オランダ代表元同僚対決はジオに軍配! レンジャーズが12季ぶりのGS進出《CL予選》

2022.08.25 06:39 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ2ndレグの3試合が24日に行われた。

ファン・ニステルローイ、ファン・ブロンクホルストというオランダ代表の元同僚同士が指揮官として対峙したPSVvsレンジャーズは、。

レンジャーズホームでの初戦を2-2のイーブンで終えた両チームは、本大会出場を懸けた運命の一戦に臨んだ。
試合は入りこそホームのPSVが押し込む展開を作り出すが、時間の経過と共に相手のプレッシャーをうまくかいくぐったアウェイチームが押し返していく。ボックス付近でケントが積極的に足を振り、26分にはボックス付近でティルマンの落としに反応したランドストラムが強烈な右足のシュートを放つが、これは枠の左に外れる。

一方、立ち上がり以降は劣勢を強いられたPSVは、前半終盤にかけて攻勢を強めていく。39分にはセットプレーからサンガレのヘディングシュート、40分過ぎにはいずれもサイドを起点とした攻めからルーク・デ・ヨング、ガクポがボックス内で決定機も、相手GKの好守などに阻まれた。

ゴールレスで折り返した試合は、後半も緊迫感のある攻防が続く。そういった中、ローレンスのクロスバー直撃のミドルシュートでゴールに迫ったレンジャーズが相手のミスを突いて先制に成功する。

60分、GKベニテスから後ろ向きでボールを受けたDFラマーリョにティルマンがハイプレスを仕掛けて相手ボックス内でボール奪取。そして、左でドフリーのチョラクにプレゼントパスを送ると、クロアチア代表FWは難なくゴールへ流し込んだ。

痛恨のミスで2戦合計スコアでの勝ち越しを許したホームチームは、すぐさま攻撃的なカードを切って攻勢を強めていく。74分にはシャビ・シモンズのスルーパスに抜け出したガクポに決定機も、ここは勇敢な飛び出しで間合いを潰した相手GKの好守に阻まれる。

その後はホームサポーターの声援を後押しにPSVが決死の攻勢を仕掛けたが、レンジャーズの堅守を最後までこじ開けることはできず。この結果、ファン・ニステルローイとの元同僚対決を制したファン・ブロンクホルスト率いるレンジャーズが12シーズンぶりのCLグループステージ進出を決めた。

また、各国リーグ王者が対峙したチャンピオンズパスでは、コペンハーゲンとディナモ・ザグレブが本大会出場を決めている。

◆CL予選プレーオフ2ndレグ
▽8/24
PSV(オランダ) 0-1(AGG:2-3) レンジャーズ(スコットランド)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア) 4-1(AGG:4-2) ボデ/グリムト(ノルウェー)
トラブゾンスポル(トルコ) 0-0(AGG:1-2) コペンハーゲン(デンマーク)

▽8/23
ベンフィカ(ポルトガル) 3-0(AGG:5-0) ディナモ・キーウ(ウクライナ)
ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) 2-2(AGG:4-5) マッカビ・ハイファ(イスラエル)
ビクトリア・プルゼニ(チェコ) 2-1(AGG:2-1) カラバフ(アゼルバイジャン)


関連ニュース
thumb

ミラン、来冬に「2列目右」を拡充へ… PSVのオランダ代表ガクポが本命か

ミランがPSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポ(23)などをリストアップしているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランは今季のセリエA11試合で総得点が「24」。そのうち左サイドアタッカーのFWラファエル・レオンが5得点、2列目中央のMFブラヒム・ディアスと1トップのFWオリヴィエ・ジルーがそれぞれ4得点と、この主力3選手で総得点の半分以上を占めている。 一方、右サイドアタッカーに目を向けると負傷離脱中のMFアレクシス・サーレマーカースは今季リーグ戦無得点で、MFジュニオール・メシアスもわずか1得点と物足りなさが。そのため、首脳陣らは来冬の移籍市場でこのポジションに実力者を確保したい考えだという。 トップターゲットは今夏にマンチェスター・ユナイテッド行きも噂されていたガクポで、今季の公式戦21試合で13得点14アシストと大車輪の活躍を披露。PSVでは左サイドが主戦場だが、右でも遜色ないプレーが可能とのことだ。 また、今夏に続いてチェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエク(29)やアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチ(24)、レアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオ(26)もリストアップ。しかし、いずれも実現度は低いと考えられている。 その他にはクラブ・ブルージュのオランダ代表MFノア・ラング(23)とミッティランのU-21デンマーク代表FWグスタフ・イサクセン(21)も候補に挙げられている。 2022.10.30 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「彼らほどハードに取り組んでいなかった」EL初出場でミス、失点を招いたラムズデールが立ち直りを誓う「ここから学ぶ」

アーセナルの守護神であるイングランド代表GKアーロン・ラムズデールが、PSV戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 27日、アーセナルはヨーロッパリーグ(EL)グループA第5節でPSVとアウェイで対戦した。 1週間前に対戦した試合では1-0でアーセナルが勝利。勝てば首位でグループステージ突破が決まる試合だった。 先週末はサウサンプトン相手に苦しみ1-1のドロー。久々に勝利を逃したが、この試合もアーセナルはPSVのコンパクトな守備の前に苦戦。相手には何度も決定機を作られることになった。 それでも前半はなんとか凌いだが、後半に2失点。攻撃面もギアが上がらず、2-0で完敗に終わった。 今シーズンのELではアメリカ代表GKマット・ターナーが出場していたが、前日のトレーニングでそ径部部を痛めていることがわかり出場見送りに。ラムズデールは初出場となった。 試合後、チームのパフォーマンスについて物足りなかったと語ったラムズデール。相手が良いプレーを見せていたと振り返った。 「僕たちのいつものプレーのやり方では、今夜のピッチで最初から最後まで戦い続けることはできなかった。オフザボールでは、おそらく彼らほどハードに取り組んでいなかったと思う」 「僕たちは1失点したが、僕のミスで2-0となった。アウェイでは不可能に近いチャレンジだった」 「彼らの結果は、彼らが本当に良いプレーをしたからだ。ビッグボーイ(ルーク・デ・ヨング)は、チームとファンを駆り立ててくれた。そして彼らを後押しした」 ただ、次節勝利すれば首位でのグループステージ突破となる。リーグ戦でも引き分け、公式戦2試合で勝利から遠ざかっているが、ここから立ち直りたいとした。 「我々は今後数日でそれを経験し、そこから学び、トップの座を確保するためのもう1つのゲームで勝たなければいけない」 「ホームで勝てばグループ首位に立てる。それが僕たちの目標だ」 「これはほんの小さなつまづきに過ぎない。ここから学び、より強くなって戻ってこられるだろう」 2022.10.28 15:13 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルにリベンジ果たしたPSVファン・ニステルローイ監督「我々ははるかに危険だった」

PSVのルート・ファン・ニステルローイ監督が、アーセナル戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 PSVは27日、ヨーロッパリーグ(EL)グループA第5節でアーセナルと対戦した。 勝利すればグループステージ突破の可能性があった試合。1週間前にアウェイで敗れたアーセナル相手に、PSVは立ち上がりから押し込んでいく。 タイトな守備とプレスをかけることでアーセナルにボールを回させず、攻撃の形を作らせない。前半はネットを揺らすもオフサイドで取り消されていたが、55分にジョエイ・フェールマンがネットを揺らして先制に成功する。 さらに63分には、GKアーロン・ラムズデールがクロスをパンチングミス。これをルーク・デ・ヨングが決め2-0。そのまま反撃を許さずに勝利。ボデ/グリムトがチューリヒに敗れたことで、グループステージ突破が決まった。 ファン・ニステルローイ監督は前半は難しかったとしながらも、後半はかなり良くなったと振り返った。 「前半は簡単ではなかった。ボールを追いかけすぎて、多くの選手がエネルギーを使い果たしているのを見た」 「後半はかなり良くなっていた。我々は彼らにプレッシャーをかけたが、我々ははるかに危険で、譲ることはあまりなかった」 また、この試合でも素晴らしいパフォーマンスを見せたオランダ代表MFシャビ・シモンズを称賛。オランダ代表MFアンワル・エル・ガジと組ませることで、ポリバレントな活躍を見せられたとした。 「彼は様々なポジションでプレーすることができる。アーセナルの戦術に応じて、彼とアンワル(・エル・ガジ)を入れ替えることができた。だから今日は彼と組ませた」 「それが彼の多様性だ。10番(トップ下)、9番(CF)、7番(右ウイング)、11番(左ウイング)、6番(インサイドハーフ)でもプレーできる」 さらに、復帰してからの初ゴールを決めたオランダ代表FWルーク・デ・ヨングについても言及。先発をさせるリスクは負えなかったが、離脱中の努力が報われたと喜んだ。 「(ルーク・)デ・ヨング、(ノニ・)マドゥエケ、マウロ・ジュニオールは、先発できなかったし、彼らや他の選手にリスクは負わせたくなかった」 「ルークのヘディングのやり方、そしてケガからの復帰には驚くべきものがある。ただ、彼が離脱していた数カ月間、どれだけ懸命に取り組んできたかを知っている」 「彼は偉大なプロであり、比較的早く元のレベルに到達することができるだろう」 2022.10.28 11:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「とても貧弱だった」完敗アーセナル、10試合ぶり黒星にアルテタ監督「リセットする時が来た」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、PSV戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 27日、アーセナルはヨーロッパリーグ(EL)グループA第5節でPSVとアウェイで対戦した。 1週間前に対戦した試合では1-0でアーセナルが勝利。勝てば首位でグループステージ突破が決まる試合だった。 先週末はサウサンプトン相手に苦しみ1-1のドロー。久々に勝利を逃したが、この試合もアーセナルはPSVのコンパクトな守備の前に苦戦。相手には何度も決定機を作られることになった。 それでも前半はなんとか凌いだが、後半に2失点。攻撃面もギアが上がらず、2-0で完敗に終わった。 これが今季2敗目。プレミアリーグでマンチェスター・ユナイテッドに敗れて以来、10試合ぶりの黒星となった。 アルテタ監督は、敗因を分析する必要があるとコメント。PSVの方が明らかに良かったと語った。 「長期戦の終盤だ。今日は久々の敗戦だった。何が起こったのかを分析するため、リセットする時が来た。PSVにはおめでとうと言いたい」 「彼らはより優れたチームで、勝利に値するチームだった。それについては疑問の余地はない。今日は自分たちのレベルには到底及ばなかった。特に戦い方の部分でだ」 「彼らが上回っていた。先週は全て我々が上だったが、今日は全く違った」 「トップチーム相手にああいったことをしていると、勝つのはとても難しい。他の面は別として、今日の我々はとても貧弱だった」 この試合ではミスも散見され、最終的には失点にも絡んだ。チームとして、安定したパフォーマンスを出し続けることが課題だとし、アグレッシブさがなかったと振り返った。 「どうだろうか。素晴らしい時もあれば、苦しい時もある。確かに、95分間、自分たちが求めるレベルを維持するためには一貫性がなかった。それがこのチームの次の課題であり、目標でもある」 「今日は最初からとても違ったように思う。試合をコントロールできる時間帯があったとしても、これまでのような脅威やアグレッシブさが感じられなかった」 2022.10.28 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「優れたDFの1人」完敗アーセナル、現地紙は冨安健洋を評価する一方で攻撃面を指摘する声も「前線にほとんど出ない」

アーセナルの日本代表DF冨安健洋は、厳しい評価も受けることとなった。 27日、アーセナルはヨーロッパリーグ(EL)グループA第5節でPSVとアウェイで対戦した。 1週間前に対戦した試合では1-0でアーセナルが勝利。勝てば首位でグループステージ突破が決まる試合だった。 先週末はサウサンプトン相手に苦しみ1-1のドロー。久々に勝利を逃した試合で左サイドバックを務めていた冨安は、右サイドバックとしてこの試合は先発出場した。 試合はアーセナルがPSVのコンパクトな守備の前に苦戦。相手には何度も決定機を作られることに。 冨安は21分にヘディングシュートを放つなどする。38分にはヘディングでのパスから決定機を作るが、ガブリエウ・マルティネッリは生かせず。すると、後半に押し込まれて2失点。2-0で敗れ、2試合続けて低調なパフォーマンスを見せてしまった。 イギリス『フットボール・ロンドン』は4点(10点満点)の評価。敗戦を受けて軒並み低い評価が並ぶ中で採点はまずまず。ただ、守備でも徐々にやられた点、そして攻撃参加の部分で物足りなさがあると評価を受けた。 「前半、アーセナルの右サイドでコーディ・ガクポに対して強い守備を見せていた。ただ、徐々にオランダ人は日本人よりも優れたプレーをするようになった」 「最も重要なことは、彼が前線にほとんど出ず、途中出場した(ブカヨ・)サカがほとんどサポートを受けていないように見えたことだ」 また、イギリス『イブニング・スタンダード』は5点(10点満点)の評価を与えた。 「先週のエミレーツ・スタジアムではガクポをうまくコントロールしたが、今季はよりチャレンジングな夜を過ごした」 「今でも優れたディフェンダーの1人だ」 2試合ではあるが、勝利から離れてしまったアーセナル。過密日程が続く中、週末はリバプールを撃破したノッティンガム・フォレストとのリーグ戦が控えている。 2022.10.28 08:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly