徳島のトップチーム関係者1名が新型コロナ陽性‥10日の朝に体調不良

2022.08.10 17:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
徳島ヴォルティスは10日、トップチーム関係者の1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該者は10日の朝に体調不良を訴えたとのこと。医療機関で抗原定性検査を受け、陽性判定となった。

なお、現在は適切な対策のもとで療養中となる。
また、その他の選手やスタッフ、クラブ関係者に濃厚接触者はいない。

関連ニュース
thumb

J3昇格の奈良クラブが地元出身のDF鈴木大誠を獲得「平松遼太郎選手とは小中の同級生です」

奈良クラブは8日、DF鈴木大誠(26)が徳島ヴォルティスから完全移籍加入することを発表した。 星稜高校や筑波大学といったサッカーの名門校出身の鈴木は、2018年に特別指定選手として徳島に加入。同年は出場機会は訪れなかったものの、翌年に正式に徳島でプロ入りを果たし、J2で2試合に出場した。 その後は期限付き移籍でFC琉球や愛媛FCでプレー。今季は愛媛でJ3リーグ27試合に出場しプロ初ゴールを決めた。 そして、来季からは地元である奈良県初のプロクラブとなる奈良クラブでプレーすることに。同クラブに所属する平松遼太郎選手とは幼馴染のようだ。 「2023シーズンから奈良クラブの一員となります、奈良県生駒市出身の鈴木大誠です」 「平松遼太郎選手とは、生駒台小学校・光明中学校の同級生で、幼少期からのライバルです」 「私が奈良で過ごした学生時代、奈良県でJリーグを観ることができるなんて想像もつきませんでした」 「だからこそ、奈良県にJリーグクラブが誕生したことがどれだけ素晴らしいことかがわかりますし、奈良クラブをJリーグまで導いた方々への大きなリスペクトがあります」 「2022シーズンは愛媛で『J2に昇格するために』、そして妻の地元でもあったことから『県民やサポーターに愛されるために』どうすればいいかを常日頃考えて過ごすことのできる環境にありました。その経験をもとに、『チームメイトと連携し勝利への強い意欲を持ってプレーすること』、『自らすすんで県民やサポーターとかかわりを持ち奈良クラブの素晴らしさを多くの人に伝えること』を実践して、奈良クラブの勝利や発展に貢献していきます」 「そして何より、味方を鼓舞する姿、体を張ってゴールを守る姿を必ず試合でみなさまにお見せします」 「ぜひスタジアムに足を運んでください! 熱い声援をよろしくお願いします!」 2022.12.08 14:25 Thu
twitterfacebook
thumb

徳島がスペイン人守護神スアレスと契約更新!「このクラブはJ1にいるべきクラブ」

徳島ヴォルティスは8日、GKホセ・アウレリオ・スアレス(26)と来季の契約を更新したことを発表した。 バルセロナのカンテラに所属していた経歴を持つスペイン人GKのスアレス。今季から徳島に加入し、J2リーグ34試合に出場した。 チームは8位フィニッシュで惜しくも昇格プレーオフに進むことはできなかったが、優勝したアルビレックス新潟に並ぶ最少の35失点という堅守を披露。その中で13試合でクリーンシートを記録したスアレスは、来季のJ1昇格への意気込みを力強く語っている。 「ファン・サポーターの皆さん、今シーズンは多大なるサポートに感謝しています。ありがとう」 「目標を達成する事はできませんでしたが、このクラブはいち早くJ1にいるべきクラブです。2023シーズンは全てを出し切ってJ1昇格という目標を達成し、最高の喜びを皆さんと分かち合える事を願っています」 「LOVE VORTIS」 2022.12.08 14:05 Thu
twitterfacebook
thumb

京都、徳島FW一美和成が完全移籍で再加入! 「また一緒に闘えることを楽しみにしています」

京都サンガF.C.は6日、徳島ヴォルティスからFW一美和成(25)の完全移籍加入を発表した。 一美は大津高校卒のストライカーで、2016年にガンバ大阪でプロ入り。2019年から京都、横浜FCに貸し出され、2021年からG大阪に復帰したが、ポジションを掴めず、同年夏から徳島に完全移籍加入した。 その徳島入りから2年目の今季は明治安田生命J2リーグ25試合に出場して7得点を記録。来季からは育成型期限付き移籍加入の2019年にJ2リーグで17ゴールのインパクトを残した京都で再びプレーする運びとなった。 京都を通じて「この度、徳島ヴォルティスより完全移籍することになりました一美和成です」と挨拶の言葉とともに、意気込みを語っている。 「再び京都サンガF.C.でプレーする機会をいただき、本当に嬉しく思います。チームに貢献できるように全力でプレーします。そしてサポーターの皆さんとまた一緒に闘えることを楽しみにしています」 一方、徳島を通じては「1年半という短い時間でしたが、とても充実した濃い日々を過ごさせてもらいました」と別れの挨拶をした。 「1年でのJ1復帰という目標がある中、今年は怪我が原因で前半戦出場ができずにチームに迷惑をかけてしまいました。その中でもスタッフ、選手の皆さんのおかげで後半戦は復帰することができ、そしてサポーターの皆様のご声援が力となりプレーオフへの可能性を残しながら最後まで戦うことができました」 「しかし、自分の力不足でJ1昇格という目標を達成することができず本当に申し訳なく思っています。今回移籍をすることになりましたが、徳島でプレーできたことを糧にして、これからも成長していきたいと思います。今まで本当にありがとうございました。来年徳島ヴォルティスのJ1昇格を心より願っています」 2022.12.06 11:20 Tue
twitterfacebook
thumb

群馬、徳島からMF川上エドオジョン智慧を獲得! 「自分のできることを精一杯頑張りたい」

ザスパクサツ群馬は5日、徳島ヴォルティスからMF川上エドオジョン智慧(24)の完全移籍加入を発表した。 浦和レッズのアカデミーで育った川上エドオジョン智慧は2017年に徳島入り。その後、カターレ富山やSC相模原への期限付き移籍を経て、2020年に徳島へ復帰した。 しかし、復帰初年度は出場機会を得られず、昨シーズンは明治安田生命J1リーグでわずか5試合の出場のみ。出場機会確保を目指して臨んだ今シーズンも、J2リーグでの先発は3試合にとどまった。 6シーズンを過ごした徳島を去る決断を下した川上エドオジョン智慧は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆ザスパクサツ群馬 「はじめまして! 川上エドオジョン智慧です! 強い覚悟をもってザスパクサツ群馬にやって来ました。群馬のために自分のできることを精一杯頑張りたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆徳島ヴォルティス 「期限付き移籍中も含めて6年間ありがとうございました。徳島ヴォルティスでたくさんのことを学び、プロ選手として喜怒哀楽すべてを経験することができました。どんな時も応援してくださったファン・サポーターの皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。この感謝の気持ちを忘れずに、徳島で経験したことを活かしてこれからも頑張っていきます! 本当にありがとうございました!」 2022.12.05 12:36 Mon
twitterfacebook
thumb

徳島の大卒ルーキー森昂大が契約更新 「来シーズンはJ1復帰に向けてチームに貢献」

徳島ヴォルティスは3日、DF森昂大(23)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 創造学園高校出身の森はびわこ成蹊スポーツ大学に在学中の2021年9月から徳島の特別指定選手となり、今年から正式入団。明治安田生命J2リーグで出番なしだったが、カップ戦の2試合でプレーし、4月のルヴァンカップでプロ初出場を記録した。 契約更新を受け、クラブ公式サイトで「来シーズンも徳島ヴォルティスでプレーすることができ、とても嬉しい気持ちです」と喜び、今季の振り返りとともに、来季に向けた抱負を語った。 「今シーズンはチームとしても個人としても苦しく厳しいシーズンになりました。しかし個人としてはとても成長でき、このチームで試合に出て活躍したいという気持ちがより一層湧いてきました。来シーズンはJ1復帰に向けてチームに貢献し、ファン・サポーターの皆さんと共に喜びを感じられるように覚悟を持って戦います! 共に戦いましょう!」 2022.12.03 17:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly