ケシエの後釜を探すミラン、21歳オニェディカにオファーか

2022.08.17 13:56 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランが、ミッティランのナイジェリア人MFラファエル・オニェディカ(21)の獲得を目指しているようだ。

オニェディカは身長184cmの守備的セントラルハーフ。18歳で母国クラブからデンマークの名門ミッティランの下部組織に入り、現在ではファーストチームの主軸としてプレーしている。昨季は公式戦48試合に出場するなどフル稼働。チャンピオンズリーグ(CL)予選やヨーロッパリーグ(EL)本戦など、欧州の舞台に立ったことで、イタリア王者の目に留まったようだ。

イタリア『スカイ・スポーツ』によると、ミランは昨季限りで退団したコートジボワール代表MFフランク・ケシエの後釜となり得る人材としてオニェディカに注目しているという。すでに移籍金400万ユーロ(約5億4000万円)+ボーナスのオファーを提示したものの、ミッティランは最低でも1000万ユーロ(約13億6000万円)を要求しているとのこと。まだまだ合意には近づけていないとみられている。

なお、ミランは選手層が手薄な最終ラインにフランクフルトからフランス人DFエヴァン・エンディカ(22)の獲得を検討している模様。ただ、選手自身がフランクフルトとの契約を尊重する意向を示しており、こちらの望みは限りなく薄いようだ。

関連ニュース
thumb

オーバメヤンが古巣ミラン戦に感動「こんなに強いとは…」

チェルシーの元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、ミランの印象を語った。 5日にチャンピオンズリーグでミランと対戦したチェルシー。ここ最近は監督交代など調子の上がらない状態が続いていたが、新加入ヴェスレイ・フォファナの移籍後初ゴールを皮切りに3ゴールを挙げて快勝を収めた。 オーバメヤンもチームの2点目を決めて公式戦2試合連続得点を記録。結果的には快勝だったが、古巣ミランの手強さに驚きを隠せなかったようだ。 「実を言うと、ミランがこれほど強いとは思っていなかった。相手にしたくないチームで、本当に良いフットボールをしていた。僕たちが勝てたのは、相手を打ち負かすための正しいインテンシティを持っていたからだ」 「古巣との対戦は本当に特別だった。対戦できて嬉しかったよ。ミランとはずっと対戦したいと思っていた。そしてようやくその時が来たんだ」 2022.10.06 17:40 Thu
twitterfacebook
thumb

トナーリがチェルシー戦黒星を反省「ミランのパフォーマンスではなかった」

ミランのイタリア代表MFサンドロ・トナーリが、チャンピオンズリーグのチェルシー戦の敗戦を振り返った。 5日に行われたチェルシー戦。グループEにおいて決勝トーナメント進出の本命と目されるチーム同士のビッグマッチだったが、試合はミランが3-0で完敗。内容でも終始劣勢を強いられた。 フル出場したトナーリは球際で激しく競り合うなど気を吐いたが、チームはグループステージ初黒星を喫することに。試合後のインタビューでは、チェルシー戦にふさわしいパフォーマンスではなかったと反省した。 「個人のインシデントを分析するのは難しい。単純に全体的にミラン本来のパフォーマンスではなかったね」 「この経験を生かし、他の多くの試合の手本として学んでいかなければいけない。チェルシーは初めから僕たちよりギアを上げていた。それは最初からわかっていたことだよ」 なお、ミランは今後、週末のセリエAではユベントスとの一戦を控え、11日にはチェルシーとのリターンマッチに臨む。 2022.10.06 16:40 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーに完敗のミラン、指揮官ピオリも失望隠さず「我々はチームになれなかった」

ミランのステファノ・ピオリ監督はチェルシー戦の結果に失望を隠さなかった。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループE第3節でチェルシーと対戦したミラン。24分にセットプレーのこぼれ球から相手DFヴェスレイ・フォファナにゴールを奪われ、先制を許した。 後半に入って56分に相手FWピエール=エメリク・オーバメヤンに2点目を決められると、62分には相手DFリース・ジェームズにダメ押しの3ゴール目を決められ、万事休す。0-3で試合終了を迎え、今季のCLで初黒星を喫した。 ピオリ監督は試合後、完敗に終わった一戦を振り返り、悔しさをにじませた。 「スタートは悪くなかったと思うが、その後我々は選択を誤ったためにとても苦しんだ。距離感を失い、相手に上手く仕切り直されてしまった。我々はもっとできたはずだ」 「経験不足とか誰がいないとかいう問題ではなく、もっと明晰で正確でなければならなかった。立ち上がりの時間帯には相手はあまりプレスをかけてこなかったが、我々は輝きがなくスピードもなかった。その瞬間からチームは苦しんでいた」 「2失点目が我々の姿勢を変えた。ああいったことが起こると試合は簡単にはいかない。我々はいつものようなチームになれなかった。その理由としてはこれからの多くの試合を考え、誰かを休ませて他の選手を起用する必要があったからだ」 2022.10.06 12:38 Thu
twitterfacebook
thumb

「良い夜だった」CL初勝利のチェルシー指揮官、ミラン相手の勝利を称える「本当に重要な勝利」

チェルシーのグレアム・ポッター監督がミラン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 5日、チェルシーはチャンピオンズリーグ(CL)グループE第3節でミランと対戦した。 トーマス・トゥヘル監督を解任し、指揮官に就任したポッター監督。自身3試合目となる指揮だったが、先週末に初勝利を収めており、CLでも初勝利を目指した。 昨季のセリエA王者のミランをホームに迎えた中、24分にヴェスレイ・フォファナが先制ゴール。後半に入ってミランに盛り返されるが、56分にピエール=エメリク・オーバメヤン、62分にリース・ジェームズがネットを揺らして3-0で快勝を収めた。 自身にとってCLでの初勝利となったポッター監督。選手たちのパフォーマンスを称え、勝利を喜んだ。 「我々にとって良い夜だった。良いプレーと良い姿勢が必要であり、選手たちの姿勢と対応力は素晴らしいと思った。我々にとって本当に重要な勝利だった」 「最初の5分間は少しナーバスになっていた。おそらく、うまくやりたいという結果だと思うが、その後に選手たちに意欲が見えてきた」 「我々はそれをコントロールし、脅威を与え、ゴール前に押し込んだ。先制点を奪うことは明らかに常に重要だ」 「後半は少し後手に回らなければならず、少し苦しんだ。それ良いことで、2点目を決めたことで少し息抜きができた」 「全体としてはクリーンシート、3つのゴール、そして選手たちの素晴らしいパーソナリティがあれば文句はない。本当に良かった」 また来週にはアウェイでミランと対戦する。ポッター監督は、アウェイの地でミランサポーターが作る雰囲気を楽しみとし、大きなチャレンジになるだろうと語った。 「サン・シーロに行くことを楽しみにしている。サッカーをするには素晴らしい場所だ。アウェイでの応援を見ただろう。とても大きな声でチームを支えていたから、サン・シーロではどんな感じになるのか想像できる」 「我々は強くならなければならないし、そのための準備もしなければならない。我々にとっては大きなチャレンジになるだろう」 <span class="paragraph-title">【動画】チェルシーがミランを圧倒!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="M-8g-zbPA9c";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.06 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

R・ジェームズ1G1Aのチェルシーが強豪対決に完勝で初勝利! 満身創痍ミランは初黒星…《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループE第3節、チェルシーvsミランが5日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが3-0で勝利した。 ポッター新体制となったレッドブル・ザルツブルク戦を1-1のドローで終え、1敗1分けのグループ最下位に低迷するチェルシー。インターナショナルマッチウィーク明け初戦となったクリスタル・パレス戦を2-1の逆転で飾り、新体制初白星を手にしたチームは、グループ最大のライバルを相手にグループリーグ初白星を目指した。パレス戦からはジョルジーニョとハヴァーツに代えてクリバリ、ロフタス=チークを起用。システムを[4-4-2]から[3-4-2-1]に変更し、前線はスターリング、オーバメヤン、マウントが並んだ。 対するミランはここまで1勝1分けの無敗でグループ首位に立つ。また、直近のリーグ戦ではエンポリ相手に思わぬ苦戦も、後半アディショナルタイムの劇的ゴールで3-1と勝ち切った。今週末にユベントスとのビッグマッチを控える中、ピオリ監督は先発3人を変更。負傷のケアーとカラブリア、サーレマーケルスに代えてカルルとデスト、クルニッチを起用し、ブリッジ凱旋のジルーとトモリも引き続きスタメンを担った。 注目の強豪対決はアウェイのミランが良い入りを見せたが、最初の決定機はホームのチェルシーに訪れる。5分、相手のゴールキックを撥ね返してコバチッチから最前線のオーバメヤンに鋭い縦パスが入ると、ボックス手前左で短い落としに反応したマウントが右足を一閃。このシュートが枠の右下隅を捉えるが、GKタタルサヌの好守にはじき出される。 いきなりのピンチを凌いだミランは、メガクラブ注目のレオンが左サイドからのカットインでボックス内に侵入するシーンを作ると、トナーリやデ・ケテラエルら若手選手が球際の勝負で臆せず戦い、相手のプレスを剥がしてのカウンターから良い仕掛けも見せる。 立ち上がりの攻防以降は互いにマイボール時にストレスを感じる場面が目立ち、試合が膠着し始める。だが、徐々に強度の高い守備でリズムを掴み始めたホームチームが先にゴールをこじ開ける。 24分、左右のCKでチアゴ・シウバが完全に制空権を握った中で続けて決定機を作ると、3度目のフリーのヘディングシュートをGKタタルサヌが前に弾いた場面でゴール前の混戦からロフタス=チークがかき出しかけたボールをフォファナが冷静に右隅へ蹴り込み、値千金の加入後初ゴールとした。 幸先よく先制に成功したチェルシーは、以降も中盤でうまく守備の網を張りながら前向きな選手がボールホルダーに襲い掛かり、カウンターから追加点に迫っていく。とりわけ、右サイドでの守備が嵌ってスターリングやジェームズを起点とした攻めが目立つ。29分にはジェームズの折り返しからマウントのダイレクトシュート、33分にはオーバメヤンのラストパスに抜け出したマウントが技ありのループシュートでゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定となった。 その後、先制点を決めたフォファナが右ヒザを痛めてチャロバーのスクランブル投入を余儀なくされた前半終盤はミランが盛り返す。前半途中から苦しんだボールの循環にやや改善が見受けられた中、終了間際にはレオンがDF4枚をぶち抜く圧巻の個人技でボックス内に侵入し、デ・ケテラエル、クルニッチにボックス内で連続シュートチャンスが訪れるが、ここはGKケパの好守とDFのブロックに阻まれ、同点のチャンスを逃した。 迎えた後半、互いにハーフタイムに修正を施した中で試合の流れがホームチームに大きく傾く。前半同様に強度の高い守備に加え、サイドを起点とした攻撃が機能するチェルシーは畳みかける攻めでミランを一気に突き放した。 まずは56分、左サイド深くでチルウェルが上げたクロスがファーへ流れると、逆サイドでこぼれを回収したジェームズが低くて速いクロスをGKとディフェンスラインの間に供給。これをゴール前のオーバメヤンが冷静にワンタッチで合わせる。 さらに、62分にはミランのビルドアップのミスを突いてショートカウンターに転じると、一度はDFに引っかけられるが、こぼれ球を繋いでペナルティアーク付近のスターリングからボックス右に走り込むジェームズに絶妙なタイミングでラストパスが通る。ここでイングランド代表DFは折り返しを匂わせながらニア上に強烈な右足のシュートを叩き込んだ。 ジェームズの1ゴール1アシストの活躍でリードを3点に広げたチェルシーは、ここからゲームコントロール優先の戦い方にシフト。今後の過密日程を睨んでオーバメヤンやコバチッチら前線の選手を下げてギャラガーやハヴァーツらをピッチへ送り込んでいく。 一方、後半に入って全く攻撃の形を見いだせないミランは、3失点目後にガッビアの投入で相手と同じ3バックに変更。だが、レオンの個での打開意外に攻め手がなく時間だけが過ぎていく。すると、ピオリ監督は70分過ぎにはそのレオンやジルー、ベナセルと主力を下げてオリジら控え選手を投入。敗戦を受け入れつつ、週末のユベントス戦を睨んだ戦い方にシフトした。 この両指揮官の采配もあって試合終盤は主導権を握るホームチームが、危なげなく時計を進めて3-0のまま試合をクローズ。この結果、満身創痍のミランにホームで完勝のチェルシーがグループリーグ3戦目にして待望の初勝利。混戦のグループにおいて2位に浮上している。 2022.10.06 06:14 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly