ユナイテッドに悲報…デ・ヨングは移籍ならバイエルン行き望む

2022.07.17 22:49 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏のマンチェスター・ユナイテッド移籍が取り沙汰されるオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(25)だが、新たな移籍先としてバイエルンが浮上しているようだ。

今夏の移籍市場でエリク・テン・ハグ率いる新生ユナイテッドのトップターゲットに挙がるデ・ヨング。ここ最近では基本移籍金7500万ユーロ(約104億4000万円)にアドオンを含めた、総額8500万ユーロ(約118億8000万円)の条件でクラブ間合意に至ったとの報道も出ている。

その一方で、以前からバルセロナ残留を希望する選手サイドがマンチェスター行きを拒絶していることで、交渉は難航。16日に発表されたバルセロナのアメリカツアーの帯同メンバーにも選出されており、ここからの早期決着は絶望的な状況だ。
ここまで積極的な補強を見せているバルセロナは、テレビ放映権や関連会社の株式売却による資金調達で補強資金を捻出しているが、新戦力の登録にはラ・リーガのサラリーキャップの制限をクリアする必要があり、余剰人員の整理や一部主力の売却は必須と思われる。

その事実がユナイテッドの望みを繋いでいる状況だが、ここに来て地元紙であるスペイン『スポルト』は、デ・ヨング売却に関する新たな可能性を報じている。

報道によると、ジョアン・ラポルタ会長のここ数週間の発言とは裏腹に、バルセロナはやはり高年俸のデ・ヨングの売却を望んでいるが、選手サイドの頑なな態度を受け、ユナイテッドとは異なる売却先を考慮しているという。

その売却先は、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを引き抜いたバイエルンだという。

デ・ヨングは元々プレミアリーグでのプレーに興味がなく、チャンピオンリーグ(CL)出場権がない上に今後の見通しも不透明なユナイテッド行きを完全に除外。同じく関心が伝えられたチェルシーに関しては、センセーショナルなオファーが届いた場合のみ移籍を考慮するという考えだという。

一方、バイエルンに関してはそのプレースタイル、母国オランダとの近さ、コンペティションの魅力、自身悲願のCLでのタイトル獲得の可能性を含め、以前から好印象を抱いているという。

さらに、ここ最近ではアヤックス時代からの親友であるユベントスDFマタイス・デ・リフトの加入が迫っていることから、仮にバルセロナを去る場合、バイエルン移籍であればオファーを受け入れる考えを持っているという。

そのバイエルンではユリアン・ナーゲルスマン監督の教え子である、RBライプツィヒのオーストリア代表MFコンラート・ライマーの獲得に動くなど、セントラルMFのポジションは補強が必要なポジション。また、デ・ヨングの多才なプレースタイルは若き戦術家との相性も悪くないはずだ。

現時点でドイツの盟主にデ・ヨング獲得の意思があるかは不明だが、バルセロナと同選手にとって現実的な解決策となる可能性は高い。一方、今回の報道はユナイテッドにとって厳しい知らせとなった。

関連ニュース
thumb

バルサ、カタールW杯参戦中の左SBアレハンドロ・バルデとの契約更新が進む! 新たに5年契約へ

バルセロナとスペイン代表DFアレハンドロ・バルデ(19)の契約更新が迫っているようだ。 バルセロナのカンテラで育ち、昨シーズンにプロデビューを果たしたバルデ。同シーズンは公式戦7試合の出場にとどまったが、今季は本格的にトップチームに身を置き、中断前まで16試合に出場、3アシストを記録していた。 そんな活躍から、今回のワールドカップでは負傷したホセ・ルイス・ガヤに代わって追加招集を受けることに。これがA代表として初招集だったが、本大会ではここまで2試合で途中出場している。 クラブではチャビ・エルナンデス監督が絶大な信頼を置いていることもあり、2024年夏までとなっている契約の更新を進めている模様。移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、新契約は新たに5年間と、10億ユーロの契約解除金が設定されるようだ。 一方で、バルデと同じ左サイドバックで長らく活躍してきたジョルディ・アルバに関しては、クラブが2024年夏まで残す契約の解除を検討していると言われている。 2022.11.30 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「2月ぐらいにはっきりさせたい」 ブスケッツが去就に発言

スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(34)が今季限りでのバルセロナ退団説に言及した。 バルセロナの育成育ちで、2008-09シーズンにジョゼップ・グアルディオラ監督の下でトップチームデビューして以降、中盤の要として地位を築くブスケッツ。34歳となった今季も優秀な若手が台頭するなかでいぶし銀の存在感を放つ。 今やバルセロナの主将としても頼れる存在だが、今季が契約最終年。その契約もあと半年を切ろうとしており、去就が騒がしくなるなか、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミ行きが有力な線として浮上している。 ただ、何も決め事はないようだ。カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦するなか、『El Larguero』で来季のプレー先を問われ、「いや、まだだ。夏もそうだし、サラゴサでのスイス戦の会見でも言ったけど、まだ決めていない」と話した。 「色々と言われているのは把握しているけど、僕はいつだって同じような話をしてきた。サインしていない。様子を見ながら、2月ぐらいにはっきりさせて結論を出したい」 また、今回のカタール大会が自身の代表キャリアにおける最後のW杯になる可能性については「まだ決めていないけど、どちらかというと、イエスに近い」と返して、こう続けている。 「もういい齢だけど、監督の信頼があって、良い感覚もある。とはいえ、最後に近づいているとは思う。でも、このW杯を楽しみたいし、今すぐ、あるいは大会後に決めるつもりはない」 2022.11.30 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

古巣ミランの宿敵... インテルがフランク・ケシエに関心か

インテルが、バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏のバルセロナ移籍前はミランに5シーズン在籍したケシエ。昨季はミランの11年ぶりとなるセリエA優勝に貢献し、最終節のサッスオーロ戦ではインテルとのスクデット争いの行方を決定づけるゴールも決めていた。 しかし、バルセロナではなかなかチャビ・エルナンデス監督の信頼を得られず。中断期間までにラ・リーガ7試合の出場にとどまり、うちスタメン起用は2試合と、早くも退団を考え始めているのではと報じられていた。 そんななか、古巣ミランの宿敵であるインテルが獲得に名乗り。ケシエ自身は少なくとも今季終了までは定位置確保に努めるつもりだが、望みが薄いと判断すれば来夏の退団を考慮するといい、バルセロナもレンタル放出を検討しているという。 『カルチョメルカート』は、インテルはケシエがアタランタからミランへ移籍した2017年夏以降、途切れることなく獲得の可能性をうかがっていたとし、現在は財政難ゆえに選手の年俸負担が獲得への課題と結論づけている。 2022.11.29 21:10 Tue
twitterfacebook
thumb

F・デ・ヨングが今夏の移籍話をシャットアウト 「僕はW杯中」

バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(25)が自身に長らくつきまとうマンチェスター・ユナイテッド行きの話を拒んだ。イギリス『メトロ』が報じた。 バルセロナの苦しい財政事情の煽りを受けて、クラブの売却対象に上がったF・デ・ヨング。アヤックス時代の恩師であり、今季からユナイテッドを率いるエリク・テン・ハグ監督の根強い誘いが取り沙汰されるなどしたが、最終的に本人の望み通り、バルセロナ残留で決した。 そうして迎えた今季のバルセロナでチャビ・エルナンデス監督の下で重用され、改めて存在感を示すが、メディアの前にひとたび姿を現せば、オランダ代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)の戦いに臨む今を含め、今夏去就の振り返りを求める質問がいまだ続いている。 決勝トーナメント進出、さらに首位通過がかかったカタール代表とのグループA最終戦を29日に控えるなかでもそうした質問が飛んだようだが、F・デ・ヨングは「僕はW杯のトーナメントを戦っているんだ。クラブフットボールの話をするつもりはない」と口を閉ざしたという。 なお、つい先日も母国メディアで今夏の移籍騒動を振り返っており、チャビ・エルナンデス監督に非がなく、あくまで上層部が企てたことだと述べ、クラブでの充実ぶりを強調している。 2022.11.29 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

チャビ監督、18歳ガビ&20歳ペドリを称賛 「時代を背負える」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督がカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中の愛弟子2人を称賛した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 現役引退と指導者キャリアのスタートをカタールのアル・サッドで迎えたという縁があり、カタールW杯の親善大使を務めるチャビ監督。27日にドーハで行われたイベントでは、自らが率いるバルセロナのスペイン代表若手2選手、MFガビとMFペドリを称賛した。 「ガビはリーダーだ。どこでプレーしても、その高いクオリティを発揮するだろう。本当に並外れた選手と言える。ペドリは驚くべき技術の持ち主だ。彼ら2人はバルサと代表に違いをもたらす存在。時代を背負う能力を兼ね備えている」 また、カタールW杯のスペイン代表はガビとペドリに加え、フェラン・トーレスやアレハンドロ・バルデらバルセロナから多くの選手がメンバー入り。同国が初優勝した2010年の南アフリカW杯もバルセロナの選手が多かったが、当時と違って現在は前途有望な若手選手が多いチームだと指摘した。 「確かにバルサ選手の数だけを見ると、私たちの時代を思い起こさせるね。だが、必ずしも一致はしない。あの時のスペインは非常に経験豊富なグループだったが、現在はセルヒオ・ブスケツとジョルディ・アルバ、コケを除けば、若くて大胆な選手が多い」 2022.11.29 16:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly