リヨンがアヤックスからタグリアフィコを獲得!

2022.07.23 21:51 Sat
Getty Images
リヨンは23日、アヤックスからアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。
PR
リヨンの発表によると、移籍金は420万ユーロ(約5億8000万円)になるという。
母国バンフィエルドでプロキャリアをスタートしたタグリアフィコは、レアル・ムルシアへのレンタル移籍、インデペンディエンテへの完全移籍を経て、2018年1月にアヤックスへ加入。左サイドバックの主力として公式戦167試合16ゴール22アシストの数字を残し、3度のエールディビジ制覇、2度のKNVBカップ制覇に貢献した。

高い戦術眼とテクニックを武器に、攻守に計算できる有能な29歳DFに関しては、アヤックスとの間で今夏の退団で同意していたこともあり、その新天地に注目が集まったが、自身が希望していた欧州5大リーグのビッグクラブから好オファーは届かず。昨シーズンのリーグ・アンで8位フィニッシュとなったリヨンが新たな挑戦の場となった。

PR
関連ニュース

フランス女子のエースFWル・ソマーがヒザの手術…UWCLのPSGは欠場、パリ五輪も不安視

オリンピック・リヨンの(34)がヒザの手術を受けることとなった。 リヨンで史上初のクラブ通算300ゴールを到達し、代表でのゴール数も歴代最多の「93」を数えるフランスを代表するストライカーであるル・ソマー。コリーヌ・ディアクル前監督時代は不遇を受けたが、エルヴェ・ルナール監督の要望により代表復帰も果たし、代表キャップ数は200まで10を切るところまで来ている。 だが、9日に行われた女子欧州選手権(ユーロ)2025予選のグループステージ第2節スウェーデン女子代表戦では、58分に相手選手と激しいコンタクトの結果、右ヒザを痛めてプレー続行不可能に。62分にピッチを後にしていた。 フランス『RMCスポーツ』などによれば、この影響でル・ソマーはヒザの手術を受けることになったとのこと。リーグ戦再開を前に前日会見に臨んだ、所属リヨンのソニア・ボンパストル監督が明かした。 欠場は「数週間」とのことだが、14日のリーグ戦はもちろんのこと、20日に行われる女子チャンピオンズリーグ(UWCL)準決勝第1戦、パリ・サンジェルマン(PSG)も離脱となる見込み。 ボンパストル監督いわく「十字じん帯損傷ではない」とのことだが、パリ・オリンピックも迫る時期だけに、リヨンだけでなくフランスにとっても気がかりとなっている。 <span class="paragraph-title">【動画】300ゴール到達のル・ソマーを祝福するリヨンのドキュメント</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="KFjUvLyfQik";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.13 21:50 Sat

直近5戦4敗のパレルモがコリーニ監督の解任準備か…後任最有力はグロッソ氏か

セリエBのパレルモがエウジェニオ・コリーニ監督の解任を検討し始めているようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が報じている。 コリーニ体制2年目を迎えたパレルモは、31試合を消化したセリエBでここまで14勝7分け10敗の6位に位置。自動昇格圏の2位コモとは9pt差となっているが、直近5試合は1勝4敗と負けが先行していた。 移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によれば、パレルモの首脳陣は1日に行われたピサ戦の敗戦を受けてコリーニ監督の解任を考えており、後任監督の最有力候補に元イタリア代表DFのファビオ・グロッソ氏が浮上しているという。 現役時代は左サイドバックとして名を馳せ、パレルモやインテル、ユベントスでもプレーしたグロッソ氏は、引退後にユベントスのU-19で指導者キャリアをスタート。 その後、バーリでファーストチームの監督を務めると、エラス・ヴェローナやブレシア、シオン(スイス)、フロジノーネでで監督を歴任。直近では低迷していた古巣のリヨンで監督を務めたが、チームを立て直すことはできず、昨年11月末に解任されていた。 2024.04.03 00:30 Wed

伊東純也&中村敬斗が共に先発! 敵地で粘ったS・ランスはリヨン相手にドロー【リーグ・アン】

リーグ・アン第27節、リヨンvsスタッド・ランスが30日にパルク・オリンピック・リヨンで行われ、1-1のドローに終わった。なお、ランスのMF伊東純也はフル出場、FW中村敬斗は73分までプレーした。 前節、伊東の鮮烈なゴールによってメスを撃破し、3戦ぶりの白星を挙げた9位のランス。インターナショナルマッチウィーク明け初戦では10位のリヨン相手に連勝を狙った。この一戦では伊東に加え、中村が4試合ぶりにスタメン復帰を果たした。 敵地でボールを握られる入りとなったランスだが、コンパクトな守備でラカゼット、オルバン、シェルキという強力な攻撃陣に仕事を許さない。逆に、カウンターや背後を突いた攻撃から中村、ディアキテと良い形でフィニッシュに繋げていく。 ただ、20分を過ぎた辺りから自陣に押し込まれる場面が増え始めると、[4-2-3-1]から[3-5-2]気味の形に変更。伊東はディアキテと共にやや攻め残る立ち位置を取り、中村は守備時により深い位置まで下がる形に。 粘り強い守備で守勢を耐えるランスだが、37分には伊東の中央突破からカウンターに転じて中村、アキエメと繋いで際どいシーンも創出。全体を押し上げて攻めるリヨンにカウンターの脅威を示した。 リヨンペースもゴールレスで折り返した試合は後半も拮抗した展開が続いていくが、アウェイのランスがファーストチャンスをモノにする。 55分、右CKの場面でキッカーの伊東が右足アウトスウィングの正確なボールを入れると、アブデルハミドがドンピシャのヘディングシュート。これは左ポストを叩いたが、こぼれ球にいち早く反応したオクムが押し込んだ。 良い時間帯に先制したランスだが、ここから一気にギアを上げてきたホームチームの攻勢に晒される。そして、リヨンの2枚替えの直後の65分には途中出場のベンラーマの左クロスを同じく途中出場のヌアマにダイビングヘッドで押し込まれ、同点に追いつかれた。 1-1のイーブンに戻った後は中村がカウンターを起点に良い形を続けて作ったが、決め切れず。73分には守勢の状況を考慮し、中村とアタンガ・エドアを下げてコネ、リシャルドソンを投入した。 後半終盤にかけても守勢を強いられるランスだが、粘り強い守備で何とか耐えると、終盤には伊東の個人技からのチャンスメークやリシャルドソンの見事なミドルシュートでゴールに迫るなど勝ち点3への姿勢も示したが、最終的に1-1のままタイムアップを迎えた。 連勝を逃したランスだが、内容面を鑑みれば敵地でのドローはまずまずの結果となった。 2024.03.31 07:06 Sun

前回王者バルセロナが6年連続の4強入り!快勝PSGは準決勝でリヨンとのフランス勢対決へ【UWCL】

28日、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)の準々決勝2ndレグの2試合が行われ、バルセロナとパリ・サンジェルマン(PSG)の準決勝進出が決定。ベスト4が出揃った。 前回大会王者のバルセロナは、ホームにSKブランを迎え、3-1で勝利。合計スコア5-2で準決勝進出を決めた。 ノルウェーでの1stレグを2-1と勝ち切って終えたバルセロナ。序盤はキャロライン・グラハム・ハンセンのフィニッシュやイレーナ・パレデスのヘッドがGKのセーブを強いると、24分にアイタナ・ボンマティがテクニカルなトラップと正確なシュートでネットを揺らし、試合を動かす。 70分には速攻からトミネ・スヴェンハイムに1点を返されたものの、88分には再びグラハム・ハンセンの突破を起点に、ボンマティのラストパスからパトリシア・ギハーロがタップインゴールを決めて勝負あり。6年連続の4強入りを果たし、準決勝ではチェルシーと対戦する。 同じく、敵地での1stレグを2-1と先勝していたパリ・サンジェルマン(PSG)は、パルク・デ・プランスでヘッケンに3-0と快勝した。 立ち上がりから主導権を握るPSGは27分、マリー・アントワネット・カトトのラストパスからタバサ・チャウィンガがネットを揺らすと、折り返しての70分にはアメリカ女子代表の新星、SheBelieves Cupのメンバーにも名を連ねるコービン・アルバートが、目の覚めるような左足のロングレンジショットを沈めてリードを広げる。 74分にはカトトがヘディング弾で追加点を奪ったPSGに対し、ヘッケンも途中出場の19歳FWマチルダ・ニルデンを中心に反撃を試みるが、点差の優位を生かしたPSGがそのまま逃げ切り勝ち。合計スコア5-1とし、リヨンの待つ準決勝へ駒を進めた。 ◆UEFA女子チャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ ▽3/28(木) バルセロナ 3-1(AGG:5-2) SKブラン パリ・サンジェルマン 3-0(AGG:5-1) ヘッケン ▽3/27(水) リヨン 4-1(AGG:6-2) ベンフィカ チェルシー 1-1(AGG:4-1) アヤックス ▽準決勝(4月20/21日、27/28日) バルセロナ vs チェルシー リヨン vs パリ・サンジェルマン <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】グラハム・ハンセンの突破力は圧巻!バルセロナがブランを下す</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8xMCy2Q7YfM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】なでしこ戦にも出場する?アルバートの鮮烈ミドル弾などPSGが快勝</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="lrnitDzPh2s";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.29 15:15 Fri

「新しい文化を知るために…」世界を股にかけてプレーするゴミスがその理由を語る

川崎フロンターレに所属する元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスが、日本での生活や世界各国でプレーする理由を語った。 サンテチェンヌでキャリアをスタートさせたゴミスは、フィジカルの強さを武器にリヨンやスウォンジー、マルセイユ、ガラタサライ、アル・ヒラルと数多くのクラブでプレー。 2023年夏から川崎Fに加入すると、2023シーズンは明治安田生命J1リーグで8試合に出場し3アシスト。天皇杯で1試合に出場。今シーズンはJ1で1試合、FUJIFILM SUPER CUPで1試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で5試合に出場していた。 ケガのためフランスに一時帰国しているゴミスは、フランス『RMCスポーツ』のインタビューで、世界各国でプレーする理由を語った。 「日本での生活をとても気に入っているよ。僕の家族も気に入ってくれている。僕はフランスで長い時間を過ごしたから、新しい文化を知るために、少し前に家族と一緒に世界を巡ることを選んだんだ。そうして僕は世界中を飛び回り、いくつものクラブに所属して、すでに数カ国でプレーした」 「トルコとサウジアラビアでは個人とチームの両方でいくつものタイトルを獲得したが、最後に新たな国で家族とともに最高の結果を残したいと思ったんだ」 「この歳になると、家族の協力が不可欠で、僕は彼らのサポートがあったからこそ、日本への移籍を選ぶことができた。僕たちは皆、日本のような美しい国を訪れたいと思っていたから、それが実現できたんだ」 2024.03.28 23:55 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly