アトレティコのDFダニエル・ヴァスが古巣ブレンビーに11年ぶり復帰…背番号10で3年契約

2022.08.12 22:22 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
デンマークのブレンビーは12日、アトレティコ・マドリーのデンマーク代表MFダニエル・ヴァス(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。

ヴァスは2025年6月30日までの3年契約を締結。背番号は「10」をつけることが決まった。

ヴァスはブレンビーの下部組織出身。2008年7月にファーストチームへ昇格すると、ノルウェーのフレドリクスタへレンタル移籍を経験。2011年7月にベンフィカへと完全移籍する。

すぐにフランスのエビアンへとレンタル移籍すると、2012年7月には完全移籍。2015年7月にセルタへと完全移籍すると、2018年7月にバレンシア、2022年1月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍する。

アトレティコでは半年でわずか1試合の出場に終わったが、バレンシアでは公式戦152試合に出場し9ゴール15アシストを記録していた。

ラ・リーガでは通算225試合に出場し16ゴール31アシスト、リーグ・アンでも132試合で23ゴール12アシストを記録している。

デンマーク代表としても43試合に出場し1ゴールを記録。センターバックとゴールキーパー以外の全てのポジションでプレーできるユーティリティ性を持つ。

デンマークへの復帰は11年ぶり。古巣へ復帰し、カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた準備を進める。

関連ニュース
thumb

マルコス・ジョレンテが約1カ月の戦線離脱…W杯登録メンバー外の可能性も

アトレティコ・マドリーのスペイン代表MFマルコス・ジョレンテが、1カ月程度の戦線離脱を強いられる見込みだ。 ジョレンテは4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のクラブ・ブルージュ戦(0-2で敗戦)に先発出場。前半半ば過ぎに太ももの筋肉を痛めて負傷交代していた。その翌日にクラブは同箇所の筋損傷を明かした。 スペイン『マルカ』によると、今回の負傷によって4~5週間の戦線離脱を予想しており、カタール・ワールドカップ開催に伴う中断前の全試合を欠場する可能性が濃厚だ。 また、スペイン代表で準主力の立場にある同選手は、このケガでW杯登録メンバーを外れる可能性も出てきている。 2022.10.06 22:51 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサとアトレティコがグリーズマンの完全移籍で合意

フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(31)の完全移籍に関して、アトレティコ・マドリーとバルセロナが合意に至った模様だ。スペイン『ESPN』など複数国内メディアが報じている。 グリーズマンは2019年夏に1億2000万ユーロ(約171億円)でアトレティコからバルセロナに加入。しかし、その新天地では思うような活躍を見せられず、昨夏古巣へ買い取り義務付きの2年間のレンタル移籍で復帰することになった。 両者の契約にはプレー可能な時間の50%以上をプレーするという買い取り条項が設定されており、2021-22シーズンには公式戦39試合に出場(8ゴール7アシスト)し、81%プレーしていた。 しかし、財政問題を抱えるアトレティコは、費用対効果の悪いグリーズマンの4000万ユーロ(約57億1000万円)での買い取りを避けるため、今シーズンはディエゴ・シメオネ監督の承諾を得て、30分以下の出場時間の制限を設けていた。 一時はアトレティコの対応に対して、法的措置を辞さない構えを見せていたバルセロナだが、不良債権であるグリーズマンの売却を実現させるため態度を軟化。 ここに来てアトレティコ側の移籍金の大幅な減額という要求を呑む形で、2000万ユーロ(約28億6000万円)強の金額での売却を受け入れたようだ。 なお、両者の合意を裏付けるかのようにグリーズマンは、インターナショナルマッチウィーク前のレアル・マドリーとのダービー、直近のクラブ・ブルージュ戦でいずれもフル出場を飾っており、近日中にも完全移籍移行が公式にアナウンスされる見込みだ。 2022.10.05 22:34 Wed
twitterfacebook
thumb

リヨンで不遇のアワール… インテル&アトレティコが来夏のフリー獲得を画策

リヨンの元フランス代表MFフセム・アワール(24)に、アトレティコ・マドリーなどが関心を寄せているようだ。フランス『フットメルカート』が報じている。 アワールは今夏、国外へのステップアップを熱望し、アーセナルやユベントスなどを筆頭とした複数クラブからの関心が伝えられた。だが、クラブ間交渉が合意に至ることはなく、最終的にリヨン残留となっていた。 そんな中迎えた今季は、退団の希望した影響もあってか、ほとんど出場機会を与えてもらえず。途中出場から33分間プレーしたリーグ・アン開幕節以降は一度もピッチに立てておらず、契約満了となる今季終了後の退団が確実だという。 フランス屈指の実力者をフリーで獲得できるチャンスとあって、来夏は争奪戦が濃厚。先日のマンチェスター・シティとのリンクに続き、アトレティコとインテルの2クラブも選手側と連絡を取り始めたとのこと。また、以前から移籍先候補として名前が挙がっているセビージャとレアル・ベティスからの関心も続いているようだ。 2022.10.05 21:47 Wed
twitterfacebook
thumb

「計画は完璧に機能した」3試合連続無失点で3連勝のクラブ・ブルージュ、アトレティコ撃破に指揮官「今後が楽しみだ」

クラブ・ブルージュのカール・フーフケンス監督が、アトレティコ・マドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第3節でアトレティコ・マドリーをホームに迎えたクラブ・ブルージュ。3連勝を目指し、強敵との対戦となった。 しかし、試合は立ち上がりからクラブ・ブルージュが主導権を握ると、36分にカマル・ソワーのゴールで先制。さらに63分にはフェラン・ジュグラが追加点。2-0で勝利を収めた。 これで、レバークーゼン戦、ポルト戦に続いて、今シーズンのCLで3連勝。さらに3連続無失点と完璧なスタートを切ったクラブ・ブルージュ。フーフケンス監督も、予定した通りに戦えたと称賛の言葉を並べた。 「我々の計画は完璧に機能した。何をしたいのかは事前にわかっていたが、選手たちがそれをどう実行したか。そのことにとても満足している」 「彼らの自信を奪うには、ポゼッションがとても重要だとわかっていた。そうすれば、彼らを本当に苦しめることができる」 「前半はとても上手くやれていた。後半になると、全てを賭けてプレーすることが難しくなった」 「パニックになることは許されず、ボールを失うだけでなく、ポゼッションでもアグレッシブであり続けなければならなかった」 「最も難しいことではあるが、彼らのプレッシャーから抜け出し、危険を冒すことが重要だった。そして、選手たちはそれぞれの能力で多くの混乱を生み出していた。それを知っていたとは言わないが、彼らがそういったことができるというのは、絶対的な信念として持っていた」 クラブ・ブルージュはベルギー切っての強豪で、今シーズンで5シーズン連続の出場に。しかし、過去4シーズンは全てグループステージで敗退。昨シーズンはヨーロッパリーグに回ることもできずに終わっていた。 フーフケンス監督は、今シーズンはこれまでと違うと強調。しっかりと準備をし、選手がそれを実行できる力があると自信を口にしながらも、この先の3試合が大事だとした。 「ここ数年、CLに出ているだけと思われることが多かったが、今シーズンは今のところ、クラブは完璧な道を歩んでいる。3連勝で無失点だ」 「例年との違い?ロッカールームに入り、『もう、こうしてくれ』と言わなければならないような監督にはなりたくなかった。サッカーでは良くあることだ」 「こういった相手には、小さなミスも許されず、チャンスをものにしなければならない。事前に指示したことがきちんと実行され、とても満足している」 「大きな前進を遂げたが、まだまだだ。いずれにしても、今後が楽しみだ」 「試合中は楽しめたか?実際には、そんなことはない。今は、場違いでもある。やはり、客観性を保つことが大事だ。試合中は感情的な判断に巻き込まれないことが大切だ」 2022.10.05 14:49 Wed
twitterfacebook
thumb

「我々はまだタオルを投げてはいない」 CL連敗で最下位もシメオネ監督諦めず

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督がチャンピオンズリーグ(CL)での黒星にも前向きな姿勢を保った。『UEFA.com』が伝えている。 アトレティコは敵地で4日に行われたCLグループB第3節でクラブ・ブルージュと対戦した。前節のレバークーゼン戦を落とすと、この試合も2連勝と好スタートを切った相手に立ち上がりからボールを握られ、36分に失点。後半も流れを掴めず、2失点目を喫すると、75分に得たPKもFWアントワーヌ・グリーズマンが不意にし、0-2で敗れた。 CL連敗でグループステージ最下位に転落したが、シメオネ監督はまだ挽回が可能と述べ、残り3試合に全力を尽くすと意気込んだ。 「今日はしっかりとした試合だったと思う。前半は試合をコントロールして、チャンスもあった。しかし、我々の力不足もあり、そのチャンスを活かせなかったね。そして後半は、相手GKの働きが試合のキーになった」 「今夜の我々はとても強いクラブ・ブルージュを見た。しかし、チームはそれに対して準備できていて、前半は力強いプレーを見せていたと思う。ただ、精度を欠き、自信も失ってしまった。あのPKが決まっていたら、試合全体が変わっていたかもしれない。とはいえ、我々はまだタオルを投げてはいない。まだ3試合残っているのだ」 2022.10.05 12:22 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly