ヴェルナーが完全移籍でライプツィヒ復帰

2022.08.10 02:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒは9日、チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの4年間となっている。移籍金はドイツ『キッカー』によれば2000万ユーロ(約27億6000万円)+アドオンとのことだ。

ヴェルナーは2020年夏にライプツィヒから5300万ユーロ(約72億8000万円で)の移籍金でチェルシーに加入。新たなエースとしての期待が寄せられていたが、イングランドではブンデスリーガで見せていたほどの決定力を発揮できず。昨シーズンはプレミアリーグで21試合出場4ゴール1アシストの成績にとどまるなど、不本意なシーズンを過ごした。

一時はユベントスやニューカッスルへの移籍も取り沙汰されたたが、古巣復帰となった。

なお、ヴェルナーはライプツィヒ在籍期間に156試合90ゴール40アシストと圧倒的なスタッツを叩き出していた。

関連ニュース
thumb

チェルシーでの時間は「笑顔も涙もあった」 ヴェルナーが回想

RBライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが前所属クラブであるチェルシーでの時間を振り返った。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ヴェルナーは2020年夏に5300万ユーロ(現レートで約74億円)の移籍金でチェルシーに加入。エースとしての働きが期待されたが、初年度はプレミアリーグ6ゴールに終わると、挽回が期待された昨季もわずか4ゴールに終わり、期待を裏切る結果となった。 今夏の移籍市場でマンチェスター・シティからイングランド代表FWラヒーム・スターリングが加入したこともあり、序列低下が懸念されていたヴェルナーはライプツィヒ復帰を決断。8月に移籍金2000万ユーロ(約27億6000万円)+ボーナスでの移籍が発表された。 インターナショナルマッチウィークでドイツ代表に合流中のヴェルナーは記者会見の席でチェルシーについて触れ、多くを学べる時間だったと強調。現在はライプツィヒや代表でのプレーに集中していると語った。 「個人的に、チェルシーでベストな時間を過ごせたとは言えなかったね。加入したときは、もっと良いものを想像していたんだ」 「それでも、あそこではチャンピオンズリーグや他のトロフィーを獲得できた。多くを学べたと思うよ。海外にいた2年間を楽しめたし、ロンドンでの時間もとても楽しかった。笑顔のときも、涙のときもあったね」 「ライプツィヒに復帰して最初の数週間は、すべてが順調に進んだわけではないね。でも、新しい監督のフットボールは僕にとても合っていると思う。そして、代表チームで求められるものについても準備できるよ」 2022.09.23 17:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒがボルシアMGの元辣腕SDマックス・エバールを招へい

RBライプツィヒが、ボルシアMGからマックス・エバール氏(48)の引き抜きに成功した。 なお、2008年10月から2021年1月までボルシアMGでスポーツディレクターを務め、現在は一時同職から離れているものの、クラブとの契約が残っているエバール氏は、2022年12月15日付けでライプツィヒの新たなスポーツディレクターに就任することになる。 ボルシアMGを離れてライプツィヒで新たな挑戦に挑むことになった辣腕スポーツディレクターは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「RBライプツィヒへの加入を発表できることをとても嬉しく思う。回復に必要な時間を与えてくれたことに感謝しているし、再びフットボールの世界で働きたいと思う準備ができていて、エネルギーに満ちていると感じている」 「私は、近年急速に発展し、非常に野心的で、明確なフットボール哲学を代表するクラブに来ている。ここには、クラブ全体と地域全体に大きな可能性がある」 「この可能性を利用して発展させていくことは、私にとって信じられないほど魅力的な仕事だ。同様に、ここ数週間のオリヴァー・ミンツラフ会長との信頼できる話し合いと、ワールドカップが終わるまでクラブが私の休暇を尊重してくれたことは、心から引き受けたい仕事であることを明確にしてくれた」 現役時代に右サイドバックとしてバイエルンやボーフム、グロイター・フュルト、ボルシアMGでプレーしたエバール氏。現役引退後は古巣ボルシアMGで育成部門の責任者を務めた後、2008年からスポーツディレクターに就任した。 以降は古豪として知られるクラブで、10年以上に渡って補強部門の責任者を担い、監督人事、新戦力補強を主導。この間にタイトルこそ獲得できていないものの、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得など、安定してヨーロッパのコンペティションに参戦できる競争力をもたらしてきた。 2022.09.19 23:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ホフマンがドッペルパック、ボルシアMGが新生ライプツィヒに快勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第7節、ボルシアMGvsライプツィヒが17日に行われ、3-0でボルシアMGが快勝した。ボルシアMGのDF板倉滉は欠場している。 トレーニング中の負傷で板倉が長期離脱となったボルシアMG(勝ち点8)と、ローゼ監督が就任して公式戦2連勝のライプツィヒ(勝ち点9)の一戦。 試合は10分に動く。テュラムのヘディングシュートのルーズボールをホフマンが押し込んでボルシアMGが先制した。 さらに35分、ロングカウンターに転じた流れからボルシアMGがリードを広げる。テュラムが持ち上がってスルーパス、これを受けたホフマンがGKとの一対一を制した。 迎えた後半、53分に決定的な3点目がボルシアMGに生まれる。CKの流れからシュティンドルのパスを受けたベンセバイニがGKとの一対一を制した。 このまま3-0でボルシアMGが快勝。ホフマンの活躍でローゼ監督就任後、公式戦2連勝のライプツィヒに初黒星を付けている。 2022.09.18 03:32 Sun
twitterfacebook
thumb

「知的なゲームをした」終盤2発で連勝のレアル、アンチェロッティ監督は対策通り「カウンター攻撃はとても危険」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督がRBライプツィヒ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 14日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第2節でレアル・マドリーはホームにライプツィヒを迎えた。 初戦でセルティックに勝利したマドリーと、シャフタール・ドネツクに敗れたライプツィヒの一戦。試合はこう着状態で進んでいった中、80分にフェデリコ・バルベルデが貴重な先制ゴールを記録。さらに91分にはマルコ・アセンシオがゴール。終盤の2発で2-0と勝利を収めた。 前半はポゼッションしながらもライプツィヒのプレスに苦しんだマドリー。アンチェロッティ監督は、相手のパワーが落ちたところを狙っていったと語った。 「後半、彼らは素早いトランジションを行うためにエネルギーを落とした時、我々はプッシュし、それに値する勝利を収めた」 「シーズンのこの時点で、選手たちに素晴らしいサッカーをするように頼むことはできない。我々は知的なゲームをした」 「もっと早く得点したかったが、チャンピオンズリーグであり、ドルトムントを下して勢いをつけたライプツィヒと対戦した」 「この試合には少し懸念があったが、最終的には結果を出した」 また、相手のカウンターを警戒していたとコメント。チームとして警戒し、守備を整えていたと語った。 「目を見張るような試合ではなかったが、実際のところ、我々にとって最も重要なことはカウンター攻撃を避けることだった。彼らのカウンター攻撃はとても危険だ」 「前半はラインをかなり押し出したが、後ろはコントロールされたゲームができた。彼らは我々のラインの裏を2回ほど狙われた」 「相手の1番の強みはカウンターアタックなので、守備での警戒がとても重要だった。そういう試合をしたかった」 2022.09.15 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

バルベルデ2戦連発に渦中のアセンシオが意地の今季初弾! 王者マドリーがライプツィヒ撃破で連勝《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第2節、レアル・マドリーvsRBライプツィヒが14日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-0で勝利した。 ディフェンディングチャンピオンとして今季初戦に臨んだマドリーは、完全アウェイの雰囲気を醸し出したセルティック・パークで前半こそ苦戦を強いられたものの、終わってみれば3-0の快勝スタート。大会連覇へ好発進となった。今週末にアトレティコ・マドリーとの重要なダービーを控える中、グループステージ連勝を狙ったホームゲームでは、4-1で快勝した直近のマジョルカ戦から先発5人を変更。中盤をチュアメニ、モドリッチ、カマヴィンガに入れ替えたほか、カルバハルとナチョを最終ラインで起用。3トップは右からバルベルデ、ロドリゴ、ヴィニシウスの並びとなった。 一方、開幕からリーグ戦で苦戦が続くライプツィヒは、ホームで戦った今季CL開幕戦でシャフタール・ドネツクに0-4の完敗。この敗戦により、テデスコ監督が解任され、マルコ・ローゼが新監督に就任。その初陣となったドルトムント戦では指揮官の古巣相手に3-0の快勝を収め、新体制を最高の形でスタートした。王者相手に連勝を目指した一戦では、負傷のライマーに代えてハイダラを起用した以外、同じメンバーを継続。最前線にヴェルナー、2列目にショボスライ、フォルスベリ、エンクンクが並んだ。 立ち上がりからホームチームがボールを握る形となったが、先に決定機を作ったのはアウェイチーム。5分、カウンターから味方のスルーパスに抜け出したエンクンクがボックス内に持ち込んでシュートを放つが、これはGKクルトワの好守に阻まれる。 序盤は相手の強度の高いプレスに晒されて窮屈なボール回しを強いられたマドリーだが、時間の経過とともに左サイドバックのアラバやカマヴィンガ、モドリッチのインテリオールを軸にスムーズなボールの循環を見せ始める。そして、好調のロドリゴがボックス内で仕掛けてフィニッシュのシーンを作り出す。 その後、試合はボールを握るマドリー、カウンターで応戦するライプツィヒという構図の下で拮抗した展開に。その中でよりペースを掴んだのはアウェイチーム。ヴェルナーとエンクンクを起点に良い形でボールを引き出すと、そこから手数をかけない攻めできっちりフィニッシュまで持ち込む。 28分にはヴェルナーの浮き球スルーパスに反応したエンクンクがゴール前に飛び出すが、ここはGKクルトワの勇敢な飛び出しに阻まれる。さらに、34分には味方とのパス交換でボックス左に侵入したヴェルナーの折り返しにファーでフリーのエンクンクが飛び込むが、わずかに合わせ切れない。 一方、ベンゼマを欠くトリデンテがうまく機能せず、なかなか攻め手を見いだせないマドリーも、セットプレーからリュディガー、41分にはペナルティアーク付近で仕掛けたモドリッチが左足の鋭いシュートでゴールに迫るなど、盛り返す形で前半を最低限のゴールレスで終えた。 後半はマドリーが立ち上がりから圧力を強めショートカウンターの形から幾度か良い場面を作り出すが、決定機まであと一歩。その後は前半同様にヴェルナーにうまく前線で起点を作られ、引っくり返されるシーンも増えていく。 攻撃面での停滞を受け、アンチェロッティ監督は64分にカマヴィンガを下げて、直近のマジョルカ戦での出番なしにフラストレーションを露わにした渦中のアセンシオを投入。これでバルベルデがインテリオールにポジションを下げる。 72分にはそのアセンシオが自陣ボックス内での身体を張ったブロックでカウンターチャンスを演出すると、バルベルデの豪快な持ち上がりから最後はボックス内のヴィニシウスにラストパスが通る。だが、ヴィニシウスはGKグラーチにうまく間合いを潰されて絶好機を生かせない。 それでも、アセンシオ投入でチーム全体に躍動感が生まれたマドリーは、ここから攻勢を強めていく。そして、80分には直近のマジョルカ戦でチームを救ったウルグアイ代表MFが再び決定的な仕事を果たした。左サイドで仕掛けたヴィニシウスがボックス手前を横切るパスを供給。手前でロドリゴがスルーしてDFを寄せると、ファーでボールを受けたバルベルデが冷静な切り返しでDFを外して左足の正確なシュートをゴール左隅に突き刺した。 苦しみながらも先制に成功したホームチームは週末のダービーを睨んでモドリッチらをベンチに下げて試合をクローズにかかる。同じく選手交代で前がかる相手の攻勢を凌ぎながら時計を進めていく。 すると、試合終了間際の91分には相手陣内左サイド深くで得たFKの場面でサインプレーからクロースのマイナスのパスにペナルティアーク付近で反応したアセンシオが渾身の左足ダイレクトシュートをゴール右隅に叩き込み、勝利を決定づける会心の今季初ゴールとした。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、バルベルデの勝負強さにアセンシオの気迫のパフォーマンスで流れを引き寄せた王者マドリーが見事にグループステージ2連勝を達成。一方、王者に屈したライプツィヒはローゼ新体制2戦目で初黒星となった。 2022.09.15 06:06 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly