FC東京のMF平川怜が熊本に完全移籍! 「自分のサッカー人生で一番大きな決断」

2022.08.10 15:28 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ロアッソ熊本は10日、FC東京からMF平川怜(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「37」に決定している。

世代別代表歴を持つ平川はFC東京のアカデミー出身で、2016年から2種登録され、2017年11月にプロ契約を締結。2019年7月から出場機会を求め、鹿児島ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍した。

その後、2021年には再び育成型期限付き移籍で松本山雅FCに加わり、今年初めにFC東京へ復帰。しかし、今シーズンここまではJリーグYBCルヴァンカップで4試合に出場したものの、明治安田生命J1リーグでは出場機会はなかった。
そして、約10年間を過ごしたFC東京を離れ、熊本への完全移籍を決断した22歳MFは、両クラブの公式サイトを通じて自身の決断を説明している。

◆ロアッソ熊本
「ロアッソ熊本のファン・サポーターの皆さん。FC東京から加入することになりました平川怜です。とても魅力的なサッカーをするこのクラブの一員になれてとても嬉しく思います」

「このクラブとともに上をめざして日々全力を出していきます。これからよろしくお願いします」

◆FC東京
「FC東京のファン・サポーターのみなさん。この度、ロアッソ熊本に完全移籍することになりました。FC東京U-15むさし、FC東京U-18、そしてトップチームで約10年間、本当にお世話になりました」

「アカデミー時代から関わってくださったスタッフのみなさん、そして応援してくださったファン・サポーターの方々に味の素スタジアムのピッチで躍動する姿を見せる事ができず、とても残念で、悔しい気持ちです」

「このクラブを離れることは自分のサッカー人生で一番大きな決断でした。ただ、自分自身も変化しなければいけない時だと思い、覚悟を決めてチャレンジしようと思いました」

「ここで味わったさまざまな思いや経験を、次のステージで全てぶつけ、一回りも二回りも選手として成長できるように頑張ります。 あらためてファン・サポーターのみなさんありがとうございました」

関連ニュース
thumb

G大阪、躍進熊本のアタッカー杉山直宏を獲得! 今季J2全試合出場で9ゴール

ガンバ大阪は7日、ロアッソ熊本からMF杉山直宏(24)の完全移籍加入を発表した。 杉山はアビスパ福岡U-15の出身で、大津高校から順天堂大学に進学。2021年に熊本入りし、プロ入り後は左利きのアタッカーとして、初年度から明治安田生命J3リーグで28試合に出場して5ゴールを決めた。 迎えた今季は熊本が4位でJ1参入プレーオフに進み、昇格まであと一歩に迫ったなかで、自身もより存在感を高める1年に。J2リーグ全42試合出場で9ゴールのほか、プレーオフでも3試合1得点の数字を残した。 G大阪は今オフのここまで主力の退団者が目立つなか、大卒2年目の若きアタッカーを射止めた格好に。杉山はクラブの公式サイトを通じて、意気込みを語っている。 「この度、ロアッソ熊本から加入することになりました、杉山直宏です。ガンバ大阪という素晴らしいクラブの一員になれたことをとても嬉しく思います。一つでも多くのタイトルをとるために、自分の持っている全ての力を尽くして闘います! よろしくお願いします!」 一方で、熊本の公式サイトを通じては「この度、ガンバ大阪に移籍することになりました」と移籍を報告するとともに、感謝の言葉を綴った。 「2年間という短い期間ではありましたが、ロアッソ熊本という素晴らしいチームでプレー出来たことをとても嬉しく思います。大木さんをはじめ、スタッフ、チームメイトには本当に感謝しかありません」 「熊本のファン・サポーターの温かさ、試合の時の声援の力強さ、頼もしさはこれからも忘れることはありません。ロアッソ熊本の一員になれて本当に最高でした! ロアッソ熊本でプレーした選手として恥じないプレーをこれからもしていきたいと思います。2年間本当にありがとうございました!」 2022.12.07 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖が熊本の躍進支えたMF河原創を完全移籍で獲得「より一層成長できるように頑張ります」

サガン鳥栖は6日、ロアッソ熊本のMF河原創(24)を完全移籍で獲得することを発表した。 河原は熊本県出身で、熊本の下部組織や大津高校、福岡大学でプレーし、2020年に入団した。 1年目からJ3で34試合に出場し3得点を記録すると、2年目は28試合で1得点、天皇杯でも2試合で1得点を記録。チームのJ3優勝、J2昇格に貢献すると、今シーズンはJ2で42試合に出場し1得点を記録。天皇杯でも2試合で2得点を記録していた。 チームは3位で明治安田生命J2リーグを終え、J1参入プレーオフに出場すると、3試合でプレーした。 河原は両クラブを通じてコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「サガン鳥栖に関わる全ての皆様、はじめまして。ロアッソ熊本から加入させていただくことになりました河原創です。1試合でも多く皆さんと喜びを分かち合えるように全力でチームの為に戦います」 「そして、より一層成長できるように頑張ります。よろしくお願いします!」 ◆ロアッソ熊本 「この度、サガン鳥栖に移籍する事になりました。3年間、良い時も悪い時も熱く共に闘って頂いたファン・サポーターの皆さん、ご支援頂いているスポンサー様、そして一緒に戦い、日々成長させてくれた選手・スタッフのみんな、本当に充実した毎日を送れたのもロアッソ熊本に携わる全ての方々のおかげです」 「地元・熊本でプロ生活をスタートすることができたことは凄く光栄でしたし、この3年で県民の皆様に笑顔や元気、そして夢を与えることが少しばかりできたかなと思います」 「自分自身ここで学んだことをベースに、選手として、より成長してその姿を見せる事ができるように頑張ります。本当に3年間お世話になりました。ありがとうございました!」 2022.12.06 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

熊本が今治退団の島村拓弥を獲得 「一日でも早く自分を認めてもらえるよう」

ロアッソ熊本は6日、FC今治からMF島村拓弥(23)の完全移籍加入を発表した。 島村は京都サンガF.C.の育成出身で、2017年からトップチーム昇格。FC岐阜や、ブラジルのロンドリーナEC、セレッソ大阪でのレンタルも経験して、2021年から今治に活躍の場を移した。 今治では初年度から出番に恵まれ、今季も明治安田生命J3リーグ22試合に出場したが、シーズン終了後に退団。来季から熊本に加わることを受け、クラブを通じて意気込みを語っている。 「FC今治から加入することになりました、島村拓弥です。このチャンスをくれたロアッソ熊本に感謝したいです。一日でも早く自分を認めてもらえるように試合に出て、勝利に貢献できるように頑張っていきます! よろしくお願いします」 2022.12.06 14:20 Tue
twitterfacebook
thumb

躍進の熊本が伊東俊&三島頌平と契約更新! ともに主力

ロアッソ熊本は6日、MF伊東俊(35)とMF三島頌平(27)の契約更新を発表した。 国士舘大学卒の伊東はモンテディオ山形、愛媛FC、京都サンガF.C.でプレーした後、2018年から熊本でプレー。三島は中央大学からFC岐阜に入団後、今年から熊本に活躍の場を求めた。 チームとしてJ1参入プレーオフまで進み、昇格まであと一歩のところまで迫った今季の明治安田生命J2リーグでは背番号「10」の伊東が33試合5得点、三島が30試合1得点をマークした。 2022.12.06 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

躍進の熊本、在籍10年の黒木晃平と契約更新

ロアッソ熊本は30日、MF黒木晃平(33)との契約更新を発表した。 黒木は佐賀大学の出身で、サガン鳥栖でのプロ入りを経て、2013年から地元クラブの熊本でプレー。初年度から2シーズンにわたってレンタル加入だったが、2015年から完全移籍に切り替わった。 熊本では10年目の今季も主力として活躍し、チームが4位でJ1参入プレーオフに勝ち進んだ明治安田生命J2リーグでは加入後最多の41試合に出場(1ゴール)。J1参入プレーオフと天皇杯にもあわせて5試合でプレーした。 2022.11.30 13:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly