中国戦出場に期待の森島司、「相手を上回りたいという気持ちがある」と前回大会のリベンジ誓う

2022.07.20 15:03 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表MF森島司(サンフレッチェ広島)が20日、オンラインでのメディア取材に応じた。

19日に行われたEAFF E-1サッカー選手権の初戦で香港代表を6-0で破った日本。一方で17日にJ1リーグ第22節の京都サンガF.C.戦を戦ったばかりである広島所属の6選手はコンディションを理由に出場がなかった。

森島もベンチから試合を見守ることとなった中、「準備期間が短い中、すごく良い試合をしたのかなと思います」と振り返るとともに、次節の中国代表戦に向けては「間も空きますし、チームで練習できる時間もあるので、みんなと戦術とかを共有しながら次の試合に向かっていけたらなと思います」と意気込んだ。
また、京都戦で決めたヘディングゴールについては、「決めてたね」と森保一監督から評価を受けたと明かした森島。「前に見てもらってた頃はヘディングでゴールを決めたことはなかったですし、まだまだすごく弱々しかったころだったので、少しでも成長したらところを見せれたらなと思います」と、今回の合宿で更なるアピールを誓った。

3年前に出場した前回大会については「中国戦ではまずまずのプレーだったんですけど、韓国戦では何もできなかった」と悔しさを露わ。決勝での韓国戦をのリベンジを今大会でしたいと力強く語った。

「今シーズン広島で自信を持ってサッカーできているので、韓国だからというのは関係なく、相手を上回りたいという気持ちがある。前回負けているので、勝って優勝したいなと思います」


関連ニュース
thumb

2000人に調査! 日本代表で活躍を期待する選手は? ドイツ戦ゴールの堂安律も高い期待値、1位は?

超ワールドサッカーでは2022年11月、カタール・ワールドカップ(W杯)の開催にあわせて、「Yahoo!ニュース」を通じて、2000人の「Yahoo!クラウドソーシングユーザー」を対象にアンケートを実施した。 7大会連続7度目の出場となった日本代表は、史上初のベスト8進出を目指す中、初戦のドイツ代表戦では世界を驚かせる逆転勝利を収め、目標に向かって大きな一歩を歩み出した。 グループステージ突破に向け、大事な一戦となるコスタリカ代表戦を前に、今大会での活躍を期待する選手について様々な角度からアンケート調査を実施した。 まず、今大会は初出場の選手が19名と多い日本代表だが、初戦で勝利に導くゴールを決めた堂安律(フライブルク)、そして浅野拓磨(ボーフム)も初出場で初ゴールを決めた。 その堂安は初出場の中で期待する選手として3番手の7.1%の支持。浅野は2.2%となっていた。 最も期待されているのは久保建英(レアル・ソシエダ)で33.1%、2位はカタールW杯予選でもゴールを決めてチームをW杯に導いた三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド)が12%の支持を受けた。 一方、W杯経験者で期待する選手は36.5%を集めた長友佑都(FC東京)が1位。2位は守備の要でありキャプテンの吉田麻也(シャルケ)で17.8%だった。なお、3位はデュエルキングとしてドイツ戦でも活躍した遠藤航(シュツットガルト)の14%となっている。 ゴールを期待する選手でも1位は久保で28.6%、2位はなんと長友で12.5%、3位は三笘で10.9%と、今大会で期待に挙げられるのはこの3人の様子。鎌田大地(フランクフルト)が6.3%、堂安が6.1%、伊東純也(スタッド・ランス)が4.9%で続いている。 その他、応援メッセージとしては、「1つでも多く勝てるように頑張って欲しい」、「あっと驚くような試合を見せてください!」、「チーム一丸で頑張ってほしい」、「ドーハの歓喜!」、「ベスト8、さらに上へ」と、厳しいグループながらも勝ち上がることを望む声が多く寄せられた。 <span class="paragraph-title">【画像】W杯で期待する日本代表選手ランキング</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/yahoo20221127_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> ◆W杯初出場選手 1位:久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)ー33.1% 2位:三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド)ー12.0% 3位:堂安律(フライブルク/ドイツ)ー7.1% 4位:鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)ー6.9% 5位:山根視来(川崎フロンターレ)ー5.8% 6位:伊東純也(スタッド・ランス/フランス)ー4.7% 7位:相馬勇紀(名古屋グランパス)ー4.4% 8位:南野拓実(モナコ/フランス)ー4.3% 9位:谷口彰悟(川崎フロンターレ)ー3.6% 10位:シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)ー3.5% 11位:冨安健洋(アーセナル/イングランド)ー2.8% 12位:伊藤洋輝(シュツットガルト/ドイツ)ー2.3% 13位:浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)ー2.2% 14位:田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)ー1.9% 15位:前田大然(セルティック/スコットランド)ー1.8% 16位:町野修斗(湘南ベルマーレ)ー1.3% 17位:板倉滉(ボルシアMG/ドイツ)ー1.1% 18位:上田綺世(セルクル・ブルージュ/ベルギー)ー1.0% 19位:守田英正(スポルティングCP/ポルトガル)ー0.5% ◆W杯経験選手 1位:長友佑都(FC東京) 36.5% 2位:吉田麻也(シャルケ/ドイツ) 17.8% 3位:遠藤航(シュツットガルト/ドイツ) 14.0% 4位:川島永嗣(ストラスブール/フランス) 13.3% 5位:柴崎岳(レガネス/スペイン) 9.3% 6位:酒井宏樹(浦和レッズ) 5.9% 7位:権田修一(清水エスパルス) 3.3% 2022.11.27 17:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「我々はまだ死んでいない」日本戦で巻き返し誓うコスタリカ指揮官、7失点大敗からのバウンスバック目指す

コスタリカ代表のルイス・フェルナンド・スアレス監督が、日本代表戦に向けてコメントした。 27日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE第2節の日本vsコスタリカが行われる。 コスタリカは初戦でスペイン代表に7-0の大敗。衝撃的な敗戦からのバウンスバックに息を巻いている。 対する日本は初戦でドイツ代表に勝利。コスタリカとしては勝たなければ敗退が決定する可能性もあり、勝利を目指して戦わなければいけない。 明暗別れる初戦を終えた中、日本戦に向けてスアレス監督がコメント。「最高の日本に対して、言い訳はいしない」と語り、日本戦に向けて、力を発揮しなければいけないとコメント。また、選手たちは死んでいないとした。 「最も重要なこととしては見たくはない。日本はドイツに勝っても気は抜いていないと思っている」 「日本が最大限の力を発揮するのを待ち、自分達の力を最大限に出さなければいけない」 「選手たちには自分たちの最高のプレーを見せてもらいたいし、7-0の試合とは大きく違う、最高のバージョンを見せてもらいたい」 「復活?生まれ変わるためには、死ななければならない。死んでも生まれ変われる。ただ、我々はまだ死んでいない」 2022.11.27 16:25 Sun
twitterfacebook
thumb

【日本代表プレビュー】W杯で20年ぶりの連勝へ、カギは連係連動と一対一/vsコスタリカ代表【カタールW杯】

28日、日本代表のカタール・ワールドカップ(W杯)第2戦、コスタリカ代表戦が行われる。 23日に行われた初戦。4度の優勝を誇るドイツ代表と対戦した中、日本は後半の2ゴールで逆転勝利。前半はほとんどの時間帯に押し込まれ続けたこともあり、勝利を予想した人は少なかった中での逆転劇は世界にも驚きを与えた。 その日本にとって本当に大事なのはこの2戦目のコスタリカ代表戦。勝って勝ち点6にしたところで、グループステージ敗退の可能性は残るだけに、連勝を収めなければいけない。 <span class="paragraph-subtitle">◆大幅なターンオーバーを、ドイツ戦のようにはいかない</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20221127_japan_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 今大会は中3日での3連戦。非常にタイトなスケジュールで大会が進むため、選手のコンディション調整が非常に難しくなる。実際に、大会スタートから各国でケガ人が続出。そして、多くの国がターンオーバーをして2戦目に臨んでいる。 目標であるベスト8と考えれば、最低でも4試合を戦い、勝ち上がる必要がある日本。グループステージ3試合で力を使い果たすわけにはいかず、自ずとターンオーバーが必要になるだろう。 3戦目のスペイン戦も考えた中で迎えるコスタリカ戦だが、ドイツ戦のようには行かない。1つはコスタリカが7失点もしてスペインに初戦で敗れたこと、そしてもう1つは戦い方の違いだ。 そもそもこのグループを考えれば、突破を目指す日本とコスタリカは直接対決での勝利を必須と考えているだろう。しかし、初戦で明暗が分かれたこともあり、コスタリカとしては勝たなければいけない試合となる。 GKケイロル・ナバスを中心とした堅守が売りのコスタリカだが、守っていては勝つことはできず、さらに大量失点を取り返す必要さえある。そのため、守備を固めながらも攻撃的に出る必要性があるはずだ。 そのため堅守速攻のスタイルで臨んでくるはず。ただ、ドイツ戦のように広大なスペースは生まれにくいだろう。通常は5バック気味にもなるコスタリカ。そのブロックを突破するには、ロングボールではなく、日本が推し進めてきた連係連動したパスワークと、一対一の局面での勝利、そして、そこからのフィニッシュのアイデアとなる。 サイド一辺倒になってはゴールに近づかせてもらえないだけに、中央でいかに崩せるか。先に点を奪えばコスタリカは前がかりにならざるを得ないため、カウンターが生きてくるだろう。 <span class="paragraph-subtitle">◆最悪のスタートをどう乗り切るのか</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20221127_japan_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対するコスタリカは前述の通り7失点の大敗を喫し、後がない状況。日本戦に関しては勝利しなければいけない試合となっている。 初戦のシステムは[4-4-2]だったが、スペインの多彩な攻撃の前に歯が立たず。日本戦に関してはシステム変更の可能性も多いにある。 北中米カリブ海予選では5バックにする[5-4-1]というシステムも使っており、サイド攻撃を得意とする日本相手にはスペースを消すのに打ってつけと考えられる。 ただ、守ってばかりもいられないのがコスタリカの状況。堅守からのカウンターを狙ってくることが予想される。そして、日本としては決して侮ってはいけない相手だ。 負ければW杯からの敗退が決定してしまうだけに、コスタリカの戦い方は正直読めないというところ。ただ、リスクを冒す時間帯は必要となるだけに、日本としては先にゴールを奪っていきたい。 <span class="paragraph-title">◆予想スタメン[4-2-3-1]</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20221127_japan_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK:権田修一 DF:山根視来、谷口彰悟、吉田麻也、伊藤洋輝 MF:柴崎岳、守田英正 MF:堂安律、南野拓実、相馬勇紀 FW:上田綺世 監督:森保一 日本にとってもコスタリカにとっても重要極まりない一戦となるこの試合だが、森保一監督には大胆なターンオーバーを期待したい。そして、DF酒井宏樹(浦和レッズ)、D F冨安健洋(アーセナル)の欠場が濃厚というだけに、選手の疲労やケガにも気をつけたいところだ。 GKに関してはドイツ戦で神セーブを連発した権田修一(清水エスパルス)が起用されるだろう。高いパフォーマンスを維持してもらうべく、この試合でも日本のゴールマウスにカギをかけてもらいたい。 最終ラインだが右には山根視来(川崎フロンターレ)、左には伊藤洋輝(シュツットガルト)と予想する。酒井が出られず、冨安もいないということで山根に出番が来ると予想。デビューとなれば、しっかりとプレーをしてもらいたい。持ち味の攻撃力も発揮したいところだ。 左は長友佑都(FC東京)という選択肢もあるが、初戦でもプレーし、スペイン戦でも起用したいところ。それを考えると必然的に休ませることを選びたいはずだ。伊藤はテストマッチでも試しているだけに、普段の強度を見せてもらいたいところ。左足のキックにも注目だ。 ボランチは柴崎岳(レガネス)と守田英正(スポルティングCP)になると予想。初戦を戦った2人は消耗も激しかったはず。必然的に2人が並ぶと予想する。守田のコンディションがどこまで回復しているのか。柴崎にもカナダ戦のような攻撃を司るプレーを見せてもらいたい。 2列目は右に堂安律(フライブルク)、トップ下に南野拓実(モナコ)、左に相馬勇紀(名古屋グランパス)と予想する。初戦とそっくり入れ替える形だが、堂安に関してはゴールも決めており気合十分。南野もトップ下で息を吹き返してもらいたいところ。コンディションは悪くないはずだ。 そして相馬には個の打開を期待したい。スペースがない分、局面を崩す力が必要となるが、一対一を制することで相手のマークもズレざるを得なくなる。そこからの崩しで日本の攻撃を活性化させてほしい。 注目の1トップだが、上田綺世(セルクル・ブルージュ)を推したい。前述の通り、背後のスペースはないと考えたほうが良い。そして産まれるとすれば日本が先制するか、後半にイーブンの状況で行くこと。前線で時間を作りたいと考えたときには上田の起用になるだろう。キープ力はもちろん、マークを受けても良いポジションが取れるのが上田の強み。クラブでは調子を上げていただけに、ここでも結果を残して勝利に貢献してもらいたい。 ちなみに[4-2-3-1]の予想だが、このメンバーで臨むと[3-4-2-1]へのシフトは非常にスムーズに行える。山根が1つ上がり、相馬が1つ下がるだけでシステムが完成。コスタリカの出方によってはドイツ戦でできなかった試合中のシステム変更も考慮したメンバーにしたいところだ。 勝利すれば、ドイツvsスペインの結果次第でベスト16入りが決定する日本。新しい景色を見るために必要な勝ち点3を取れるのか。運命のコスタリカ戦は、27日の19時にキックオフを迎える。 2022.11.27 11:50 Sun
twitterfacebook
thumb

強いメンタリティでドイツを上回った日本代表、改めて感じる歴史を動かした日常の積み重ねとプラン遂行力

23日、カタール・ワールドカップ(W杯)の初戦で日本代表はサプライズを起こした。2014年のブラジルW杯の王者であり、歴代2位の4度のW杯優勝を成し遂げているドイツ代表を下したのだ。 W杯に参加していないのは過去2度、優勝4回、準優勝4回、3位も4回という言うまでもなく世界屈指の強豪国だ。 日本はといえば、今大会の目標がベスト8以上、"新しい景色"を見ることを目標に掲げている通り、ベスト16に3度輝いただけ。ドイツが出場した20回の大会のうち、17回は日本が見たい景色に該当する。 これだけの実績の差があれば、当然世界が予想したのはドイツの勝利。日本が勝つと本気で考えていた人は、日本人を除けばほとんどいないと言って良いだろう。いや、日本人ですら勝てるはずがないと思っていた人も多いに違いない。 そんな中での勝利。さらに前半にかなり押し込まれていた展開での逆転勝利を予想できた人はいないはずだ。ただ、選手たちはそのサプライズを起こした。 「ドイツは俺らに負けるなんて1ミリも思ってないぞ」試合前のドレッシングルームで口に出したのはキャプテンを務めるDF吉田麻也。今シーズンからブンデスリーガでプレーする吉田が、選手たちに発破をかけた。日本代表の選手たちだけは、ドイツに勝てると信じてプレーを続けてきたはずだ。抽選で組み合わせが決まり、初戦で当たると決まった時から、勝利を想像して半年以上、準備をしてきたはずだ。 <span class="paragraph-subtitle">◆勝因の1つは選手たちのメンタリティ</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221126_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> では、日本はなぜ勝てたのか。1つは吉田の言葉にも表れているメンタルの部分だ。自分たちは勝てるという思いを持ち、相手に怯むことなく挑んだこと。そして、その裏付けとして、日頃のプレー環境も大きく影響しているといえる。 森保一監督が選んだ11人の先発メンバーのうち、Jリーガーは3名。ただし、GK権田修一(清水エスパルス)、DF長友佑都(FC東京)、DF酒井宏樹(浦和レッズ)の3名は、ヨーロッパでのプレー経験がある。権田こそあまり経験はないが、長友、酒井はチャンピオンズリーグ(CL)でもプレーし、長友はイタリア、トルコ、フランス、酒井はドイツとフランスでプレー。十分な経験値を持っている。 また、途中出場の5名に関しても、すべて海外組。つまり、16名全員がヨーロッパでのプレー経験を持つ選手だ。さらに、板倉滉(ボルシアMG)、吉田麻也(シャルケ )、遠藤航(シュツットガルト)、鎌田大地(フランクフルト)、田中碧(デュッセルドルフ)の先発5名、堂安律(フライブルク)、浅野拓磨(ボーフム)の途中出場2名は全員ドイツでプレー中。ハノーファーに在籍していた酒井も合わせると8名がドイツのサッカーを知っていることになる。 加えて、ブンデスリーガの中でもデュエルキングとして名を馳せる遠藤、フランクフルトで絶好調のシーズンを過ごす鎌田はドイツ代表の選手をも上回るプレーを普段からしていることが数字にも表れており、負け理由は実績のみとなる。 ゴールを決めたのも堂安と浅野のブンデスリーガー。強豪国を恐れる時代ではもうない。試合後に鎌田は「間違いなく彼らの方が実力があって、クオリティもありますが、僕たちは勝てると思っていました」と語った。その気持ちこそが勝利への一歩だったはずだ。 <span class="paragraph-subtitle">◆狙いを持って動き、初戦の恐ろしさをドイツに味わわせる</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221126_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> そして2つ目は、森保監督の決断力、そしてそれに応えた選手たちの積み上げてきた準備と言える。 明らかに前半はドイツの試合。PKの1点でよく抑えられたと言ってもいいが、あそこで失点を重ねていれば、この勝利はなかったと言える。 攻め続けられれば焦れてくるものだが、吉田と板倉、そしてボランチの遠藤を中心に、落ち着いて守り続けたことは大きい。PKは残念だったが、1-0はほぼプラン通りだっただろう。 そしてハーフタイムに森保監督は決断。システムを変更し、3バックを採用。それを実現可能にしたのは冨安健洋(アーセナル)の存在だ。 クラブでは右サイドバックと左サイドバックでプレーし、代表ではセンターバックでプレーする冨安。守備のユーティリティプレーヤーが間に合ったことが奏功し[3-4-2-1]のシステムに変更した。ドイツの左サイドバックであるダビド・ラウムが常に高い位置をとり続け、3バック気味でドイツが攻撃をしてきたことで、日本の両サイドハーフが低い位置になっていた。 しかし、ドイツが攻撃時にこの形になることは予測できたことであり、日本は後半からミラーゲームに近い形を取ることに。その結果、相手の3バックの脇にあるスペースを使うことが可能となった。 加えて、押し込み続けることができた前半の流れから、ドイツは極端にハイラインを敷くことを継続。その結果、広大なスペースが背後にでき、GKマヌエル・ノイアーがカバーする予定も、前田大然(セルティック)や伊東純也(スタッド・ランス)、三笘薫(ブライトン・&ホーヴ・アルビオン)、浅野とスピードある選手が背後を突き始めて日本はチャンスを作って行った。 後半もドイツペースではあったが、イルカイ・ギュンドアンを下げたことで攻撃が回らなくなり、日本が中盤でも優位に立つことに成功。結果、左の三笘が持ち上がった流れから同点ゴールを決め、一発のロングボールから浅野がゴールを決めることに。狙い通りと言っても良い形でゴールを2つも奪い、勝利することができた。 ドイツとしては押し込み続けられた結果、慢心も少なからずあっただろう。浅野の2点目も完全に後手に回ったが、ブンデスリーガでノーゴールの選手であれば、抑えられると慢心が生まれても仕方なかったかもしれない。いずれにしても、ドイツは初戦の強さを2大会連続で痛感する羽目になった。 <span class="paragraph-title">◆一喜一憂せず、次もプラン遂行を</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221126_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 試合前の段階で、プランを遂行することが重要としたが、1つはプレス、1つは決定力だった。プレスに関して言えば、前半はいつものハイプレスで先にネットを揺らしたがオフサイドに。その後は、ドイツが組み立てを変え、まずは遠藤に近づかずにサイドでプレーしたこと、そして遠藤を誘い、逆サイドを空けさせてボールを送り込むことにした。 要所を締めるという守備はできたが、隙を突かれた結果がPKとなり、試合中の対応力という点ではドイツが上回ったのが前半だった。 しかし、後半はシステム変更により選手の立ち位置が変わり、ドイツの攻撃に変化が生まれなかったこともあってプレスが効き始めるようになった。その結果が、多くのチャンスに繋がり、ゴールへと繋がって行った。 そして決定力という部分でも、少ない決定機を2つ決め切ったといのは日本にとって大きい。これまではなかなか格上相手にチャンスは作れてもゴールを決めることができずにいた。それがしっかりと決まったことが勝利に繋がった。 ただ、コスタリカ代表は全く別のチーム。同じ戦い方がハマる相手ではない。間違いなくスペースは与えられず、浅野や前田を背後に走らせるような形は通用しないと言って良い。一喜一憂せず、しっかりと積み上げたものを出すこと、そしてそのプランを遂行することが、勝利に近づくことになる。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 <span class="paragraph-title">【動画】感動!ドイツ撃破の裏にあったキャプテン・吉田麻也のロッカーでの鼓舞</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XTO6HSyrMrg";var video_start = 1020;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.27 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

2000人に調査! 日本代表の過去W杯名勝負、2位は2018年のベルギー戦、1位は?

超ワールドサッカーでは2022年11月、カタール・ワールドカップ(W杯)の開催にあわせて、「Yahoo!ニュース」を通じて、2000人の「Yahoo!クラウドソーシングユーザー」を対象にアンケートを実施した。 7大会連続7度目の出場となった日本代表は、史上初のベスト8進出を目指す中、初戦のドイツ代表戦では世界を驚かせる逆転勝利を収め、目標に向かって大きな一歩を歩み出した。 そんな中、今回アンケートを行ったのは「日本代表のW杯での印象的な試合」について。今回のドイツ戦が最も印象的な試合になりそうな予感もあるが、2018年のロシアW杯までの試合でのアンケートを実施した。 「過去のW杯で最も名勝負だと感じる試合」については、2002年の日韓大会のロシア代表戦。稲本潤一がゴールを決め、日本代表が初めてW杯で勝利を収めた試合でもある。全体の29.4%がこの試合を選択。2番手は、2018年のロシア大会、ラウンド16のベルギー代表戦が23.4%を集めた。今大会も目標であるベスト8に大きく近づいたかと思われた試合は、2点リードからの逆転負け。ラストプレーで敗退した試合だが、名勝負だったと言える。 なお、3番手は2010年の南アフリカ大会のデンマーク代表戦。本田圭佑、遠藤保仁がFKでゴールを決めた一線だ。18.1%の支持を受けている。 また、「W杯で最も印象に残っているゴール」については、1998年のジャマイカ代表戦で中山雅史が決めたゴール。日本にとって、W杯での最初のゴールとなった歴史的なシーンが26.8%の支持を集めた。続いて、2018年のロシア大会、初戦のコロンビア代表戦での大迫勇也のゴール。1-1で迎えた中での決勝ゴールで、"大迫半端ないって"というフレーズが話題となった。これは20.8%の支持を集めている。そして3番手は2010年の南アフリカ大会の本田圭佑が決めたFK。ブレ球で決まった強烈な一撃は19.6%の支持を集め、記憶に残るゴールとなっている。 ちなみに「最も印象に残っているシーン」については、中山のゴールが30.6%で最も支持を集めたが、2位には2006年のドイツ大会で中田英寿がブラジル代表戦後にピッチに倒れ込んだシーン。22.7%の支持を集めたシーンだが、この試合が中田にとっての現役ラストマッチに。現役の中田がピッチで見せた最後のシーンとなった。 なお、3番目は2002年の日韓大会での初勝利を呼び込んだ稲本潤一のゴールシーンで、21.7%の支持を集めることとなった。 W杯に関連して、予選で最も印象に残っている出来事を調査したところ、やはり1993年に起きた「ドーハの悲劇」が圧倒的な票を集めることに。イラク代表との試合で、終了間際に同点に追いつかれ、初のW杯出場を逃したシーンが66.4%の支持を受けた。 今回のカタールW杯では「ドーハの歓喜」となったが、およそ30年前の出来事が、日本サッカーのターニングポイントとなり、日本のサッカーファンの心に一生残る記憶のようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】日本代表のW杯で最も印象に残っているゴールがこれだ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Samurai Blue fans, we have a treat for you <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://t.co/zMrtnjZt2H">pic.twitter.com/zMrtnjZt2H</a></p>&mdash; FIFA World Cup (@FIFAWorldCup) <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup/status/1595236947747905536?ref_src=twsrc%5Etfw">November 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.26 22:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly