PSGのMFビツマザラがオイペンに完全移籍…2026年まで4年契約

2022.08.18 09:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オイペンは17日、パリ・サンジェルマン(PSG)のMFネイサン・ビツマザラ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。

契約期間は2026年6月30日までの4年間となる。

ビツマザラはPSGの下部組織出身。2021年7月にファーストチームに昇格していた。
これまでファーストチームでは1試合に出場。ボランチや右サイドバック、サイドハーフでプレーできるユーティリティ性がある。

世代別の代表歴などはなく、これからの成長が期待される若手として知られている。


関連ニュース
thumb

ACLラウンド16で浦和と対戦するジョホールがスペイン人DFアマトを獲得

マレーシアのジョホール・ダルル・タクジムは29日、オイペンを退団したスペイン人DFジョルディ・アマト(30)をフリートランスファーで獲得した。 エスパニョールのカンテラ出身であるアマトは、2010年にトップチームデビュー。その後はラージョ・バジェカーノやスウォンジー、ベティスでのプレーを経て、2019年の夏からオイペンに移籍。 当初はレンタル移籍での加入だったが、加入初年度からセンターバックの主力として活躍すると、翌年に完全移籍。以降も守備の要として3シーズンで公式戦86試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。 アマトの加入するジョホール・ダルル・タクジムは、国内リーグ8連覇中の強豪チーム。今年の4月から5月にかけて行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022では、川崎フロンターレや連覇を目指す蔚山現代(韓国)と同居したグループIを首位で突破。 なお、8月に行われるノックアウトステージでは、ラウンド16で浦和レッズと対戦が決定している。 2022.06.30 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

伊東純也が1G1A、先制のPK獲得の大活躍でヘンクが5発快勝! PO2へ残り1節《ジュピラー・プロ・リーグ》

3日、ジュピラー・プロ・リーグの第33節、ヘンクvsオイペンが行われ、5-0でヘンクが勝利した。 日本代表MF伊東純也は先発出場し81分までプレーした。 レギュラーリーグは残り2試合となった中、ヘンクはプレーオフ2参加に向けて負けられない一戦。8位のシント=トロイデンとの勝ち点差は「3」となっており、勝利しなければいけない状況だ。 一方のオイペンは残留争い中だったが、残り1試合でなんとか残留を決めている状況だ。 負けられないヘンクは10分、伊東がドリブルを仕掛けると、ボックス内のオヌアチュへパス。落としを受けた伊東がボックス内で切り返しシュートに行くところを倒されPK獲得。これをオヌアチュがしっかりと右に決めてヘンクが幸先良く先制する。 早々に先制したヘンクだったが、その後も攻め込むがゴールは遠く。1-0で前半を折り返すと思われたが、前半アディショナルタイムに再びPKを獲得。浮き球のパスに反応したルカ・オイエンが倒されてPK。オヌアチュが2本目のPKは左に蹴り、2-0で試合を折り返す。 2点リードで後半に臨んだヘンク。オイペンはキックオフから後方でビルドアップをスタート。しかし、これが引っ掛かると、クリアボールが前線のオヌアチュへ良いパスに。こぼれ球を拾ったオイエンのクロスをファーサイドに飛び込んだ伊東が詰めてリードを3点に広げる。 後半の出鼻を挫くことに成功したヘンクは68分には右サイドでパスを受けた伊東がドリブルを仕掛けると、ボックス右からの早いクロスに飛び込んだブライアン・ヘイネンがボックス内でボレー。これが決まり4-0とする。 さらに79分にはパトリック・フロショフスキーがドリブルで仕掛けると、ボックス内で折り返し。最後はオヌアチュが落ち着いて決めてハットトリック達成。ヘンクはそのまま勝利し、5-0で8位に浮上。最終節でプレーオフ2出場を懸けて入れ替えプレーオフ行きのセランと対戦する。 ヘンク 5-0 オイペン 【ヘンク】 ポール・オヌアチュ(11分[PK]、45分+1[PK]、79分) 伊東純也(46分) ブライアン・ヘイネン(68分) 2022.04.04 07:55 Mon
twitterfacebook
thumb

原&鈴木の日本人揃い踏み! シント=トロイデンが年内最終戦で勝利し連敗を「5」で止める《ジュピラー・プロ・リーグ》

27日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第21節のシント=トロイデンvsオイペンが行われ、2-0でシント=トロイデンが勝利した。 互いにとって2021年の最終戦となったこの試合。シント=トロイデンは泥沼の5連敗中と全く良いところがないまま1年の終わりを迎えようとしていた。 この試合ではGKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW鈴木優磨、FW原大智が先発出場。FW林大地はベンチ入りするも、出番はなかった。 連敗中のシント=トロイデンはなんとか勝利して1年を締めくくりたいところ。序盤からその気持ちを見せ、2分には右サイドのスペースへ出たボールに鈴木が反応。ボックス右からクロスを送ると、相手との駆け引きでフリーになった原がボックス中央でヘッド。しかし、これは枠に飛ばない。 14分には原、鈴木、原とワンツーで相手の裏を取ると、原がボックス内右からシュートも枠を捉えられない。24分には左からのFKからボックス内へ上がったクロスを原がフリーでヘッド。しかし、これはGK正面。何度となく決定機を迎える原だが、フィニッシュの精度がついてこない。 攻め込みながらもネットが揺れないという嫌な流れとなっていたが、25分に味方の縦パスを相手DFが処理ミス。これを原が拾うと、ボックス内でGKと一対一になり、バランスを崩しながらも流し込んでシント=トロイデンが先制する。 なんとか先手を奪ったシント=トロイデン。37分には、鈴木と原のコンビネーションで崩し、右サイドへ展開。橋岡がクロスを送ると、鈴木がボックス中央でヘッドもGKがセーブする。 1点リードで前半を終えたシント=トロイデン。一転して後半はオイペンに攻め込まれる展開に。しかし、GKシュミット・ダニエルのセーブもあり得点を許さない。 なかなかスコアが動かない中、迎えた81分、左サイドで得たFKからクロスを送ると、ファーサイドで鈴木がヘッド。これが決まり、待望の追加点。そのまま逃げ切り、日本人のアベックゴールでなんとか勝利し、連敗を「5」でストップして2021年を締めくくった。 シント=トロイデン 2-0 オイペン 【シント=トロイデン】 原大智(前25) 鈴木優磨(後36) 2021.12.28 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

“日本の天敵”とも言われたケイヒル氏がベルギークラブの取締役就任「継続的な成長と発展に寄与したい」

かつては“日本の天敵”とも言われた元オーストラリア代表FWのティム・ケイヒル氏(41)がベルギー・ジュピラー・プロ・リーグに所属するオイペンの取締役に就任した。クラブ公式サイトが発表した。 エバートンやニューヨーク・レッドブルズなど、現役時代に数々のクラブでプレーしてきたケイヒルは、2004年にオーストラリア代表デビューを飾ると、108試合に出場し同国史上最多の50ゴールをマーク。“オーストラリアの英雄”として4度のワールドカップ(2006、2010、2014、2018)出場を果たした。 また、アジアのライバルである日本戦でも多くのゴールを記録。2006年のドイツ・ワールドカップで対戦した際もゴールを決め、コーナーフラッグでシャドーボクシングをするゴールパフォーマンスは何度も見せられてきた。 そのケイヒル氏は、引退後古巣のエバートンのアカデミースタッフとなり、2021年1月からはカルロ・アンチェロッティ監督の下でエバートンのアシスタントコーチを務めていたが、6月に監督の退任とともにチームを去っていた。 オイペンは23日、クラブ公式サイトでケイヒル氏の取締役就任を発表。ケイヒルは意気込みを語っている。 「オイペンの取締役会のメンバーであることを誇りに思い、嬉しく思う。シーズン前にクラブでしばらく過ごし、昨シーズンは遠くから見ていたが、このクラブにはとても大きな可能性があると感じている」 「それはクラブのために一丸となって懸命に働くスタッフがいるからだけではない」 「取締役会、経営陣、スポーツ部門が力を合わせ、クラブのアイデンティティの確立に貢献し、継続的な成長と発展に寄与したいと思う」 「我々のクラブの鼓動は常にファンであり、彼らとより多くの時間を過ごし、我々のクラブについてもっと知ってもらうことを楽しみにしている」 オイペンはかつてFW豊川雄太(セレッソ大阪)も所属していたことがある。 2021.08.24 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

元バルサの元ブラジル代表DFアドリアーノがベルギーのオイペンに加入

ベルギーのオイペンは12日、アトレチコ・パラナエンセの元ブラジル代表DFアドリアーノ(35)をフリートランスファーで獲得したことを発表した1年契約を結び、契約期間は2021年6月30日までとなる。 アドリアーノはブラジルのコリチーバでキャリアをスタート。2005年1月にセビージャへ移籍すると、そこでの活躍が認められ2010年7月にバルセロナへと加入していた。 バルセロナでは左サイドバックとしてプレー。公式戦189試合に出場し17ゴール23アシストを記録。4度のラ・リーガ制覇や2度のチャンピオンズリーグ制覇など、16のタイトルを獲得。2016年7月にベシクタシュへと完全移籍していた。 ベシクタシュでも111試合に出場し4ゴール11アシストを記録。2019年7月にアトレチコ・パラナエンセへ移籍したが、その前にはヴィッセル神戸が獲得に動いているとの報道も出ていた。 オイペンのスポーツ・ディレクターを務めるジョルディ・コンドム氏は「オイペンにとって、アドリアーノのような選手と契約したことは大きな成功だ。彼は最も成功した国際的な選手の1人であり、チャンピオンのオーラを持っている」とコメント。「彼の資質と経験により、我々のチームに確かなプラスをもたらす。若い選手は彼から多くを学び、ファンはアドリアーノがオイペンのシャツを着ていることに満足するはずだ。彼とチーム全員で、クラブ史上最高のシーズンを過ごすため、全力を尽くす」と加入が大きな影響になると語った。 2020.08.13 10:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly