ヴェローナ、昨季セリエAで9ゴールのFWアンリを獲得

2022.07.16 22:08 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エラス・ヴェローナは16日、ヴェネツィアからフランス人FWトマ・アンリ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。

2019年1月に加入したベルギーのルーヴェンで、リーグ戦75試合44ゴールを挙げる活躍をみせ、ブレイクを果たしたアンリ。

191cmの大型ストライカーは、昨夏にセリエA昇格組のヴェネツィアに加入すると、チームは1年で降格したものの、個人としてはセリエA33試合9ゴール3アシストと印象的な活躍を見せていた。

関連ニュース
thumb

得点力不足のヴェローナ、東京五輪アルゼンチン代表FWガイチを半年レンタルで獲得!

エラス・ヴェローナは31日、CSKAモスクワから元アルゼンチン代表FWアドルフォ・ガイチ(23)がレンタル加入することを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 ガイチは2020年夏からCSKAモスクワに在籍も、2020-21シーズン後半戦にベネヴェントへのレンタル経験があり、その際にセリエAで15試合2得点を記録。今季はCSKAでリーグ戦のスタメン起用がなく、8試合1得点にとどまっていた。 代表キャリアでは2019年にA代表で1試合の出場歴があり、2021年3月にはU-24アルゼンチン代表として来日し、日本代表戦でゴールをゲット。東京オリンピックの最終メンバーにも選出されていた。 ヴェローナは現在、セリエAで降格圏の18位に低迷。20試合を消化してわずか18得点と、昨夏にエースのFWジョバンニ・シメオネが退団して以降、得点力不足が深刻化しており、ガイチにかかる期待は大きい。 2023.01.31 21:04 Tue
twitterfacebook
thumb

トリノがヴェローナからセルビア代表MFイリッチをレンタルで獲得

トリノは30日、エラス・ヴェローナからセルビア代表MFイバン・イリッチ(21)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。 イリッチはツルヴェナ・ズヴェズダの下部組織とマンチェスター・シティの下部組織で育った中盤の選手。シティではトップチームでの出場機会はなく、レンタル移籍を繰り返すと、2020年9月にレンタル加入したヴェローナでの活躍が認められ、翌年夏に完全移籍。 ヴェローナでは主軸としてこれまで公式戦76試合に出場し5ゴール6アシストを記録。今季はケガでの離脱もあり、公式戦12試合の出場に留まっていた。 また、各年代のセルビア代表に選出されてきたイリッチは、2021年6月にフル代表デビュー。これまで7キャップを誇り、昨年末のカタール・ワールドカップにも選出され、初戦のブラジル代表戦に出場していた。 2023.01.30 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

残留争い中のヴェローナ、ケルンからスロバキア代表MFをレンタル

エラス・ヴェローナは29日、スロバキア代表MFオンドレイ・ドゥダ(28)をレンタル移籍で獲得したと発表した。契約期間は今シーズン終了までで、背番号は「33」を着用する。 2014年に加入したレギア・ワルシャワで台頭したドゥダ。2016年夏にヘルタ・ベルリンへと完全移籍し、3年半にわたってプレーすると、2020年冬にはノリッジへのレンタルも経験した。 2020年夏に加わったケルンでは初年度から主力に定着。今季もトップ下を主戦場にここまで公式戦18試合に出場し、2得点を記録している。 セリエAで19試合を消化した現時点で、降格圏の18位に位置するヴェローナ。ドゥダにはドルトムントから先日加入したオランダ人FWヤイデン・ブラーフ(20)とともに、残留に向けた起爆剤としての活躍が期待される。 2023.01.30 17:33 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、ドルトムントから逸材FWブラーフをレンタルで獲得!

ヴェローナは16日、ドルトムントに所属するオランダ人FWヤイデン・ブラーフ(20)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は今季終了までとなる。 スリナムとオランダにルーツを持つブラーフは、アヤックス、PSV、マンチェスター・シティのアカデミーを渡り歩き、2019年7月にシティのU-23チームに昇格。トップチームでの出場はなかったが、2021年2月にウディネーゼへ武者修行に出ると、セリエAで4試合に出場し1ゴールを記録していた。 その後、昨夏に2020年からブラーフの獲得に興味を示していたドルトムントへフリーで加入。今季はリザーブのドルトムントⅡに所属し3.ブンデスリーガ(ドイツ3部)で7試合に出場していた。 なお、左右のウイングを主戦場とする右利きのドリブラーで、高い身体能力やドリブルテクニックなどプレーの共通点から、シティのアカデミーからドルトムントへ移籍してプレーしたイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(マンチェスター・ユナイテッド)と比較する声が多く挙がっていた。 2023.01.17 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ウノゼロ勝利のインテル、指揮官は喜び語る「集中して明晰なパフォーマンスを示せた」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、ヴェローナ戦のパフォーマンスを称賛している。クラブ公式サイトが試合後のコメントを伝えた。 インテルは14日、セリエA第19節でホームでヴェローナと対戦した。立ち上がりから波状攻撃を攻撃を仕掛け、3分にアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが幸先よく先制ゴールを奪った。 その後も主導権を握る展開が続き、63分にはラウタロが相手GKとの一対一からゴールネットを揺らすが、VARの末に相手DFへのファウルを取られてノーゴールに。それでも、1点リードを保って冷静に試合を運び、ウノゼロでの勝利を手にした。 インザーギ監督は試合後、しっかりと3ポイントを勝ち取ったチームを称えながら、リーグ再開以降3勝1分と好調をキープしていることに満足感を示した。 「ミッドウィークにカップ戦で120分間のプレーを強いられたが、チームは冷静さを保ち、すぐに先制することができた。ヴェローナの狙いやタイミングがわかっていたから、我々はあまり苦しむことなく、集中して明晰なパフォーマンスを示せた」 「ナポリ戦では(ルチアーノ・)スパレッティ監督のチームを破り、我々の歩んできた道が正しかったと証明できた。我々は直近のリーグ戦10試合で8勝を記録している。この2カ月半で我々は素晴らしい継続性を手に入れた」 「今の段階で首位のナポリとの差は大きいが、数ポイント以内に多くの競合チームがいる。順位表をあまり気にせずに、1試合1試合を大切にし、ローテーションに応じて選手が揃うようにしたい」 「この1年半、様々な困難があったにもかかわらず、我々はよくやっている。選手やクラブの働きに助けられているし、いつもスタジアムに足を運び、声援を送ってくれるファンの皆さんにも感謝している。私はこのクラブで満足している」 2023.01.15 13:14 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly