序盤の三丸ループ弾守り抜いた柏が連勝、札幌は4戦未勝利に【明治安田J1第22節】

2022.07.16 21:53 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第22節、柏レイソルvs北海道コンサドーレ札幌が16日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-0でホームの柏が勝利を収めた。

前節はサガン鳥栖にアウェイで0-1と勝利し、4試合ぶりの白星を手にした5位の柏。直近5試合で3ゴールと波に乗る武藤はこの試合ベンチスタートとなった。

対する14位札幌は、前節は鹿島アントラーズを相手にホームでゴールレスドローに持ち込んだ。ただ、3試合勝利がなく、今節も同じ11人を先発させ、久々の白星を狙う。
立ち上がりは両チームが慎重に試合を進める中、3分にホームの柏にビッグチャンスが訪れる。上島が自陣深くから相手のDFラインの裏にロングフィードを供給すると、ボックス手前左に抜け出したのは三丸。飛び出してきた相手GKの頭上を越えるループシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。

先制を許したアウェイの札幌だが、7分に敵陣中央で空中戦のこぼれ球を拾った青木がミドルシュートで相手GKを強襲すると、続く8分の右CKでは、菅のふわりとしたボールにファーサイドの高嶺がヘディングシュート。しかし、ここもGKに処理される。

一方、先制後はボールを握られていた柏だが、36分に流れるような攻撃から追加点のチャンス。ボックス手前右で細かくパスを繫ぎ、小屋松が後方へラストパス。走り込んできた椎橋が右足ダイレクトで叩いたが、枠を捉えることはできなかった。

追い付きたい札幌。試合折り返した50分に、敵陣中央の荒野の展開から左サイドで受けた青木がドリブルを開始。ボックス手前左まで運んだところで右足を振り抜くも、枠の右に逸れる。

対して突き放したい柏は53分、敵陣左サイドの浅い位置でボールを持った山田が中央にスルーパスを送ると、抜け出した細谷が相手GKとの1対1を冷静に仕留め、ネットを揺らす。しかし、ここは細谷がオフサイドの判定を受け、得点は認められず。

首の皮一枚繋げたアウェイチームは、62分に高峰のパスからボックス手前に抜け出した興梠のシュートは精度を欠く。それでも76分に決定機。左CKのこぼれ球に反応した西がボックス左からヘディングでゴール前に繋ぐと、抜け出した岡村がGKと1対1の場面に。右足でシュート流し込みにかかったが、GK佐々木のビッグセーブに阻まれた。

その後も攻勢を続ける札幌に対して、柏は集中した守備で冷静に対応。結局、1-0のままタイムアップを迎え、連勝を収めた。

柏レイソル 1-0 北海道コンサドーレ札幌
【柏】
三丸拡 (前3)

関連ニュース
thumb

柏が元U-21オランダ代表FWフロートを完全移籍で獲得、今季はデンマーク1部で9ゴール3アシスト…背番号は「17」

柏レイソルは2日、デンマークのヴィボーFFに所属するオランダ人FWジェイ・ロイ・ジョーネル・フロート(24)が完全移籍で加入することを発表した。 背番号は「17」。登録名はフロートとなり、手続きが完了次第出場登録されるという。 フロートは、NECナイメーヘンのアカデミー出身。2015年7月にファーストチームに昇格すると、2017年8月にはリーズ・ユナイテッドへと完全移籍する。 その後、レンタル移籍でVVVフェンロ、フィテッセに加入。2021年2月にドイツのオスナブリュックへと完全移籍。同年7月にヴィボーへと完全移籍で加入した。 今シーズンのスーペルリーガ(デンマーク1部)では17試合に出場し9ゴール3アシストを記録。4試合連続ゴールで中断期間に入っており、好調を維持している。 また、これまでエールディビジで85試合13ゴール4アシスト、スーペルリーガで33試合11ゴール3ゴールを記録しているストライカーだ。 なお、U-17からU-21まではオランダ代表としてもプレーしている。 フロートはクラブを通じてコメントしている。 「この日本に来ることができて嬉しく思っていますし、新しいチャレンジに向けて興奮しています。私のストロングポイントはスピードと体の使い方です」 「常にベストを尽くし、多くのチャンスに絡んで、得点を重ねていきたいです。ニックネームの『ジェイ』と呼んでください。これから応援よろしくお願いします」 2023.02.02 18:14 Thu
twitterfacebook
thumb

連覇目指す横浜FMのキャプテンは今季も喜田拓也! エドゥアルド、小池龍太、水沼宏太が副キャプテン

横浜F・マリノスは2日、2023シーズンのキャプテンを発表した。 2022シーズンは明治安田生命J1リーグで優勝を果たした横浜FM。今シーズンは連覇を目指すシーズンとなる。 その大事なシーズンのキャプテンは、引き続きMF喜田拓也が務めることに決定した。 また、副キャプテンには3選手が就任。DFエドゥアルド、DF小池龍太、MF水沼宏太が務めることとなる。 まずはFUJIFILM SUPER CUP 2023のヴァンフォーレ甲府戦を控える横浜FM。4選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆キャプテン 喜田拓也 「何度任命されてもこのクラブでキャプテンを務める責任、重み、光栄さ、色々なものを感じます。そして横浜F・マリノスに関わるすべての人のために自分のすべてを懸けたい。そう思える仲間がいることに感謝をして、覚悟を持って務めます。行こうぜ、トリコロールの勇者たち!!」 ◆副キャプテン エドゥアルド 「信頼を得て、副キャプテンに選ばれたことをうれしく思います。横浜F・マリノスがトップにいつ続けるために全力を尽くしていきます。そのために、チームの目標を達成するために常にチームでハードワークをして龍太と宏太とともに喜田キャプテンをサポートし、チーム全体を盛り上げます。Keep fighting Marinos family!」 小池龍太 「今シーズン副キャプテンに就任しました。常に戦う姿勢でキャプテンを支え、どんな時もマリノスフットボール、その楽しさを体現できるよう、全力で努めていきます。今年もマリノスファミリー全員で戦いましょう!応援よろしくお願いします!」 水沼宏太 「今シーズンも昨シーズンに引き続き、副キャプテンを務めさせていただくことになりました!キャプテンを支え、昨シーズンの自分達を超えられるよう、全力を尽くします」 「今シーズンは連覇への挑戦です!マリノスファミリーみんなの気持ちを一つに、チャレンジャーとしてともに戦いましょう!よろしくお願いします!」 2023.02.02 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

柏への移籍が噂されるオランダ人FW、クラブ幹部が言及「長期契約を望んでいたがそうはならなかった」…退団に備えFW2人を補強

柏レイソルが獲得に近づいているとされる元U-21オランダ代表FWジェイ=ロイ・フロート(24)について、クラブ幹部が状況を語った。 フロートは、NECナイメーヘンのアカデミー出身。2015年7月にファーストチームに昇格すると、2017年8月にはリーズ・ユナイテッドへと完全移籍する。 その後、レンタル移籍でVVVフェンロ、フィテッセに加入。2021年2月にドイツのオスナブリュックへと完全移籍。同年7月にビボーへと完全移籍で加入した。 今シーズンのスーペルリーガ(デンマーク1部)では17試合に出場し9ゴール3アシストを記録。4試合連続ゴールで中断期間に入っており、好調を維持していた。 また、これまでエールディビジで85試合13ゴール4アシスト、スーペルリーガで33試合11ゴール3ゴールを記録しているストライカーだ。 今冬の柏への移籍が取り沙汰されるフロートに関して、ディレクターを務めるモルテン・イェンセン氏がデンマーク『Tipsbladet』でコメントした。 「彼には幾つかのオプションがある。それについては明確だ。もちろん、すぐに説明が必要であり、明確になるだろう」 「基本的には長期契約を望んでいた。残念ながら、我々はそうはならなかった。本当に彼と一緒に続けていきたいと思っていたが、選手の仕事には様々なプローチもあり、ここの選手のために計画を立てて育てているクラブだと理解している」 「彼らはここで我々と共に成長するという考えであり、彼はそれを行い、幾つかのチャンスを切り拓いた」 「彼に関してはとても嬉しく思っている。従って、より大きな文脈で取り上げなければいけない評価がいくつかある」 フロートの移籍に備え、ビボーは移籍期限の1月31日にポルトガル人FWパウリーニョ、ブラジル人FWヘナト・ジュニオールを獲得。フロートの退団は迫っているようだ。 2023.02.02 10:53 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグの役割/六川亨の日本サッカーの歩み

残念なことだが、カタールW杯で2ゴールの堂安律も、ブライトンでチームをEL圏内に導きそうな三笘薫も、そしてCLの可能性が高い久保建英も、今冬の移籍はなくなった。 しかし、それはそれでいいことではないだろうか。まずは現在のチームでしっかりと結果を残すことを優先するべきだと思うからだ。三笘が次に行くだろうチームはアーセナルやマンチェスター・シティなどであり、久保も同様にリーガ・エスパニョーラならレアルかバルサしかないだろう。 5大リーグに視野を広げても、バイエルンやパリSGなど優勝争いをしているチームしか考えられない。とはいえ、いま現在移籍してもレギュラーの保証はない。ここはじっくりと腰を据えて、自分自身の価値を高める方が得策だろう。 そんな海外の話のあとで恐縮だが、昨日はJリーグの理事会が開催され、来シーズンのJ1リーグ優勝チームの賞金が2億5千万円、ACL出場チームには1億円、J2リーグ優勝チームには1億円の賞金が出されることが発表された。 当たったことはないものの、サッカーくじでさえ7~8億円の賞金の時代に、優勝チームの賞金が3億円にも満たないことに正直驚いた。野々村チェアマンの「5~6倍にしたい」というのは偽らざる本音だろう。とはいえ、原資がなければ「ない袖は振れない」のも事実である。 そこで一つの提案だ。JFA(日本サッカー協会)は文京区本郷にある自社ビルを売却して飯田橋に移転する。売却益は50億円近くになるだろう。同時にJリーグは大手町の明治安田生命保険へと移転する。元々Jリーグとしては、JFAハウスの「家賃が高い」ことがネックになっていたので、お互いにウインウインの関係になれるだろう。 で本題である。Jリーグの会見でも広報の方以外に多くの方々がズーム会見に出席していた。それぞれ役割があるのだろうが、同じことはJFAにも当てはまるのではないだろうか。組織の肥大化である。実際、誰がなんの役割をしているのか、すべてを把握している人がいるのだろうか。 Jクラブはスリム化を求められているものの、本体はどうなのか。ちょっと立ち止まって考えてもいいような気がしてならない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2023.02.01 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「ある意味禁断の組み合わせ」」宮崎キャンプ中のFC東京をジャイアンツの大物が視察「すげぇーけど」「不思議な画だわ…」

意外過ぎる人物がキャンプ中のFC東京を見学に訪れた。 沖縄県での一次キャンプを終え、一時本拠地へと帰還後に1月31日から宮崎県での二次キャンプに臨んでいるFC東京。1日のトレーニングには日本プロ野球界の大物が見学に訪れたようだ。 顔を見せたのは読売ジャイアンツのファーム総監督を務める桑田真澄氏。黒地にオレンジの「G」が入った馴染みの姿で目を光らせている。 読売ジャイアンツも宮崎県で1日からキャンプを行っており、練習グラウンドが隣だったとのこと。「桑田さん、いい人」、「宮崎だとこういう事が起こるのね」との驚きの声のほか、「ヴェルディ的にどうなの」、「すげぇーけど讀賣笑」、「なんでやねん笑」、「ある意味禁断の組み合わせ」、「不思議な画だわ…」などのコメントも寄せられた。 冗談交じりの声も上がっているが、昨季は森重真人が東京ドームでの読売ジャイアンツvs東京ヤクルトスワローズの始球式に参加するなどの交流実績もある。 各チームは、東京をホームタウンとする14のスポーツチーム‧団体が協力しあい、新たな価値を生み出すプロジェクト「TOKYO UNITE」にも参加している。 「両チーム好きのわい、歓喜」、「野球とサッカーで共通するトレーニングもあるだろうし、桑田さんにとっても良き時間になったのかな?」のような声もあるように、今後もジャンルや競技の垣根を越えた様々な取り組みに期待したいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】FC東京のキャンプ見学に訪れた桑田真澄氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/2023%E5%AE%AE%E5%B4%8Ecamp?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2023宮崎camp</a> <br><br>本日のトレーニングを隣のグランドで練習をしている <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%AA%AD%E5%A3%B2%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%84?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#読売ジャイアンツ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A1%91%E7%94%B0%E7%9C%9F%E6%BE%84?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#桑田真澄</a> ファーム総監督が見学をしてくださっていました<a href="https://twitter.com/TokyoGiants?ref_src=twsrc%5Etfw">@TokyoGiants</a> <a href="https://twitter.com/tokyo_unite?ref_src=twsrc%5Etfw">@tokyo_unite</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/tokyounite?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#tokyounite</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/fctokyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fctokyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/tokyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#tokyo</a> <a href="https://t.co/nF06WnDdTD">pic.twitter.com/nF06WnDdTD</a></p>&mdash; FC東京【公式】 #東京が熱狂 (@fctokyoofficial) <a href="https://twitter.com/fctokyoofficial/status/1620726232018206720?ref_src=twsrc%5Etfw">February 1, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 21:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly