長崎vs栃木が中止に、長崎での断続的な新型コロナ陽性者で2節続けて中止

2022.08.25 15:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは25日、27日に予定されていた明治安田生命J2リーグ第33節のV・ファーレン長崎vs栃木SCについて、中止となったことを発表した。

今回は、長崎の選手、スタッフの複数名から断続的に新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が出ており、ントリー可能な人数が規定の13名以上を充足できないことが明らかとなったためという。

長崎ではこの1週間で19日にトップチーム関係者3名、20日には2名と試合前のスクリーニング検査で6名が陽性に。そのため、20日の第32節、ツエーゲン金沢戦も中止となっていた。
また、21日に2名、22日に1名、23日に4名が陽性となっていた。

関連ニュース
thumb

山形、大卒ルーキー横山塁と契約更新 「自分の持つ全てをチームに捧げます」

モンテディオ山形は6日、MF横山塁(23)との契約を更新を発表した。 横山はFC東京のアカデミー出身だが、トップチームに上がれず、東洋大学に進学。2021年7月から山形で特別指定選手を経験して、今年から正式入団した。 その今季は決して多くの出番を得たわけではないが、明治安田生命J2リーグでは9試合出場で1ゴール。天皇杯でも1試合に出場して1得点をマークした。 来季で2年目を迎える横山はクラブの公式サイトで決意を新たにしている。 「2023シーズンも山形でプレーさせていただくことになりました。去年の結果を超えていくためにも自分の持つ全てをチームに捧げます。山形全体で成し遂げましょう!応援よろしくお願いします!!」 2022.12.06 18:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ACL戦う甲府、J3讃岐FWを完全移籍で獲得「J2優勝ならびにJ1昇格に貢献するために全力でプレー」

ヴァンフォーレ甲府は6日、カマタマーレ讃岐のFW松本孝平(28)が完全移籍で加入することを発表した。 松本は神奈川県出身で、国士舘大学から2017年に名古屋グランパスへと入団。SC相模原、FCマルヤス岡崎、FCティアモ枚方でプレー。今シーズンから讃岐に完全遺跡で加入した。 松本は讃岐では明治安田生命J3リーグで31試合に出場し9得点を記録していた。 松本は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ヴァンフォーレ甲府 「この度、カマタマーレ讃岐より加入させていただきます、松本孝平です。この歴史あるクラブ、ヴァンフォーレ甲府でプレーできることにとても感謝しています」 「天皇杯での活気ある甲府サポーターの熱い応援。そして、優勝という素晴らしい功績、とても震えました」 「来シーズンのJ2優勝ならびにJ1昇格に貢献するために全力でプレーしたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆カマタマーレ讃岐 「この度、ヴァンフォーレ甲府に移籍になりました。まず今シーズン通して応援してくださったファン、サポーターの皆さま、チームがどんな状況でも支えていただきありがとうございました」 「正直みなさんが思うような結果ではなかったと思います。僕自身ももっともっとチームに貢献できたと思います。JFLで、もがき苦しんでいた僕に再びJリーグの舞台で闘う機会を与えてくれたこのクラブ。そしてチームを支えていただいているスポンサーの皆様には本当に感謝しています」 「Jリーグで1番若いチームとしてシーズンが始まり。経験が浅い選手が多い中、僕がみんなにできることは常に結果を求め、その姿勢を見せること。常に自分に何が足りなくてどうすれば良くなるのかを考え行動すること。それも全て今シーズン共に闘ってくれた仲間たちに学ばせてもらったことです」 2022.12.06 17:33 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖が熊本の躍進支えたMF河原創を完全移籍で獲得「より一層成長できるように頑張ります」

サガン鳥栖は6日、ロアッソ熊本のMF河原創(24)を完全移籍で獲得することを発表した。 河原は熊本県出身で、熊本の下部組織や大津高校、福岡大学でプレーし、2020年に入団した。 1年目からJ3で34試合に出場し3得点を記録すると、2年目は28試合で1得点、天皇杯でも2試合で1得点を記録。チームのJ3優勝、J2昇格に貢献すると、今シーズンはJ2で42試合に出場し1得点を記録。天皇杯でも2試合で2得点を記録していた。 チームは3位で明治安田生命J2リーグを終え、J1参入プレーオフに出場すると、3試合でプレーした。 河原は両クラブを通じてコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「サガン鳥栖に関わる全ての皆様、はじめまして。ロアッソ熊本から加入させていただくことになりました河原創です。1試合でも多く皆さんと喜びを分かち合えるように全力でチームの為に戦います」 「そして、より一層成長できるように頑張ります。よろしくお願いします!」 ◆ロアッソ熊本 「この度、サガン鳥栖に移籍する事になりました。3年間、良い時も悪い時も熱く共に闘って頂いたファン・サポーターの皆さん、ご支援頂いているスポンサー様、そして一緒に戦い、日々成長させてくれた選手・スタッフのみんな、本当に充実した毎日を送れたのもロアッソ熊本に携わる全ての方々のおかげです」 「地元・熊本でプロ生活をスタートすることができたことは凄く光栄でしたし、この3年で県民の皆様に笑顔や元気、そして夢を与えることが少しばかりできたかなと思います」 「自分自身ここで学んだことをベースに、選手として、より成長してその姿を見せる事ができるように頑張ります。本当に3年間お世話になりました。ありがとうございました!」 2022.12.06 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

東京Vが秋田から屈指のエアバトラーDF千田海人を獲得「歴史あるクラブの勝利に貢献を」

東京ヴェルディは6日、ブラウブリッツ秋田のDF千田海人(28)が完全移籍で加入することを発表した。 ベガルタ仙台の育成組織出身の千田は、神奈川大学を経て、2017年に当時J3の秋田へ加入した。空中戦に強いセンターバックは明治安田J3で2度の優勝を経験し、95試合5得点を記録。J2では52試合1得点をマークしている。 自身初の移籍となる千田は、両クラブを通じて以下のようにコメントしている。 ◆東京ヴェルディ 「この度、ブラウブリッツ秋田より東京ヴェルディに加入することになりました千田海人です。この歴史ある素晴らしいクラブの一員に加わることができてとても幸せです。ピッチで価値を示し、ヴェルディの勝利に貢献できるよう、一生懸命ひたむきに頑張ります。これから宜しくお願い致します。共に戦いましょう!!」 ◆ブラウブリッツ秋田 「この度、東京ヴェルディに移籍することになりました。この報告とこの思いは皆様に直接お伝えしたかったのですが、それができずに申し訳ありません。文章で伝えさせていただきます」 「大卒から6年間、ブラウブリッツ秋田でプレーさせていただきました。僕のサッカー人生において、1番長く濃く、そして1番成長できた6年間でした。怪我したこと。出場機会に恵まれなかったこと。心が折れそうになったこと。自信を失ったこと。期待に応えられなかったこと。味方を助けられなかったこと。思い出せば思い出すほど秋田では悔しいことがありました」 「しかしホーム、アウェーに関わらず毎試合応援に来てくれた家族やサポーター。一緒に戦ってくれた仲間、スタッフ。ピッチ外で支えてくれた秋田の温かい人々。そしてクラブの成長を支えてくださったスポンサー様、サポートカンパニー様、後援会、ボランティアの方々。悔しさを上回る皆様の応援やサポートのおかげで苦難を乗り越え、6年間で2度の優勝を経験し、昇格し、怪我を乗り超えて今シーズンまで戦い抜くことができました」 「全ていいことばかりではありませんでしたが、秋田で経験した6年間の全ては僕のこれからのサッカー人生だけでなく、人生の財産となるものでした」 「秋田という土地と人に心底惚れ込んだ6年間でした。感謝してもしきれないほどお世話になりました。 一緒に戦えて幸せでした。この決断をしたからには覚悟を持って頑張ってきます」 「またお会いしましょう。6年間本当にありがとうございました!!」 2022.12.06 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

J2へ挑むいわきが嵯峨理久との契約更新、遠藤凌の期限付き移籍延長を発表

いわきFCは6日、MF嵯峨理久(24)との契約更新ならびにDF遠藤凌(24)の期限付き移籍期間延長を発表した。 嵯峨は青森山田高校から仙台大学を経て2021年からいわきでプレー。今季は開幕戦でゴールを決め、クラブのJ初ゴールをマークするなど、右サイドバックを主戦場に全34試合で先発出場し、5得点を記録した。 遠藤は今年6月にアルビレックス新潟から育成型期限付き移籍で加入。加入直後からセンターバックの一角して存在感を示し、20試合出場2得点という数字を残した。 延長した移籍期間は2024年1月31日まで。契約により、期限付き移籍期間中は新潟との公式戦に出場できない。 2選手はクラブを通じて以下のようにコメントしている。 ◆嵯峨理久 「2023年シーズンもいわきFCでプレーさせていただくことになりました。謙虚に貪欲に、そして自分らしく全力でいわきFCのためにプレーします。いわきFCに関わるすべての皆様、来シーズンもよろしくお願いします!」 ◆遠藤凌 ▽いわきFC 「来シーズン、期限付き移籍延長という形ですが、いわきFCで闘うことを決めました。シーズン途中からの加入でしたが、チームメイト、チームスタッフ、ファン・サポーターの皆さん、いわきFCに関わるすべての方々が温かく迎え入れてくれたことにとても感謝しています」 「来シーズンは更に鍛え上げ、J2の舞台でも魂の息吹くフットボールを体現し、一人でも多くの方々に勇気や元気を与えていきたいです!来シーズンも熱い応援よろしくお願いします!」 ▽アルビレックス新潟 「来シーズンも期限付き移籍を延長し、いわきFCで闘うことを決めました。アルビレックス新潟に関わるすべての皆さん、J2優勝、J1昇格おめでとうございます!」 「嬉しい気持ちの反面、正直なところ自分が貢献できなかった悔しさもあります。この悔しさを絶対に忘れず、成長した姿をビッグスワンスタジアムで見せられるように頑張ってきます!」 2022.12.06 16:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly