琉球選手1名が新型コロナ陽性診断…30日の熊本戦は陰性判定者でエントリー

2022.07.30 16:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC琉球は30日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス感染症陽性診断を報告した。

当該選手は29日深夜に発熱症状があり、翌日に県内病院にてPCR検査を受け、陽性診断。適切な指導及び対策のもとで療養中で、チーム内にJリーグのガイドラインに基づく濃厚接触疑いの者はいないという。

30日に行われる明治安田生命J2リーグ第29節のロアッソ熊本戦は試合当日のスクリーニング検査で陰性判定の者でエントリー予定とのことだ。

関連ニュース
thumb

金沢退団の高安孝幸、新天地は地元クラブの琉球に!

FC琉球は7日、ツエーゲン金沢からDF高安孝幸(21)の完全移籍加入を発表した。 高安は沖縄県生まれで、過去に琉球のU-12に在籍。2020年に興國高校から金沢でプロ入りし、1年目の明治安田生命J2リーグで33試合に出場した。 ただ、そこから出番が減っていき、今季は5試合のみのプレーに。シーズン終了後に契約満了となったが、新天地は地元クラブの琉球に決まった。 琉球を通じて「FC琉球に加入することになりました高安孝幸です。自分が小さい頃から見てきたチームでプレーできることがとても嬉しいです。チームの勝利に貢献できるようにそして、個人としてもレベルアップできるように頑張ります。応援よろしくお願いします」とコメントしている。 一方で、金沢側では「ツエーゲン金沢に入団して3年間プレーさせてもらい、プロとしての在り方や厳しさをこのチームでたくさん学びました。退団することになりましたが、このチームで学んだことを活かして今後も頑張っていきます。3年間応援本当にありがとうございました」と綴った。 2022.12.07 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

J3降格の琉球が10番MF富所悠と契約更新「必ず優勝します!」

FC琉球は29日、MF富所悠(32)との契約更新を発表した。 富所は小学生から東京ヴェルディの下部組織に所属。2009年にトップチームに昇格し、デビューを果たしたものの、2年目は出番がなく退団。2011年からは当時JFLのAC長野パルセイロへと完全移籍した。 長野では1年の在籍に終わると、2012年に琉球に加入。当時のJFLでプレーしチームのJリーグ昇格に貢献。J3の1年目からは主軸としてプレーすると、2018年にはチームのJ3優勝に貢献していた。 今シーズンもJ2で34試合に出場し1得点を記録。チームは最下位でJ3に降格したが、1年での復帰を目指して戦うことになる。 富所はクラブを通じ、「必ず優勝します!」と短いながらも気持ちのこもったコメントを残している。 2022.11.29 13:52 Tue
twitterfacebook
thumb

「必ず一年でJ2に戻りましょう!」琉球がMF武沢一翔と契約更新、大卒1年目から35試合に出場

FC琉球は28日、MF武沢一翔(23)との契約更新を発表した。 武沢は茨城県出身で鹿島アントラーズのジュニアユース、ユースに所属。トップチームには昇格することなく、東京学芸大学へと進学し、今シーズンからFC琉球に加入した。 プロ1年目から主力となり、今季はJ2で35試合に出場。チームはJ3降格となったが、中盤のレギュラーとして存在感を示した。 契約更新を受け、次のようにコメントしている。 「来シーズンもFC琉球で闘わせていただくことになりました。昨シーズンに経験した悔しさを決して忘れることなく、その想いを原動力に変え、選手、スタッフ、ファンサポーターの皆様、そしてクラブに関わる全ての方々と共に必ず一年でJ2に戻りましょう!」 「目標がブレることはありませんが、地に足をつけて、目の前の試合、目の前の練習に100%で取り組むことをお約束します。来シーズンも熱い応援をよろしくお願いします!」 2022.11.28 18:04 Mon
twitterfacebook
thumb

J3降格の琉球がMF福村貴幸と契約更新「J2昇格目指して全力で頑張ります」

FC琉球は25日、MF福村貴幸(30)との契約更新を発表した。 福村は京都サンガF.C.や清水エスパルス、FC岐阜、ガイナーレ鳥取、東京ヴェルディでプレー。今シーズンから琉球に加入し、明治安田生命J2リーグで32試合に出場していた。 チームはJ3へ降格となった中、残留を決めた福村はクラブを通じてコメントしている。 「2023シーズンもFC琉球でプレーさせていただく事になりました。J2昇格目指して全力で頑張ります。宜しくお願いします」 2022.11.25 11:58 Fri
twitterfacebook
thumb

水戸、横浜FCのFW草野侑己を完全移籍で獲得!「特大なインパクトを与えるためやってきました」

水戸ホーリーホックは24日、横浜FCからFW草野侑己(26)の完全移籍加入を発表した。 北海道出身の草野は、2019年に阪南大学から横浜FC入り。デビューシーズンから明治安田生命J2リーグで11試合に出場して、4ゴール1アシストを記録した。 その後、レノファ山口FCを経て今季は琉球に期限付き移籍の形で加入。6月に左ヒザ内側側副靱帯を損傷しながらも、J3降格が決まったチームでリーグ戦22試合に出場して7ゴール2アシストの成績を残した。 新シーズンから水戸でプレーすることが決まった草野は、琉球を含む3つのクラブでそれぞれコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「水戸ホーリーホックに関わるすべての皆様方。完全移籍で加入しました草野侑己です。皆様に特大なインパクトを与えるためやってきました。ゴールはもちろんチームを勝たせる選手になるため、このクラブで自分の価値を証明したいと思っています。よろしくお願いします」 ◆横浜FC 「横浜FCに関わるすべての皆様、4年間ありがとうございました。横浜FCでプレーできたのは2年間でしたが、その2年間は僕のサッカー人生にとってとても貴重な時間となりました。沢山の方々に応援してもらい、プロという一歩を横浜で踏み出せたことは本当に嬉しかったです」 「三ツ沢でプレーすること、そしてゴールすることは僕にとって1番の喜びでした。それはこれからも変わりません。もっと皆さんに僕のプレーを見てもらいたかったですし、僕のゴールで皆さんにたくさん喜んでもらいたかったですが、それがもう叶わないと思うと非常に悔しいです」 「ですが僕のサッカー人生は終わったわけではありません。またいつかこのピッチに帰ってこれるように、そして成長した姿を皆様にお見せできるように頑張りたいと思います。4年間本当にありがとうございました!またお会いできる日を楽しみにしています!ビッグになってまた会いましょう!!」 ◆FC琉球 「FC琉球に関わるすべての皆様方1年間ありがとうございました。怪我などもあり、皆さんの前でたくさんのプレーを見せることができなく非常に悔しく思っています。そしてJ 3降格してしまったこと、本当に申し訳なく自分の力のなさを痛感いたしました」 「またいつか成長した姿を皆様にお見せできるようにサッカー人生頑張っていきたいと思います。1年間でしたが本当に沖縄の地を好きになりました。自然豊かで家族もいつも楽しく過ごすことができました。1年間ありがとうございました」 2022.11.24 17:56 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly