ライプツィヒがドイツ代表DFラウムをホッフェンハイムから完全移籍で獲得…5年契約

2022.07.31 21:40 Sun
Getty Images
RBライプツィヒは31日、ホッフェンハイムのドイツ代表DFダビド・ラウム(24)の完全移籍加入を発表した。
PR
契約期間は2027年6月30日までの5年間。背番号は「22」をつけることが決定した。
グロイター・フュルトの下部組織育ちのラウムは、2017年2月にファーストチーム昇格。2021年7月にフリートランスファーでホッフェンハイムへと完全移籍していた。

そのホッフェンハイムでは、左サイドハーフ、左サイドバックとしてブンデスリーガで32試合に出場し3ゴール13アシストを記録。チームの主軸として活躍していた中、今夏の移籍が取り沙汰されていた。

また、世代別のドイツ代表を経験し、2021年9月にはドイツ代表デビュー。ここまで9試合に出場していた。
なお、ドイツ『キッカー』によれば、移籍金3000万ユーロ(約40億9000万円)とのことだ。

PR
関連ニュース

トゥヘル退任決定のバイエルン、ケインの劇的ドッペルパックでライプツィヒに競り勝ち連敗ストップ【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第23節、バイエルンvsライプツィヒが24日に行われ、2-1でバイエルンが勝利した。 前節ボーフムに逆転負けし、公式戦3連敗となった2位バイエルン(勝ち点50)は、首位レバークーゼンとの勝ち点差を8に広げられた中、トゥヘル監督の今季限りでの退任が決定。そのバイエルンは出場停止のウパメカノに代わってセンターバックにはデ・リフトとダイアーが入った。 一方、5位ライプツィヒ(勝ち点40)は前節ボルシアMG戦でゴールを挙げたオペンダとシャビ・シモンズが先発となった。 開始5分にラファエル・ゲレイロの左クロスに合わせたケインのヘディングシュートでゴールに迫ったバイエルンが押し込む入りとする。 ここはGKブラシュヴィッヒのファインセーブに阻まれたバイエルンだったが、ポゼッションを高めてライプツィヒに圧力をかけていった。 ライプツィヒにカウンターを許さず試合を進めるバイエルンは34分、ムシアラのスルーパスに抜け出たサネがGKと一対一になるも、かわしにかかったところで角度が厳しくシュートを打ちきれない。 さらに42分、ゴール前のケインがバイシクルシュートを狙ったが、GKブラシュヴィッヒの正面を突き、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、53分にハイダラのミドルシュートでGKノイアーを強襲したライプツィヒは、直後のCKから決定機。シマカンのボレーでゴールに迫ったが、わずかに枠を外れた。 すると56分にバイエルンが先制。ムシアラのパスをボックス左で受けたケインがシュートを決めきった。 追う展開となったライプツィヒは61分に同点の絶好機。しかしシェシュコが抜け出してGKと一対一になるも、シュートはノイアーにビッグセーブで阻止された。 だが70分、ライプツィヒが追いつく。ダニ・オルモのパスをボックス内で受けたシェシュコが今度はシュートを決めきった。 追いつかれたバイエルンは80分、ケインがゴール至近距離からヘディングシュートを狙うも枠外へ。それでも追加タイム1分、ケインがバイエルンを救う。ボックス左に侵入したチュポ=モティングの浮き球ボールをケインが左足ボレーで蹴り込んだ。 これが決勝点となってバイエルンが競り勝ち、連敗を止めている。 2024.02.25 04:26 Sun

バイエルン、ライマーが古巣ライプツィヒ戦で復帰へ

バイエルンのオーストリア代表MFコンラート・ライマーが24日に行われるブンデスリーガ第23節、古巣ライプツィヒ戦で復帰するようだ。トーマス・トゥヘル監督が前日会見で明かしている。 ライマーは1月24日に行われたウニオン・ベルリン戦でふくらはぎを負傷。公式戦5試合を欠場していた。その間、チームは公式戦3連敗を喫し、トゥヘル監督は今季限りでの退任に追い込まれてしまった。 先発できるかは微妙なようだが、ボランチ、右サイドバックを器用にこなすライマーの復帰で連敗を止めることはできるか。 2024.02.23 23:30 Fri

バイエルンからの退任が決まったトゥヘル監督が経緯を説明「私だけが問題だとは思わないが、私には責任がある」

バイエルンのトーマス・トゥヘル監督が、退任に至った経緯を説明した。 21日、バイエルンはトゥヘル監督との契約を今シーズン限りで終了することを発表した。 ブンデスリーガ12連覇を目指すクラブだが、直近で公式戦3連敗。不甲斐ない戦いが続き、チームとしても不安定さが露呈し始めていた中での発表だった。 残りシーズンを指揮することになっているトゥヘル監督だが、チーム状態が上がらないようであれば、早期退任も有り得るとの報道も出ている。 そのトゥヘル監督は、RBライプツィヒ戦に向けた記者会見に出席。改めて、今シーズン限りで退任することになった経緯を語った。 「我々は火曜日に話し合い、水曜日にチームと皆さんに伝えた。我々は自分たちのプレーの方法、勝ち点、そして最近の3つの敗戦に満足していない」 「明確な状況ではなく、罪を犯した人物もいない。ただ、責任は私にある。サッカーの発展と結果は、私が望んでいたものではない」 不甲斐ない状態が続いている現状。当然満足することなどないが、残りシーズンへの取り組む姿勢は変わらないとのこと。むしろ、制約がない中で自由にやりたいようにできることがプラスだとした。 「我々はフットボールと自分たちがやっていることが本当に大好きだ。私にとって、5年契約か5週間の契約かは問題ではなかった。重要なことは、今ここにあるということだけ。新たな状況となったが、それは重要ではない」 「この仕事が大好きで、以前と同じエネルギーで仕事に取り組むことは明らかだ。今は明晰さがあり、自由をててくれる。監督にとっても、選手にとっても、自由というのは常に良いものだ」 チームとの話はすぐに終わったというトゥヘル監督だが、感情的にはなっていないという。 「火曜日に短い会話で確認し、水曜日に決断した。私はプロとして、感情的にはならずに見ている。これは最高レベルのプロスポーツだ。私だけが問題だとは思わないが、私には責任がある」 「この展開には満足はしていない。今、我々は新たな状況に直面しており、それは解決される。状況が明確になり、自由がもたらされることを願う」 また、不和が噂されている選手たちについても言及。選手たちが持っているものを引き出すだけだとし、失望はしていないとした。 「私は個人的に選手たちに失望しているわけではない。我々には高い基準があり、それは変わらない。我々は彼らから最高のものを引き出そうと努めている」 「この決定はシーズンの終わりに下されたものであり、我々がそうではないことを示している。完全に別々に働いている」 2024.02.23 22:05 Fri

【ブンデス第23節プレビュー】トゥヘル退任決定のバイエルン、ライプツィヒとの上位対決

前節はバイエルンがFW浅野被弾によってボーフムにまさかの敗戦。公式戦3連敗を喫し、トゥヘル監督の今季限りでの退任が決まった。一方で首位レバークーゼンはハイデンハイムを退け、バイエルンとの勝ち点差を8に広げている。迎える第23節、2位バイエルン(勝ち点50)は5位ライプツィヒ(勝ち点40)との上位対決に臨む。 前節ボーフム戦ではMFムシアラの先制弾など良い入りを見せていたバイエルン。しかし浅野に同点弾を許してリズムを狂わされると、前半のうちに逆転され、後半半ば過ぎにDFウパメカノがまさかの公式戦2試合連続退場で終戦となった。負の流れが止まらず、ついにトゥヘル監督の今季限りでの退任が発表されるに至ったが、ライプツィヒとの上位対決で連敗を止めることはできるか。 対するライプツィヒは前節、DF板倉が先発したボルシアMGに2-0と快勝。MFシャビ・シモンズ、FWオペンダの両若手エースがゴールを挙げた。不振のバイエルンを叩き、1ポイント差の4位ドルトムントを捉えられるか。 首位レバークーゼン(勝ち点58)は金曜に17位マインツ(勝ち点15)と対戦する。レバークーゼンは前節、ハイデンハイムを攻めあぐねるも終わってみれば2-1で勝利。しっかりと勝ち点3を積み上げ、また一歩初優勝に近づいている。降格圏に沈むマインツを下し、バイエルンに更なるプレッシャーをかけたい。 3位シュツットガルト(勝ち点46)は16位ケルン(勝ち点16)と対戦。シュツットガルトは前節、DFシュテンツェルが前半追加タイムに退場した中、FWギラシー弾などを守り抜いて最下位ダルムシュタットに勝利。数的不利に陥っても勝ち切る強さを示した中、今節も下位に沈むケルンを下して3位堅守なるか。 4位ドルトムント(勝ち点41)は9位ホッフェンハイム(勝ち点27)と対戦。ドルトムントは前節、ヴォルフスブルクに1-1のドロー。攻撃が噛み合わず引き分けた中、火曜に行われたチャンピオンズリーグではPSVに敵地でドローとした。FWマレンの恩返し弾で先制しただけに勝ち切りたいところだったが、敵地での引き分けは悪くない結果。良好なチーム状態を維持している中、ホッフェンハイムを下して4位死守なるか。 バイエルン相手にゴールを挙げた浅野の11位ボーフム(勝ち点25)は板倉が出場停止の15位ボルシアMG(勝ち点22)と対戦。バイエルン相手に会心の勝利としたボーフムは勢いそのままに5試合勝利のないボルシアMGを下せるか。浅野の連発に期待だ。 MF堂安が前節フランクフルト戦でゴールを挙げた8位フライブルク(勝ち点29)は14位アウグスブルク(勝ち点23)と対戦。フランクフルト戦では3度追う展開となりながらも引き分けに持ち込んだフライブルク。連敗を3で止め、ヨーロッパリーグでは堂安がフル出場した中、延長戦の末にランスを下してラウンド16に進出した。良い流れの中、堂安のリーグ戦連発で5試合ぶりの勝利としたい。 今季初先発を果たしたDF長谷部の6位フランクフルト(勝ち点33)は12位ヴォルフスブルク(勝ち点24)と対戦。フライブルク戦では的確なビルドアップを見せ、流石の落ち着きを見せていた長谷部だったが、味方のミスもあってPKを献上してしまった。結果3失点と、リベロで出場の長谷部としては悔しい結果となったが、挽回のチャンスは与えられるか。 ◆ブンデスリーガ第23節 ▽2/23(金) 《28:30》 レバークーゼンvsマインツ ▽2/24(土) 《23:30》 ウニオン・ベルリンvsハイデンハイム ボルシアMGvsボーフム ブレーメンvsダルムシュタット シュツットガルトvsケルン 《26:30》 バイエルンvsライプツィヒ ▽2/25(日) 《23:30》 フランクフルトvsヴォルフスブルク 《25:30》 ドルトムントvsホッフェンハイム 《27:30》 アウグスブルクvsフライブルク 2024.02.23 18:00 Fri

ライプツィヒ指揮官ローゼ、「主審が正直ならミスを認める」

ライプツィヒのマルコ・ローゼ監督が激闘から一夜明け、誤審があったと追及した。 ライプツィヒは13日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグでレアル・マドリーと対戦。優勢に試合を進めながらも0-1で惜敗したが、誤審がなければ違った展開となっていたかもしれない。開始1分過ぎにCKの流れからFWシェシュコがヘディングでネットを揺らした場面が、オフサイドを取られてノーゴールとなっていた。 しかしリプレーを見ると、ロドリゴがラインを上げきれず残っており、オンサイドであることが認められる。これを受けローゼ監督は以下のように述べた。 「もし主審があのゴールを取り消した場面を見返し、正直であればミスだったことを認めるだろう。もしミスを認めるなら私も同意する。ミスは誰もが犯すからね。線審は旗を上げ、オフサイドが取られた。そしてFKから再開している。オフサイドではないのにね。辻褄が合わない。初めてのノックアウトラウンドでのジャッジだったから緊張していたのかもしれない。次の機会では改善されることを願っている。もちろん、彼が故意にしたとは思っていない」 2024.02.15 00:00 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly