「グロテスクな行為」デンマーク名門のサポが衝撃の蛮行…スタジアムの椅子を破壊しピッチへ投げる

2022.08.10 22:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スーペルリーガ(デンマーク1部)ではスタジアムの椅子を壊され、ピッチへ投げ込む行為が行われたようだ。7日に行われた第4節、FCコペンハーゲンvsブレンビーIFは、4-1でFCコペンハーゲンが勝利を収めた。

“コペンハーゲン・ダービー”として知られる両者の一戦は、サポーターも高い熱量を誇る。
特に昨季の王者であるFCコペンハーゲンが近年の成績では上回っていることもあってか、ブレンビー側の一部ファンが猛烈にライバル視。この日のダービーでは、スタジアムに設置されている椅子をもぎ取り、ピッチへ投げ込むという蛮行に及んだ。

デンマーク『B.T.』によれば、アウェイ側ブレンビーのサポーターによってシートが120個破壊され、それらのいくつかはピッチ上や警備員、警察やホームのサポーターへ向かって投げられたとのこと。コペンハーゲン警察は砲弾の発射やナイフの持ち込み行為もあったとしている。

これらの行為に対し、ブレンビーの最高経営責任者(CEO)であるオーレ・パルマ氏はクラブの公式サイトを通じて「グロテスクな行為だ」と非難し、多くのファンがそうであるように、秩序のある行為を強く求めた。

「我々は綿密な対話を行い、暴力や破壊行為をせずにチームをサポートして欲しいと伝えていたが、多くのファンよりも優れていると感じている一部ファンがいたようだ。単にグロテスクだ」

「我々は警察とも連携を取り、ダービーでの映像を調べて関与した10人を特定している。同時に、ファンコミュニティの方々に、クラブの一員として我々と並び立ち、サッカーを暴力や破壊の言い訳として利用する人々にストップをかけるよう、今一度推奨したいと思う」

1 2

関連ニュース
thumb

PSGの給料総額は1025億円!? FFP違反が確実、今夏は選手売却でスリム化が必須に

パリ・サンジェルマン(PSG)は今シーズンの終わりに大粛清が行われる可能性が高くなっている。 世界各国の代表クラスの選手たちを揃えるPSG。その結果、クラブの損失が年々増加。ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の違反により制裁を課される可能性が高まっている。 フランス『レキップ』によれば、PSGはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシなどのスター選手を獲得したことで、過去2年間でサラリーが45%増加。メッシをはじめ、ブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペなどが破格のサラリーを手にしている。 今シーズンのチーム全体のサラリーは7億2800万ユーロ(約1025億円)という歴史的な額となっており、昨シーズンは3億7000万ユーロ(約521億円)の損失を計上。今年6月から規則が改訂されたFFPの影響を大きく受けることとなる。 欧州サッカー連盟(UEFA)は昨年8月にPSGに対して6500万ユーロ(約91億5000万円)の制裁金を科しており、1000万ユーロ(約14億円)は直ちに支払われたとのこと。残りの5500万ユーロ(約77億5000万円)は、PSGが再び違反した際に支払われることとなっている。 そのため、クラブとしては収入の90%をチームに費やすことを避ける必要があり、2年後には70%にする必要が出てくる状況。また、選手の売却によりサラリーの負担を大幅に減らすということが、夏の移籍市場では求められることとなる。 多くの選手を獲得し、今冬こそ最終的に動きはなかったが、夏には再び補強に動くであろうPSG。その前に、スリム化する必要が出てきてしまった。 2023.02.08 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「カオルは国際的なスーパースター!」ブライトンが投稿した日本の女性ファンに現地ファンも感謝「凄いこと」「よく来てくれた」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンが各国から応援してくれるファンを紹介。日本人の女性サポーターもピックアップされて話題だ。 日本代表MF三笘薫の大活躍で注目を集めるブライトン。三笘以外にも、今冬の移籍が大きく騒がれたエクアドル代表MFモイセス・カイセドや同じエクアドル代表のDFペルビス・エストゥピニャン、アルゼンチン代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)を制したMFアレクシス・マク・アリスターなど多国籍軍としても知られている。 各国の有望な選手を見出して起用し、ビッグクラブが引き抜くという構図が出来上がっている中、スタジアムには毎試合多くの国のサポーターが集まってくる。 ブライトンは試合に訪れる各国のサポーターの写真を紹介。「マッチデーには沢山の旗が」と投稿し、エクアドル、ガーナ、スペイン、そして日本の国旗を掲げるサポーターを紹介した。 それぞれの写真には説明文もつけられ、三笘を応援しにきた日本人の女性サポーターの写真には「『MITOMA』と書かれた日本の国旗/カードを掲げているファン。カオルは国際的なスーパースター!」と、活躍が続く三笘を称えるコメントがついている。 これには現地のファンも「世界中のファン、特に日本の友人たちがアメックス(・スタジアム)に来るのはすごいことだ!」、「僕たちは今、国際的なクラブだ」、「よく来てくれた」とコメントを寄せている。 また、三笘のファンである写真のご本人もコメント。「まさかの私です。素敵な写真を撮ってくれてありがとう。私はあなたたちの成功を永遠に応援します」と感謝。ブライトンの試合を数試合現地観戦続けており、ついにクラブ公式に取り上げられることとなった。 ブライトンのスカウト陣の優秀さがわかる今シーズンの飛躍。選手が引き抜かれても新たな才能を連れてくるブライトンはどこまで躍進するのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真】ブライトンの試合を訪れ「MITOMA」の国旗を掲げた女性サポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">So many flags on matchday! <a href="https://t.co/0K6xPosE9T">pic.twitter.com/0K6xPosE9T</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1622681533445447680?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】臨場感最高!三笘薫の劇的ヘッドを10台のカメラで!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/BHAFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BHAFC</a> <a href="https://t.co/zXcMVe5cuD">pic.twitter.com/zXcMVe5cuD</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1622641771623882752?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.08 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「正義の味方は沢山いるが…」元主将のコンパニ監督が古巣シティの不正疑惑を批判する人に言及「少し懐疑的」

バーンリーのヴァンサン・コンパニ監督が、現役時代はキャプテンとしてもプレーした古巣マンチェスター・シティについて言及した。イギリス『BBC』が伝えた。 2008年8月にハンブルガーSVから加入し、2019年7月にアンデルレヒトへと移籍するまで11シーズンをシティで過ごしたコンパニ監督。4度のプレミアリーグ優勝、2度のFAカップ優勝、4度のEFLカップ優勝とキャリアの最盛期を過ごした。 そのシティだが、6日にプレミアリーグから財務面での規約違反が告発される事態に。2009年から2018年の間に100件を超える違反行為があったとされ、第三者委員会での調査が行われることとなる。 この調査の結果次第では、勝ち点の剥奪や最悪のケースはプレミアリーグからの除名という大きなペナルティが予想されている状況となっている。 一方でシティは「驚いている」と、今回の告発について声明を発表。調査を楽しみにしていると、全ての問題がクリアされることを願った。 自身が在籍していたほとんどの期間で不正が行われていたとされたコンパニ監督は、率直な意見を述べている。 「それを見て、目を丸くしている」 「間違いなく、世の中には正義の味方がたくさんいて、自分がどんな間違ったことをしたかを教えてくれるし、その後にそれぞれが自分自身を見つめ直せば良い」 「サッカー界は一般的に、何度も指を咥えて見ているという余裕はないだろう」 「フットボールの業界がどういうものなのか、みんなも少しは分かるはずだ。私は、人が非難し始めると、とても懐疑的になる」 「自分のためにベストを尽くし、常に向上しようとしている。ただ、簡単に非難されてしまうというのは、少し懐疑的だ」 2023.02.08 09:35 Wed
twitterfacebook
thumb

トルコ2部所属の28歳GKがトルコ大地震で死去…所属マラティヤスポルが訃報伝える

トルコ2部のイェニ・マラティヤスポルに所属するトルコ人GKアフメト・エユプ・テュルカスラン(享年28)が、6日にトルコ南部で発生した大地震で死去した。 イェニ・マラティヤスポルは8日、「私たちのGK、アフメト・エユプ・テュルカスランは、地震の倒壊の下敷きとなり、命を落としました。安らかにお眠りください。私たちはあなたのことを忘れません、美しい人」と、所属選手の訃報を伝えた。 6日にシリア・国境に近いトルコ南部で発生した一連の地震では、これまでにトルコ国内で3500人以上が死亡した。また、シリアでは最低1600人が死亡し、両国の死者はあわせて5000人以上となっている。 そういった中、フットボール界ではハタイスポルに所属するガーナ代表FWクリスティアン・アツが、自宅のビルが倒壊し瓦礫の下敷きになった後、救出されたことが確認されていた。 だが、同じく倒壊に巻き込まれて行方不明と報じられていたマラティヤスポルのテュルカスランは8日に死亡が確認された。 ガズィアンテプスポルの下部組織出身のテュルカスランは、ブグサシュスポル、オスマンルスポル、ウムラニエスポルといった国内クラブを渡り歩き、2021年からマラティヤスポルでプレーしていた。 <span class="paragraph-title">所属クラブがテュルカスランを追悼…</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr">Başımız sağ olsun!<br><br>Kalecimiz Ahmet Eyüp Türkaslan, meydana gelen depremde göçük altında kalarak, hayatını kaybetmiştir. Allah rahmet eylesin, mekanı cennet olsun.<br>Seni unutmayacağız güzel insan. <a href="https://t.co/15yjH9Sa1H">pic.twitter.com/15yjH9Sa1H</a></p>&mdash; Yeni Malatyaspor (@YMSkulubu) <a href="https://twitter.com/YMSkulubu/status/1622986857100320770?ref_src=twsrc%5Etfw">February 7, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2023.02.08 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「大きないじめっ子」シティの熱狂的ファン、元オアシスのリアム・ギャラガー氏が告発したプレミアリーグに怒り「全部調べろ」

マンチェスター・シティの熱狂的なファンとしても知られるリアム・ギャラガー氏が、プレミアリーグからの告発に怒りを露わにした。 プレミアリーグは6日、シティが財務面での規則違反を行っていることを告発。4年間にわたる調査の結果、2009年から2018年にかけて100件を超える不正があったことを発表した。 第三者委員会が立ち上げられ、調査が行われていくと発表されている中、シティ側はこの件を受け入れ調査の結果を待つと発表。違反はしていないと主張し、「驚いた」とした。 この件についてリアム氏がツイート。「プレミアリーグは大きないじめっ子だ。1つを調べるんじゃなく、全部調べろ」と投稿し、他のクラブの状況もしっかりと調査することを求めた。 リアム氏は、兄のノエル氏らと世界中で人気を集める「OASIS(オアシス)」の元メンバー。マンチェスターで生まれ、幼少期からシティの熱狂的なファンであり、迷惑行為でスタンドを追い出されたこともあるほどだ。 日本にもファンは多く、シティファンであることも広く知られた存在。シティ以外にも莫大な資金を投じてファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に抵触するスレスレのクラブもあるだけに、リアム氏の主張はあながち間違っていないかもしれない。 2023.02.07 22:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly