三笘薫スタメンデビューのブライトンが快勝で3回戦へ! PL勢ではフルアムが唯一の敗退…《EFLカップ》

2022.08.25 06:12 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
EFLカップ(カラバオカップ)2回戦がミッドウィークに行われた。

今ラウンドは1回戦を突破した35クラブと、チャンピオンシップ(イングランド2部)の2クラブと、ヨーロッパのコンペティションに参加しないプレミアリーグの13クラブの合計50クラブで争われる。

また、1回戦に続き南部と北部の2つの地域に分割される形での開催となる。
MF三笘薫を擁するブライトンは、フットボールリーグ1(イングランド3部)のフォレスト・グリーン・ローヴァーズと対戦し、3-0で勝利した。

今季ここまでリーグ戦では2試合の途中出場にとどまる三笘は、ウンダブやランプティ、アルザテ、コルウィルらと共にこの試合でスタメンデビューを飾り、左ウイングバックで67分までプレーした。

試合は前半終盤の38分にウンダブ、前半アディショナルタイムにアルザテの連続ゴールが決まり、アウェイのブライトンが2点リードで試合を折り返す。後半は多くの若手をピッチに送り出した中、試合終了間際にファーガソンがダメ押しの3点目を奪取。そして、3部相手に完勝のブライトンは順当に3回戦進出を決めている。

また、プレミアリーグ勢ではリーグ戦で好調を維持するフルアムがフットボールリーグ2(イングランド4部)に所属するクローリー・タウンにジャイアントキリングを許し、唯一の敗退に。レスター・シティは同じくフットボールリーグ2のストックポート・カウンティ相手にPK戦まで持ち込まれたものの、辛くも3回戦進出を決めている。

その他ではジリンガム、ニューポート・カウンティ、スティブネイジといったフットボールリーグ2に所属するクラブが上位カテゴリーのクラブ相手にジャイアントキリングを達成している。

◆EFLカップ2回戦
▽南部
ウォルサール(4) 0-1 チャールトン(3)
ケンブリッジ(3) 0-3 サウサンプトン(1)
コルチェスター(4) 0-2 ブレントフォード(1)
クローリー・タウン(4) 2-0 フルアム(1)
ジリンガム(4) 0-0(PK:6-5) エクセター・シティ(3)

ニューポート・カウンティ(4) 3-2 ポーツマス(3)
ノリッジ(2) 2-2(PK:3-5) ボーンマス(1)
オックスフォード(3) 0-2 クリスタル・パレス(1)
スティブネイジ(4) 1-0 ピーターバラ・ユナイテッド(3)
ワトフォード(2) 0-2 MKドンズ(3)

フォレスト・グリーン・ローヴァーズ(3) 0-3 ブライトン(1)
ウィコム(3) 1-3 ブリストル・シティ(2)

▽北部
シェフィールド・ウェンズデー(3) 3-0 ロッチデール(4)
シュールズベリー・タウン(3) 0-1 バーンリー(2)
バロウ(4) 2-2(PK:1-3) リンカーン・シティ(3)
ボルトン(3) 1-4 アストン・ビラ(1)
ブラッドフォード・シティ(4) 1-2 ブラックバーン・ローヴァーズ(2)

ダービー・カウンティ(3) 1-0 WBA(2)
フリートウッド・タウン(3) 0-1 エバートン(1)
グリムズビー・タウン(4) 0-3 ノッティンガム・フォレスト(1)
ロザラム(2) 0-1 モアカム(3)
ストックポート・カウンティ(4) 0-0(PK:1-3) レスター・シティ(1)

ウォルバーハンプトン(1) 2-1 プレストン・ノース・エンド(2)
リーズ(1) 3-1 バーンズリー(3)
トレンメア・ローヴァーズ(4) 1-2 ニューカッスル(1)

※()内は所属カテゴリー

関連ニュース
thumb

47年ぶりファイナルのニューカッスル監督「今の我々にはチームスピリットと一体感がある」

ニューカッスル・ユナイテッドのエディ・ハウ監督が喜びを言葉にした。 ニューカッスルは1月31日にサウサンプトンとのカラバオカップ準決勝2ndレグに臨み、2-1で勝利。MFシェーン・ロングスタッフの2発で2-1の勝利を収め、1stレグに続く白星で決勝進出を決めた。 プレミアリーグでトップ4争いを演じるなか、カラバオカップでも47年ぶりにファイナルの舞台に導いたハウ監督はイギリス『スカイ・スポーツ』で自軍を誇った。 「チームスピリットと一体感は長い道のりを乗り越える力だ。今の我々にはそれがある。それを守り、鼓舞し、高めるのが私の役目。ドレッシングルームには今季を通じてクラブを誇らしくさせるプロフェッショナルたちがいる」 殊勲のロングスタッフについても「彼はニューカッスル出身であり、非常に重要な存在。素晴らしい選手だし、彼がゴールを重ねると、周りも意識が高まる。称賛に値する選手だし、とても嬉しいよ」と語った。 また、レッドカードのMFブルーノ・ギマランイスについては「大きな痛手だし、受け入れるのに時間がかかる。すべてが彼を経由してだし、重要な選手。彼の不在は悲しい。でも、他の選手にはチャンスだ」と述べた。 なお、もう1つのカードであるマンチェスター・ユナイテッドとノッティンガム・フォレストの2ndレグは1日に開催。先の1stレグでは3-0でユナイテッドが先勝している。 2023.02.01 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

充実のニューカッスルがロングスタッフの2発でセインツ撃破、47年ぶり決勝進出《EFLカップ》

EFLカップ準決勝2ndレグ、ニューカッスルvsサウサンプトンが1月31日に行われ、2-1でニューカッスルが勝利。この結果、2戦合計スコアを3-1としたニューカッスルが決勝へ進出している。 1stレグではニューカッスルが敵地で1-0と先勝していた一戦。 決勝進出へあと一歩に迫ったニューカッスルはウィルソン、ジョエリントン、アルミロンの3トップで臨んだ。 一方、逆転突破を目指すサウサンプトンはアダムスとアームストロングの2トップで臨んだ。 立ち上がりからニューカッスルが攻勢に出ると5分に先制する。ボックス右でトリッピアーのパスを受けたロングスタッフがシュートを決めきった。 その後もニューカッスルが攻め手を緩めず試合を進めると、21分に加点。決めたのはまたもロングスタッフ。ボックス左でスルーパスを引き出したアルミロンのクロスをゴール前に走り込んだロングスタッフが押し込んだ。 劣勢のサウサンプトンは28分、ワンチャンスで1点を返す。ジョエリントンのバックパスミスをカットしたアダムスがミドルシュートを叩き込んだ。 それでもハーフタイムにかけても主導権を握ったニューカッスルが2-1とリードして前半を終えた。 迎えた後半も前がかるサウサンプトンに対し、ニューカッスルが難なく受け止めると、61分にはイサクやサン=マクシマンらフレッシュなアタッカーを投入。 サウサンプトンに対する牽制を強めた中、72分のピンチではGKポープがアームストロングとの一対一を阻止。そして79分にギマランイスの左足ミドルがポストに直撃した。 その後、80分にギマランイスがボールを奪いにかかったプレーでエドジーの足首にスパイクが入り、VARの末に一発レッドカードを受けるアクシデントがあったものの、2-1のまま逃げ切り。2戦合計スコア3-1で47年ぶりの決勝進出とした。 2023.02.01 07:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「巨人を手に入れた」辛口OBもお褒め! ヴェグホルストが加入初弾に喜び「心の底から幸せ」

ロイ・キーン氏が、マンチェスター・ユナイテッドで初ゴールを記録したオランダ代表FWワウト・ヴェグホルストを称えた。イギリス『サン』が伝えている。 ユナイテッドは25日に行われたカラバオ・カップ(EFLカップ)準決勝第1戦でノッティンガム・フォレストと対戦。6分にFWマーカス・ラッシュフォードの先制点で口火を切ると、前半終了間際にヴェグホルストが加入後初ゴールとなる追加点をゲットした。 試合終了間際にもMFブルーノ・フェルナンデスがダメ押しの3点目を記録。決勝戦進出を大きく手繰り寄せる3-0の完勝となり、ユナイテッドOBのキーン氏も満足げ。イギリス『スカイ・スポーツ』でヴェグホルスト加入の意義を実感したと語った。 「ヴェグホルストのユナイテッド加入は少なからず批判されていたね。だが、彼が今日見せたものこそ、クラブが彼を連れてきた理由と言える。ユナイテッドは巨人(身長197cm)を手に入れた」 同胞FWの獲得をクラブに求めたエリク・テン・ハグ監督も試合後の記者会見で「ストライカーらしさが凝縮されたゴール」と振り返った同選手の一撃。FWアントニーのシュートが相手GKに阻まれたこぼれ球を押し込んだ。 また、ヴェグホルスト自身も「心の底から幸せだ。こぼれ球を期待して走ったからこその結果だよ。ハーフタイムは気分が良かったな(笑) 素晴らしい勝利も手にしたし、来週に向けてまた頑張るよ」と晴れやかに語っている。 <span class="paragraph-title">【動画】嬉しい加入後初ゴールのヴェグホルスト、終始笑顔でインタビューに答える</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Off the mark <br><br>Wout is hoping tonight&#39;s goal is the first of many in United colours <a href="https://twitter.com/hashtag/MUFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUFC</a> || <a href="https://twitter.com/hashtag/CarabaoCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CarabaoCup</a></p>&mdash; Manchester United (@ManUtd) <a href="https://twitter.com/ManUtd/status/1618395919547875328?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.26 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド3発快勝、決勝進出への大きな一歩に指揮官「もう1試合やるしかない」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、ノッティンガム・フォレスト戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 25日、EFLカップ(カラバオカップ) 準決勝1stレグでユナイテッドはフォレストとアウェイで対戦した。 決勝に向けて先勝しておきたいユナイテッドは、6分にマーカス・ラッシュフォードのゴールで先制。さらに45分には、今冬加入したワウト・ヴェグホルストが初ゴールを記録しリードを広げる。 2ndレグに向けてリードを広げると、試合終了間際の89分にはブルーノ・フェルナンデスがダメ押しゴール。0-3で勝利し、決勝進出へ大きく近づいた。 テン・ハグ監督はこの結果に満足感を示しながらも、改善すべき点がまだあると気を引き締めた。 「パフォーマンスには満足している。90分以上試合をコントロールできたと思う」 「試合の流れを変えたかもしれない瞬間が1つあった。それは我々が認識すべきことであり、改善しなければいけないところだ」 「ただ、全体的には良いパフォーマンスを見せたと思うし、これで1stレグが終わった。ただ、まだもう1つのレグが残っている」 それでも、2ndレグに向けて大きなアドバンテージを得たことは事実。もう1試合気を引き締めて決勝に駒を進めたいと語った。 「もう1試合やるしかない。我々も同じようにやり、全てを捧げ、準備し、良いゲームプランを立て、選手たちは集中しなければいけない」 2023.01.26 09:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェグホルストの移籍後初ゴールなど3ゴールを奪ったユナイテッドがフォレストに完勝!《EFLカップ》

EFL(カラバオ)カップ準決勝1stレグのノッティンガム・フォレストvsマンチェスター・ユナイテッドが25日に行われ、0-3でユナイテッドが勝利した。 準々決勝でも3部のチャールトンに勝利したユナイテッドが、ウォルバーハンプトンを下したフォレストのホームに乗り込んだ1stレグ。 3日前に行われたアーセナル戦で惜敗したユナイテッドは、その試合からスタメンを3人変更。マクトミネイ、ヴァラン、ショーに代えてカゼミロ、リンデロフ、マラシアを先発で起用した。 試合は開始早々にスコアが動く。ユナイテッドは6分、中盤でボールを受けたラッシュフォードが左サイドをドリブルで持ち上がると、相手DF2人をかわしてボックス内まで侵入。対応したDFをものともせずシュートを決めきった。 幸先良く先制したユナイテッドだったが、23分にフォレストがワンチャンスでネットを揺らす。自陣からのロングパスからカウンターを仕掛けるとドリブルで持ち上がったギブス=ホワイトのラストパスをボックス左のサリッジがダイレクトで流し込んだが、VARの末にオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 ピンチを凌いだユナイテッドは32分、アントニーの縦パスをヴェグホルスト、ブルーノ・フェルナンデスと繋ぎ、最後はゴール前まで駆け上がったアントニーが決定機を迎えたが、これは飛び出したGKのブロックに阻まれた。 このまま前半終了かと思われたが、ユナイテッドは45分にカゼミロのパスをペナルティアーク右のアントニーがワントラップからシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をヴェグホルストがゴールに押し込んだ。 0-2で迎えた後半も先に決定機を作ったのはユナイテッド。53分、ボックス右からカットインにしたアントニーのラストパスからボックス手前のエリクセンがミドルシュート。しかし、これはクロスバーを直撃した。 追加点のチャンスを逃したユナイテッドは60分、自陣ボックス手前でのボールロストからギブス=ホワイトに決定機を許したが、シュートはわずかに枠の上に外れ、難を逃れた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指す中、拮抗した展開が続く。そんな中、ユナイテッドは試合終了間際の89分にブルーノ・フェルナンデスのキラーパスから決定機を作ると、最後はボックス内のエランガの落としを走りこんだブルーノ・フェルナンデスがハーフボレーでゴール左隅を射抜いた。 結局、試合はそのまま0-3でユナイテッドが完勝。先勝したユナイテッドのホームで行われる2ndレグは2月1日に開催される。 2023.01.26 06:58 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly