「鳥肌が立った」浦和FWユンカーが初めて聞いた埼スタでの“生チャント”に感激!自身も「練習します」

2022.08.12 13:31 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
浦和レッズのデンマーク人FWキャスパー・ユンカーがサポーターの声援に感激している。浦和は10日に行われたYBCルヴァンカップ・プライムステージ準々決勝の第2戦で、名古屋グランパスを埼玉スタジアム2002に迎え、3-0と快勝。合計スコアを4-1とし、浦和が2年連続の4強入りを決めた。

この試合は、埼玉スタジアム2002で初の声出し応援対象試合。一部の座席から選手たちに熱い声援が送られただけでなく、試合後には「We are Diamonds」が歌われた。

ユンカーは名古屋戦に途中出場していたが、試合後に自身のツイッターを更新すると、「We are Diamonds」の瞬間の動画をアップし、「鳥肌が立った」と綴っている。

さらに、「ユンカーは歌えるのかな?」というファンのコメントにも反応。「歌えない」と正直に明かしつつも「でも練習します」とした。

昨シーズン途中に浦和に加入したデンマーク人FWにとってこれが初めての埼スタでの声援だっただけに、その迫力と熱量に心を打たれたようだ。

1 2

関連ニュース
thumb

C大阪が好相性・浦和に4発大勝!2大会連続3度目の決勝進出で前回大会のリベンジへ《ルヴァンカップ》

25日、YBCルヴァンカップ・プライムステージ準決勝第2戦の浦和レッズvsセレッソ大阪が埼玉スタジアム2002で行われ、4-0でC大阪が勝利。合計スコア5-1で、C大阪が2大会連続の決勝進出を決めた。 優勝した2016年以来、6大会ぶり6度目の決勝進出を狙う浦和と、準優勝に終わった前回大会の借りを返すため、2大会連続3度目のファイナルを目指すC大阪。C大阪のホームで行われた第1戦は上門のミドルでC大阪が先制するも、小泉のゴールで浦和が追い付き、1-1で終えた。 4日前の試合からスタメンの変更は互いに1人。浦和はダヴィド・モーベルグに代わって松崎が、C大阪はGK清水に代わってGKキム・ジンヒョンが先発に名を連ねた。 比較的穏やかな序盤の中で、C大阪は12分にくさびの縦パスを受けた加藤がボックス手前から反転シュート。18分には高い位置でのボール奪取から奥埜が狙う。 浦和がアタッキングサードに人数を掛けられないでいると、試合を動かしたのはシンプルな攻撃を仕掛けたC大阪。23分、右タッチライン際中央付近でマテイ・ヨニッチからのパスを受けた毎熊は、横の奥埜に預けてダイアゴナルにスプリント。鈴木のスルーパスを呼び込んでボックス右から折り返すと、これが対峙した明本の足に当たってゴール方向へ。GK西川も反応できずネットを揺らし、貴重なアウェイゴールとなった。 今季の対浦和戦は負けなしのC大阪は、さらにCKから上門、為田に山中のミドルと効率よくフィニッシュまでつなげると、30分に追加点を奪取。左サイド中央で山中が縦に送り、スペースへ走り込んだ為田がグラウンダーのクロスを送ると、ゴール前の加藤がスルーし、裏から顔を出した奥埜が受ける。コントロールはやや大きくなったかに思われたが、処理に来たGK西川より先に触り、見事なループを沈めた。 前半終了間際にも上門のミドルがゴールを強襲するなど、C大阪は内容、スコアともに充実して45分を終えた。 決勝進出のためには最低でも3点が必要になった浦和は、後半頭から松崎に代えて馬渡をピッチへ。左サイドバックに配置し、明本を一列押し出した。その馬渡は強烈なミドルシュートでC大阪守備陣に冷や汗をかかせると、ボックス外に飛び出したGKキム・ジンヒョンのパスをカットした小泉、続けて松尾が狙う。 C大阪はいずれのシュートもカバーに入った鳥海がブロック。GKキム・ジンヒョンと明本との交錯でしばしゲームが止まったこともあり、冷静さを取り戻すと、再開後に大きな展開から再び加点する。 51分、為田がボックス手前から左サイドへはたき、山中がファーサイドへ鋭いクロス。完璧なタイミングで走り込んだ加藤が馬渡に競り勝ち、ヘディングを叩き込んだ。 窮地に立たされた浦和だが、伊藤のボレーや途中出場のキャスパー・ユンカーのシュートも枠を捉えられず、逆にミスから80分に痛恨の4失点目を喫する。岩波から岩尾へ渡ったタイミングを北野に狙われ、ジェアン・パトリッキに独走からゴールを許した。 ジョーカーの一発で勝負を決めたC大阪は残り時間も安定した試合運びを見せる。クロスこそ許すも、ボックス内では部類の強さを見せ、クリーンシートで試合終了。相性の良い浦和を相手に4-0、合計スコアを5-1とし、2年連続の決勝進出を決めた。 決勝戦は10月22日、国立競技場で行われる。 浦和レッズ 0-4(AGG:1-5) セレッソ大阪 【C大阪】 OG(前23) 奥埜博亮(前30) 加藤陸次樹(後6) ジェアン・パトリッキ(後35) 2022.09.25 19:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ACL決勝の埼スタ開催を求める浦和に誹謗中傷…クラブが声明「その手段は社会のルールに則ったものです」

浦和レッズは22日、「SNS上等での誹謗中傷について」と題し、声明を発表した。 クラブの発表によると、浦和はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022決勝 第2戦の試合会場調整に関連し、SNS等で特定の個人や団体に向けた誹謗中傷や悪意ある投稿が確認されているとのことだ。 浦和は準決勝で全北現代モータースとPK戦にまでもつれこむ激闘の末に決勝への切符を掴んでいた。 しかし、来年2月に行われる決勝の第2戦では、ホームの埼玉スタジアム2002が芝の改修工事のために使用ができない状況に。なんとかして使用できるよう、埼玉県への要望を提出したものの、拒否されていた。また、アジアサッカー連盟(AFC)へ日程の変更を求めるなど、開催に向けて動いていることを発表した中、誹謗中傷投稿があったという。 浦和は、改めてルールに則って行っているということを主張。誠実に向き合っていくとした。 「私ども浦和レッズは、ACL優勝のために最大限の努力を行ってまいりますが、あくまでもその手段は社会のルールに則ったものであることを前提としております」 「SNS上等での誹謗中傷、或いはそれに類する行為はその前提に該当せず、また浦和レッズの理念とも明確に異なり、いかなる理由があっても許容いたしません」 「過去2回に渡って経過報告を行わせていただいております、試合会場調整につきましては、浦和レッズのファン・サポーターのみなさまは勿論のこと、他クラブのファン・サポーターを含めた多くのみなさまから励ましのお言葉を頂戴しておりますこと、心より感謝申しあげます」 「そうしたみなさまのお力もお借りしつつ、埼玉県及び関係各所と誠実に向き合い、相談、交渉を行ってまいりますので、SNS上等での誹謗中傷、或いはそれに類する行為は絶対におやめくださいますようお願い申しあげます」 2022.09.22 10:18 Thu
twitterfacebook
thumb

上門の十八番でC大阪が先制も、小泉弾で浦和が追い付き第1戦はドロー《ルヴァンカップ》

21日、YBCルヴァンカップ・プライムステージ準決勝第1戦のセレッソ大阪vs浦和レッズがヨドコウ桜スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 前回大会に続く決勝進出を目指すC大阪と、優勝した2016年以来となるファイナルも目論む浦和。昨年の準決勝と同一のカードとなり、その際は浦和ホームの第1戦を1-1、C大阪ホームの第2戦を1-0と、桜のユニフォームが上回った。 1週間前のリーグ戦でも埼玉スタジアム2002で顔を合わせている両者は、C大阪が1-0で勝利し、シーズンダブルを達成している。C大阪は代表活動で西尾とアダム・タガートがチームを離れたが、マテイ・ヨニッチと鳥海の2センターバックは健在で、前線には上門を起用。懸念事項のGKキム・ジンヒョン欠場に際しては、清水圭介がゴールマウスを守った。 同じ相手にこれ以上苦汁を飲まされる訳にはいかない浦和は、同じく代表活動で酒井、鈴木、大畑が不在に。リカルド・ロドリゲス監督は右サイドバックに関根を配置する奇策を取り、前線では直近の湘南ベルマーレ戦からダヴィド・モーベルグ以外の3人を変更。松尾、小泉、大久保が起用された。 僅差のゲームが予想された一戦は開始早々にホームチームが動かす。明本のフィードをヨニッチが頭で跳ね返し、中盤の奥埜がコントロールから反転してシンプルに前線へ送ると、バイタルエリア右で受けた上門はルックアップして迷いなく右足を一閃。名手GK西川の手も空を切り、無回転ミドルが鮮やかにネットに突き刺さった。 痛烈な先制パンチを食らった浦和だがすぐさま反撃。小泉がヨニッチへ圧力を掛けてパスを引っ掛けると、そのまま持ち込んで一対一に。だが、GK清水の逆を突いたシュートも残した右足に当たり、続くCKからのアレクサンダー・ショルツのヘッドも枠の左へ外れた。 C大阪は10分、鈴木のFKにヨニッチが頭で合わせ、さらにショートカウンターから加藤のフィニッシュ。手数を掛けない攻撃で追加点を狙いつつ、じわじわとポゼッション率を高める浦和の前にまずは守備という姿勢を見せる。 前半終了間際にバックパスを受けたGK清水に対し、松尾があわやというプレスを掛けた浦和。ビハインドで折り返した後半も頭から足を止めずに攻勢を強めると、53分に実を結ぶ。 左サイドでの組み立てから明本がグラウンダーで折り返し、小泉がスルー。ペナルティアークからの伊藤の左足シュートはGK清水に弾かれたが、こぼれ球を小泉が詰めて貴重なアウェイゴールをもぎ取った。 相手の勢いにミスも散見し出したC大阪は先制ゴールの上門に代えて清武を投入する。すると、66分には最終ラインでのビルドアップからアタッキングサードまで運び、右サイドから清武の上げたクロスにニアで毎熊がつぶれ、正面から加藤がフリーでボレー。しかし、体を倒しながらの一撃も抑えきれず、フィニッシュはクロスバーを越える。 75分過ぎには浦和が連続してCKを得るも、空中戦ではヨニッチが部類の強さを発揮。終了間際の左CKでは岩尾が意表を突いて直接ファーを狙うと、GKの手は越えたが、毎熊が懸命にカバーした。 その後もアウェイチームの攻勢が続いたものの、再びスコアが動くことなくタイムアップ。C大阪が上門の十八番で期先を制したが、意地を見せた浦和が追い付き、ドローで第1戦を終えた。 第2戦は25日に埼玉スタジアム2002で行われる。 セレッソ大阪 1-1 浦和レッズ 【C大阪】 上門知樹(前2) 【浦和】 小泉佳穂(後8) 2022.09.21 21:03 Wed
twitterfacebook
thumb

ACL決勝で埼スタを使えない浦和が経過報告…埼玉県と交渉も許可下りず、日程変更要求など埼スタ開催を模索中

浦和レッズは20日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝のスタジアム使用について経過報告をした。 今シーズンのACLに出場していた浦和。集中開催となったグループステージと見事に突破すると、埼玉スタジアム2002で8月に集中開催したノックアウトステージを戦った。 ラウンド16でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、準々決勝でBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)を下すと、準決勝は全北現代モータース(韓国)との対戦に。延長戦にもつれ込んだ試合は、敗戦が迫っていた中でキャスパー・ユンカーが値千金の同点ゴールを決めPK戦へ。GK西川周作がPK戦では躍動し、2本をストップ。見事に決勝に駒を進めた。 決勝は2月19日と26日に行われ、浦和のホームゲームは26日の第2戦となる。しかし、そのタイミングで芝の改修工事が行われることが決まっており、埼玉スタジアム2002が使用できないという問題が生じていた。 すでにその件については発表されていたが、浦和は改めて埼玉県との交渉の経過を報告。「芝改修工事の時期の延期」、また「期間の短縮」を交渉したとしたが、依然使用許可は下りていないと報告した。 ①「埼スタ芝改修工事の実施時期の延期」 ACLでのチームの決勝進出決定を受け、私どもから埼玉県担当者に対し、日本サッカー協会(JFA)の求めに応じる形で埼スタの芝改修工事が延期されたことと同様に、埼スタでのACL決勝開催の実現のため、実施時期の1年延期を打診いたしました。 しかしながら、県として「既に施工準備が進んでいることから、延長はできない」との公式回答がございました。JFAからの打診時も今回と同様、施工準備が進む中で1年延期できたという事実がある為、引き続き交渉を試みたく考えております。 なお、JFAが2021年10月末に県に対して要望書を提出し、県知事より開催協力が可能と回答した2021年11月時点では、ACL決勝は従来通り2022年11月の開催が予定されていた為、クラブとしては事前対策を行うことは不可能でした。 ②「埼スタ芝改修工事の実施期間の短縮」 決勝戦終了後となる2023年3月からの施工開始、或いは工期短縮を打診いたしました。 決勝戦終了後となる2023年3月からの施工とした場合、工期終了は9月以降となり2023シーズンの大半が使用不可となること、工期の短縮については今回予定されている改修工事は芝生張り替えに限定せず、地温コントロールシステムの入れ替えを含む大規模な修繕工事である為、物理的に難しいとの公式回答がありました。その為、工期短縮は不可能と判断いたしました。 2つの代案が上手く進まなかった浦和。しかし、諦めずに交渉を続け、埼玉スタジアム2002での開催を目指すとした。 「埼玉県担当者からは、私どもと埼玉県が2022年3月に、2022シーズン終了後から2023年4月中旬までの期間に埼スタの芝改修工事を実施することについて両者間で既に合意済みであることを前提としたご説明とともに、上記の通り、対応できない旨の公式回答がございました」 「クラブといたしましては、県担当者からの回答を受けた後も、埼スタでの決勝戦開催の可能性を高める方策の検討を継続しておりますが、コロナ禍で失われたクラブの経営体力に鑑み、浦和レッズの自助努力のみでそれを覆すことは到底できません。クラブのみでなく、ファン・サポーターのみなさまと共に、埼スタでACL決勝を開催できる方法を最後まで諦めずに模索し続けてまいります」 「また、上記の交渉に並行し、浦和レッズからアジアサッカー連盟(AFC)に対し、ACL決勝の開催日程変更を求める要望書を、JFA田嶋幸三会長、Jリーグ野々村芳和チェアマンのご協力のもと提出させていただいております。みなさまと共に出場する国際大会の決勝で3度目のアジアチャンピオンになるべく、埼スタという舞台での開催を最後まで諦めたくないと考えております」 「埼玉県、そして浦和(現さいたま市)という地域で30年間活動してきた事実は私たち浦和レッズの誇りであり、決してぶれることのない軸足です」 「クラブは、埼スタでの開催を諦めておりません。埼玉県とは引き続き、協力関係を築きつつ、埼スタでの開催を見越した工期延長やAFCへの日程変更の打診等を行い、みなさまのおもいがピッチ、そして選手たちに届く、浦和らしい世界に誇れるサポート環境を整えるべく、最大限の努力を行ってまいります」 ラウンド16から準決勝までの3試合は、明らかにサポーターの声援が力になり、特に準決勝ではその影響力を感じる結果となった。果たして、浦和の希望は叶うだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】この声を決勝で!選手たちを支えた浦和サポーターの"声"</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>赤き血のイレブン!<br>世界に見せつけろ、俺たちの誇り!⁰\⁰⁰アップに出てきた選手を<br>ゴール裏サポーターが大声援で鼓舞<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> で配信⁰⁰<a href="https://twitter.com/hashtag/ACL2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ACL2022</a>⁰<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%81%8C%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%92%E7%86%B1%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jがアジアを熱くする</a>⁰<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN%E3%83%94%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZNピッチサイド</a>⁰⁰<a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL?ref_src=twsrc%5Etfw">@REDSOFFICIAL</a> <a href="https://t.co/rDr7cWyxvL">pic.twitter.com/rDr7cWyxvL</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1560573881743994880?ref_src=twsrc%5Etfw">August 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.21 09:02 Wed
twitterfacebook
thumb

指揮官不在の湘南、決定機作るも決め手を欠き浦和とゴールレス【明治安田J1第30節】

17日、明治安田生命J1リーグ第30節、湘南ベルマーレvs浦和レッズがレモンガススタジアム平塚で行われ、ゴールレスドローに終わった。 湘南は前節、残留を争う清水エスパルスとドローに終わった。山口智監督が新型コロナウイルス(Covid-19)の検査で陽性判定を受けたために、代わって高橋健二コーチが指揮を執り、清水戦で劇的な同点ヘッドを決めたウェリントンが5月14日以来の先発起用となった。 対する浦和は、水曜日にセレッソ大阪戦を戦い、中2日で今節を迎える。スタメンを7人入れ替え、キャスパー・ユンカーら、前線に外国籍トリオを並べた。 開始早々は浦和が勢いを持って入ったが、これをしのいだ湘南は最終ラインでのビルドアップから瀬川のヘディングまでつなげるなど、複数のフィニッシュシーンを見せる。 ボール保持の点では一日の長がある浦和も、次第にポゼッション率を高めて前進。伊藤、柴戸の両ボランチをケアされながらも徐々に湘南の守備ラインを下げていく。 湘南の右、浦和の左サイドでは一昨年のチームメイト、石原と馬渡がマッチアップ。左からのクロスに対し、馬渡が辛うじて難を逃れた場面や、ウェリントンを囮にしてフリーとなった石原がヘディングシュートを放つなどの攻防が繰り広げられた。 保持率とは裏腹にシュートチャンスのない浦和だが、裏へのシンプルなロングパスからユンカー、GK谷が弾いたボールにダヴィド・モーベルグと連続してのシュート。対する湘南は前半終了間際、浦和のパスミスからウェリントンがボックス左でのビッグチャンスを迎えたが、右足のシュートはバーを大きく越えた。 浦和は後半の頭からハーフタイムに伊藤を下げて岩尾を投入。ボールタッチの数を増やして攻撃のリズムを作ると、50分にはユンカーが反転から左足。直後には江坂のシュートが湘南ゴールを脅かす。 湘南も後出しで2枚替えを行うと、両ベンチともに動きが増し、湘南は71分に山田とのワンツーから阿部に決定機。だが、左ポケットからの左足は枠を捉えられず、直後のボックス手前左からの右足での巻いた一撃もGK西川の好セーブに遭った。 浦和も後半のアディショナルタイムに関根が単独突破からシュートに至るなど、互いに終盤までチャンスシーンを作ったものの、決め手を欠いた両チーム。ゴールレスドローで勝ち点「1」を分け合っている。 湘南ベルマーレ 0-0 浦和レッズ 2022.09.17 21:03 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly