バジャドリー、グラナダ退団のDFエスクデロを獲得

2022.07.14 07:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バジャドリーは13日、グラナダを退団していたスペイン人DFセルヒオ・エスクデロ(31)の加入を発表した。契約期間は2024年6月までの2年間となっている。

ムルシアでプロデビューを飾った左サイドバックのエスクデロは、シャルケ、ヘタフェを経て、2015年夏にセビージャに加入。セビージャでは公式戦176試合に出場し、主力として活躍した。

昨季はグラナダに完全移籍。ラ・リーガ27試合(うち先発は15試合)に出場し2ゴール1アシストを記録するも、チームは18位に終わって2部に降格していた。


関連ニュース
thumb

ウルグアイ代表MFアランバリが手術を決断、4カ月の離脱でカタールW杯欠場へ

ヘタフェのウルグアイ代表MFマウロ・アランバリが手術を決断したようだ。スペイン『ムンド・デポルティーボ』が報じている。 アランバリは1日に行われたラ・リーガ第7節のレアル・バジャドリー戦で右足首を負傷し投入交代すると、以降のリーグ戦4試合を欠場していた。 ケガと相談しながら少しずつ慣らしていたいたが、先週グループ内で行われた検査でも痛みが引いておらず、手術を決断するに至ったようだ。 なお、『ムンド・デポルティーボ』によれば復帰までには4カ月かかるため、11月20日に開幕するカタールW杯に間に合わないことになった。 2022.10.26 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

久保建英のゴラッソは幻に…ソシエダは今季3敗目で公式戦連勝が「8」でストップ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第11節、バジャドリーvsレアル・ソシエダが22日にホセ・ソリージャで行われ、ホームのバジャドリーが1-0で勝利した。なお、ソシエダのMF久保建英は74分までプレーした。 ソシエダは前節、マジョルカ相手に試合序盤のゴールを最後まで守り切ってウノセロの勝利。公式戦8連勝というクラブ史上初の快挙を成し遂げると共に3位に浮上した。週明けには首位通過に向けて重要なヨーロッパリーグ(EL)のオモニア戦を控える中、今節は昇格組で11位のバジャドリー相手に9連勝を狙った。なお、リーグ7戦連続スタメンの久保はセルロートがベンチ外となったことで、カルロス・フェルナンデスと2トップを組むことになった。 立ち上がりにカルロス・フェルナンデス、ハビ・サンチェスの頭同士の接触プレーで数分間の中断を余儀なくされた試合は、ボールを握って押し込むソシエダ、堅守速攻で応戦するバジャドリーと序盤から明確な構図となる。 その中で11分にはバジャドリーのロングカウンターからモンチュのゴール前へのクロスが直接ゴールネットを揺らす。だが、オンフィールド・レビューの結果、カウンターの起点となったオスカル・プラノの潰しがファウルと判断されてゴールは取り消しに。 VARに救われて早々の失点を免れたかに思われたソシエダだったが、直後の16分には再びバジャドリーのロングカウンターからモンチュのロングフィードに抜け出したセルヒオ・レオンにボックス右に持ち込まれてニア上を狙った鋭い右足のシュートを突き刺され、結局先制点を奪われることになった。 早い時間帯に追いつきたいラ・レアルは、すぐさま反撃を開始。2トップの右に入った久保はサイドに流れてのクロスや、逆サイドからのクロスに対して絞る動きでチャンスに絡んでいく。その流れでチームはブライス・メンデスらがフィニッシュまで持ち込んでいくが、決定機まであと一歩という場面が目立つ。37分には久保が右からのカットインで左足を振り抜くが、このシュートは枠の右に外れる。 その後、前半終了間際には久保に大きな見せ場が訪れる。45分、中盤でスビメンディがオスカル・プラノを潰した流れからカウンターに持ち込むと、ボックス手前左でブライス・メンデスからパスを受けた久保が鮮やかなステップワークで一瞬DFを外して左足を一閃。これがゴール左隅に突き刺さった。だが、久保の今季3点目と思われたゴラッソはカウンターの起点となったスビメンディの潰しがファウルと判断され、オンフィールド・レビューの結果、ゴール取り消しとなった。 久保の同点ゴールが幻となって1点ビハインドで後半に臨むことになったソシエダは、ダビド・シルバを下げてロベルト・ナバーロをハーフタイム明けに投入。入りは押し込む状況が続いたソシエダだが、なかなか攻め切れない。 時間の経過と共に相手のロングカウンターに晒されてピンチが続くと、アルグアシル監督は63分にイジャラメンディとカリカブルを同時投入。さらに、74分には久保を下げてトップデビューのマリンをピッチへ送り込む。 守護神レミロを中心に粘りの守備で勝ち点奪取の可能性を残す中、83分にマリンとカリカブルの途中投入コンビの連携からゴール前に飛び込んだスビメンディがゴールネットを揺らすが、これはカリカブルの抜け出しのタイミングでオフサイドを取られてしまい、前半の久保のゴールに続く取り消しに。 その後は連勝ストップが濃厚となった中、何とか勝ち点1を持ち帰ろうと、決死のパワープレーを敢行。だが、今季初の連勝に向けて集中した守備を見せるホームチームの牙城を最後まで崩せず。 この結果、公式戦連勝が「8」でストップしたソシエダは今季3敗目を喫することになった。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英が左足の豪快ミドルを叩き込むも、今季3点目は幻に…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="mkyxhh_8H7I";var video_start = 267;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.23 01:17 Sun
twitterfacebook
thumb

久保建英が豪快左足ミドル叩き込むも今季3点目ならず幻に…前半に相手のゴールも取り消される

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が鮮烈ゴールを決めたかに思われたが、幻に終わってしまった。 22日、ソシエダはラ・リーガ第11節でレアル・バジャドリーとアウェイで対戦した。 久保は2トップの一角で出場。すると1-0で迎えた45分に強烈なシュートを叩き込む。 ソシエダは自陣でのボール奪取からカウンター。マルティン・スビメンディが縦パスを受けようとした相手に対して接触。ボールが流れると、そのままパスを繋ぎ、ブライス・メンデスからのパスをボックス手前で久保が受ける。 久保は、追ってきた相手をいなし、そのまま得意の左足一閃。強烈なシュートがネットに突き刺さった。 リーグ戦4試合ぶりとなる久保の今季3ゴール目かと思われたが、主審はVARと交信。オンフィールド・レビューを行うと、スビメンディのプレーがファウルとなり、久保のゴールは認められなかった。 この試合では、11分にバジャドリーが仕掛けると、イバン・サンチェスのパスを受けたモンチュがボックス手前からダイレクトで浮き球のパス。すると、これがそのまま流れてゴールに入り先制かと思われた。 しかし、このプレーのカウンターに至る前にバジャドリーにファウルがあったとして、オンフィールド・レビューが行われてゴールが取り消しとなっており、前半だけで2度のゴール取り消しが起こる異例の事態となった。 なお、16分にバジャドリーがセルヒオ・レオンのゴールで1-0とリードしてハーフタイムを迎えている。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英が左足の豪快ミドルを叩き込むも、今季3点目は幻に…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="mkyxhh_8H7I";var video_start = 267;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.23 00:25 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーMFケネディがリーガ昇格組のバジャドリーへ! 27年までの契約

ラ・リーガ昇格組のバジャドリーは1日、チェルシーからブラジル人MFケネディ(26)の獲得を発表した。契約は2027年6月30日までとなる。 ケネディは2015年夏にフルミネンセからチェルシー入りしたが、定着に至らず、複数回にわたるレンタルを経験。昨季も母国クラブのフラメンゴに移ったが、DFベン・チルウェルの長期離脱を受けて今年1月に急きょチェルシー復帰を果たした。 だが、公式戦を通じても3試合の出場にとどまり、今季も出番なしが続くなか、このたびのバジャドリー移籍を機にチェルシーから完全に離れることを決断。かつてヘタフェやグラナダでもプレーしたケネディにとって、ラ・リーガ復帰となる。 2022.09.02 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

「足を骨折しそう」バルセロナDF、エンブレムを踏まぬよう緊急回避「シンボルへの敬意」

無理のない範囲で行ってもらいたいものだ。 ラ・リーガ第3節、バルセロナvsバジャドリーが28日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが4-0で快勝した。 バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホは3試合連続の先発出場。立ち上がり7分の行動が注目を集めている。 バジャドリーのセンターフォワード、セルジ・グアルディオラがスローインを受けようとサイドへ流れると、アラウホもタイトに付いていき、相手の自由を奪ってマイボールのスローインにした。 勢いのままタッチラインを飛び出したアラウホの前には、バルセロナのクラブエンブレムが置かれていた。気付いたアラウホは急ブレーキ。さらに横へと跳躍し、エンブレムを踏まないように振る舞った。 『Eleven Sports』はこの瞬間を「アラウホとシンボルへの敬意」と紹介。これに対しては賛辞だけでなく、疑問を呈する声も上がった。 「そこにクラブのシンボルを配置する必要がないと思う」、「エンブレムのために足を骨折しそうになった」、「ここにロゴを入れた彼ら自身のせいです」などと、ピッチ脇にエンブレムを置く方が問題だとする声が寄せられている。 もちろん、踏んではならないわけではなく、個人による敬意の表明の仕方の1つではあるだろう。とはいえ、避けるためにケガをしては本末転倒。今回のように無理な体勢となってまで回避する必要があるのかと、疑問を呈するファンも少なからずいるようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】クラブエンブレムを踏まぬよう、何とか回避するアラウホ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Ch2Nmmijnk4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Ch2Nmmijnk4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Ch2Nmmijnk4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.30 22:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly