バルサ、アーセナルの下部組織育ち…かつて大きな期待を寄せられたフラン・メリダが中国スーパーリーグの天津津門虎に加入

2022.08.06 22:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
中国スーパーリーグの天津津門虎は5日、スペイン人MFフラン・メリダ(32)が完全移籍で加入することを発表した。

メリダはバルセロナのカンテラ育ちで、2005年7月にアーセナルのU-18へと加入。元スペイン代表MFフランセスク・ファブレガスの再来として大きな注目を集める。

2007年7月にアーセナルのファーストチームに昇格。レアル・ソシエダへのレンタル移籍を経験するが、その後はアーセナルでも出番がほとんどなく、2010年7月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍する。
しかし、アトレティコでも期待された活躍はできず。ブラガへのレンタル移籍を経験すると、2012年8月にエルクレスへ完全移籍。その後は、アトレチコ・パラナエンセやウエスカ、オサスナと渡り歩き、2020年8月からエスパニョールでプレーしていた。

2021-22シーズンはラ・リーガで10試合、コパ・デル・レイで3試合に出場も退団。中国へと活躍の場を移した。

天津津門虎は、かつて天津泰達というチーム名で活動していた中。2021年に中国スーパーリーグのルールでチーム名を変更。その後、天津泰達グループがクラブを手放していた。

関連ニュース
thumb

ブレストがオリンピアコスからDFララを獲得! かつては仏国内屈指の攻撃的SBの評価

スタッド・ブレストは6日、オリンピアコスからフランス人DFケニー・ララ(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 ララは2023年1月1日付けでの加入となるが、すでにチームトレーニングに参加している。 これまでパリFC、ヴァランシエンヌ、RCランスと国内クラブを渡り歩いてきたララは、2017年に加入したストラスブールでブレイク。果敢な縦への仕掛けから繰り出す高精度のクロス、プレースキッカーを任されるほどの精度を持つ右足のキックを武器に、攻撃的な右サイドバック、ウイングバックとして評価を高めた。 その後、2021年1月に加入したオリンピアコスでは加入1年半は定期的にプレー機会を得て国内リーグ連覇に貢献したが、今シーズンは完全に構想外となり、ここまで一度の出場機会も与えられていなかった。 2022.12.06 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

元伊代表FWジラルディーノが古巣ジェノアの暫定指揮官に就任

元イタリア代表FWのアルベルト・ジラルディーノ氏(40)が、暫定的ながら古巣ジェノアのトップチームを指揮することになった。 ジェノアは6日、アレクサンダー・ブレシン監督(49)の解任を発表した。 ブレシン監督は今年1月中旬にジェノアの指揮官に途中就任。しかし、残留争いに巻き込まれていたチームを立て直せず。チームは19位でのセリエB降格となった。 そのまま留任となった今季のセリエBでは、15節消化時点で自動昇格圏内と6ポイント差の5位に位置するが、直近の5戦未勝利(2分け3敗)という不振を受け、クラブはドイツ人指揮官の更迭を決断した。 イタリア代表としても2006年ドイツ・ワールドカップで優勝を果たしたジラルディーノ氏は、現役時代に数多くのクラブでプレー。ピアチェンツァでキャリアをスタートさせると、エラス・ヴェローナ、パルマ、ミラン、フィオレンティーナ、ジェノア、ボローニャ、広州恒大(現:広州FC)、パレルモ、エンポリ、ぺスカーラ、スペツィアでプレーした。 2018年7月の現役引退はレッツァートで監督業をスタート。その後、プロ・ヴェルチェッリ、シエナで監督を務めていたが、2021年10月に解任。そして、今年7月から古巣ジェノアのプリマヴェーラで指揮を執っており、今回内部昇格の形で暫定指揮官に任命された。 2022.12.06 22:24 Tue
twitterfacebook
thumb

遠藤航&伊藤洋輝擁するシュツットガルト、新監督にラッバディア氏 「ブンデスにとどまるのを助けたい」

シュツットガルトは5日、新監督にブルーノ・ラッバディア氏(56)を招へいしたと発表した。 契約期間は2025年6月30日まで。併せて、現在暫定監督を務めているミヒャエル・ヴィマー氏がチームを去ることも発表している。 現役時代はストライカーとして名を馳せたラッパディア氏。2003年に故郷のダルムシュタットで監督としてのキャリアをスタートさせた。 これまでレバークーゼンやハンブルガーSVなど、ドイツ国内のクラブを歴任し、2010年12月から2013年8月にはシュツットガルトを指揮。元日本代表DF酒井高徳(現・ヴィッセル神戸)らを指導している。 直近では2020年4月というシーズン終盤から下位に沈んでいたヘルタ・ベルリンを指揮し、残留を勝ち取ったが、翌年1月に成績不振で途中解任。現在はフリーとなっていた。 シュツットガルトには日本代表MF遠藤航、DF伊藤洋輝のほか、U-21チームにDFチェイス・アンリとDF岡田怜が所属。昨季が劇的な残留を果たしたが、今季も開幕から苦しみ、9試合未勝利というクラブワースト記録を更新していた。 10月半ばには前・ペッレグリノ・マタラッツォ監督を解任し、ヴィマー氏が暫定監督に。現在もブンデスリーガで15試合を終えて3勝5分け7敗の16位に沈んでいる。 3日には敏腕スポーツ・ダイレクター(SD)として知られていたスヴェン・ミスリンタート氏が退任し、新たにファビアン・ウォールゲムート氏が就任。着々と改革が進んでいた。 古巣の再建を託されたラッバディア氏は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。 「ご存じのように、VfBは私にとってただのクラブではない。シュツットガルトで私は監督としてのキャリアの非常に重要な時期をほぼ3年間過ごした。今はただ、VfBがブンデスリーガにとどまるのを助けたいと思っている」 「すぐに業務を開始し、12月12日のトレーニング開始へ向けてすべての準備を整えようと思う。水曜日にはシュツットガルトに移動する。そうすれば、チームのパフォーマンスレベルをすぐに把握できるだろう。常に大きな喜びを持って懸命に取り組み、前進していく」 2022.12.06 13:55 Tue
twitterfacebook
thumb

アルメリアがマルセイユからコロンビア代表FWルイス・スアレスを獲得!

アルメリアは5日、マルセイユからコロンビア代表FWルイス・スアレス(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 スアレスは2017年7月にコロンビアのレオネスからワトフォードへ完全移籍。その後は、レアル・バジャドリーB、ヒムナスティック・タラゴナ、レアル・サラゴサへのレンタル移籍を経験。その後、2020年9月にグラナダに加入した。 グラナダでは在籍2シーズンで公式戦73試合14ゴール5アシストを記録。昨シーズンのラ・リーガでは37試合8ゴール4アシストの数字を残したが、チームは無念のセグンダ降格となると、今夏に5年契約でマルセイユへ加入。 しかし、マルセイユではイゴール・トゥドール監督の信頼を得られておらず、ここまで公式戦11試合に出場し、3ゴール1アシストを記録するも、先発出場はわずか3試合にとどまっていた。 なお、スアレスは年内のラ・リーガには出場できず、2023年初戦となる第16節のレアル・ソシエダ戦から出場できるとのことだ。 2022.12.06 06:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ガーナ、オットー・アッド監督の退任を正式に発表!「またGFAで働く機会があるかもしれない」

ガーナサッカー協会(GFA)は5日、ナナ・オットー・アッド監督(47)が同代表指揮官を退任したことを正式発表した。 アッド監督は今年2月、ミロバン・ライェバツ監督の解任を受けて暫定監督に任命された。その後、カタール・ワールドカップのアフリカ予選のプレーオフでナイジェリアを下し出場権を獲得。今年末まで契約を延長した。 そして本戦では、初戦でポルトガルに惜敗したものの、2戦目の韓国に勝利し、2位の好位置で最終戦へ。勝てば地力突破、引き分けでもその可能性が高かった中でウルグアイに敗戦。結局、グループ最下位で大会を後にすることになった。 大会終了後に退任を表明していたオットー・アッド監督は、5日にGFAが公式ツイッターで公開したビデオの中で「もしかしたら、またGFAで働く機会があるかもしれない。だが、次の2年半はドルトムントと契約しており、私はそれを尊重するつもりだ」とコメント。 今後は古巣であるドルトムントに戻り、人材育成コーチを務めることを明かした。 2022.12.06 01:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly