シティvsチェルシーに冨安vs三笘! EFLカップ3回戦の組み合わせ決定!

2022.08.25 07:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
24日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦の組み合わせ抽選会が行われ、全16カードが決定した。

今ラウンドは2回戦を勝ち抜いた25クラブに、ヨーロッパのコンペティションに参加するプレミアリーグの7クラブが新たに加わり、合計32クラブが参戦する。

今ラウンド最注目はプレミアリーグ2連覇中の王者であるマンチェスター・シティとチェルシーによる、ビッグ6直接対決。また、DF冨安健洋のアーセナルと、MF三笘薫のブライトンの日本人対決が実現。現状、両選手はリーグ戦で控えの立場にあり、ピッチ上での共演も期待されるところだ。
その他ではディフェンディングチャンピオンのリバプールがフットボールリーグ1(イングランド3部)のダービー・カウンティと、トッテナムとマンチェスター・ユナイテッドは、それぞれノッティンガム・フォレスト、アストン・ビラとのプレミア勢対決に挑む。

なお、3回戦は11月第2週(7日~)のミッドウィークに開催予定だ。

◆EFLカップ3回戦組み合わせ

レスター・シティ(1) vs ニューポート・カウンティ(4)
ウェストハム(1) vs ブラックバーン・ローヴァーズ(2)
ウォルバーハンプトン(1) vs リーズ(1)
ノッティンガム・フォレスト(1) vs トッテナム(1)

マンチェスター・ユナイテッド(1) vs アストン・ビラ(1)
ボーンマス(1) vs エバートン(1)
リバプール(1) vs ダービー・カウンティ(3)
バーンリー(2) vs クローリー・タウン(4)

ブリストル・シティ(2) vs リンカーン・シティ(3)
マンチェスター・シティ(1) vs チェルシー(1)
スティブネイジ(4) vs チャールトン(3)
MKドンズ(3) vs モアカム(3)

ニューカッスル(1) vs クリスタル・パレス(1)
サウサンプトン(1) vs シェフィールド・ウェンズデー(3)
アーセナル(1) vs ブライトン(1)
ブレントフォード(1) vs ジリンガム(4)

※()内は所属カテゴリー


関連ニュース
thumb

ビラにリベンジのテン・ハグ監督「チームを誇らしく思う」 まだ再建途中とも

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が振り返った。 10日のカラバオカップ3回戦でアストン・ビラをホームに迎え撃ち、4-2で勝利したユナイテッド。直近のプレミアリーグで内容的にも完敗だったビラと舞台を移しての連戦だったが、2度のビハインドを跳ね除け、リベンジを達成した。 テン・ハグ監督はイギリス『スカイ・スポーツ』で0-0の前半を「良いプレッシングをもってゲームをコントロールして、敵陣で多くのボールを握ったが、正しくない判断が下せずにいた」と語り、後半の修正を明らかに。まだ道半ばだとも話した。 「ハーフタイムに『プレッシングを維持しつつ、もっとダイレクトに相手のディフェンスの背後を突いていくように』と言った。日曜日に敗れ、この試合でも2度のダウンを強いられたなか、そこから反撃に転じてくれたし、チームのことを誇らしく思う」 「高い位置でのプレーや、背後にボールを出すという部分は後半にかなりうまくやれた。前半の問題はタッチ数が多すぎて、背後にボールを出すタイミングを逸してしまっていたこと。だから、(クリスティアン・)エリクセンを送り出したんだ」 「修正力に関しては本当に満足だ。日曜日は戦わず、腹が立ったし、非常にがっかりだった。だらしなかったし、特に守備の規律がね。ユナイテッドの選手は常に100%の規律を示さなければならない」 「高いインテンシティをもってフットボールをやる必要がある。トップのチームはそれができる。我々は正しい方向に一歩を踏み出したが、もっと冷静にボールを扱って、相手を引きずり出す瞬間や、スピードアップできる瞬間を見つけるのも必要だ」 「正しい方向に進みはしているが、まだ長い道のりが存在する」 2022.11.11 08:50 Fri
twitterfacebook
thumb

EFL杯4回戦の対戦カード決定! シティvsリバプールの優勝候補対決に、三笘ブライトンは3部チャールトン

10日、EFLカップ(カラバオカップ)4回戦の組み合わせ抽選会が行われ、全8カードが決定した。 UEFAコンペティション参加のプレミアリーグの強豪チームが参戦した前ラウンドでは、マンチェスター・シティとのビッグマッチに敗れたチェルシーをはじめ、トッテナム、アーセナル、ウェストハムがいずれも敗退。さらに、クリスタル・パレスとブレントフォードも敗れたことで、3部のチャールトンを除きロンドン勢がすべて姿を消す異例の事態となった。 今回の抽選会の結果、4回戦では一昨季まで大会4連覇のシティと、ディフェンディングチャンピオンのリバプールによる優勝候補同士の対戦が早くも実現。シティにとっては3回戦のチェルシーに続き、タフな相手との連戦に。 また、マンチェスター・ユナイテッドはシティのレジェンドであるヴァンサン・コンパニ監督が今季からチームを率いるチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーンリーとの対戦が決定。 日本代表MF三笘薫の活躍でアーセナルを退けたブライトンは、ロンドン勢唯一の希望となるチャールトンと対戦することになった。 なお、4回戦は2022年12月第4週(19日~)のミッドウィークに開催予定だ。 ◆EFLカップ4回戦組み合わせ ウォルバーハンプトン vs ジリンガム(4) サウサンプトン vs リンカーン・シティ(3) ブラックバーン(2) vs ノッティンガム・フォレスト ニューカッスル vs ボーンマス マンチェスター・シティ vs リバプール マンチェスター・ユナイテッド vs バーンリー(2) MKドンズ(3) vs レスター・シティ チャールトン(3) vs ブライトン ※()内は所属カテゴリー 2022.11.11 08:08 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが逆転で4回戦進出! 打ち合い制してアストン・ビラにリベンジ達成《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)3回戦、マンチェスター・ユナイテッドvsアストン・ビラが10日にオールド・トラッフォードで行われ、4-2で勝利したユナイテッドが4回戦進出を決めた。 今ラウンドからの参戦となるユナイテッドは、直近のリーグ戦で1-3の完敗を喫したアストン・ビラとのプレミア勢対決に臨んだ。テン・ハグ監督はホームに場所を移して行われた中3日でのリベンジマッチに向け、先発7人を変更。GKドゥブラフカをデビューさせたほか、サスペンション明けのブルーノ・フェルナンデス、マルシャル、マグワイア、フレッジらを起用。体調不良のクリスティアーノ・ロナウドはベンチ外となった。 共に前回対戦から7人ずつを入れ替えて臨んだ4日ぶりの再戦。試合序盤はホームのユナイテッドがボールを握り、サイドを起点にチャンスを窺う。また、守備の局面では相手ビルドアップに対してマンマークでうまく嵌めて自由を与えない。 攻守にまずまず狙いは出せているものの、アタッキングサードでの崩しに手間取るユナイテッドだが、24分にはラッシュフォードとマラシアで左サイドを崩してクロスが上がると、右サイドバックのダロトがゴールに飛び込みヘディングシュート。だが、両チームを通じて最初のシュートはDFに触られて枠の上に外れる。 一方、前半半ばを過ぎて徐々にユナイテッドのプレスを剥がして相手陣内に侵攻し始めるビラ。ドウグラス・ルイス十八番の“直接CK”、古巣対戦ヤングのミドルシュートなどでフィニッシュまで持ち込んでいく。 前半終盤にかけては完全に睨み合いの展開に。相手のコンパクトな守備に苦戦するユナイテッドは、幾度か背後を狙うアクションで相手守備を揺さぶったが、オフサイドやそこからの展開でうまくいかず。 両チームを通じて枠内シュート1本とクローズな前半の攻防を経て試合は後半に突入。だが、この後半は前半とは打って変わって壮絶な打ち合いに。 まずは48分、アウェイのビラがハーフウェイライン付近でのセカンドボールの競り合いを制してジェイコブ・ラムジーからディフェンスラインの背後を狙うワトキンスはへ絶妙なスルーパスが通る。そのままボックス内に持ち込んだワトキンスはGKデ・ヘアの手前で左足のチップキックシュートを流し込んだ。 リーグ戦に続いて先手を許したユナイテッドだが、この試合では反発力を示す。49分、失点後のリスタートの流れからダロトのロングフィードにB・フェルナンデスが完璧なタイミングで抜け出し、ボックス右から冷静に折り返すと、ゴール前でプレゼントパスに反応したマルシャルが冷静に右足で流し込んだ。 1-1の振り出しに戻った試合はその後も白熱の攻防が続く。その中で意外な形からビラに2点目が生まれる。直前に3枚替えを敢行し、ブエンディア、ベイリー、ミングスを投入していたアウェイチームは、右サイドのヤングからのクロスにボックス左のベイリーが反応。ヘディングで折り返したボールがDFダロトのクリアミスを誘った。 不運なオウンゴールでまたしてもビハインドを背負ったユナイテッドは、62分にマルシャル、ファン・デ・ベーク、フレッジを下げてエリクセン、ガルナチョ、エランガを一気に投入。ラッシュフォードを最前線に上げる。すると、この交代策が完璧に嵌る。 67分、最後尾からのロングフィードをラッシュフォードが頭でスペースに流すと、これに反応したエリクセンがボックス内に侵入。中央に短く落とすと、これに反応したラッシュフォードが右足の強烈なシュートを突き刺した。 再び追いついて流れを掴んだユナイテッドはここから完全に押し込む展開に。B・フェルナンデス、マグワイアの決定的なシュートはGKオルセンのビッグセーブに阻まれるが、そのまま押し切った。 78分、ハイプレスでGKオルセンのパスミスを誘うと、ショートカウンターの形からガルナチョのラストパスに反応したB・フェルナンデスがボックス中央から右足のシュート。DFミングスにディフレクトして大きくコースが変わったボールがゴール左隅に決まった。 この試合で初めてリードを手にしたテン・ハグ監督は殊勲のラッシュフォード、リンデロフを続けて下げてカゼミロ、マルティネスの投入で試合をクローズにかかる。 それでも、守りに行くことなく能動的に試合を進めて幾つか決定機を作り出すと、試合終了間際の91分には左サイドのガルナチョが右足で入れた正確なクロスをゴール前に飛び込んだマクトミネイが懸命に伸ばした右足で合わせ、トドメの4点目とした。 そして、苦戦を強いられながらもリーグ戦のリベンジを果たしたユナイテッドが、今季最多4ゴールを挙げて4回戦進出を決めた。 なお、前日までに行われたEFLカップ3回戦の結果一覧は以下の通り。 ◆EFLカップ3回戦結果 ▽11/10(木) マンチェスター・ユナイテッド 4-2 アストン・ビラ ▽11/8(火) レスター・シティ 3-0 ニューポート・カウンティ(4) ボーンマス 4-1 エバートン バーンリー(2) 3-1 クローリー・タウン(4) ブリストル・シティ(2) 1-3 リンカーン・シティ(3) スティブネイジ(4) 1-1(PK:4-5) チャールトン(3) MKドンズ(3) 2-0 モアカム(3) ブレントフォード 1-1(PK:5-6) ジリンガム(4) ▽11/9(水) ウェストハム 2-2(PK:9-10) ブラックバーン・ローヴァーズ(2) ノッティンガム・フォレスト 2-0 トッテナム ニューカッスル 0-0(PK:3-2) クリスタル・パレス サウサンプトン 1-1(PK:6-5) シェフィールド・ウェンズデー(3) アーセナル 1-3 ブライトン ウォルバーハンプトン 1-0 リーズ リバプール 0-0(PK:3-2) ダービー・カウンティ(3) マンチェスター・シティ 2-0 チェルシー ※()内は所属カテゴリー 2022.11.11 07:08 Fri
twitterfacebook
thumb

「PK神」「未来は手の中」PK3本ストップのリバプール守護神が賛辞集める

リバプールのアイルランド代表GKクィービーン・ケレハーを称える声が止まない。 リバプールは9日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でダービー・カウンティと対戦し、0-0で90分を終了。PK戦を3-2で制し、勝ち上がった。 6日に行われたプレミアリーグ第15節トッテナム戦から先発全員を入れ替えた影響か、3部の相手に終始押し込む展開を作りながらも得点は挙げられず、ゴールレスで90分を終了。勝負の行方はPK戦に委ねられた。 ここで尋常ではない存在感を発揮したのが守護神のケレハー。5人中3人のキックをセーブする傑出した働きを見せ、勝利に貢献した。 ユルゲン・クロップ監督も手放しで称賛し、クラブの公式インスタグラムが公開したPKストップシーンにも、ファンから「ようこそケレハー卿」、「PK神」、「未来は安全な手の中にある」、「なんてクールな伝説」、「この男はプレッシャーに強い!」、「売却はダメだよ、お願いだから」、「ケレハーを売るな!」などの惜しみない賛辞が送られている。 ケレハーは昨シーズンのカラバオカップでも準々決勝のPK戦で2本をストップ。チェルシーとの決勝戦でも好セーブを連発し、PK戦でのショットストップこそなかったものの、優勝を手繰り寄せるキッカーを務めていた。 カラバオカップ制覇はケレハーの手にかかっていると言っても、過言ではないだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】神降臨!ケレハーがカラバオカップでPK3本をストップ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CkwuAXsoypx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CkwuAXsoypx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CkwuAXsoypx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Liverpool Football Club(@liverpoolfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.10 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「三笘が実力を証明」「逸材だ」対アーセナル、ブライトン三笘の逆転ゴールを現地ファンも絶賛

日本代表MF三笘薫が決めたブライトン&ホーヴ・アルビオンの逆転ゴールが称賛を集めている。 ブライトンは9日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でアーセナルとアウェイで対戦。三笘は後半頭から出場し、決勝点となる逆転ゴールを挙げている。 20分に先制を許したシーガルズだったが、7分後にWダニー・ウェルベックがPKを決め、試合を振り出しに戻した。同点で迎えた後半頭に三笘を含む2枚替えを行うと、58分に日本が誇るウインガーが大きな仕事をやってのけた。 右サイドの密集をうまくかいくぐってMFジェレミー・サルミエントが中央へフリーで抜け出すと、ボックス左に走り込む三笘へ丁寧なラストパスを供給。三笘は絶妙なファーストタッチでセンターバック2枚の間にシュートコースを作り、寄せられながらも右足を一閃。これがゴール右隅の完璧なコースに決まった。 三笘はリーグ戦で挙げたプレミア初ゴールに続く2試合連続弾に。殊勲の日本代表MFには海外のファンからも「三笘が実力を証明!この日本人ウインガーがインパクトを残しているのがはっきりと分かります」との賛辞が寄せられた。 また三笘だけでなく、アシストを記録したエクアドル代表の20歳にも「ブライトンの2番目のゴールはとても美しいです」、「ミトマとサルミエントは逸材です」との声が届いている。 ブライトンは71分にもDFタリク・ランプティが追加点を奪い、3-1で勝利。アーセナルに今季初のホーム黒星をつけ、4回戦進出を決めている。 <span class="paragraph-title">【動画】現地ファンも絶賛!アシスト者の動きも三笘のトラップも素晴らしいブライトンの逆転ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Kn5iNcxdxpo";var video_start = 358;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.10 17:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly