レッチェがロストフからノルウェー代表MFノルマンをレンタルで獲得…昨季はノリッジでプレミア23試合に出場

2022.08.17 11:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA昇格組のレッチェは16日、FCロストフからノルウェー代表MFマティアス・ノルマン(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。1年間のレンタル移籍となる。

ノルマンはボデ/グリムトやブライトン&ホーヴ・アルビオン、モルデでプレー。2019年1月にブライトンからロストフへと完全移籍した。

2021年8月からはノリッジ・シティへとレンタル移籍。2021-22シーズンのプレミアリーグでは23試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。
ノルウェー代表としても12試合に出場し1ゴールを記録。ロストフでは橋本拳人の後方でアンカーを務めていた。

昇格組のレッチェにとっては、中盤を支える大きな補強になると見られている。

関連ニュース
thumb

格下に痛恨ドローのミラン、悔やむ指揮官「前半の我々は何もかも間違っていた」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、レッチェ戦のパフォーマンスを悔やんだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 14日に行われたセリエA第18節でレッチェとのアウェイ戦に臨んだミラン。3分にオウンゴールで失点すると、23分には相手DFフェデリコ・バスキロットにゴールを許して早々に2点ビハインドとなってしまう。 しかし、後半に入ってからは勢いを取り戻し、58分にポルトガル代表FWラファエル・レオンが反撃の狼煙を上げるゴール。70分にはイタリア代表DFダビデ・カラブリアがヘディングで同点弾を決め、 終盤にかけても攻め立てたが、逆転するには至らずに2-2のドロー決着となった。 格下相手に痛いドローに終わり、首位ナポリとの勝ち点差は「9」に広がったミラン。ピオリ監督は試合後、前半のパフォーマンスを嘆いた。 「前半の我々は何もかも間違っていた。だからこうして、試合はより難しいものとなっていった。(ジュニオール・)メシアスの終盤のシュートがポストを叩かなければ勝てたかもしれないが、もっとうまく戦えたし、やらなければならないことは明らかだ」 「スーペルコッパが控えているが、我々への影響は全くなかった。我々は直近の2試合で勝てておらず、今日は違う試合を期待していた。最高の形でスタートしたかったが、先制点のミスは明らかで、試合は悪い方向に向かってしまった。そういった明晰さは確実に向上させないといけない」 また、19日に行われるインテルとのスーペルコッパに向けては負傷者たちの回復を願いつつも、現時点で準備は出来ていると話した。 「スーペルコッパでは(アンテ・)レビッチの回復を望んでおり、より多くの解決策を講じたいし、(ズラタン・)イブラヒモビッチももうすぐ戻ってくると信じている」 「準備はできているし、逆に言えばチームに不足はない。(マイク・)メニャンの復帰を願うことはもちろんだ。フルメンバーで戦えば、より強く、よりポジティブなメンタリティを持つことができる。しかし、今日の前半を分析し、より良いスタートで決勝戦に臨むということに変わりはない」 2023.01.15 13:35 Sun
twitterfacebook
thumb

2点のビハインドを追いつくもミラン、格下レッチェに痛いドロー《セリエA》

ミランは14日、セリエA第18節でレッチェとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 前節ローマ戦では2点のリードを守り切れず痛い引き分けとなった2位ミラン(勝ち点37)は、3日前に行われたコッパ・イタリアでは10人のトリノ相手に延長戦の末、敗退。悪い流れに陥りかけている中、出場停止のトナーリを除いて現状のベストメンバーで臨んだ。 13位レッチェ(勝ち点19)に対し、ミランは開始3分に失点する。カルルの自陣での不用意なミスパスからクロスを入れられると、クリアにかかったテオ・エルナンデスに当たってそのままゴールに吸い込まれてしまった。 ここ2試合の悪い流れを断ち切れない立ち上がりとなった中、失点直後にもディ・フランチェスコに決定機を許したミランは10分、ポベガがスルーパスに抜け出してボックス内へ侵入。シュートに持ち込んだが、GKファルコーネにセーブされた。 すると23分にリードを広げられる。CKの流れからバスキロットにヘディングシュートを決められた。 まさかの展開となった中、ミランは39分にポベガ、43分にジルーがそれぞれボックス内から決定的なシュートを放つもGKファルコーネのファインセーブもあって0-2のまま前半を終えた。 迎えた後半、テオ・エルナンデスとサーレマーケルスに代えてメシアスとデストを投入したミランは58分に1点を返す。ジルーのボックス内からのシュートはGKファルコーネにセーブされるも、二次攻撃からボックス左のレオンがシュートを決めきった。 そして70分、ミランが一気に追いつく。ポベガのクロスをジルーが頭で合わせ、最後はカラブリアがヘッドで押し込んだ。 終盤にかけても攻め立てたミランだったが、逆転するには至らず。痛いドローに終わり、首位ナポリとの勝ち点差は9に広がった。 2023.01.15 03:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランがセリエAの若手2選手を注視、22歳DFキヴィオル&20歳MFJ・ゴンザレス

ミランがスペツィアのポーランド代表DFヤクブ・キヴィオル(22)、レッチェのスペイン人MFジョアン・ゴンザレス(20)への関心を強めているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 キヴィオルはカタール・ワールドカップ(W杯)でポーランド代表の全4試合に出場したセンターバック。今季はセリエAでもここまで全17試合に出場しており、ミランは昨秋から関心が伝えられていた。 W杯を境に評価が上がり、現在ではユベントスやドルトムント、フランクフルトなど、イタリア国内外からも関心が。スペツィアの要求は1500〜2000万ユーロ(約21億2000〜28億3000万円)とされ、現時点で正式オファーは出していないという。 J・ゴンザレスはバルセロナ下部組織出身のセントラルハーフで、2021年夏のレッチェ入り後、昨年8月にコッパ・イタリアでプロデビュー。こちらも今季のセリエA全17試合に出場中で、第6節のモンツァ戦では初ゴールを記録している。 レッチェの要求は最低1500万ユーロで、ナポリやトッテナム、ドルトムントからも強い関心が寄せられているとのことだ。 また、ミランはレッチェに買い取りオプション付きの1年レンタルで貸し出し中のU-21イタリア代表FWロレンツォ・コロンボ(20)について、来夏の呼び戻しを議論。同選手はミランの下部組織出身で、今季はセリエA15試合で4得点2アシストを記録するストライカーだ。 2023.01.10 13:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ユムティティにラツィオサポーターから人種差別チャント…涙を流してピッチを後に

レッチェのフランス代表DFサミュエル・ユムティティとザンビア代表のラメック・バンダが、ラツィオのサポーターから人種差別被害を受けたようだ。フランス『ユーロスポーツ』が伝えている。 問題があったのは4日に行われたセリエA第16節のレッチェvsラツィオ。試合中にアウェイのサポーターから両選手に対する人種差別チャントが発せられ、試合が一時中断する事態に。主審のリヴィオ・マリネッリ氏は、チャントが止まない限り試合を再開させないとアナウンスするに至った。 これに応えてレッチェのサポーターが彼らを励ますように名前を叫び、試合は無事に再開。そして、レッチェは後半の2ゴールで4位のラツィオから逆転勝利を収めた。 大きな白星となったが、試合後のユムティティの目には涙。レッチェは公式ツイッターで「勇気の歌が人種差別的チャントに打ち勝った! 黄色と赤に染まったすべてのレッチェファンは、一つの名前を叫んだ。『ユムティティ』と」と投稿し、改めて同選手を激励した。 また、他にもジェローム・ボアテングやアレクサンドル・ラカゼット、ブレイズ・マテュイディらから2人を支持するコメントや人種差別に反対するコメントが届いており、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長も「サミュエル・ユムティティとラメック・バンダと結束しよう!はっきりと叫ぼう!NO TO RACISM!」とSNSを通じて伝えている。 2023.01.05 20:10 Thu
twitterfacebook
thumb

再開初戦で逆転負けのラツィオが今季初のリーグ戦連敗…《セリエA》

ラツィオは4日、セリエA第16節でレッチェと対戦し、1-2で敗戦した。 イタリアは4日からリーグ戦を再開。 首位ナポリと11ポイント差の4位で中断期間に入ったラツィオは、巻き返しを図る再開初戦で16位レッチェのホームに乗り込んだ。 3トップに右からペドロ、インモービレ、ザッカーニと現状のベストメンバーを据えたラツィオは、6分にバイタルエリア右で獲得したFKから決定機。カタルディがゴール前へクロスを供給すると、ボックス中央のカサレがドンピシャのヘッドで合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 主導権を握ったラツィオは14分、カサレのロングパスでDFの裏へ抜け出したインモービレがボックス右から侵入すると、ダイレクトシュートをゴール左隅へシュートを流し込んだ。 先制したラツィオは、24分にもロングカウンターからラッツァーリが右サイドをドリブルで持ち上がると折り返しをザッカーニがシュート。さらに相手DFがブロックしたこぼれ球をバシッチがペナルティアーク内から狙ったが、これは枠も上に外れた。 以降は両チームとも決定機まで持ち込むことができず、前半はラツィオの1点リードで終了した。 迎えた後半、ディ・フランチェスコを投入したレッチェに立ち上がりからやや押し込まれるラツィオは、57分に失点する。自陣でのボールロストからショートカウンターを受けるとヒュルマンドのスルーパスでボックス左深くまで切り込んだディ・フランチェスコがシュート。これはクロスバーが弾くもこぼれ球をボックス右から走りこんだガブリエウに流し込まれた。 追いつかれたラツィオは、62分にペドロとミリンコビッチ=サビッチを下げてフェリペ・アンデルソン、ヴェシーノを投入。しかし、再び決定機を迎えたのはホームチームだった。 71分、敵陣中盤右サイドでボールを受けたヒュルマンドがクロスを供給すると、ボックス左深くのディ・フランチェスコが左足ボレーで折り返したボールをゴール前のコロンボがゴールに押し込んだ。 その後、ラツィオはカンチェッリエーリ、マルコス・アントニオ、ロメロを立て続けに投入。終盤にかけて猛攻を仕掛けたが、最後までレッチェの牙城を崩すことは出来ず。逆転負けを喫したラツィオは、今季初のリーグ戦連敗となった。 2023.01.05 02:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly