミドルレンジから最初のシュートを放ったが、これは相手GKが正面でキャッチした。 さらにユベントスは38分、ボックス右手前でパスを受けたファジョーリの落としからペナルティアーク手前のロカテッリがコントロールショットでゴールに迫ったが、これも相手GKの好セーブに阻まれた。 ハーフタイムにかけても、なかなかギアの上がらないユベントスは44分にピンチ。DFの裏に抜け出したラザーニャに決定機を許したが、これはラザーニャのオフサイドを取られた。 ゴールレスで迎えた後半も膠着状態が続いたが、61分にユベントスが均衡を破る。中盤でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、ダイアゴナルランでラビオのラストパスを呼び込んだケアンがボックス内まで切り込みシュート。これを飛び出したGKが右手に当てるも、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ユベントスは83分にピンチ。ボックス内の浮き球をボレーで狙ったヴェルディとボヌッチが接触。主審はPKと宣言したが、オンフィールドレビューの末にノーファウルと判定され、PKの判定は取り消された。 後半アディショナルタイムに途中出場のアレックス・サンドロが退場して数的不利となったユベントスだったが、何とか逃げ切り1-0で勝利。5試合連続のクリーンシートを達成したユベントスが、次節直接対決のラツィオをかわして暫定3位に浮上している。 2022.11.11 04:25 Fri
twitterfacebook
thumb

トップ4浮上のローマ、モウリーニョ監督は逆転弾の若手MFに「能力があるのはわかっていた」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が勝利に満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは10月31日に行われたセリエA第12節で、ヴェローナと対戦した。27分にCKの流れから先に失点したが、33分に相手チームに退場者が出ると、前半アディショナルタイムにMFニコロ・ザニオーロが同点弾。後半はこう着状態が続いたが、88分にMFクリスティアン・ヴォルパートのゴールでようやく逆転に成功すると、FWステファン・エル・シャーラウィもダメ押し弾で続き、3-1で勝利した。 首位ナポリとの前節を落としたが、嫌な流れを引きずらず、トップ4に浮上したモウリーニョ監督は試合後、前半に退場者を出した相手に同情しつつ、勝利のためにできる限りのことをしたと述べている。 「まずはヴェローナに同情したい。彼らは今夜、少なくとも勝ち点1を獲得する戦いを見せていた。10人になっても若い監督がうまくメンバーを入れ替えていたね。マンマークを続け、少し低い位置まで下がり、1人多い我々を苦しめた。彼らはすべてをかけて戦い、時間の浪費方法も優れていた」 「もちろん、我々にとってこの勝利は本当に嬉しいものだ。それについて、私は偽善的なことを言うつもりはない。それでも、彼らに対してポジティブな気持ちは持っているよ。彼らは現時点だとリーグで素晴らしいポジションにいるわけではないから、選手やコーチ、ファンを気の毒に思う」 「今夜の試合では勝つためできることすべてをやった。時々、チームを助けるため何か別の方法があったのではと思いながら試合を終えることもあるが、今夜は文字通りこれ以上できることはなかったと感じている。システムを2度変え、攻撃的な選手をすべて投入し、ヴォルパートという少年の才能と創造性、ゴールへの嗅覚を信じたのだ」 また、モウリーニョ監督は今季のセリエA初出場でさっそく大仕事をやってのけた18歳のヴォルパートに言及。選手がすでにファーストチームでプレーするクオリティを備えていることを喜んだ。 「これはあくまで過程だ。プリマヴェーラで練習している選手がたまにファーストチームで食事をするのと、プリマヴェーラを離れてファーストチームの一員になるのでは訳が違う。たとえば、エドアルド・ボーヴェは昨季にそれを経てファーストチームの選手になった」 「ヴォルパートも今、そうなろうとしている。今季、ファーストチームを経験した後に契約を延長し、今やファーストチームのクオリティを持つ選手になった。彼はまだ若く、日々学ぶべきことはたくさんあるが、求められるレベルにはすでに達していると思う」 「彼を起用したのは私がクレイジーになったわけでも、無茶なリスクを負う判断をしたわけでもない。彼が勝利のゴールを決めると確信していたわけではないが、その能力があることはわかっていた」 2022.11.01 11:14 Tue
twitterfacebook
thumb

今季セリエA初出場の18歳ヴォルパートが1G1A!10人のヴェローナを撃破したローマが4位に浮上《セリエA》

ローマは10月31日、セリエA第12節でヴェローナと対戦し3-1で勝利した。 前節ナポリに惜敗した8位ローマが、6連敗中の19位ヴェローナのホームに乗り込んだ一戦。 直近に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループC第5節のヘルシンキ戦を勝利しグループ2位通過に望みをつないだローマは、その試合から先発を3人変更。エル・シャーラウィ、ヴォルパート、ビーニャに代えてザニオーロ、カルスドルプ、イバニェスを先発で起用した。 立ち上がりは互いにボールが落ち着かない展開が続く中、ローマは19分に最初の決定機を創出する。中盤で右サイドでパスを受けたザニオーロがワンタッチで前線に繋ぐと、これに反応したカルスドルプがドリブルで持ち上がりラストパス。ボックス内に侵入したエイブラハムが飛び出したGKをかわしシュートを放ったが、これは右ポストに弾かれた。 先制のチャンスを逃したローマは、相手のデザインされたセットプレーからピンチを迎える。27分、ヴェローゾが左CKをマイナス方向へ入れると、ペナルティアーク手前で受けたファラオーニがミドルシュート。最後はボックス中央ののダビドビッツが右足でコースを変えると、これがゴール右隅に決まった。 先制を許したローマは33分、自陣中盤でルーズボールを収めようとしたザニオーロがダビドビッツに左内モモ付近をスパイクされると、オンフィールドレビューの結果、ダビドビッツにレッドカードが提示された。 数的優位となったローマは、前半終了間際に同点に追いつく。アディショナルタイム2分、敵陣中盤でボールを奪ったカマラがショートカウンターを仕掛けると、ラストパスをボックス左で受けたエイブラハムがシュート。これは左ポストに弾かれたが、こぼれ球をザニオーロが押し込んだ。 ハーフタイム明けに2選手を交代させたヴェローナに対し、ローマはクリスタンテを下げてエル・シャーラウィを投入。さらに57分には、交代を要求したザニオーロとザレフスキを下げてヴォルパートとベロッティをピッチに送り出した。 膠着状態が続く中、ローマはセットプレーから決定機を迎える。83分、ペッレグリーニの左CKをニアサイドのマティッチがドンピシャのヘッドで合わせたが、これはクロスバーを直撃。 1-1のまま試合終了かと思われたが、終盤にローマが勝ち越しに成功する。88分、左サイドから仕掛けたマティッチがボックス左深くからマイナスへ折り返しを供給すると、ペナルティアーク内のヴォルパートがダイレクトシュート。これがゴール右隅に決まった。 さらにローマは、後半アディショナルタイム2分にもヴォルパートのラストパスからエル・シャーラウィがネットを揺らし、3-1でタイムアップ。新星ヴォルパートの活躍で勝利したローマが4位に浮上している。 2022.11.01 04:32 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly