ウエスカ入りの橋本、ユニフォームを手に決意「ここに来られてとても幸せ」

2022.08.03 19:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ウエスカの日本代表MF橋本拳人がスペインの地へと降り立ったようだ。7月18日にヴィッセル神戸からウエスカへの移籍が報じられた橋本。2020年夏からロシア・プレミアリーグのロストフで欧州挑戦を決行したが、ロシアによるウクライナ軍事侵攻のために、国際サッカー連盟(FIFA)が設けた特例措置を利用して日本へ復帰。今移籍が再びの海外挑戦となる。

直近では神戸復調のキーマンとなり、EAFF E-1サッカー選手権では2試合に出場。新天地でも活躍が期待される。
橋本は3日にインスタグラムを更新。「ここに来られてとても幸せです。ウエスカのために頑張ります」と綴った。ウエスカのユニフォームを手にする姿には国内外から多数の声援が寄せられており、期待値の高さをうかがわせている。

なお、入団会見は日本時間3日の19時30分より、ウエスカ公式のYouTubeチャンネルにて放送される予定だ。

1 2

関連ニュース
thumb

W杯メンバー生き残り合戦、ウエスカMF橋本挙人は絶妙クロスから加入後初アシストでアピール

ウエスカの日本代表MF橋本挙人がスペインでも数字を残した。 4日に行われたセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第4節、ホームでのイビサ戦にスタメン出場を果たした橋本。立ち上がり14分にクロスから先制点をアシストする。 左サイドの深い位置を取ったウエスカは、押し込んだ状態から1つリターン。橋本はボールを引き取ると、FWケビン・カルロスの呼び込みを視野にとらえて丁寧な右足のクロス。ヘディングシュートをお膳立てした。 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻の影響で、3月にロストフからヴィッセル神戸に加入した橋本。出場機会奪取後はチームを復調させ、EAFF E-1サッカー選手権の日本代表にも選出された。 8月頭に加入したウエスカでは、開幕戦ではベンチスタート。2試合連続途中出場となっていたが、イビサ戦を含む直近2試合は先発で起用され、フル出場を果たしている。 後半にさらに追加点を奪ったウエスカは3-0で快勝。今季初白星を挙げている。 <span class="paragraph-title">【動画】橋本挙人、絶妙クロスでウエスカ加入後初アシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CiS_lx9D8eG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CiS_lx9D8eG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CiS_lx9D8eG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">SD Huesca(@sdhuesca)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.06 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

エスパニョール、ウエスカGKアルバロ・フェルナンデスをレンタルで獲得

エスパニョールは8月31日、ウエスカのスペイン人GKアルバロ・フェルナンデス(24)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 オサスナでプロデビューを飾ったアルバロ・フェルナンデスは、モナコを経て2019年夏にウエスカへ完全移籍。昨季はブレントフォードにレンタルで移籍し、プレミアリーグ12試合に出場していた。 2022.09.01 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

元バルセロナFWサンドロ・ラミレス、古巣ラス・パルマスに買取OP付きレンタルで加入

ラ・リーガ2部のラス・パルマスは22日、ウエスカのスペイン人FWサンドロ・ラミレス(27)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ラス・パルマスとバルセロナの下部組織で育ったストライカーのサンドロ・ラミレスは、バルセロナでプロデビュー後にマラガで活躍。しかし、その後は振るわずエバートンやセビージャ、レアル・ソシエダ、バジャドリーでは結果を残せなかった。 2020年10月からはウエスカに所属し、昨季はヘタフェにレンタル移籍。ラ・リーガ28試合出場で3ゴールを記録していた。 2022.08.22 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「最高のチャンスに恵まれた」ウエスカ加入の日本代表MF橋本拳人が意気込み「岡崎さんに話を聞いた」と先輩からの助言も明かす

ウエスカに加入した日本代表MF橋本拳人が入団会見に臨んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 FC東京やロアッソ熊本でプレーした橋本は、2020年7月にFC東京からFCロストフへと完全移籍した。 ロストフでは持ち前のハードなプレーと飛び出しの能力を発揮。公式戦30試合で8ゴール3アシストを記録した。 しかし、今年2月にロシアがウクライナへ軍事侵攻を開始。これにより、ロシアでプレーする外国籍選手は特別措置でフリーで移籍することが可能に。橋本はヴィッセル神戸へとレンタル移籍で加入した。 神戸では加入当初こそポジションを掴めなかったが、徐々に出番を得ると、10試合で1ゴールを記録。レンタル期間の延長が発表された中、突如ウエスカへの完全移籍が決定した。 日本代表に選出していた橋本はEAFF E-1サッカー選手権での活動を終えてチームに合流。今回の加入について改めてコメントした。 「僕は自分を努力家だと思っている。子供の頃からスペインリーグでプレーするのが夢で、ウエスカでは最高のチャンスに恵まれたと思う」 ウエスカには、かつて元日本代表FW岡崎慎司(カルタヘナ)が在籍。チームもラ・リーガに昇格するなど、良い時期を過ごしていた。 橋本は岡崎からもアドバイスがあったと言い、「岡崎さんに話を聞いたところ、このクラブはとても上手くいっていて、雰囲気もとても良いと聞いています。だから、ここに来たいとすぐに思いました」とコメント。ウエスカへの移籍の後押しになっていたと明かした。 また、ウエスカの試合を見た印象については「アグレッシブで組織的なスタイル」と語った橋本。自身のプレースタイルがハマりそうだが、開幕は14日。コンディションを上げて、開幕からプレーできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ウエスカのユニフォームを着て笑顔の橋本拳人</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">¡Le sienta bien el azulgrana!<br><br><a href="https://twitter.com/hassi37?ref_src=twsrc%5Etfw">@hassi37</a> <a href="https://t.co/XX3V0bfgTa">pic.twitter.com/XX3V0bfgTa</a></p>&mdash; SD Huesca (@SDHuesca) <a href="https://twitter.com/SDHuesca/status/1554802400434733058?ref_src=twsrc%5Etfw">August 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.03 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.109】カタール逆転滑り込みを賭けてE-1制覇に闘志。そして新天地・ウエスカへ/橋本拳人(ウエスカ/MF)

「Jリーグに戻ってからも、この時期に(EAFF)E-1選手権があることは分かっていたので、『入りたい』っていう思いを持ってプレーしていました。時期的に移籍の微妙なタイミングだとは思っていましたけど、選んでもらえたので期待に応えたい。アピールしたい気持ちはすごく強いです」 こう語気を強めたのは、代表デビューから3年が経過した橋本拳人(ウエスカ)。11月に迫った2022年カタール・ワールドカップ(W杯)滑り込みを狙う28歳のMFにとって、今回のE-1は最後のアピールの場と言っても過言ではない。 思い起こすこと、2019年3月。ボリビア戦(神戸)で初キャップを飾った彼は、6月のエルサルバドル戦(宮城)も出場。9月のW杯2次予選初戦・ミャンマー戦(ヤンゴン)では柴崎岳(レガネス)とボランチコンビを組むほどの急成長ぶりを見せていた。 この時点では、遠藤航がシュツットガルトに赴いたばかりで不安定な立場に立たされており、川崎フロンターレにいた守田英正(スポルティングCP)も好不調の波が大きかった。若手の板倉滉(ボルシアMG)や田中碧(デュッセルドルフ)はまだ発展途上で、橋本の序列はかなり高かった。本人も3年後のカタール本大会を視野に入れ、定位置を取りに行くつもりだったはず。その可能性は十分にあったと言っていい。 2020年夏にロシア1部・ロストフへ移籍を決断したのも、こうした成功ロードを確実にしたかったからだろう。異国の地ではFC東京時代より一列前の[4-3-3]のインサイドハーフを託された。指揮を執るヴァレリー・カルピン監督から「ゴール前へ入っていけ」と要求されたこともあり、グイグイと前へ出くプレーが増えた。その結果、1シーズン目は6ゴールをゲット。自身も大いなる成長を実感したという。 2021年夏からスタートした2年目はさらなる飛躍を期していたが、今年2月にロシアのウクライナ侵攻という予期せぬ出来事が起きる。ウクライナ国境に程近いロストフに居続けるのは、やはり危険というしかない。FIFAの特例もあり、彼はロストフとの契約を保留にして帰国。ヴィッセル神戸入りを決断した。 その3月末時点で、神戸はJ1最下位に沈んでいた。それでも、アンドレス・イニエスタ、大迫勇也らハイレベルな面々が揃う豪華集団は魅力的に映ったようだ。 「ホントに経験ある選手が多いですし、僕がミスをしたら怒鳴りつけてくれる選手が沢山いる。自分の成長を考えた時に一番いいクラブ。W杯を考えても休んでる場合じゃない。とにかく試合をしたい、代表をつかみたいという気持ちもあって、日本に戻ることを決めました」と本人も切なる思いを吐露していた。 けれども、神戸でのキャリアは順調とは言えなかった。4月のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)はケガで出られず、本格的にピッチに立てるようになったのは5月下旬。6月18日の柏レイソル戦では彼らしい飛び出しから今季は初ゴールも挙げたが、苦境打開のキーマンにはなり切れない部分があった。 橋本としては、6月代表4連戦での復帰を思い描いていただろうが、それも叶わなかった。W杯の可能性が日に日に少なくなる中、劣勢を覆すには、今回のE-1に出て活躍し、さらに欧州で実績を残すしかなかった。そう考えた彼はスペイン2部・ウエスカ移籍を決意する。自分なりに「カタールへの最短距離」を模索した結果に違いない。 「もちろんW杯のためにっていうのもありますけど、その先のキャリアも考えた。2部ですけど、活躍すれば1部に上がれる可能性もありますし、ステップアップできるかなって思いもある。でも僕は日々、代表に入りたいって思いでプレーしていたので、それをピッチで表現したい。今大会で優勝しないといけないし、勝利に貢献したいと思っています」と彼は偽らざる胸の内を打ち明けた。 24日の中国戦はおそらくスタメンで出るだろう。森保監督が[4-3-3]を採るのか、19日の香港戦(鹿島)と同じ[4-2-3-1]を選ぶのかは未知数だが、野津田岳人(広島)ら過去にプレー経験のない面々といい関係性を築きながら、自分のよさを発揮していくことが肝要だ。そのうえで、27日の韓国との決戦への挑戦権をつかみ、勝利し、スペイン移籍に向けて弾みをつけなければいけない。 今の代表MF陣を見ると、ご存じの通り、遠藤航、守田英正、田中碧がすでに一定の地位を築いている。それは橋本も理解している点だ。 「最終予選の3人はすごくいいバランスでやっていたし、連携もコントロールしながら試合を通して戦っていたので、学ばせてもらいました」と本人は神妙な面持ちで言う。 そこに加えて、ベテランの柴崎や原口元気(ウニオン・ベルリン)、鎌田大地(フランクフルト)もインサイドハーフ争いに名乗りを上げている。激戦区に橋本が割って入るのは厳しいが、彼には彼の強みがある。球際や寄せの激しさ、タテへの推進力、ゴール前の迫力といったストロングポイントを印象づけることで、必ず未来は開けてくるはずだ。 E-1の代表メンバー26人の中ではカタールW杯に近い位置にいる橋本。そこから序列を一気に引き上げられるか否か…。背番号15をつけるダイナモは代表人生を賭けた大勝負に挑む。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2022.07.24 15:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly