藤田譲瑠チマ、初のA代表に手応え「今回の経験をJリーグに繋げたい」

2022.07.27 23:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表のMF藤田譲瑠チマが、EAFF E-1サッカー選手権を振り返った。

27日に韓国代表と対戦した日本。勝てば優勝というシンプルな構図だった中で、後半立ち上がりの49分、藤田の正確なクロスからFW相馬勇紀がヘディングシュートを突き刺し先制に成功する。

これで勢いがついた日本は、63分にはCKからDF佐々木翔が追加点。72分には見事な崩しからFW町野修斗が3点目を決めて、3-0で快勝した。
この結果、4大会ぶり2度目のE-1制覇を成し遂げた日本だが、その中で収穫だったのが藤田だ。今大会初戦の香港代表でA代表デビューを果たした藤田は、韓国戦では堂々たるプレーで中盤に君臨。攻守の切り替えの早さ、ボールプレーの安定感が光り、サムライブルーのダイナモとして活躍した。

とりわけ後半のプレーには本人も手応えを感じているようで、大会を通じて結果を残すことができたと自負した。

「初めてのA代表だったので、とりあえずがむしゃらに取り組もうと。目の前の試合をこなす中で、結果を残すことはできたのかなと思います」

「韓国戦は、後半は結構余裕を持ってプレーできたんですけど、前半はなかなか自分のところでテンポを出すプレーができてなかった印象でした。でも、前半にチームとして耐えられたっていうのが自分の中に自信につながり、後半に勢いを持って入れたのかなと」

「今日できたことは、特に後半は自分のところでテンポを出したり、得点に結びつくようなパスだったり、自分で持ち運んだりするボックス・トゥ・ボックスのプレーです。逆に奪い切れるとことで奪い切れなかったことや、攻撃のところでバックパスが多かったことは課題です」

今回のE-1でかなり評価を高めた藤田だが、自身のカタール行きについてはチャンスはないだろうときっぱり。今大会で得た経験を今後のクラブでの活動に活かしたいと、将来を見据えたコメントを残した。

「まあ、行けたらいいですけど。そんなに簡単な壁ではないと思うので、この大会が良かったから選ばれるとは思っていません。この大会をきっかけに自信がついたので、Jリーグでの活躍を続けて、そういう日々を評価されて選ばれれば嬉しいなと思います」





1 2

関連ニュース
thumb

日本代表サポーターが影響!? 劇的勝利のイラン、スタンドでファンがゴミ拾い「素晴らしい行動」

日本代表サポーターの行動が影響を与えたのかもしれない。 25日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループB第2節のウェールズ代表vsイラン代表が行われ、イランが終盤の2ゴールで劇的な勝利を収めた。 サウジアラビア代表がアルゼンチン代表を、そして日本代表がドイツ代表を撃破し、アジア勢の勝利が話題を呼んでいる今大会。その中で、イランも相手の退場もありながら、そのチャンスを生かして勝利を収めた。 初のグループステージ突破に向けての大きな1勝に沸く中、スタンドではファンの行動が話題となっている。 ウェールズ戦の勝利後、イランのサポーターがスタンドで何やら動きを見せると、椅子の下などに捨てられているペットボトルやゴミを集めているのだ。 中にはゴミ袋にまとめている人もおり、ゴミ袋を持っていない人は、座席の上にまとめてゴミを収集するという行動に。勝利に浮かれて散らかすのではなく、しっかりと自分たちが出したゴミ、そして周りの仲間が出したゴミもまとめていた。 ゴミ拾いという点では、日本代表のサポーターが自分たちとは関係ないゴミも拾って試合を後にしたことが話題となり、今大会を運営するボランティア団体からも直接感謝の言葉をもらうという事態にも発展。また、国際サッカー連盟(FIFA)もちょんまげ隊長として知られるツンさんこと角田寛和さんにインタビューをするほど。日本のサポーターのマナーの良さは今大会でも脚光を浴びていた。 日本では同じ行動を取る人も少なくなく、見慣れた光景かもしれないが、他国のファンにも影響を与えている可能性が。この行動には「日本の影響だ」、「素晴らしい行動」 、「これは日本の文化が生んだものだ」と、日本に触発されたというコメントの他、拍手の絵文字が多く送られていた。 <span class="paragraph-title">【動画】日本サポーターに触発? 勝利後のイランファンがゴミ拾い</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"> | <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://t.co/qduHbw8Q3L">pic.twitter.com/qduHbw8Q3L</a></p>(@alkasschannel) <a href="https://twitter.com/alkasschannel/status/1596123953780621313?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.26 18:43 Sat
twitterfacebook
thumb

代表ユニのグラビア披露の日向坂46影山優佳さんも世界へ? 日本が誇るサッカー好きアイドルがドイツ戦感想を英文投稿

アイドル界一サッカーに造詣が深いとの呼び声が高い日向坂46の影山優佳さんが、世界を意識し始めたのかもしれない。 カタール・ワールドカップ(W杯)のドイツ代表vs日本代表で、ABEMAの生中継にスタジオ出演した影山さん。現地解説の本田圭佑へも鋭い質問を投げかけていた。 その影山さんは24日に自身のインスタグラムを更新。ドイツ戦の感想を簡潔ながらも的確に残した。しかも、海外を意識してか、日本語でだけでなく、同内容のものを英語でも綴っている。 「サッカーワールドカップで日本とドイツの試合にゲスト出演させていただきました!」 「前半はドイツの3バック戦術に苦戦しましたが、後半はかわって日本のアイデアや全員での攻守で魅了していましたね」 「三笘選手のウィングバッグは5バック戦術の最大のストロングポイントだった印象!これからのチームがますます楽しみです!」 すでにアイドルという枠を越え、日本でも指折りのゲストコメンテーターとなっている影山さん。世界からオファーが来る日も近いかもしれない。 なお、同日発売の『週刊ヤングジャンプ』のグラビア告知は、日本語のみにとどめている。こちらはユニフォームからスパイクまで着用した選手仕様の姿に加え、パジャマ姿でW杯の模造トロフィーを抱く姿などを掲載している。 「写真は本日発売の『週刊ヤングジャンプ』52号です!」 「代表ユニフォーム・審判・応援・パジャマなどなどさまざまな形でサッカーを楽しむ私をお届けしています」 「33Pから超コアなサッカーインタビューも!#冨安健洋 選手のインタビューもあります!」 「ぜひぜひよろしくお願いします〜!!」 <span class="paragraph-title">【写真】ドイツ戦の感想を英語でも綴った影山さん、代表ユニフォームやパジャマ姿のグラビア告知も</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClUzL3NvgRb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClUzL3NvgRb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClUzL3NvgRb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">影山優佳 / Yuka Kageyama(@kageyamayuka_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.26 08:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「このメンツえぐ」「かっこよ」解説が話題の本田圭佑、戦友・内田篤人とカタールで再会し肩組み2ショット…コスタリカ戦の注目は「タケが活躍しないことには」

日本代表の解説が大きな話題となっていた本田圭佑が、かつての仲間とカタールで再会したことを報告した。 本田はカタール・ワールドカップ(W杯)を全試合配信するABEMAでW杯のプロジェクトのゼネラルマネージャー(GM)を務めており、現地カタールに滞在している。 23日に行われたグループE第1節のドイツ代表vs日本代表では解説を務めると、的確な解説に加え、本音も垣間見える自然体の解説が好評を呼んでいた。 その本田だが、カタールで思わぬ再会をしたと報告。テレビ朝日で解説を務め、共に日本代表としてW杯でも戦ったチームメイトである内田篤人と会ったようだ。 本田は自身のインスタグラムを更新。「日本のレジェンドとカタールで今日会いました」と投稿。内田との2ショットを披露した。 テレビ朝日の安藤萌々アナウンサー、内田との3ショットも投稿した本田は、25日放送の報道ステーションに登場。27日に迫るコスタリカ代表戦について語り、久保建英の奮起を期待していた。 これには「この二人の本気の討論聴きたい!」、「かっこよ」、「このメンツえぐ」、「見ました!」とコメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】本田圭佑、カタールで内田篤人と再会</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClY2crcPPY0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClY2crcPPY0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClY2crcPPY0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Keisuke Honda(@keisukehonda)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.26 00:45 Sat
twitterfacebook
thumb

世界も注目! 上司への感謝を綴った日本人サポーターへの粋な計らいが話題に「休暇もW杯も楽しんで」

NTT東日本が粋な計らいを見せたことが大きな話題となっている。 20日に開幕したカタール・ワールドカップ(W杯)。初の中東開催、初の冬開催となった中、23日には日本代表の初戦が行われた。 グループEに入った日本は、W杯を4度制しているドイツ代表、2010年の南アフリカW杯で優勝したスペイン代表と同居。さらに2014年のブラジルW杯ではベスト8に入ったコスタリカ代表と同居した。 戦前の予想では非常に苦しい戦いが待っているとされた中、23日に初戦を迎えると、多くの日本人サポーターも現地で観戦。試合はPKで先制を許すも、後半に堂安律、浅野拓磨とブンデスリーガでプレーする2人がゴールを決め、逆転勝利を収めた。 世界中を驚かせたこの逆転勝利。スタンドで見守った多くの日本人サポーターにとっても嬉しい結果となったが、1人の日本人サポーターが注目を集めた。 それはカタールW杯の公式ツイッターの投稿に載ったサポーター。紙に書かれたメッセージは「私のボスへ。2週間の休暇を取らせてくれてありがとうございます!」というものだった。 W杯観戦のために休暇を取ったと思われる男性。すると、NTT東日本の公式アカウントがこの写真を引用リツイートし、さらに話題となった。 「休暇も、そしてワールドカップも楽しんでください!あなたのボスより」 なんと、直接上司からのメッセージが届くという事態に。これには海外の人から大きな反響があり、「私は19年日本で暮らしていますが、友人が2週間も休んだのを見たことがありません」や、「この出来事をきっかけに、日本企業が休暇を楽しむ許可を与え続けることになりますように」など、日本企業が休みにくい体質にあるということを知る人からの対応の良さに評判が集まった。 <span class="paragraph-title">【写真】W杯を楽しむ社員へ、上司が粋な計らい</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">P <a href="https://t.co/VrnLxKWh4s">https://t.co/VrnLxKWh4s</a></p>&mdash; NTT東日本 (@NTTeastofficial) <a href="https://twitter.com/NTTeastofficial/status/1595975720928698369?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.25 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

「もはや持ち歌」一日区長就任の横浜FM宮市亮、最初の仕事はチャント熱唱「相変わらず歌上手い」「期待通りだった」

横浜F・マリノスの日本代表FW宮市亮が美声を披露した。 25日、宮市は横浜市港北区の「一日区長」へ就任。横浜FMのホームスタジアムである日産スタジアムも港北区内に存在している。 港北区役所へ姿を見せたアタッカーは、一日区長としての最初の仕事、委嘱状交付の前に「今日の初の仕事ということで…」と切り出し、挨拶代わりに「この街に、シャーレを〜」と歌い始めた。 ホーム最終戦のセレモニーでも宮市はこのチャントを熱唱。ファンからも「絶対すると思った」、「もはや持ちネタ」、「無駄に住民票取りに行きますか」、「相変わらず歌上手いな」、「もはや持ち歌」、「期待通りだった」、「マリノスのチャントだけど職場のマリノス興味ない人に宮市の歌って言われた笑」、「もはやお家芸やな」といった声が上がるなど、完全に鉄板と化している模様だ。 今季はケヴィン・マスカット監督の下で3年ぶり5度目のJ1優勝を果たした横浜FM。宮市は現在、右ヒザ前十字じん帯断裂からのリハビリ中だが、「優勝しないと持ちネタじゃなくなってしまうので連覇しよう」とのコメントもあるように、連覇へ向け、攻撃のけん引役の1人として復活が待たれている。 <span class="paragraph-title">【動画】もはやお家芸、港北区長・宮市亮がチャントを熱唱</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%AE%E5%B8%82%E4%BA%AE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#宮市亮</a> 一日港北区長の最初のお仕事は…<br><br>「この街に、シャーレを」<br>挨拶代わりに自慢の歌唱力で区民の皆さんの心を鷲掴み<a href="https://twitter.com/hashtag/fmarinos?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fmarinos</a> <a href="https://twitter.com/yokohama_kohoku?ref_src=twsrc%5Etfw">@yokohama_kohoku</a> <a href="https://t.co/9h7ADHgZFm">pic.twitter.com/9h7ADHgZFm</a></p>&mdash; 横浜F・マリノス【公式】 (@prompt_fmarinos) <a href="https://twitter.com/prompt_fmarinos/status/1596014817474916352?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.25 19:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly