ボトマン獲得逸のミラン、スパーズDFタンガンガ求め交渉開始か

2022.07.16 14:59 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランがトッテナムのイングランド人DFジャフェット・タンガンガ(23)の獲得に動いているようだ。

11年ぶりのスクデット獲得を果たし、最高の形で昨季を締めくくったミラン。しかし、シーズン終了後にはコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)や、主将を務めていたイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ(27)が契約満了によって退団するなど、主力の流出が続いた。

ロマニョーリが去り、補強ポイントの一つとなっていたセンターバックでは、リールに所属していたオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)の獲得が濃厚とされていたが、金銭面でクラブ間の交渉が難航。最終的には約3000万ポンド(約50億円)の移籍金を提示したニューカッスルがクラブ間合意に漕ぎつけ、争奪戦に敗れた。
目前で逸材を逃すこととなったが、イタリア『スカイ』によると、ミランは以前から関心が噂されていたタンガンガを新たなターゲットとして、獲得に動いている模様。代理人との接触を行った後、トッテナムとのクラブ間交渉もすでに始まっているようだ。

トッテナムのアカデミー出身のタンガンガは、2019年9月に行われたEFLカップでプロデビューを果たし、翌シーズンからはファーストチームに定着するも、主軸の地位を築くまでには至らず。昨季もヒザのケガを負った影響で公式戦19試合の出場に留まっており、アントニオ・コンテ体制のチームで苦しい時期を過ごしている。

関連ニュース
thumb

「嵐の前の静けさ」41歳イブラヒモビッチ、新年復帰へ準備万端!

ヒザのケガで戦線離脱中のミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだが、新年の復帰に向けて準備は整っているようだ。 昨季終了後に行ったヒザの手術の影響で、今季はいまだピッチに立てていないイブラヒモビッチ。41歳という年齢もあり、慎重に時間をかけて回復に努めている模様だ。 だが、新年には待ち望んでいた瞬間が訪れそうだ。イブラヒモビッチは2日、自身のインスタグラムに「嵐の前の静けさ」と投稿。欧州サッカーが再開する来年1月の復帰を示唆した。 イブラヒモビッチは2020年1月のミラン復帰以降、74試合46ゴール11アシストという衰え知らずの圧巻のスタッツを残しており、昨季には11年ぶりのスクデット獲得に貢献した。 今季のミランはすでに首位のナポリと8ポイントも差をつけられているが、この男の復帰を追い風にしたいところだ。 2022.12.03 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ベナセル、ミランとの契約延長交渉不調の場合はプレミア行きか

ミランのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル(25)にプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランとの契約が2024年6月に切れるベナセル。ミランとの契約延長を最優先としているものの、チームメートのDFテオ・エルナンデスが受け取っている500万ユーロの年俸を希望しているとのこと。 仮にミランとの交渉が不調に終わった場合はチェルシーとアーセナルがベナセルの獲得に関心を持っているようでプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。 現状では両クラブとも関心を持っているレベルにとどまっているが、ミランとの交渉が進展しなければベナセル獲得へ本腰を入れる可能性があり、去就に注目が集まる。 2022.12.02 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ケシエがインテルに売り込みか、1月にレンタルの可能性

バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)の代理人がインテルに売り込みをかけているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 ケシエは今夏、ミランからバルセロナにフリーで加入。4年契約を結んだが、負傷や適応に苦しみバルセロナではラ・リーガ2試合、チャンピオンズリーグでは3試合のスタメン出場にとどまっている。 出場機会を得られない中、ケシエの代理人はインテルに売り込みをかけているようで、1月にも話し合いが持たれるとのことだ。 ただ、インテル側の財政的にレンタルであること、650万ユーロの一部年俸をバルセロナに支払ってもらうことが条件となるようだ。果たしてケシエは半年でミラノに戻ってくることになるのだろうか。 2022.12.02 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ラファエル・レオンがミランとの契約延長を示唆!「W杯前にポジティブな話し合いがあった」

ミランのポルトガル代表FWラファエル・レオン(23)が契約延長を示唆するコメントを残した。 現在はポルトガル代表の一員としてカタール ・ワールドカップに参戦中のレオン。開幕から2試合は途中出場だが、初戦のガーナ戦では決勝ゴールを記録する印象的な活躍を残している。 そんなレオンがイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』に取材に応じ、ここ数カ月続く去就の話題に言及。多くのビッグクラブが目を光らせる中、本人はミランとの契約延長を前向きに考えているようだ。 「今はワールドカップに集中しなければならないし、ミランに帰ったらすぐに話をするつもりだ」 「契約書にサインしたいかって? 代表チームに到着する前にマルディーニ(SD)とミーティングを行ったんだけど、それはポジティブなものだったよ。また話をすることになるだろうね」 ただ、伝えられるところでは、年俸として新たに600万ユーロを用意しているミランに対し、代理人や弁護士はそれ以上の金額を要求している模様。また、レオンが前所属のスポルティングCPと一方的に契約を解除したとしてスポーツ仲裁裁判所(CAS)から下された1650万ユーロの補償金支払いも悩みの種となっている。 2022.11.30 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

古巣ミランの宿敵... インテルがフランク・ケシエに関心か

インテルが、バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏のバルセロナ移籍前はミランに5シーズン在籍したケシエ。昨季はミランの11年ぶりとなるセリエA優勝に貢献し、最終節のサッスオーロ戦ではインテルとのスクデット争いの行方を決定づけるゴールも決めていた。 しかし、バルセロナではなかなかチャビ・エルナンデス監督の信頼を得られず。中断期間までにラ・リーガ7試合の出場にとどまり、うちスタメン起用は2試合と、早くも退団を考え始めているのではと報じられていた。 そんななか、古巣ミランの宿敵であるインテルが獲得に名乗り。ケシエ自身は少なくとも今季終了までは定位置確保に努めるつもりだが、望みが薄いと判断すれば来夏の退団を考慮するといい、バルセロナもレンタル放出を検討しているという。 『カルチョメルカート』は、インテルはケシエがアタランタからミランへ移籍した2017年夏以降、途切れることなく獲得の可能性をうかがっていたとし、現在は財政難ゆえに選手の年俸負担が獲得への課題と結論づけている。 2022.11.29 21:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly