バロテッリ、スイスのシオン加入で個人合意か…あとはアダナ・デミルスポルとの交渉次第

2022.08.05 02:11 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スイスのシオンがトルコのアダナ・デミルスポルに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(31)の獲得に前進しているようだ。

かつてはビッグクラブを渡り歩いたものの、ここ数年はブレシアやモンツァなど、イタリアの小規模クラブでのプレーが続いていたバロテッリ。だが、昨夏に加入したアダナ・デミルスポルでは、公式戦33試合で19ゴール6アシストを記録。今年1月にはイタリア代表の強化合宿に参加するなど、その評価は回復しつつある。

完全復活ともいえる活躍を見せたバロテッリとアダナ・デミルスポルの契約は2024年6月まで残っているが、トルコでのキャリアが今夏で終わろうとしているという。
『Sport Italia』の移籍専門家であるアルフレッド・ペドゥーラ氏によると、バロテッリはジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が就任したばかりのバレンシアからの関心もあったが、それを蹴り、スイスのシオンと個人合意。あとはクラブ間の交渉次第というところまできている模様だ。

また、スイス『ブリック』によれば、アダナ・デミルスポルはバロテッリの移籍金を320万スイスフラン(約4億4600万円)と見積もっているが、シオンは200万スイスフラン(約2億8000万円)程度での獲得を望んでいる模様。両者の移籍金に開きがある状況の中、今夏での移籍は実現するだろうか。

関連ニュース
thumb

今季出場ゼロ… ミラン構想外のバカヨコ、トルコ行き了承も金銭面で不満?

ミランの元フランス代表MFティエムエ・バカヨコ(28)は、トルコ行きが破談に終わる可能性もあるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 2021年夏にチェルシーからのレンタルでミランへと復帰したバカヨコ。前回の在籍時は主力としてプレーしたが、2度目の加入後はパッとせず、今季に至っては一度もプレーしていない。 完全な構想外と見なされるなか、ミランとしては今夏に買い取り義務が発生するため、放出を躊躇する理由がなく、昨年末以降はスュぺル・リグ(トルコ1部)のアダナ・デミルスポルへの売却交渉に取り組んできた。 代理人も当該クラブとの話し合いを続け、25日にバカヨコ本人がトルコ行きを了承。現年俸250万ユーロを上回る300万ユーロ(約4億2000万円)の3年契約という条件を提示されているようだ。 トルコ行きが差し迫った状況とも考えられるが、どうやら金銭面で合意していない模様。このためか、アダナ・デミルスポルがバカヨコから撤退するそぶりを見せているとのことだ。 『カルチョメルカート』は、「バカヨコがミランを不安にさせている」と締めくくっている。 2023.01.26 18:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ラキツキが古巣シャフタールに4年ぶりの帰還! 「僕の心はシャフタールだけのもの」

シャフタールは16日、アダナ・デミルスポルから元ウクライナ代表DFヤロスラフ・ラキツキ(33)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。背番号はお馴染みの「44」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 愛する古巣へ4年ぶりの帰還を果たしたベテランDFは、クラブ公式サイトを通じて万感の思いを語った。 「僕はいつもシャフタールに戻ることを夢見ていた。このクラブが大好きで、僕の心はシャフタールだけのものだ。どこでプレーしても、このクラブに忠実だ」 「シャフタールの野望は変わらないよ。常にトップにあり、ヨーロッパカップで良い結果を達成する。その中で僕の仕事はチームを助けることだ」 ラキツキはシャフタールの下部組織出身で、2009年から2019年1月までトップチームに在籍。公式戦326試合に出場し、14ゴールを決め、19のトロフィー獲得に貢献していた。 その後、ゼニトに完全移籍して主力として活躍したが、昨年2月のロシアによる母国ウクライナへの軍事侵攻を受け、クラブとの契約を解除。今シーズンの前半戦はアダナ・デミルスポルでプレーしていた。 2023.01.17 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

母国で健在ぶり発揮のフッキがトルコ移籍か?

アトレチコ・ミネイロの元ブラジル代表FWフッキ(36)が、トルコのアダナ・デミルスポルに移籍する見込みだ。『NTV』など複数のトルコメディアが報じている。 かつては川崎フロンターレや北海道コンサドーレ札幌、東京ヴェルディでプレーし、日本にも馴染み深いフッキ。ポルトやゼニト、上海上港(現在は上海海港)を渡り歩いたのち、2021年1月にアトレチコ・ミネイロに移籍し母国凱旋を果たした。 その加入1年目には公式戦67試合で36ゴールをマークし、クラブ50年ぶりのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA優勝の原動力として活躍。また、同リーグの得点王やベストイレブン、そして年間最優秀選手賞を受賞し、個人賞を総なめに。 また、加入2年目も公式戦46試合29ゴールと、年齢を全く感じさせぬ圧倒的な存在感を示した。 その怪物アタッカーは昨年に1年の延長オプションを含む、2024年末までの契約をアトレチコ・ミネイロと結んでいるが、ここにきてトルコ行きの可能性が急浮上。 前述のトルコメディアによると、アダナ・デミルスポルはフッキ獲得に向けて個人間、クラブ間の双方で合意に至っており、ムラト・サンカク会長は元ブラジル代表FWの獲得を確信しているという。 なお、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が率いるアダナ・デミルスポルは、昨シーズン限りで元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが退団。昨年11月には元ロシア代表FWアルテム・ジューバが加入からわずか3カ月でクラブを離れており、得点源の獲得が急務となっている。 2023.01.05 05:30 Thu
twitterfacebook
thumb

今季出番ゼロ… チェルシー保有のミランMFバカヨコ、モンテッラ率いるトルコ1部クラブへ?

ミランの元フランス代表MFティエムエ・バカヨコ(28)に、アダナ・デミルスポルが触手を伸ばしているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 かつて将来を大きく嘱望されたバカヨコ。モナコ時代の2016-17シーズンにクラブをチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4へと導く活躍を見せ、シーズン終了後にチェルシーとの5年契約を勝ち取った。 しかし、ロンドンでパッとしない日々が続き、1年後にミランへ貸し出されると、その翌年は古巣モナコ、さらにナポリ、2021年夏から再びミランと、今季までに5シーズン連続でレンタル生活を続けている。 今季はここまで一度も出番がなく、来年1月の退団を決意したと言われるなか、元ミラン指揮官のヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が率いるトルコ・スュペル・リグのアダナ・デミルスポルから接触があったようだ。 バカヨコがトルコ行きを承諾するかどうかは不透明なものの、モンテッラ監督が率いるチームは資金力に不足はなく、来夏にチェルシーへの買い取り義務が発生するミランとしても放出を躊躇する理由がない模様。ミランは近日中にも代理人との会談に臨むとされる。 2022.12.21 20:28 Wed
twitterfacebook
thumb

中島翔哉がホームデビューもたった15秒で一発退場の衝撃…チームも0-3完敗

今夏トルコへと活躍の場を移したMF中島翔哉がまさかの記録を作ってしまった。 ポルトでは構想外の時間が長く続いた中島は、今夏の移籍市場でトルコのアンタルヤスポルへと完全移籍した。 その中島は11日に行われた第6節のカイセリスポル戦で終盤に起用されてデビュー。8分間プレーすると、17日に行われたアダナ・デミルスポル戦では59分と、デビュー戦よりも早い時間にホッサム・ガシャの交代で起用される。 ホームデビューとなった中島は前線のポジションに入り、最初のプレーでサイドにプレスをかけに行きボールを奪うが、ここでスライディングタックル。すると、ヨナス・スヴェンソンが痛み、主審はすぐにイエローカードを提示した。 プレーを初めて15秒でのイエローカード。激しいプレスがゆえにタックルが深く入ってしまった形だが、これがVARのチェック対象に。主審がオン・フィールド・レビューを実施した。 上からのカメラでは足首にスパイクが入っているように見え、主審はイエローカードを取り消し。レッドカードで一発退場。記録上は61分の退場となったが、プレー時間は15秒程度だった。 スタンドには中島の家族なのか、『beIN SPORTS』のカメラは日本人を映し出しており、中島の退場に顔を抑えるなどして悲しんでいる姿も確認できた。 トルコ2戦目は15秒で終了。チームもホームで0-3と敗れるなど痛い結果に。トルコでのスタートも難しいものとなっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ホームデビューの中島翔哉、プレー時間15秒、ファーストプレーで一発退場の衝撃…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr"> <a href="https://t.co/B3BOboWpKH">pic.twitter.com/B3BOboWpKH</a></p>&mdash; beIN SPORTS Türkiye (@beINSPORTS_TR) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_TR/status/1571206410481946624?ref_src=twsrc%5Etfw">September 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.18 12:47 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly