「アシストしようか?」デ・ブライネがレストランで悩むハーランドに助け舟? ピッチ外でもホットライン形成

2022.08.10 19:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネとノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが早くもタッグを形成している。イギリス『SPORTBIBLE』が伝えている。今夏ドルトムントから加入したハーランドは7日に行われたプレミアリーグ開幕節のウェストハム戦に先発。リーグ戦デビューを果たすと、36分には自ら獲得したPKを決めて初ゴールを記録。さらに、65分にはデ・ブライネのスルーパスに抜け出し、相手GKとの一対一を冷静に仕留めて2ゴールを奪った。

上々のスタートを切ったハーランドは、9日にインスタグラムを更新。レストランでメニューを眺める写真を添え、「全メニューを注文するつもりだ」とジョークを言い放った。

『SPORTBIBLE』によると、この投稿にデ・ブライネが反応していたようだ。「メニューを持って“アシスト”しようか?」とコメントすると、ハーランドからは「お願いします。なぜかは分からないけど毎晩その夢を見るんだ」と返しがあったという。

早くもホットラインを形成している2人。ハーランドはご飯だけでなくプレミアリーグのタイトルにも飢えているはずだが、デ・ブライネとのコンビでチームを連覇に導けるだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

シティ1年目のアルバレスが衝撃明かす 「ギュンドアンとデ・ブライネに驚かされた」

アルゼンチン代表FWフリアン・アルバレスはマンチェスター・シティ加入時にドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンとベルギー代表MFケビン・デ・ブライネのプレーぶりに驚かされたようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 今年1月にリーベル・プレートからシティ入りが決まったアルバレス。今季からシティの一員となり、まだまだこれからの選手だが、ここまで公式戦8試合に出場して3得点とさっそく才能の片鱗を見せている。 タレント揃いのチームでもやっていけるだけの力を示す22歳のアタッカーだが、全体的なレベルの高さを感じつつ、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で長らく中心格の2選手に衝撃を受けたという。 「ここには良い選手がたくさんいて、どの選手も美しいフットボールをしている。巧みなフットボールをするんだ」 「最初の数日間はイルカイとケビンのボールコントロールや、狭いスペースでの動き方、技術的なスキルにすごく驚かされた。家族に話をしたぐらいさ」 「僕はずっと世界最高の選手たちとプレーしたいと言ってきた。今はここマンチェスター・シティでそういう環境にいる。でも、代表でもそうだ」 「このヨーロッパでプレーする選手の大半は多くを学ぶことができる。ただ見るだけじゃなくて、一緒にピッチに立つことでね」 2022.09.23 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベ、カンテ&ギュンドアンのフリー獲得を検討? ともに来夏契約満了の見込みあり

ユベントスがプレミアリーグのベテラン2選手に関心を示し始めたようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 近年まれに見る大不振から抜け出せないでいるユベントス。マッシミリアーノ・アッレグリ監督の解任や、新たなスポーツ・ディレクター(SD)の招聘の噂が取り沙汰されている状況だが、来夏の補強プランも浮上している。 イタリア『トゥットスポルト』によると、チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(31)と、マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン(31)を来夏に向けてリストアップしているという。 2選手とも所属クラブとの契約が2023年6月までで、延長しない場合は来夏に退団となる流れ。ユベントスは近年、今夏のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアに代表されるベテラン選手のフリー加入も多く、かつてはアンドレア・ピルロ氏のフリー加入が契機となって、セリエA9連覇という黄金期を迎えた。 『トゥットスポルト』は、ユベントスは財政的に余裕がないうえ、両選手の年齢を考慮しても来冬にコストをかけてまで獲得する可能性はないと分析。だが、前述の理由から来夏であれば試してみる価値はあると主張している。 2022.09.22 18:06 Thu
twitterfacebook
thumb

「DAZN」が岩渕真奈、長谷川唯、清水梨紗&林穂之香がプレーするFA女子スーパーリーグの放映権獲得

「DAZN」が、なでしこジャパンの選手たちもプレーするイングランドの女子サッカーリーグ「FA女子スーパーリーグ(FAWSL)」と、「女子FAカップ」の放映権を獲得したことを発表した。 契約期間は今シーズンと2023-24シーズンの2シーズンとなっている。また、いずれの試合も、「DAZN UWCL」のYouTubeチャンネルにて、無料視聴できることができる。 FAWSLは2011年に創設され、現在は12チームで争われている。 各国の代表選手も所属する中、なでしこジャパンのFW岩渕真奈がアーセナルに所属。また、今夏ウェストハムからマンチェスター・シティへMF長谷川唯が移籍。さらに、今夏、日テレ・東京ヴェルディベレーザのDF清水梨紗、AIKフットボールのMF林穂之香がウェストハムに移籍加入している。 昨シーズンはリーグ戦、カップ戦ともにチェルシーが優勝し2冠を達成。年々レベルが上がっており、世界のスター選手のプレーも楽しめる。 「DAZN」では、スペイン女子プロサッカーのリーガF、UEFA女子チャンピオンズリーグ、Yogibo WEリーグなど女子サッカーのコンテンツも充実している。 ■『FA女子スーパーリーグ』配信スケジュール ◆第3節 ▽9月24日(土) 《21:30》 アーセナル vs トッテナム ▽9月26日(月) 《24:00》 チェルシー vs マンチェスター・シティ 《26:45》 リバプール vs エバートン <span class="paragraph-title">【写真】マンチェスター・シティへと移籍した長谷川唯</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CiQL9K8M9VK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CiQL9K8M9VK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CiQL9K8M9VK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">長谷川唯/Yui Hasegawa(@yui___hasegawa)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.22 16:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「僕と何の問題が…」 グリーリッシュが批判論者スーネスに反論

マンチェスター・シティのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュが批判論者のグレアム・スーネス氏に反論した。イギリス『メトロ』が報じている。 昨夏に1億ポンドの移籍金で鳴り物入りでシティに加入したものの、公式戦を通じても6得点に終わったグリーリッシュ。今季も先のプレミアリーグでシーズン第1号をようやく決めたが、それまで得点もアシストもなしだった。 数字としての活躍がままならず、今月のイングランド代表メンバー入りにも懐疑的な声が少ないなか、現役時代にリバプールなどでプレーしたグレアム・スーネス氏も「良い選手だが、偉大な選手じゃない」と切り捨てた。 そのスーネス氏から度々批判の矛先を向けられる27歳だが、アドバイスを受けるのはシティで師事を仰ぐジョゼップ・グアルディオラ監督だけと意に介さずの姿勢を示した。 「僕と何の問題があるのかわからないけど、彼はいつも色々と言ってくるよね。彼が『スカイ・スポーツ』に出演中だったり、練習場のあちこちで見かけるときは無視しがたい。彼は偉大な選手だったし、多くに勝ってきたけど、僕との間に何の問題があるのかわからない」 「彼が僕にボール離れをもっと早くしろと言っているのは知っている。でも、ペップ・グアルディオラのような監督の下でプレーしていて、彼からできるだけボールを持って、どこにでも運んでいけと指示されたら、それを心がけるものさ」 「僕は自分の試合をいつだって振り返り、自分に対してすごく批判的。特に、昨季の後半はベストな状態じゃなかった試合もあった。シティと契約したときから、その額的にもアーリング・ハーランドのようなスタートを切らないと笑ってばかりいられないとわかってもいた。頑張るしかない」 2022.09.22 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

出番減少のグリーリッシュが移籍を考慮? すでに代理人と相談か

イングランド代表MFジャック・グリーリッシュが、来夏のマンチェスター・シティ退団を検討しているようだ。 昨年夏に推定1億ポンドの移籍金でアストン・ビラから加入したグリーリッシュ。移籍後初戦から3試合で1ゴール1アシストを記録し、上々の新天地デビューを果たしかに思われたが、その後は鳴かず飛ばずの成績が続き、ジョゼップ・グアルディオラ監督も辛抱強く起用し続けたが、その期待に応えられたとは言い難い。 そうなるとやはりコストパフォーマンスの点が指摘され、メディアの格好の餌になることもしばしば。そんな中、今季はここまでリーグ戦7試合のうち3試合でベンチ外にされるなど、序列は昨季よりガクッと低下。 この状況にグリーリッシュが黙っているはずもなく、イギリス『90min』によれば、代理人に来夏の移籍に向けてクラブを探すよう以来したという。 ただ、グアルディオラ監督は「私は彼のプレーに満足している」と選手を擁護。「アストン・ビラでの信じられないようなゴールやアシストを期待して契約したわけではない。それには別の理由があり、彼はそれに応えてくれている」と、変わらずの信頼を示している。 17日に行われたウォルバーハンプトン戦で今季初ゴールを記録したグリーリッシュ。「もっとゴールやアシストをしていかないと」と意欲を燃やしていたが、その心境は果たして。 2022.09.20 22:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly