ザルツブルクの新たな注目株シェシュコ、姉妹クラブのライプツィヒに23年加入で去就決着か

2022.08.09 12:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レッドブル・ザルツブルクのスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコ(19)はRBライプツィヒ行きが濃厚視されるようだ。

昨季に公式戦36試合の出場で10得点7アシストとブレイクを遂げ、昨年6月にスロベニア代表デビューのシェシュコ。身長も190cm台とサイズも申し分なしの19歳を巡っては複数クラブとのリンクが取り沙汰され、沸々と注目度を高めている。

最近もマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーが争奪戦に名乗りと報じられたが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、ザルツブルクの姉妹クラブとしても知られるライプツィヒが2023年の獲得で迫っているという。

ザルツブルク側は今夏の移籍を求めるオファーを拒否しており、シュシュコが今季もチームに残るのに満足感を示している模様。今週中にも成立に至る可能性があるとのことだ。

関連ニュース
thumb

「とても面白い」ライプツィヒ指揮官がセルティックの日本人を警戒「真摯にサッカーをする」

RBライプツィヒのマルコ・ローゼ監督はセルティックの日本人選手を警戒しているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ライプツィヒは5日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第3節でレッドブル・アレナにセルティックを迎える。 就任直後のドルトムント戦は快勝。その後CLでレアル・マドリー、リーグ戦でボルシアMGに敗れたものの、代表ウイーク明け後のボーフム戦で大勝し、上向き調子で今節に臨む。CLでは2連敗中のライプツィヒは、セルティック戦を落とすわけにはいかない状況だ。 セルティックへの印象を訪ねられた指揮官は、非常にエキサイティングだとの見解を示した。その中で具体的な名前こそ挙げなかったものの、FW古橋亨梧、MF旗手怜央、FW前田大然の日本人プレーヤーが目を惹き、同時に警戒もすべきだと考えているようだ。 「セルティックは見ていてとても面白い、特に日本人選手は。我々は準備の段階でそのことをはっきりと指摘している」 「彼らが作り出すゲームは本当に印象的だ。上背はないが俊敏性に富み、特に1対1の状況を与えるのは好ましくない。素晴らしいメンタリティを持って、真摯にサッカーをすることができる。自らのアクションでゲームを決めることができるんだ」 「全体として、セルティックは非常にエキサイティングだが、最も重要なことはとても明確なプレースタイル持っていること。我々と同様、彼らは積極的にプレーし相手にプレッシャーをかけ、攻撃的なサッカーを目指している」 「チームはしっかりとオーガナイズされており、非常に勤勉でもある。アンジェ・ポステコグルーは素晴らしいクラブで本当に良い仕事をした」 <span class="paragraph-title">【動画】代表帰りの旗手が決めた圧巻ミドル</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4cRQjDjGAMo";var video_start = 168;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】OGに訂正され、幻の"CL初得点"となった旗手のプレー</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="XE5-Js3bU7U";var video_start = 16;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.05 18:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ポステコグルー「CLでは全試合がチャレンジ」 初勝利期すセルティックはライプツィヒとの敵地戦

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が意気込みを語っている。クラブ公式サイトが伝えた。 5日のチャンピオンズリーグ(CL)グループ第3節でRBライプツィヒとの敵地戦に挑むセルティック。先週末のスコティッシュ・プレミアシップを仕切り直しの白星を掴んだ勢いをもって、ここまで1分け1敗のCLでもグループ初勝利を目指す。 スコットランド王者といえど、CLではやはり簡単に勝てず、2試合を消化して3位のポステコグルー監督。ここまで2戦2敗で最下位に沈むライプツィヒとの試合に先立った会見で、チャレンジというワードを繰り返して必勝を期した。 「どんな試合もチャレンジだ。それがこの大会の性質だし、どのチームもトップクオリティを持つ。だから、それまでの流れや今後の試合に関係なく、次の課題は目の前にあるチャレンジに挑むことなんだ」 「ライプツィヒはトップクオリティのチームで、彼らのホームだし、フットボールクラブとしてファンタスティックなチャレンジになるはず。我々は自分たちが知るレベルのパフォーマンスを続けるだけだ」 「我々の立場からすれば、自分たちが何をやるかが大事。明日もチャレンジだ。彼らは非常に良いチームだし、数週間前に監督が代わって、より理解が深まり、週末の結果も素晴らしく、選手も揃っている」 また、「このレベルのパフォーマンスをし続けるだけ。続けられれば、勝つチャンスが得られる」と自チームのフットボールスタイルに自信をのぞかせ、自分たちの戦いに徹するのみだと続けている。 「最初の2試合もパフォーマンス面ではかなり良かった。初戦は1時間ぐらい良かったが、調子を落としてしまったんだ。2試合目のパフォーマンスも力強く、勝てた試合だったが、パフォーマンスだけの問題じゃない」 「相手によるところもあるし、良いプレーができるように準備して、それがどんな結果をもたらすのかを見てみるしかない。この試合はCLであり、一夜にして進歩することなどない。積み重ねが大事になってくる」 2022.10.05 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー行き噂のエンクンク、ライプツィヒ指揮官は「憶測だ、気にしない」

にわかにチェルシー行きの公算が高まっているライプツィヒのフランス代表MFクリストファー・エンクンク(24)。マルコ・ローゼ監督は平然とした態度を示している。 先日、ドイツ『ビルト』が報じたエンクンクの来夏のチェルシー移籍。これを皮切りに各メディアも一斉に情報を伝え出し、すでにメディカルチェックを済ませていることや、契約解除金の6000万ユーロ近い移籍金をチェルシーが用意していることが有力な情報となっている。 そんな中、5日に控えるチャンピオンズリーグのセルティック戦に向けた会見で、ローゼン監督が噂に言及。だが、「それは憶測であり、コメントすることはできない。気にしない。気にしない」と、意に介さずの姿勢を貫いた。 パリ・サンジェルマンの下部組織出身で、2019年夏にライプツィヒに加入したエンクンク。中盤のあらゆるポジションでプレーできるユーティリティ性が持ち味だが、センターFWやトップ下をメインとした昨季は、公式戦52試合で35ゴール20アシストという圧巻のスタッツを残していた。 2022.10.04 22:25 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーがフランス代表FWエンクンクの獲得に迫る…85億円の契約解除条項を支払う準備も金額交渉中

チェルシーがRBライプツィヒのフランス代表FWクリストファー・エンクンク(24)の獲得に迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 予てから獲得の噂が浮上していたエンクンクだが、ここに来て獲得が現実味を帯びてきている状況だ。 エンクンクは今夏の移籍市場でも多くのクラブが興味を示していたが、今年初めにライプツィヒと2年契約を結び、2026年まで契約を延長していたこともあり、移籍は実現しなかった。 そんな中、チェルシーは来夏の獲得を真剣に検討。他クラブが動き出す前に、契約解除条項の6000万ユーロ(約85億円)以上のオファーを出す準備を整えているという。 一部では、既にチェルシーのメディカルチェックを受けているとのこと。ただ、クラブ間の金額交渉が行われており、チェルシーは契約解除条項を支払う前に、値下げを求める考えがあるようだ。 パリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織で育ったエンクンクは、2019年7月にライプツィヒへ完全移籍。ここまで公式戦148試合で55ゴール48アシストを記録。今シーズンもブンデスリーガで8試合6ゴールを記録している。 2022.10.03 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

エンクンクが謎のタイミングでメディカルチェック? 主導はチェルシーか

ライプツィヒのフランス代表MFクリストファー・エンクンク(24)が、チェルシー移籍に向けて動きを見せているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 今夏にも関連が伝えられていたエンクンクとチェルシー。しかし、6月にライプツィヒと2026年まで契約を延長させたこともあり、移籍は非現実的だった。 それでもレアル・マドリーなど多くのビッグクラブが来夏の獲得に関心を寄せ、今後も人気株として注目される中、『ビルト』によればエンクンクは8月末にフランクフルトでメディカルチェックを受けたという。そして、それを主導したのがチェルシーとのことで、にわかにイングランド行きの公算が高まっているところだ。 なお、エンクンクには2023年夏に有効となる6000万ユーロのリリース条項があるようで、チェルシーはその条件を飲むと予想されている。 パリ・サンジェルマンの下部組織出身で、2019年夏にライプツィヒに加入したエンクンク。中盤のあらゆるポジションでプレーできるユーティリティ性が持ち味だが、センターFWやトップ下をメインとした昨季は、公式戦52試合で35ゴール20アシストという圧巻のスタッツを残していた。 2022.09.30 17:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly