「メディアは嘘をついている」…移籍話でトピックになり続けるC・ロナウドが物申す

2022.08.17 12:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)が自身の去就を巡る報道を非難した。

12年ぶりのユナイテッド復帰を果たした昨季、チーム最多24得点とさすがの活躍をしたC・ロナウド。だが、今季のチームがエリク・テン・ハグ新体制で再出発を期すなか、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権もないことから、移籍を懇願しているといわれる。

現状、プレミアリーグ開幕してもユナイテッドでプレーを続けているが、家族の事情によるプレシーズンの不参加をはじめ、チームがテストマッチ最中の帰宅でも悪目立ち。その後もネガティブなニュースが相次ぎ、いまだ移籍の話で話題を振りまいている。

最近では売る気なしの姿勢だったユナイテッドの上層部もチーム内でネガティブな存在となりつつあるC・ロナウドの現状から、一転して移籍容認の方針転換が噂に。そうしたなか、渦中のC・ロナウドにメディアを敵対視する動きがあったようだ。

イギリス『デイリー・メール』などの複数メディアによると、インスタグラム上にて、ファンアカウントの投稿に対する返信コメントでメディアの自身に関する報道を事実無根とした上、今後のインタビューで真実が明らかになると主張したという。

「彼らは数週間後のインタビューで真実を知ることになる。メディアは嘘をついている。僕のノートにはこの数カ月のうちに僕で100個のニュースが作られ、5個だけが正しかった。それがどういうことかイメージしてほしい。そのヒントにこだわるんだ」

チームも低調なスタートとあって、補強の動きをさらに強める報道がなされるなか、残るのか、出ていくのかが注目されるC・ロナウド。どういう結末で迎えるのだろうか。

関連ニュース
thumb

エリクセンの初マンチェスター・ダービーは3-6の完敗 「許容範囲から程遠い」

マンチェスター・ユナイテッドのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが肩を落とした。 2日のプレミアリーグ第9節でマンチェスター・シティと戦ったユナイテッド。4連勝の勢いをもって敵地での宿敵戦を迎えたが、序盤から攻撃の主導権を握られ続け、前半だけで0-4の大差をつけられてしまう。 前半で勝敗が決した感が強く、ハーフタイム前に一部サポーターから帰路につこうとする姿が相次ぐなか、ブラジル代表FWアントニーが一矢報いるファインゴール。だが、その後も失点を重ね、1-5で最終盤に入る。 そんなユナイテッドはケガから復帰して途中出場のフランス代表FWアントニー・マルシャルが84分、90+1分にネットを揺らしたが、それも後の祭り。完成度の部分で歴然の差を痛感させられ、完敗を喫してしまった。 両軍の練度に差があるといえど、それにしてもやられ過ぎた印象が強いが、今夏に加入後初のマンチェスター・ダービーとなったエリクセンも試合後にイギリス『スカイ・スポーツ』でがっかりの思いを言葉にしている。 「すごく重くのしかかっている。誰もが最悪の一日だったと感じているはず。僕らのスタートが悪かった。キックオフ直後から相手にかなりのチャンスがあった。自分達を責めないといけない」 「彼らに力を出させてしまった。ああいう試合で焦点を当てるべきは自分たちで、変えないとならないこと、もっとうまくやらなければならないことがたくさんある。今日は許容範囲から程遠い」 2022.10.03 17:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「無礼以外の何物でもない」 C・ロナウド使わずをOBロイ・キーンが疑問視

マンチェスター・ユナイテッドOBのロイ・キーン氏がマンチェスター・シティ戦でFWクリスティアーノ・ロナウドをベンチに座らせ続けた古巣の現指揮官に噛みついた。イギリス『メトロ』が報じている。 2日のプレミアリーグ第9節で行われたシティとユナイテッドのマンチェスター・ダービー。ユナイテッドも4連勝中とあって競り合いも期待されたが、7戦無敗のシティに攻撃の主導権を握られ続け、3-6で撃沈した。 今季のここまでプレミアリーグで1試合しか先発がないものの、すべてでプレー中だったC・ロナウドはこの試合でもベンチからスタート。だが、最後まで声がかからず、ただただベンチから戦況を見守るにとどまった。 エリク・テン・ハグ監督は試合後、「彼の大きなキャリアに敬意を表して使わなかった。そして、もう1つはアントニー・マルシャルを起用できるというのもあったし、彼もプレータイムが必要だった」と説明している。 だが、この起用法を巡り、ロイ・キーン氏はイギリス『スカイ・スポーツ』で「マンチェスター・ユナイテッドはロナウドに無礼な態度を取っている。移籍市場が閉まる前に彼を手放すべきだった」と疑問視した。 「監督は彼にしがみついている。オプションが必要だと言い張るのは良い。だが、ロナウドをベンチに座らせておくために保有する必要なんてない。彼は史上最高の選手の1人。選択肢はあったし、それがなかったというアイデアはゴミだ。4、5つの非常に良いオプションがあったはずだ」 「今日、監督がアントニー・マルシャルを起用し、彼は2ゴールを決めた。だから、それについては正当化できる。だが、大きな視点で見たら、彼はロナウドを使う気がない。ヨーロッパリーグの1、2試合でちゃんとプレーさせただけだし、シーズンが進むにつれて醜態を晒す羽目になる」 「ロナウド本人は(今年11月にカタール・)ワールドカップを目前にしてやる気満々。だが、そんな彼が毎週、毎週、マンチェスター・ユナイテッドのベンチに座っているとしたら、それはよろしくない。醜態を晒すだけだ」 「ユナイテッドがロナウドにしているのは無礼以外の何物でもない。チャンスが来たときに手放すべきだった。彼に選択肢があったのは事実だが、彼のような偉大な選手をただベンチに座らせておくなんて、馬鹿げた話だ」 「今日の試合では使えたはずだ。0-4で負けていた。彼の得点記録を見れば、誰よりもゴールチャンスがあったはず。プレッシングにこだわる人がいるが、正しいエリアにボールを出せれば、彼ならゴールを決められる」 2022.10.03 14:55 Mon
twitterfacebook
thumb

フォーデンがハーランドに負けじとハット! 「いちシティファンとしても夢のよう」

マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンが喜びに浸った。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 2日のプレミアリーグ第9節でマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎え撃ったシティ。4連勝の勢いをもって立ち向かってきた相手に対して、序盤のところから圧倒的に攻撃の主導権を握り、今季最初のマンチェスター・ダービーを6-3で飾った。 この試合でも今季早くも3度目となるハットトリックをマークしたノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの無双ぶりが改めて際立ったが、シティっ子で生え抜きタレントのフォーデンも負けず劣らずの活躍を披露。宿敵相手に1試合3発と躍動した。 試合後にイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じた22歳のイングランド人アタッカーはともにマイクの前に立ったハーランドとの深まる連携を明かし、結果に歓喜した。 「いちシティのファンとしても、ダービーでプレーするのは夢のよう。僕とアーリングは今、互いを理解し合って、繋がりがある。このチームの一員でいられて嬉しいよ。キックオフから、僕らの決意は固く、チャンスをモノにできたね」 2022.10.03 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

宿敵戦で完敗のユナイテッド、ヴァランが前半途中に負傷交代

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がマンチェスター・ダービーで負傷交代したフランス代表DFラファエル・ヴァランの状態に言及した。 2日のプレミアリーグ9節でマンチェスター・シティと対戦したユナイテッド。4連勝中のチーム状況下でDFリサンドロ・マルティネスとともにセンターバックの1stチョイスとなるヴァランは代表活動を挟み、この宿敵戦でも先発した。 だが、30分過ぎにバイタルエリア中央でMFフィル・フォーデンの左足シュートをブロックした際に伸ばした左足首を痛め、一時ピッチの外に。一度はプレーに戻ったが、やはり続行が難しく、41分にDFビクトル・リンデロフと交代した。 クラブ公式サイトによると、テン・ハグ監督は3-6で負けた試合後、元々ケガが少なくなく、状態が気がかりな29歳のセンターバックに関する質問も飛び、説明している。 「得点差が僅差であっても、彼はプレーを続けられたとは思わない。ただ、0-4で負けていたし、交代させた。これ以上、ケガを悪化させるリスクを回避したかったからだ。とはいえ、あのケガはプレーを続けられないほどの大きなものだったと思う」 オランダ人指揮官から多く語られなかったが、ヴァランも負傷離脱となれば、泣きっ面に蜂となるユナイテッド。DFハリー・マグワイアも代表先でのケガで今回のダービーを欠場したが、ヴァランの状況やいかに。 2022.10.03 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「マンチェスターは青だ!」ハーランドの“強気宣言”にファンも熱狂!「その通りだ」「もっと染めてくれ」

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが息巻いた。 2日のプレミアリーグ第9節で宿敵のマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎え撃った2連覇中の王者シティ。エリク・テン・ハグ新監督の下で4連勝中の相手だったが、開幕から7試合負けなしの勢いを持って立ち上がりから攻め立て、前半だけでハーランドとMFフィル・フォーデンが2得点ずつと4-0の大差をつける。 後半は選手の入れ替えによるトーンダウンもあり、3失点を喫したが、それでもハーランドとフォーデンがさらに1得点ずつを決め、2選手揃ってハットトリックを達成。今季最初のマンチェスター・ダービーを派手に飾った。 試合後、ハーランドは自身のインスタグラムを更新。フォーデンとの2ショットを添え、「マンチェスターは青だ!」と高らかに告げた。 この宣戦布告には、ファンも反応、「その通りだ」、「最高のゲームだった」、「もっと青に染めてくれ」、「2人とも最高だ」と喜んでいる。 ハーランドの加入でより破壊力が増したシティ。このまま誰も止められないチームになるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】「マンチェスターは青だ!」ハーランドとフォーデンの試合直後の2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjN345QDMQN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjN345QDMQN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjN345QDMQN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Erling Braut Haaland(@erling.haaland)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】衝撃ゴール連発!マンチェスターダービーのハイライト</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">衝撃的な結果となった <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#マンチェスターダービー</a> のハイライトをご覧ください<a href="https://twitter.com/hashtag/ManCity?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ManCity</a> <a href="https://t.co/ydtHbi5JXb">pic.twitter.com/ydtHbi5JXb</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCityJP) <a href="https://twitter.com/ManCityJP/status/1576739130070822912?ref_src=twsrc%5Etfw">October 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.03 11:52 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly