サッスオーロ、インテルのイタリア代表FWピナモンティを買い取り義務付きのレンタルで獲得

2022.08.12 07:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッスオーロは11日、インテルからイタリア代表FWアンドレア・ピナモンティ(23)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。

なお、買い取り後は2027年6月30日までの契約を結ぶとのことだ。また『フットボール・イタリア』によれば、移籍金は2000万ユーロ(約27億4500万円)程度になるとのことだ。

ピナモンティはインテル下部組織出身のストライカー。フロジノーネやジェノアへのレンタル移籍を経て、昨季はエンポリで1年間プレー。セリエA36試合に出場し、13得点2アシストを記録した。
今夏に一度インテルへ復帰したピナモンティだが、クラブは売却を既定路線としており、アタランタや昇格組モンツァやサレルニターナなどが獲得に名乗りを挙げていた。

関連ニュース
thumb

ラツィオが4試合ぶりの白星! 一方でインモービレが負傷交代《セリエA》

ラツィオは15日、セリエA第18節でサッスオーロと対戦し、0-2で勝利した。 リーグ戦4試合ぶりの勝利を目指すラツィオがサッスオーロの本拠地に乗り込んだ一戦。立ち上がりに連携ミスからボールを奪われ、ローリエンに決定機を許す、いきなり肝を冷やすシーンが。さらに、開始からわずか15分にエースのインモービレが負傷し、ペドロの緊急投入を強いられる。 インモービレの容態が心配される中、試合はしばらく膠着状態へ。44分にローリエンに三度の失点の危機に晒されるが、GKプロベデルがファインセーブ。前半は押され気味のラツィオだったが、アディショナルタイムに起死回生のゴールが生まれる。 CKのチャンスでミリンコビッチ=サビッチがヘディングシュートを放つと、サッスオーロDFトルヤンの上げた腕に当たってPKを獲得。これをザッカーニが決めて1点リードで試合を折り返した。 後半に入ると、ラツィオはペドロを中心に何度か攻撃で良い形を作る。そのペドロは左から入ったグラウンダーのクロスをボックス中央で合わせたが、惜しくも枠の左へ。逆にペドロのパスからもチャンスが生まれるが、なかなか追加点は奪えない。 一方で、80分にはサイドからの攻撃を許し、ゴール前に危険なクロスを入れられるが、相手が上手く合わせられなかったこともあり事無きを得ることに。そのまま1点リードで終盤を迎えると、後半アディショナルタイムにはゴールキックからミリンコビッチ=サビッチが頭で逸らしたボールをフェリペ・アンデルソンが拾い、ドリブルでゴール前へ。最後はGKも躱して決定的な2点目を奪った。 この直後に試合終了の笛が鳴り、ラツィオが勝利。4試合ぶりの白星を手にした。 2023.01.15 22:25 Sun
twitterfacebook
thumb

サッスオーロに痛手…ピナモンティが約3週間の離脱へ

サッスオーロは12日、FWアンドレア・ピナモンティの離脱を発表した。 ピナモンティは7日に行われたセリエA第17節のフィオレンティーナ戦に先発出場したが後半途中に右足を負傷。69分にFWアグスティン・アルバレスと交代していた。 その後の検査でピナモンティは右太もも裏屈筋の捻挫と診断されたとのこと。クラブは詳細な離脱期間は明かしていないが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は2~3週間の離脱になると報じている。 昨夏にインテルからレンタル移籍でサッスオーロに加入したピナモンティは、今季ここまでセリエA全試合に出場し3ゴールを記録していた。 また、サッスオーロは同日にGKアンドレア・コンシーリが右ヒザ副側じん帯の捻挫で離脱したことを併せて発表している。 2023.01.13 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリはロサーノの来夏売却が濃厚、後釜候補はアダマ・トラオレら3選手

ナポリが、メキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(27)の後釜として3選手をリストアップしているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 中断期間までにセリエAの首位をキープし、33年ぶりのスクデットに期待が膨らむナポリ。来年1月の移籍市場における大きな動きはなさそうだが、シーズン終了後のロサーノ売却は可能性が高いと言われている。 後釜候補は3選手。かねてより名前が挙がるウォルバーハンプトンの元スペイン代表FWアダマ・トラオレ(26)に加え、サッスオーロの元U-21フランス代表FWアルマン・ローリエン(24)、リールの元U-21フランス代表FWジョナサン・バンバ(26)を注視しているという。 トラオレは筋肉番長としてもお馴染みの韋駄天サイドアタッカー。プレーバリエーションの少なさは難点だが、昨季後半戦は半年レンタルでバルセロナに在籍し、今季限りでウルブスとの契約が満了を迎える。 ローリエンは今夏の移籍市場閉幕直前に駆け込みでサッスオーロ加入を果たし、セリエAで9試合2得点3アシストを記録。国際的には全くと言ってよいほど無名の存在だが、目の付け所がいかにもナポリと言える。 最後にバンバ。これまで複数のフランス国内クラブを渡り歩き、2018年夏に加入したリールで不動の主軸に。リーグ・アン制覇の2020-21シーズンは全38試合出場で6得点と11アシストを記録しており、市場価値は2000万ユーロ(28億2000万円)とのことだ。 2022.12.26 21:38 Mon
twitterfacebook
thumb

フラッテージ熱望のローマ帰還が来夏実現へ? ボーヴェの譲渡含めた交渉が進行中

サッスオーロのイタリア代表MFダビデ・フラッテージ(23)のローマ帰還の願いがようやく叶う可能性が浮上している。 複数クラブでの武者修行を経て昨シーズンのサッスオーロで鮮烈な活躍を見せたフラッテージ。今年に入ってイタリア代表デビューも飾ったボックス・トゥ・ボックスの万能型MFは、ナポリやアーセナル、ブライトンといった国内外のクラブの関心を集めるセリエA屈指の若手MFだ。 その有望株はローマ出身でASローマのプリマヴェーラ育ちという背景もあり、以前から古巣への溢れる愛情を隠さず、とりわけサッスオーロで16番を背負っていることからも分かるように、ローマのレジェンドであるダニエレ・デ・ロッシを崇拝している。 その選手サイドの意向を理解している古巣ローマは、今夏の移籍市場においても元プリマヴェーラMFを中盤の補強候補にリストアップ。しかし、クラブ間の交渉の不調もあって最終的に破談。先日にフラッテージは当時の無念の想いを語っていた。 そういった中、イタリア『Il Tempo』によると、現在ローマはサッスオーロとフラッテージの代理人サイドと接触しており、来夏の獲得に向けた交渉を進めているという。 ローマはシーズン途中の主力流出を望まないサッスオーロの考えを尊重しつつ、相手方が獲得を望むU-21イタリア代表MFエドアルド・ボーヴェ(20)を来年1月に譲渡する形で交渉をまとめようとしているという。 ローマは2017年にフラッテージを売却した際、リセール時の移籍金30%を受け取れる条項を盛り込んでおり、ボーヴェの譲渡と合わせれば、より安価な金額での獲得が可能と思われる。 サッスオーロからローマへの帰還と言えば、イタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニが記憶に新しいが、フラッテージも現カピターノに続き愛する永遠の都へ帰還する可能性が高そうだ。 2022.12.22 23:14 Thu
twitterfacebook
thumb

古巣との親善試合で負傷のマキシム・ロペスが約1カ月の離脱へ…

サッスオーロのフランス人MFマキシム・ロペスが約1カ月の戦線離脱を強いられる見込みだ。イタリア『ガゼッタ・ディ・モデナ』が報じている。 マキシム・ロペスは11日に行われた古巣マルセイユとの親善試合に先発出場したが、右ヒザを負傷。62分にFWエミル・コンラドセン・セイデと途中交代していた。 今回の報道によれば、マキシム・ロペスは右ヒザ内側側副靭帯の捻挫と診断され、1カ月程度の離脱を強いられる見込みだという。 また同紙は、復帰時期に関して来年1月末になると報じており、そのため来年1月4日から再開するセリエAの4試合を欠場することになりそうだ。 2021年の夏にマルセイユからサッスオーロに加入したマキシム・ロペスは、今季ここまでリーグ戦13試合に出場していた。 2022.12.22 02:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly