メキシコのUNAMプーマスがダニエウ・アウベス獲得を正式発表! 来月には古巣バルセロナと対戦か

2022.07.24 06:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メキシコのUNAMプーマスは22日、元バルセロナのブラジル代表DFダニエウ・アウベス(39)がメディカルチェックを終え、正式にサインしたことを発表した。

なお、契約期間は明かされていないが、メキシコ版『ESPN』によれば延長オプションの付随した1年契約とのことだ。

バルセロナやユベントス、パリ・サンジェルマン(PSG)、セビージャといったヨーロッパの名立たるビッグクラブで数々のタイトルを獲得してきたダニ・アウベス。昨年9月にサンパウロを退団すると、同年11月には元チームメイトであるチャビ・エルナンデス監督からのラブコールを受け、約5年半ぶりのカンプ・ノウ帰還を果たした。
加入後は公式戦16試合に出場し、1ゴール4アシストを記録。プレー面での貢献もさることながら、クラブの最年長選手として若手主体のチャビ率いるチームにおいて精神的支柱を担ったが、クラブから延長オファーは掲示されず、昨季限りで退団していた。

なお、プーマスは8月6日に予定されているジョアン・ガンペール杯でダニ・アウベスの古巣バルセロナと対戦する予定だ。


関連ニュース
thumb

D・アウベスが自身の哲学を披露、元同僚ムバッペには成長促す「チームメイトとは…」

プーマスのブラジル代表DFダニエウ・アウベスが、自身のサッカー哲学を披露している。 ブラジル代表としてカタールW杯に参戦中のダニエウ・アウベス。右サイドバックという非常に運動量が求められるポジションの選手にもかかわらず、39歳にして現在も第一線で活躍を続け、今大会が自身4度目のW杯となる。 若かりし頃から超攻撃的サイドバックとしてその名を轟かせてきたが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューではサイドバックの重要性を論じ、かつて在籍したバルセロナとユベントスを例に、チームの戦術に適した人選が重要と説いた。 「攻撃よりも守備を好むサイドバックをバルサに入れても、何の意味もないのは誰にでもわかるだろう? 守備に重きを置くチームには攻撃的なサイドバックは必要ないと言える」 「ユベントスがそうさ。彼らは守備ブロックの構築を最優先し、私には向かないやり方を好む。すなわち、ユーベでの私はチームの考えと矛盾する存在だった。クラブはチームのニーズに沿う選手を連れてくる必要がある」 また、パリ・サンジェルマン(PSG)のネイマールとリオネル・メッシという稀代のスーパースター2人に話題が及ぶと、サッカーとは11人全員で行うチームプレーであると力説し、自身のPSG時代に共にプレーしたキリアン・ムバッペには成長を促している。 「偉大な選手なら、自分が誰とプレーしているかを理解する必要がある。チームメイトとは自らを高めてくれるもの。ムバッペはこれを今も理解していない。ネイマールとメッシを活かすには周囲も賢くあるべきで、ムバッペが2人にボールを預ければ、年間で150ゴールをとれるかもしれない」 2022.11.24 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサがレヴァンドフスキ初弾などでダニ・アウベス加入プーマスに圧勝! ラ・リーガ開幕へ弾み《ガンペール杯》

バルセロナは7日、ジョアン・ガンペール杯でUNAMプーマス(メキシコ)と対戦し、6-0で圧勝した。 今回で通算57回目を迎える同大会は、当初ローマとの対戦が決定していたものの、対戦相手の突然の参加辞退により紆余曲折を経て、昨季まで在籍したダニエウ・アウベスが加入したメキシコの名門との対戦となった。 来週末にラージョとのラ・リーガ開幕戦を控える中、最後の調整試合となる一戦に向け、チャビ監督は両サイドバックにセルジ・ロベルト、バルデを起用した以外、主力を揃って起用。前線は右からデンベレ、レヴァンドフスキ、ハフィーニャという並びとなった。 カンプ・ノウ帰還となったダニエウ・アウベスもスタメンで起用されたこの一戦。立ち上がりから攻勢を仕掛けるホームチームは、加入後2試合で沈黙していたエースストライカー候補がいきなり魅せる。 開始3分、ボックス手前左でボールを持ったペドリからの絶妙な浮き球パスに反応したレヴァンドフスキはボックス左ゴールライン際でGKをかわす。シュートの角度はほぼなかったが、右足の丁寧なシュートをファーポストに流し込み、待望の加入後初ゴールを奪う。 このゴールに気を良くしたレヴァンドフスキは直後の5分、ボックス中央でデンベレからの横パスを足元に収めると、ゴール前の狭いスペースへ絶妙なショートスルーパスを供給。これに完璧なタイミングで抜け出したペドリが冷静にGKをかわして無人のゴールへシュートを流し込む。 レヴァンドフスキとペドリの美しい連携に触発されたのか、今度は両ウイングが魅せる。10分、右サイド深くでボールを持ったハフィーニャが丁寧な折り返しを入れると、立ち上がりから果敢にシュートを放っていたデンベレが自身3本目のシュートをゴール右隅に突き刺した。 リーグ戦真っ只中のプーマス相手に開始10分で3ゴールを奪う圧巻の強さを見せるホームチームは、ここから少しペースを落とす。だが、完全に覚醒した新エースと司令塔の勢いが止まらない。19分、エリック・ガルシアからのグラウンダーの縦パスをレヴァンドフスキがヒールを使って背後のスペースへ流すと、これに抜け出したペドリがボックス内で冷静にDFをかわして右足のシュートを流し込み、ドブレーテを達成した。 前半半ばを過ぎると、試合はようやく落ち着いた展開に。バルセロナはデル・プレーテの際どいボックス内でのシュートをGKテア・シュテーゲンの好守で凌ぎつつ、ハフィーニャやレヴァンドフスキにも5点目のチャンスが訪れたが、ここは相手の好守やポストに阻まれた。 結局、4-0のスコアで前半を終えたチャビ率いるチームは、ハーフタイムで6人を変更。ピケとジョルディ・アルバの重鎮2人、総入れ替えの中盤はアンカーにニコ・ゴンサレス、インテリオールにフレンキー・デ・ヨング、ケシエ、両ウイングにオーバメヤン、アンス・ファティが入った。 熾烈なポジション争いにおいて結果がほしい攻撃陣が、後半も早い時間帯にゴールを奪う。49分、ボックス左に抜け出したケシエからの正確な折り返しを、ファーサイドに飛び込んだオーバメヤンがワンタッチで流し込んだ。 その後、60分にはレヴァンドフスキら5選手がお役御免となり、ブラウグラナデビューのクンデやデパイが投入される。一方、プーマスではダニエウ・アウベスがこのタイミングでベンチへ下がり、カンプ・ノウに集まったクレはレジェンドへ惜しみない拍手を送った。 大量得点差に加え、多くの主役がベンチに下がったこともあり、以降はやや大味な展開に。 それでも、試合終盤の84分にはデ・ヨングが高い位置でのボール奪取からそのままボックス内までボールを運び丁寧な右足のシュートを流し込み、6点目を奪取。さらに、直後のピンチはGKペーニャが見事なセーブで凌ぎ、クリーンシートを維持した。 そして、UNAMプーマスに6-0の完勝を収めたバルセロナが、最高の形でラ・リーガ開幕を迎えることになった。 バルセロナ 6-0 UNAMプーマス 【バルセロナ】 レヴァンドフスキ(3分) ペドリ(5分) デンベレ(10分) ペドリ(19分) オーバメヤン(49分) F・デ・ヨング(84分) ◆バルセロナ GK:テア・シュテーゲン(→ペーニャ) DF:セルジ・ロベルト(→デスト)、アラウホ(→クンデ)、エリック・ガルシア(→ピケ)、バルデ(→ジョルディ・アルバ) MF:ガビ(→ケシエ)、ブスケッツ(→ニコ・ゴンサレス)、ペドリ(→フレンキー・デ・ヨング) FW:デンベレ(→オーバメヤン)、レヴァンドフスキ(→デパイ)、ハフィーニャ(→アンス・ファティ) 2022.08.08 05:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ダニ・アウベスがガンペール杯で古巣帰還、「人生はカンプ・ノウでプレーし別れを告げる権利を与えてくれた」

ブラジル代表DFダニエウ・アウベスは、早くも実現した古巣対戦でバルセロナのサポーターに別れの挨拶ができることを喜んでいるようだ。 昨年9月にサンパウロを退団し、同年11月に約5年半ぶりのカンプ・ノウ帰還を果たしたダニエウ・アウベス。加入後は公式戦16試合に出場し、1ゴール4アシストを記録。プレー面での貢献もさることながら、クラブの最年長選手として、若手主体のチャビ・エルナンデス体制における精神的支柱を担った。 しかし、残留のため年俸面で大幅な譲歩も覚悟していたブラジル代表DFに対して、クラブは延長オファー掲示を見送り、今夏2度目の退団となった。 その後、先月22日にメキシコのUNAMプーマスに電撃加入した39歳DFは、7日に行われるジョアン・ガンペール杯で早くもカンプ・ノウへの帰還が実現することに。 当初、ガンペール杯はローマが対戦相手に決定していたが、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるチームが突然に出場を辞退。さらに、有力な代役候補に挙がったミランも参加を断ったことで、最終的にプーマスが招待チームとして今大会に出場するという、ダニエウ・アウベスにとっては願ったりかなったりの状況となった。 そして、今週末に古巣対戦に臨むことになった同選手は、メキシコ『TUDN』で、愛するクレに別れの場を提供してくれた数奇な運命について言及した。 「人生はプーマスでのプレー機会と共に、カンプ・ノウでプレーし別れを告げる権利を与えてくれた」 「彼らは僕を最初のとき(退団時)、裏口から連れ出した。今回は契約終了だったから、裏口ではなかったけどね…」 「何が起こっているのか、よく分からない部分もあったし、それ以上のことを期待していなかった。僕は6カ月間の契約にサインし、それを全うしたんだ」 2度の在籍期間に公式戦407試合22ゴール104アシストの記録を残し、23個のタイトル獲得に貢献したレジェンドに対するクラブの扱いに対しては多くのサポーターが憤りを見せていただけに、今回のガンペール杯では、これまでの献身に報いるような盛大な別れの場が提供されることを願いたいところだ。 2022.08.03 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ダニエウ・アウベスの新天地はメキシコのUNAMプーマスに! クラブ公式SNSが加入示唆

ブラジル代表DFダニエウ・アウベス(39)のUNAMプーマスへの加入が決定した。プーマスは21日、クラブ公式SNSを通じて「ダニエウ・アウベス、あなたをお待ちしています」と、加入を示唆する投稿を行った。 また、同選手も自身の公式インスタグラムでクラブのアカウントをフォロー、さらにメキシコ入りを示唆する幾つもの投稿を行っており、移籍は確実な模様だ。 バルセロナやユベントス、パリ・サンジェルマン(PSG)、セビージャといったヨーロッパの名立たるビッグクラブで数々のタイトルを獲得してきたダニ・アウベス。昨年9月にサンパウロを退団すると、同年11月には元チームメイトであるチャビ・エルナンデス監督からのラブコールを受け、約5年半ぶりのカンプ・ノウ帰還を果たした。 加入後は公式戦16試合に出場し、1ゴール4アシストを記録。プレー面での貢献もさることながら、クラブの最年長選手として若手主体のチャビ率いるチームにおいて精神的支柱を担ったが、クラブから延長オファーは掲示されず、昨季限りで退団した。 新天地に関してはヨーロッパや母国ブラジルを含め、世界中のクラブからオファーが舞い込んでいたようだが、自身初のメキシコ行きを選択したようだ。 なお、メキシコ『EL FINANCIERO』ら幾つかのメディアによると、ブラジル代表DFの契約条件は年俸300万ドル(約4億1300万円)の1年契約となる見込みだという。 <span class="paragraph-title">【動画】クラブマスコットのゴヨがダニエウ・アウベスを歓迎</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/DaniAlvesD2?ref_src=twsrc%5Etfw">@DaniAlvesD2</a> te esperamos. <a href="https://twitter.com/hashtag/OrigenDeLaPasi%C3%B3n?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OrigenDeLaPasión</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/SoyDePumas?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SoyDePumas</a> <a href="https://t.co/bJe7ntoF2v">pic.twitter.com/bJe7ntoF2v</a></p>&mdash; PUMAS (@PumasMX) <a href="https://twitter.com/PumasMX/status/1550272347248246784?ref_src=twsrc%5Etfw">July 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.07.22 13:37 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly