鳥栖が福田の2Aで逆転勝利!札幌は興梠のゴール活かせず痛い連敗に…【明治安田J1第26節】

2022.08.20 16:32 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第26節、北海道コンサドーレ札幌vsサガン鳥栖が20日に札幌ドームで行われ、アウェイの鳥栖が2-1で勝利した。

前節ヴィッセル神戸に敗れた札幌は、宮澤と深井に代えて福森、ガブリエル・シャビエルを起用。システムは変わらず[3-4-2-1]を採用しており、引き続き興梠がワントップを務めている。

一方、前節名古屋グランパスと引き分けてここ5試合で4つ目のドローとなった鳥栖。前節からスタメンに1枚変更があり、札幌からレンタルで加入している岩崎に代わって小泉が入った。システムは [3-1-4-2]から変わらず、本田と宮代が2トップを組む形となっている。
987日ぶりに声出し応援が解禁となった札幌ドームでの一戦、序盤から目まぐるしく攻守が入れ替わる展開となると、10分にボックス手前で札幌がFKを獲得。名手福森が壁の下を狙うもブロックされ、こぼれ球にルーカス・フェルナンデスが反応したが福田の好守備によって阻まれた。

続く15分には小柏のクロスからガブリエル・シャビエルが絶妙なスルーパスを出したものの、興梠のシュートはわずかに枠外に。守勢に回った鳥栖も18分には右サイドで得たFKから札幌ゴールを脅かすが、こちらもゴールまでは至らない。

攻勢の札幌は21分、中央でボールを奪った駒井が右サイドの小柏に展開。小気味良いドリブルで切り込んだ小柏が低く速いクロスをボックス内に送ると、ファーサイドに走り込んでいた興梠が落ち着いて流し込み先制点を記録した。興梠はこれでJリーグ通算161ゴール目となり、佐藤寿人氏の持っていた歴代2位の記録に並んだ。

リードを許した鳥栖はサイド突破からチャンスを狙うが、札幌も集中した守備で隙を作らず。逆に前がかりとなった相手に興梠を起点としてチャンスを作ると、34分に田中駿のスルーパスを受けた小柏がボックス内でのターンからシュートを狙うも、これはGK朴一圭がブロック。それでも43分に再びカウンターから相手ゴールを脅かすシーンを作るなど、札幌は最後まで良いリズムに乗ったままハーフタイムを迎えた。

後半、追いつきたい鳥栖は本田に代えて垣田を投入すると、積極的な入りを見せる。48分に左サイドで粘ったジエゴから宮代にボールが渡ると、ボックス中央で相手DFをかわしてシュートを放ったが惜しくも枠外に。直後には垣田が続けざまにシュートを放つなど、鳥栖が主導権を握る時間が続いた。

押し込まれる札幌は、55分に小柏と興梠に代えて青木と新戦力であるキム・ゴンヒを投入。すると1分後には右サイドを抜け出したキム・ゴンヒが巧みにボールを収めてボックス中央にラストパスを送るなど、早速存在感を発揮。この交代によってペースを取り戻した札幌は、60分に高嶺がシュートを放つもこれは大きく枠外に逸れた。

後半開始直後の勢いはやや失っていた鳥栖だが、再びエンジンを点火させて攻勢を仕掛けると、64分同点に追いつく。右サイドのCKはクリアされるも、すぐさまこぼれ球を回収。バイタルエリア中央でボールを受けた福田からのクロスにファン・ソッコが頭で合わせると、ボールはふわりと弧を描いてゴールに吸い込まれた。

同点に追いつき勢いに乗る鳥栖は70分、札幌のクリアボールを拾った福田が右サイドから仕掛けファーサイドへクロス。ボックス内で待ち構えていたジエゴが打点の高いヘディングシュートを叩き込み、逆転に成功した。

終盤にかけてやや足が止まり始めた札幌も、85分には高嶺の背後を狙った浮き球に走り込んだ駒井がシュートを放つも、GK朴一圭に防がれ同点ゴールとはならず。アディショナルタイムには再び高嶺からのボールに反応した駒井がダイビングヘッドを狙うが、これもGK朴一圭のビッグセーブに遭い決め切れず、そのままタイムアップを迎えた。

逆転勝利を収めた鳥栖はこれで5試合負け無し。一方の札幌はホームの歓声を力に変えることができず、残留争いに向けて痛い連敗となった。

北海道コンサドーレ札幌 1-2 サガン鳥栖
【札幌】
興梠慎三(前21)

【鳥栖】
ファン・ソッコ(後19)
ジエゴ(後25)

関連ニュース
thumb

「これはひどい」あのフッキがまさか…がら空きゴール前で想像超えの枠外シュート

アトレチコ・ミネイロの元ブラジル代表FWフッキが信じられないシュートミスを犯した。 かつては川崎フロンターレや北海道コンサドーレ札幌、東京ヴェルディでプレーし、日本にも馴染み深いフッキ。ポルトやゼニト、上海上港(現在は上海海港)を渡り歩いたのち、2021年1月に母国凱旋を果たすと、アトレチコ・ミネイロ加入1年目には公式戦67試合で36ゴールをマークし、クラブを50年ぶりのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA優勝の立役者となった。 加入2年目も公式戦46試合29ゴールと、年齢を全く感じさせぬ圧倒的な存在感を示しているが、それでも意外なゴール逸が発生するようだ。 前半にPKを沈め、この日も得点を積み重ねたフッキは、追い付かれて迎えた後半の頭にも勝ち越しの決定機が訪れた。ボックス右からのグラウンダークロスはGKを抜け、正面へ走り込んだフッキの元へ。だが、無人のゴールへわずか数mというシュートは、ボールを利き足で合わせようとしたかあるいは右足での空振りか、枠の右へと外れてしまった。 とはいえ、指揮官は頭を抱え、ファンも「これはひどい」、「おぉ神よ!」、「PKがあって良かったよ」と苦笑い。サッカー下手という意味のスラング「バグレ(ナマズの仲間)」とのコメントも並んだ。 シュートミスには本人も苦笑いで、「ごめん!」とばかりに手を挙げ、身振りで想像よりもクロスがマイナスに入ってしまったと釈明しているようだ。 アトレチコ・ミネイロはその後再びのPKをフッキが決めて勝ち越し、2-1で勝利。ミスも笑い事で済んだ。 <span class="paragraph-title">【動画】フッキががら空きゴール前でまさかのシュートミス…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Olha o que ele fez! Hulk, meu querido, que gol perdido foi esse... <a href="https://t.co/044XDbWsQL">pic.twitter.com/044XDbWsQL</a></p>&mdash; ge (@geglobo) <a href="https://twitter.com/geglobo/status/1616901172492656646?ref_src=twsrc%5Etfw">January 21, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.22 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

札幌退団のMF檀崎竜孔、マザーウェルと条件面で合意報道…スコットランド移籍へ

北海道コンサドーレ札幌を退団したMF檀崎竜孔(22)はマザーウェルと条件面で合意したようだ。イギリス『デイリー・レコード』が伝えた。 ベガルタ仙台ジュニア出身の檀崎は、青森山田高校へ進学。2019年に札幌に入団すると、2020年11月にオーストラリアのブリスベン・ロアーに期限付き移籍。2021年8月にはジェフユナイテッド千葉に期限付き移籍すると、2022年7月から再びブリスベン・ロアーへと期限付き移籍していた。 今シーズンはAリーグで10試合に出場している中、札幌からの退団が発表。期限付き移籍期間も1月31日までとなっている。 すでに労働許可を得るためのプロセスを進めていると報じられていた中、檀崎との条件面で合意に至ったとのこと。また、ブリスベン・ロアーへのレンタル契約も破棄することで同意したとされている。 マザーウェルは今シーズンのスコティッシュ・プレミアシップで21試合を終えて12チーム中9位に位置している。 2023.01.19 20:57 Thu
twitterfacebook
thumb

「フリーキック専属で出場を」札幌のNo.1キッカーはまさかのGKコーチ?! 両足高精度のFKが「絶対一番シュート上手い」と大バズり

北海道コンサドーレ札幌の意外な人物のFKに脚光が当たっている。 今オフの札幌は前線で計算できるガブリエル・シャビエルや興梠慎三に加え、高嶺朋樹がチームを去った。大きな痛手ではあるが、新戦力として元日本代表MF小林祐希が加わり、頭を悩ませていたGK陣にもク・ソンユンが大邱FCから復帰した。 ミハイロ・ペトロヴィッチ体制6年目を迎える札幌は、10日から沖縄県国頭郡で一次キャンプを実施中。2月4日までの長期を予定しており、2月8日からは熊本県菊池郡での二次キャンプに入る予定だ。 フィジカル強度の高いトレーニングのみならず、頭を使うメニューも多く、バラエティに富む練習内容を公式ツイッターで紹介。その中で目を惹いたのはGKコーチ、赤池保幸氏のFKだ。 「一部のマニアの皆さんにたまらない動画」との声が上がるほどで、右足では枠の右隅を掠める際どいコース、左足では壁を越えて右隅下へ落ちる精度の高いキックを披露している。 札幌には言わずと知れたFKの名手・福森晃斗のほか、先の小林も昨季は月間ベストゴールを受賞する左足を持っているが、赤池氏のキックには「福ちゃんvs祐希vs赤池GKコーチvsスナマココーチによるFK対決見てみたい」とのコメントも寄せられるほどだ。 日本フットボールリーグ(JFL)時代の1997年に札幌へ選手として加入した赤池氏は、引退後も札幌の育成組織や普及部のGKコーチとして尽力。2007年からトップチームのGKコーチを務めており、クラブ在籍27年を誇る生き字引だ。 今季も札幌守護神を陰からバックアップ。サポーターからは「これはすごい!2本目は取れる気がしない」、「絶対一番シュートが上手い」、「福ちゃんか赤池さんかってぐらい」などの感嘆の声以外にも、「バレーボールの様に、フリーキックだけの選手交代が出来ないかと思ったな」、「フリーキック専属で出場出来ないですか」といった“ピンチキッカー”としての役割を期待する声も上がっている。 <span class="paragraph-title">【動画】両足遜色ないFKを見せる札幌GKコーチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">沖縄キャンプ<br><br>今年も赤池コーチのキックは健在です<a href="https://twitter.com/hashtag/consadole?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#consadole</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#コンサドーレ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%972023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#沖縄キャンプ2023</a> <a href="https://t.co/oI0frh1FSo">pic.twitter.com/oI0frh1FSo</a></p>&mdash; 北海道コンサドーレ札幌公式 (@consaofficial) <a href="https://twitter.com/consaofficial/status/1615232867218620417?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.17 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

また1人スコットランドに? 札幌退団のMF檀崎竜孔にマザーウェルが興味…労働許可とビザ取得に動いていると報道

北海道コンサドーレ札幌を退団したMF檀崎竜孔(22)だが、ヨーロッパへ挑戦する可能性が高まっているようだ。イギリス『デイリー・レコード』が伝えた。 ベガルタ仙台ジュニア出身の檀崎は、青森山田高校へ進学。2019年に札幌に入団すると、2020年11月にオーストラリアのブリスベン・ロアーに期限付き移籍。2021年8月にはジェフユナイテッド千葉に期限付き移籍すると、2022年7月から再びブリスベン・ロアーへと期限付き移籍していた。 今シーズンはAリーグで10試合に出場している中、札幌からの退団が発表。期限付き移籍期間も1月31日までとなっている状況だ。 その檀崎だが、『デイリー・レコード』によればスコットランドへと移籍する可能性があるとのこと。マザーウェルが獲得に動き出しているようだ。 スコットランドでは、アンジェ・ポステコグルー監督が率いるセルティックにはFW古橋亨梧、FW前田大然、MF旗手怜央、MF井手口陽介、DF小林友希、DF岩田智輝と日本人が多数所属。また、今冬にはヴィッセル神戸からFW小田裕太郎がハート・オブ・ミドロシアンへと完全移籍で加入し、日本人選手が多数プレーするリーグとなっている。 檀崎もその中に加わるとされ、労働許可証とビザを取得するプロセスを進めているという。 檀崎は攻撃的な複数のポジションでプレーが可能。期待が寄せられており、本人も望むヨーロッパでのプレーが実現しそうだ。 2023.01.12 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

山形がDF松本怜大の現役引退を発表、今季からクラブコミュニケーター就任「チームと山形を繋ぐ役割に誇りを持って全力で走り続けていきます」

モンテディオ山形は9日、2022シーズン限りで契約が満了となったDF松本怜大(32)が現役を引退することを発表した。 松本は、埼玉県出身でコンサドーレ札幌U-18に所属。その後東洋大学へと進学し、2013年に札幌に入団した。 2015年にはFC町田ゼルビアへと完全移籍。2018年から山形に完全移籍していた。 山形では5シーズンプレーし、J2通算106試合1得点、天皇杯で3試合に出場していた。 キャリア通算ではJ2で194試合4得点、J3で29試合出場、天皇杯で12試合に出場していた。 松本はクラブを通じてコメントしている。 「2022シーズンをもって現役を引退することを決断しました。兄の影響で僕のサッカー人生はスタートし、本当に出会いに恵まれてプロ生活が始まり、10年間続けることができました」 「そして、今シーズンからもモンテディオ山形の一員として受け入れてもらえたこと、大変嬉しく思います。これからもモンテディオ山形のために、チームと山形を繋ぐ役割に誇りを持って全力で走り続けていきます。みなさん何卒よろしくお願いします」 なお、松本はクラブコミュニケーターに就任することも併せて発表されている。 クラブコミュニケーターとは、「山形県内におけるモンテディオ山形のホームタウン活動に参加し、地域とクラブをつなぐクラブの顔として活動する」という業務があるとのことだ。 2023.01.09 22:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly