「懐かしい〜」元北朝鮮代表MF安英学が本田圭佑との再会に喜び「これからも世界を鼓舞して」

2022.07.20 20:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元北朝鮮代表MFの安英学氏がMF本田圭佑との再会を明かした。安英学は、2002年に立正大学からアルビレックス新潟新潟に入団。2005年に名古屋グランパスへと移籍すると、その後は釜山アイパーク、水原三星ブルーウィングスとKリーグでプレー。2010年に、Jリーグに復帰すると、大宮アルディージャ、柏レイソル、横浜FCでもプレーした後、2017年に現役を引退した。

本田とは名古屋時代に一緒にプレー。現役引退後の2018年にはそのつながりから本田が朝鮮学校を訪問したこともあった。
安英学氏は18日に自身のSNSを更新。本田との2ショットを添え、「4年ぶりの再会。相変わらず元気そうで良かった。これからもぶれない信念と尽きない活力で世界を鼓舞してください」と再会を喜んだ。

久しぶりの2人の姿には、「凄いツーショットです」、「懐かしい〜」と当時を知るファンから驚きの声も上がっていた。

1 2

関連ニュース
thumb

町田の元北朝鮮代表FW鄭大世が現役引退…川崎Fや清水、新潟、ドイツや韓国でもプレー「悠然と胸を張ってスパイクを脱ぎます」

FC町田ゼルビアは元北朝鮮代表FW鄭大世(38)の現役引退を発表した。 鄭大世は、愛知県名古屋市の出身。朝鮮大学から2006年に川崎フロンターレへと入団。プロキャリアをスタートさせた。 強靭な肉体とパワフルなプレーを武器としており、ファンからは「人間ブルドーザー」の愛称でも親しまれていた。 途中出場が多かった1年目はJ1で16試合に出場し1得点。しかし、2年目の2007年からはゴールを量産。2010年途中まで4年半プレーし、川崎Fではj1通算154試合で46得点を記録した。 2010年の南アフリカ・ワールドカップには北朝鮮代表として出場。その後に当時2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のボーフムへと完全移籍。2012年1月にはケルンへと移籍する。 2013年にはKリーグの水原三星ブルーウィングスにいせき。2015年7月に清水エスパルスに加入し、Jリーグに5年ぶりに復帰を果たした。 清水ではJ2でのプレーも経験。2016年にはJ2で37試合26得点を記録し、J2得点王に輝く活躍。2017年はキャプテンを務めたが、2020年8月にアルビレックス新潟へ期限付き移籍。2021年から町田でプレーしていた。町田ではJ2通算67試合で11得点を記録していた。 J1通算181試合65得点、J2通算130試合46得点、リーグカップ通算33試合8得点、天皇杯通算18試合9得点を記録。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で30試合8得点を記録していた。 鄭大世はクラブを通じてコメントしている。 「裏山の鶯の鳴き声で目を覚ます。そんな清々しい朝を迎えてた町田での2年間 最後の最後まで。本当に最後の試合まで苦しかった。 これを遅くに書き上げた後に夢で、外されてるのに怒鳴られる夢でうなされ、朝思わず加筆した。 現実もそんな日常だった。 全て伏線だと言い聞かせ、この"痛みや苦しみ"は自分だけの花を咲かせるためだと 愚痴りながらも、食らいついた 自分と、周りが思う今の質の差にも薄々気がついてたが 年甲斐もなく、まだできる!とギラついてたけど、変わることはなかった。 苦しさは変わらずで、こんな歳でも、悔しくて何度も泣いた。 でも喜びは、喉が裂けるほど咆哮したあの頃とは、もう違う。 同世代に勇気づけられ、ひと回り下に慰められた。歳の半分以下の選手たちと鎬を削った 幼き頃、買ってもらったユニの袖のJリーグのエンブレム 太くなった腕の袖のそれを見るたびに、胸が熱くなった。 何年も前から、今日が最後かもと毎試合トイレに篭り嗚咽を漏らして泣いてた。 酸いも甘いも味わい、綺麗事だと思ってたあの言葉も、今なら素直な気持ちで言える。 『みんなのおかげ』 こんな性格じゃなかったらもっといい景色が見えたかも? こんなエゴイストだからここまでこれた? 違う。みんなの支えで今がある。 後悔や、人としての失敗は数え切れないけど はっきりと言える。これが『ベスト』。 砂埃舞う大学都リーグ3部からのし上がった、最高に痛快なサッカー人生。 多くをサッカーからもらい、今は心が満たされてる。 あの頃想像もできなかった舞台で夢中で走った17年間に、 終了の笛を吹き、終止符を打つ。 悠然と胸を張ってスパイクを脱ぎます。 エゴイストなくせに馬鹿みたいに繊細で感情的な、こんな僕に関心を持ってくれて ありがとうございました」 <span class="paragraph-title">【動画】妻のドッキリに引っ掛かり声を出してしまう鄭大世</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Cj9oa2JJw_4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Cj9oa2JJw_4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Cj9oa2JJw_4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">鄭 大世(@chong_tese)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.28 18:22 Fri
twitterfacebook
thumb

北朝鮮の予選辞退で順位に変動、トルクメニスタンに代わり韓国がグループ首位に浮上《カタールW杯アジア2次予選》

アジアサッカー連盟(AFC)は27日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選において、順位の変更を発表した。 これは北朝鮮が5月16日に、同予選から撤退することを発表したことを受けて行われるものとしている。 AFCは、全ての参加チームの結果に対し、公平性を確保するため、北朝鮮との試合結果に関しては全て無効にすることを決定した。 北朝鮮が入っていたグループHに関しては、全チームの北朝鮮戦の結果が無効となった。 当初の順位では首位がトルクメニスタン代表(勝ち点9)、続いて、韓国代表(勝ち点8)、レバノン代表(勝ち点8)、北朝鮮代表(勝ち点8)、スリランカ代表(勝ち点0)となっていた。 しかし、北朝鮮との試合を無効にした結果、首位に韓国(勝ち点7)が浮上。レバノン(勝ち点7)、トルクメニスタン(勝ち点6)、スリランカ(勝ち点0)と変わった。 また、各グループ1位は最終予選に勝ち上がるが、2位となった8チームのうち上位4チームも最終予選に進出することとなる。 グループHが4チームに減ったことにより、2位争いの公平性が保たれなくなるため、2位になったチームと5位チームの試合結果は無効としてグループ間の成績を比較するようだ。 なお、各グループ2位の順位については、「勝ち点」「得失点」「得点」「フェアプレーポイント」の順で決まり、それでも決まらない場合はくじ引きとなる。 2021.05.28 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

AFCカップ決勝、開催地が北朝鮮から中国に変更も、マレーシアに再変更

アジアサッカー連盟(AFC)は25日、2019年11月2日に開催される予定であったACカップ決勝に関して、マレーシアのクアラルンプールに会場を再変更することを発表した。 今年のAFCカップ決勝は、北朝鮮の4.25体育団とレバノンのアル・アヘドによる試合が平壌で予定されていた。 しかし、先のカタール・ワールドカップ アジア2次予選の北朝鮮vs韓国の一戦では、メディアや外国人観光客の締め出しが行われ、テレビ中継なども一切ない状況に。AFCはその点をふまえ、スポンサーや放送、メディア、アクセシビリティを考え、中立地開催を決定したとのことだ。 22日には中国の上海で開催することを発表していたが、再度変更となった。 なお、試合日も11月2日から4日に変更されるとのこと。キックオフ時間は現地時間の21時となる。 2019.10.26 15:32 Sat
twitterfacebook
thumb

平壌で開催予定のAFCカップ決勝が取り止めに…代替地は上海に決定

アジアサッカー連盟(AFC)は22日、2019年11月2日に開催される予定であったACカップ決勝に関して、北朝鮮の平壌での開催を見送る事を発表した。代替地は中国の上海となる。 AFCカップとは、ACLのグループステージに出場枠を獲得していない全ての協会に出場権が与えられ、西アジア、中央アジア、南アジア、ASEAN、東アジアの地区に分かれてグループステージが行われる。 今年のAFCカップ決勝は、北朝鮮の4.25体育団とレバノンのアル・アヘドによる試合が平壌で予定されていた。 しかし、先のカタール・ワールドカップ アジア2次予選の北朝鮮vs韓国の一戦では、メディアや外国人観光客の締め出しが行われ、テレビ中継なども一切ない状況に。AFCはその点をふまえ、スポンサーや放送、メディア、アクセシビリティを考え、中立地開催を決定したとのことだ。 なお、上海はアクセスが容易であること。また、中国サッカー協会も開催の意向に賛同したため、決定したとのことだ。スタジアムは今後決定するとされている。 2019.10.23 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

疑問を解消するため…韓国サッカー協会がベールに包まれた29年ぶりの平壌での“南北対決”のハイライトを投稿

メディアや外国人観光客らを締め出して行われた、カタール・W杯アジア2次予選の北朝鮮代表vs韓国代表だが、韓国サッカー協会(KFA)が試合のダイジェスト映像を公開した。 同試合では北朝鮮側がテレビ中継、韓国人記者の入国を拒否し、さらに外国人観光客などの観戦を禁止したことから、マッチレポートに4枚のイエローカードが掲示されたという事実以外、試合に関する情報が確認できない異例の一戦となっていた。 帰国後に韓国代表MFソン・フンミンは「相手は非常にフィジカルなプレーをしてきた。それに幾つかの場面で言い争いも起こった。それは彼らの戦略だったのかもしれない。かなりラフプレーが多かった」とコメント。その他にも厳しい試合だったことが語られていた。 今回、KFAは「サッカーファンの皆さんの疑問を解消するため」として、YouTubeチャンネルでダイジェスト動画を公開。その中では、選手たちの証言を裏付けするようなプレーがいくつか見られる。 立ち上がり、FC東京のMFナ・サンホが相手選手と競り合うと、このプレーに北朝鮮側が激怒。選手たちが詰め寄り、あわや乱闘になりかけるシーンが見て取れる。 また、ソン・フンミンは何度となく危険なチャージを受け、MFファン・インボムやDFキム・ムンファンらも後ろからタックルを受けるなど、ラフプレーが確認できる。 動画のコメント欄では「これは2019年だよね?」や「ケガをしなかったことが幸運だった」、「選手たちの腕や脚を折るのが目的だ」など、辛辣なコメントが寄せられている。 なお、平壌で29年ぶりに実現した“南北対決”は、0-0のゴールレスドローに終わっていた。 韓国で行われる北朝鮮戦は、2020年6月4日に予定されているが、そちらの試合はどうなるだろうか。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/GNjjasaV0wo" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.10.21 13:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly