シティの21歳DFイサ・カボレ、マルセイユへのレンタルが目前に

2022.08.14 15:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのブルキナファソ代表DFイサ・カボレ(21)がマルセイユへのレンタル移籍に近づいているようだ。

イサ・カボレは2020年7月からシティに在籍する右サイドバック。過去2年は古巣メヘレンやトロワに貸し出され、シティの選手として公式戦のピッチに立った経験はない。

一方、18歳でデビューしたブルキナファソ代表では不動の存在であり、通算26試合2得点を記録。今年に開催されたアフリカ・ネーションズカップでは全試合にフル出場し、同国のベスト4入りに大きく貢献している。

イギリス『デイリー・メール』によると、サウサンプトンも獲得に動いていたなか、マルセイユへの1年レンタルが目前に。1700万ポンド(約27億5000万円)の買い取りオプションが付帯した契約とみられている。

関連ニュース
thumb

マルセイユ主将MFロニエ、2026年まで契約延長

マルセイユは20日、フランス人MFヴァランタン・ロニエ(27)と2026年6月まで契約を延長したことを発表した。 2019年夏にナントからマルセイユに加入したセントラルMFのロニエ。マルセイユではこれまで公式戦117試合に出場、昨季は公式戦46試合に出場し、マルセイユのチャンピオンズリーグ出場に大きく貢献していた。 そして今季より主将を務め、リーグ・アン7試合、CL2試合に出場している。 2022.09.21 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

オリンピアコス、マルセイユFWバカンブを獲得

オリンピアコスは16日、マルセイユのDRコンゴ代表FWセドリック・バカンブ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの3年間となっている。 ソショーでプロデビューを飾ったストライカーのバカンブは、トルコのブルサスポルを経て2015年夏にビジャレアルに加入。ビジャレアルでは公式戦105試合の出場で47ゴールを挙げる活躍を見せた。 その後、中国の北京国安を経て今年1月にマルセイユに加入。昨季は半年で公式戦21試合に出場するも、その多くが途中出場。今季もイゴール・トゥドール新監督から信頼を得られず、ここまでわずか56分の出場時間にとどまっていた。 2022.09.17 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

オリンピアコス入り間近のバカンブがマルセイユに別れ「神の御加護がありますように」

オリンピアコス移籍が報じられているDRコンゴ代表FWセドリック・バカンブ(31)がマルセイユとのへ別れの言葉を告げた。 ソショーでプロデビューしたバカンブは、トルコのブルサスポルやビジャレアル、中国の北京国安を転々とし、今年1月にマルセイユに加入。昨季は半年で公式戦21試合に出場するも、その多くが途中出場。今季もイゴール・トゥドール新監督から信頼を得られず、ここまでわずか56分の出場時間にとどまっていた。 契約は2024年夏までとなっているが、チャンピンズリーグの登録メンバーからも漏れたバカンプは、自身のツイッターでマルセイユと袂を分かつことを発表。感謝と別れの言葉を残した。 「これでマルセイユとは幕引きだ。この数カ月間のサポートやメッセージにはとても感謝しているよ」 「この美しいクラブのサポーターのみんなの幸せを願っている。何より君たちの人生の幸せをね。神の御加護がありますように」 そして、新天地は報道通りオリンピアコスが濃厚に。フランス『フットメルカート』によれば3年契約を結ぶようだ。なお、ギリシャは15日まで移籍市場が開いている。 2022.09.16 14:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「生きる伝説」「日本人の誇り」CLでサンチェスも抑えた38歳長谷部にファン感動「カタールW杯でも観たい」

フランクフルトのMF長谷部誠が衰え知らずのプレーでファンを驚かせた。 長谷部は、13日にヴェロドロームで行われたチャンピオンズリーグ(CL) グループD第2節のマルセイユ戦に3バックの中央で先発。今シーズンはここまで公式戦4試合に途中出場していたものの、初めて先発で起用された。 実に13年ぶりにCLの舞台で先発した長谷部だが、細かいポジショニングと的確なコーチングでラインを統率しつつ、身体を張ったシュートブロックなど奮闘。チームに安定感をもたらし、1-0とチームのCL初勝利に大きく貢献した。 限られた出場機会に結果で応えた38歳長谷部にはファンも感動。「素晴らしいの一言」、「生きる伝説」、「日本人として誇りに思う」、「代表に戻ってきてほしい」、「板倉の代わりになれるのはこの人だけ」、「相手にしてるのサンチェスじゃん」、「カタールでも観たいと思い思いの言葉を寄せている。 長谷部のパフォーマンスについては現地紙での高評価。長谷部自身も試合後に「自分の役割を果たしました」とコメントしており、久々の先発出場に手ごたえを感じていたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】アレクシス・サンチェスともマッチアップ!38歳長谷部のマルセイユ戦プレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="e1zfbBWy7Mg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.15 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍最終日にオリンピアコスが積極補強、マルセイユで構想外のFWバカンブも獲得か

オリンピアコスがマルセイユのDRコンゴ代表FWセドリック・バカンブ(31)の獲得に動いているようだ。フランス『ル・プロヴァンス』が伝えた。 ヨーロッパの主要リーグの移籍市場はすでに閉じられており、プレミアリーグでは選手の登録期限も終了。遅れてトルコやベルギーの移籍市場も閉じている。 そんな中、15日まで移籍市場が開いているのがギリシャだ。 今夏、レアル・マドリーを退団した元ブラジル代表DFマルセロやかつてガンバ大阪でもプレーした韓国代表FWファン・ウィジョを獲得したオリンピアコスが最終日に積極的に動いており、カタールのアル・ラーヤンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(31)の獲得が迫っていると報じられている。 そんな中、もう1名加わることになるとのこと。それがバカンブだ。 バカンブはソショーでキャリアをスタート。トルコのブルサスポルやビジャレアル、中国スーパーリーグの北京国安でプレー。2022年1月にマルセイユへと完全移籍で加入した。 マルセイユでは昨シーズンのリーグ・アンで12試合に出場し4ゴール。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でも7試合で1アシストを記録していた。 今シーズンも開幕からリーグ・アンで3試合に出場したがいずれもベンチスタート。ホルヘ・サンパオリ監督、そしてイゴール・トゥドール監督からも信頼を得られておらず、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)の登録リストから漏れることに。クラブとしてもサラリーを節約するために手放すことを決めているようだ。 2022.09.15 20:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly